アナザーエデン。 【アナザーエデン】初心者必見!序盤のレベル上げ周回場所おすすめはココ!!

「アナザーエデン」に外典,剣の唄と失楽の翼 第4話が追加。アナザースタイルのロゼッタが参戦

アナザーエデン

追記:第2部後編 転は現在攻略中です。 しばらくお待ち下さい。 よりリリースされたシングルプレイ専用の『 アナザーエデン 時空を超える猫(以下『アナデン』)』。 シナリオはと思えないボリュームで、外伝なども多数登場しています。 本作はCMでもドラマ性を売りにしているだけあって、シナリオで考察できる箇所もたくさんあります。 本記事は本編のシナリオや謎となっている部分の 考察がメインコンテンツです! クリア後の情報が多分に含まれているので、まだ遊んでない&クリアしてないという人はご注意ください。 それでも構わない方は、続きからご覧ください。 ストーリーをサクッと読み返したい方は、以下がおすすめです。 5部までの情報を踏まえて加筆修正。 シナリオ簡易まとめ 第1部 第1部は程よく楽しめました。 個人的にはちょっと浅いかなと思う部分はあるけれど、無料のゲーなら十分スゴすぎるレベルのボリューム。 これが最初から3000円で売られていたら購入を悩んだかもしれませんが、いざクリアすると「クソ面白かった!!!」とお布施(課金)したくなりますね。 梗概にすると「 妹さらわれたから魔獣追いかけてたら時空超えちゃってて、なんやかんや妹は助けられたんだけどこのままじゃ世界終わるから救おう」という話。 途中で妹のフィーネのことをちょっと忘れかけたのは内緒。 第1部のストーリーに関して気になったのは、以下の点。 ( 加筆あり)• シナリオを読み返したら「アルドが来たっぽいところに時空の穴があったので飛び込んだ」と言っていた。 ややご都合な感じ。 考察できそうな箇所ではないのでヨシ!• キロスは、まあ、なんでしょう。 エデンの遺志?• 魔獣兄妹とは何だったのか(兄は中盤で退場、妹も特に何事もなく退場。 5部のオーガ戦役編で無事回収。 ギルドナ大活躍。 アルテナさんの見せ場があったかは覚えてないですが、アルテナさんはその後仲間になったので何も問題ないですね!• 外伝の外伝みたいな位置づけになっています。 『』のグレンは本編に組み込んでもらえたのに……。 終盤に向けて伏線が回収されていく様は見事の一言。 第1部が終わる頃には第1部のサブタイトルである「 時空を超える猫」の意味がわかるでしょう。 タップ連打でむやみに飛ばさず、少しずつ噛みしめるように楽しんでみるのもおすすめです。 5部 第1. 5部「オーガ戦役編」はオーガとの戦いに焦点をあてたお話。 さんざん引っ張られた魔獣兄妹やオーガベインについて語られます。 王家に伝わる聖剣が二振りあることについても理由が明らかに。 魔獣やオーガにまつわる伏線はある程度回収できたのかなと思います。 シナリオ自体はシンプルな戦い。 オーガが歴史改変しないように、 今まで散々歴史改変してきたアルドたちが追い返すっていういつもどおりの流れです。 もはや様式美。 大多数の人間が求める形であれば歴史改変をしても問題ないというのがアナデン世界での解釈でしょうか。 5部で気になったの以下の箇所。 クロノ・クランとは(エイミの旧友ミルディとクラグホーン所属の謎組織。 クロノ・クランのリーダーはカムラナージュという少年。 第2部中編から後編にかけて重要な位置づけになりそうです。 あとはオーガバロンが今後何をどうするつもりなのかとか、 ミグランス城はいつになったら復興するのかぐらいです。 むしろマクミナル博物館など伏線が回収された箇所のほうが目立ちます。 まあ、オーガではなく東方の話なので…… 第2部(~中編) 第2部では、ミグレイナ大陸の諸国が突如 東方の属国になってしまったことをきっかけにアルドたちは「 時の女神」について調べるため 東方・ガルレア大陸へ渡ります。 東方ということもあり、和・中華モチーフが多いです。 現代・古代・未来それぞれのガルレア大陸を訪れることになります。 シナリオは結構 回りくどいです。 前編~中編は各時代でいろんな人物に出会い、引っ張り回される印象。 様々な事件を解決する中で、徐々に時の女神へと迫っていきます。 中編のラストでは、第1部に登場した ある人物(考察部分で後述)が 別の名前で登場。 時の女神そのものが動き出したというところで、話が終わります。 時の女神に関する情報はあまり覚えていないのですが、キーになるのはこのゲームのタイトルであり、初めてゲーム内で登場した「 アナザーエデン」という名前。 前述したある人物が「楽園」という言葉を明示したことから、各大陸の時代制覇したし、 いよいよ並行世界に行くのではないかと推測。 第2部配信前にも並行世界を予想して 見事に外しましたが、今回は信憑性は高いと思います。 断言します。 第2部後編は 並行世界のミグレイナ・ガルレア大陸が舞台だ! ……多分。 第2部からサブクトや寄り道の要素が結構パワーアップしているので、一度訪れた場所ももう一度調べてみると楽しめるかもしれません。 正体はクロノス一家が飼っていた黒猫・キロス。 だから首には鈴がついていました。 キロスの正体は現代から未来へ時空の穴を通ってきた猫で、つまり「時空を超える猫」とはキロス=アルド自身のこと。 バルオキー村にはソリクという猫を探す少女がいます。 キロスはOPのギルドナが登場する場面で、猫の姿がひっそりと描かれています。 観察力のある人なら、すぐに気付けるのかもしれません。 アルド以外にも鈴を着けているキャラは今の所2人います。 のおじいさんと 時の忘れ物亭のマスターですね。 どちらも首に鈴を着けているので、元々は猫だった可能性があります。 おじいさんはヴァルヲ(アルドの飼い猫)のことを知っていて、マスターはアルドのことを知っているきらいがあったので、やはりアルドと密接な関係がありそうな予感。 マスターの髪型は クロノス博士に似ているような、似ていないような。 ということは、彼らも過去、もしくは未来の……? 第1部は「時を超える物語」。 では第2部は? 第1部ではアルドたちが時を超え、エデンを倒すことで世界を救いました。 だけど、エンディングでアルドが語ったとおり、これは 選択肢のひとつでしかありません。 魔獣兄妹はいなくなり、クロノス博士も死に、エデンも決して救われなかった。 エルジオンだって一度滅んでしまったわけです。 すべての人が、街が助かる道というのはなかなかないだろうけど、アルドはおそらくそれを目指していくんでしょう。 5部で補完 そうなると第2部はどんな話になるか。 キーになるのは、エンディング後でエイミの放った「 新しい世界」という言葉。 それはつまりということなのでしょう。 時の女神がどんな存在なのかはわかりませんが、ガルレア大陸だけで完結する話なのかはまだ謎。 と聞くと「もうひとつの世界」みたいなイメージがありますが、厳密に言えば「 ある世界から分岐し、それに並行して存在する別の世界」ということ。 つまり、とも言うべき時代に遡り、そこで特定の行動で歴史を変えることに成功すれば、世界は枝分かれして並行していく。 『』で「を倒した後のリンクがいない世界」と「リンクが戻ってきた世界」では時間軸がまったく違う、というのと同じことです。 では『アナザーエデン』では何がとなるのか。 ポイントになるのは ゼノ・プリズマ計画に関わっていたクロノス博士。 彼に何かしらの干渉をすることで世界は分岐し、世界自体は救うことができるかもしれません。 いずれ崩壊する次元を捨てて並行世界で生きていくというのが「プロジェクト:アナザーエデン」なのかも……。 ただそれはあくまで「 元々の世界は無理っぽいから、世界を分岐させたろ。 それで新しい世界を救ったろ。 元々の世界はしゃーない」みたいなニュアンスなので、アルドの求める解とは少し違う気がします。 5部で回収 他にも、 意味もなく「私は終わりだ!」とか暴走したパルシファル王とか、 散々フラグ立てたくせに魔獣城にすら出てこなかったカブトムシとか、 いきなり出てきた挙句、倒されたら「勝手に力使え」と言いながらフェードアウトした魔剣さんとか気になる部分はあります。 第2部以降で回収されそうな部分を簡単に列挙してみたので、考察してみてもいいかも。 5部で回収。 妻子を蘇らせようと歴史改変できる塔を作ったけど、魔術師は仕事しないしアルドに停められるし挙げ句そのふたりは親子ときたら、そりゃブチ切れますよねしゃーなし。 これは許されない。 曰く「時の流れの外側から忍び込んで時空の崩壊を狙うもの」。 時空を超えるアルドは目をつけられている状態。 つまりストーカー。 5部で討ったオーガの怨念。 オーガ戦役編終わったので出番は減ると思いますが、違う大陸の魔剣と共鳴して復活という展開ぐらい? オーガバロンが鍵を握る予感がします。 プロジェクト:アナザーエデンとは 第2部中編で登場するキーアイテム、「 時の夢の書」のロックを解除できたのはアルドの声。 ゲームタイトルである「 ア ナザーエデン」というプロジェクト名を叫ぶと、ゼノ・がジャックされ、時が巻き戻り、時の女神の協会が蘇ります。 協会から現れたのは 古代ガダロの鬼道の女王・ヒミカ。 その見た目はエデンとセシルの母・ マドカ博士そっくり。 しかしセシルもといフィーネの呼びかけには反応することなく、時の女神の協会とともに消えてしまいます。 第2部中編はここで終わり。 以下、プロジェクト:アナザーエデンに関するクッソ長い考察です。 飛ばしてもらっても大丈夫です。 クロノス博士はゼノ・プリズマの危険性に気づき、ゼノ・プリズマの生まれた未来を改変するため、古代にタイムワープ。 しかしその途中で一家ははぐれてしまう。 クロノス博士は古代へ。 では、 マドカ博士は? ヒミカが本当にマドカ博士であれば、マドカ博士も計画通り古代へ飛んでいたのでしょう。 しかしはぐれてしまったため同じ古代でも別の大陸だった。 マドカ博士が飛ばされたのはガダロの国。 ここで何かしらの事件が起こり、マドカ博士はヒミカを名乗るようになったのでしょう。 マドカ博士というからにはクロノス博士と同じくらい優秀な研究者であるはず。 ヒミカは強い霊力を持っていたそう。 クロノ・クランのリーダーであるカムラナージュが過去や未来が視える幻視者と呼ばれるぐらいだから、マドカ博士だって多少未来を見ることはできたに違いない、と仮定します。 そうすれば明日の天気とかを当てていたヒミカ=マドカ博士というのはしっくりくる。 きますが。 自分は ヒミカ=マドカ博士ではない、と感じています。 本当にマドカ博士なら「セシル……?」みたいな反応をしてくれてもいいはず。 しかしヒミカは耳を一切傾けず、時の女神の協会とともに消えた。 まあ16年も経ってれば顔がわからなくても無理はないか……とも思いますがやはり違和感。 なのでヒミカ自体は本当にヒミカなのだと思います。 ヒミカはセシルのことなんて知らないので、フィーネにお母さんだなんて言われてもピンと来ないでしょう。 マドカ博士に似ているのは、術をかけているか、心酔の表れと考えます。 では、本物のマドカ博士はどこに? 第2部の主題は「 時の女神の帰還」です。 時の女神の帰還ということは、現在、時の女神はどこかへ去ってしまっているわけです。 時の女神。 たとえば 未来のことを正確に教えてくれる女性がいたら、その人を「時の女神」と崇めてもおかしくありません。 自分の考えにおいては、 時の女神=マドカ博士。 何かしらの事件・事故でいなくなってしまったマドカ博士を助けるため、ヒミカは自らの神殿を「時の女神の協会」とし、鏡を利用して時空転移することで現代を訪れた。 ここの事件・事故ですが、時期的にパルシファル王がに歴史改変させたことに影響して発生したのではないかと考えています。 その後世界を守って霧散した四大精霊の欠片によって、時の女神の協会は消えたと言われているので。 現代にやってきたヒミカはアルドを呼び寄せるために、東方に西方を侵略させた。 クロノス・メナスの事件を通して、鍵を握る人物が西方にいると推測したのかもしれません。 そして時の夢の書にアルドの声を使ってロックをかけた。 未来を救うために。 時の夢の書は未来にあって初めて効果を持つ。 未来に向かえるのはアルドたちだけであることがわかっていたのかもしれません。 なのでアルドの声でロックをかけ、未来で「プロジェクト:アナザーエデン」を起動するように仕向けた。 プロジェクトが起動すると、時の女神の協会 だけが時を遡り、再生しました。 これは第1部で アルド以外の未来世界が滅びたときと似た現象です。 未来世界にある時の女神の協会が本来の時間軸とは異なる存在であることの証左に他なりません。 ヒミカは再生された時の女神の協会から現れて、こう言います。 「 時は至れり!いずれ楽園の扉は開かれん……。 時の女神の帰還の果たされし時!」 時の夢の書に記されていた文章はこれ。 いつか 時の夢の見ている夢の醒める日 時の女神は帰還し 楽園の扉が開く 時は至ったということは、 夢は醒めたということ。 楽園の扉を開くには「プロジェクト:アナザーエデン」を起動する必要があった。 これによりゼノ・がジャックされ、時の女神の協会は姿を消す。 ヒミカはゼノ・に向かい、何かしらの準備を進めるのでしょう。 同プロジェクトが起動したことにより、時の女神は帰還するわけなのですが……。 時の女神=マドカ博士が戻ってきたということは、何ができるか。 歴史改変はリスクが高いことを、マドカ博士はわかっているのだと思います。 もしかしたらマドカ博士は、過去に一度アナザーエデンを生成しようとしたのかもしれません。 しかしそれは失敗に終わり、マドカ博士のみがアナザーエデンに取り残されました。 それも未完成の状態で。 マドカ博士のことを想うヒミカは、アナザーエデンを訪れてマドカ博士を助けようとします。 アナザーエデンへの道を開く鍵こそが時の夢の書であり、「 プロジェクト:アナザーエデン」であるのです。 うんうん、いい感じにまとまりました。 では……マドカ博士の唱える「 アナザーエデン」は、なぜ生み出されたのか。 クロノス博士はゼノ・プリズマの存在をなくすために、歴史改変を考案しました。 マドカ博士も考えは同じのはず。 ただし手段は違った。 マドカ博士は 時空の穴に飛び込む前のクロノス一家をアナザーエデンに呼び込むことで、愛する子どもたちを助けようとしていたのではないか……。 第1部のメッセージが再生されるイベントで、マドカ博士はこう言っていたのです。 『 エデン……セシル……。 あなた達……どんな風に成長したのかしら。 ふたりともきっとまっすぐですてきな若者になっているはずね。 わたし達夫婦の大好きな大切な子供達だもの。 愛してるわ……エデン……セシル……。 精一杯……生きて……。 』 マドカ博士の根底にあるのは、 子どもへの愛。 その愛がアナザーエデンを生み出したと考えてもおかしくはないと思います。 クロノス一家が時空の穴に飛び込んだという事実がなくなれば、でアルドとフィーネは消滅する可能性があります。 しかしエデンを救うこともできるというのも事実。 エデン含む クロノス一家の幸せをとるか。 自分たちの生きる世界をとるか。 アルドはそんな葛藤に悩まされることでしょう。 以上、支離滅裂になってしまったかもしれませんが、自分なりの考察です。 結論、 第1部とは違う意味の「アナザーエデン」を描こうとしているのではないか、と思いますね。 ここにはいろいろ気になる部分があります。 まずは ワープポイントにある謎の空白。 単に5つしかないだけなのかもしれないけど、もうひとつくらいは入りそうです。 ワールドマップから自由に飛べるので今後追加されるということもなさそう。 ちなみに上部画像の左端にちょろっと映っているバケツは『』でと戦える最果てのバケツ的なものにも見える。 現状は触っても何もなし。 奥にある扉も特にまだ説明がありません。 「時間が経ったら来てくれ」と言われるので、さほど重要じゃない、さしずめ外伝イベントで使われるスペースなのかもしれません。 強い アナザーダンジョンの門番(?)をしている少女もまだ謎。 これは私がまだベリーハードをクリアしていないからわかっていないだけで、多分そのうち明かされると思います。 1000回クリアすると戦闘イベント 時の忘れ物亭の中にあるリンゴの木。 地味だけど気になります。 タッチすると3回までは葉っぱが落ちて、それ以降は反応がありません。 なんとなくですが、リンゴの木の向こうには まだスペースが広がっているような気がするので、今後解放される要素に関わりがあるのかもしれません。 今のところは進展なし。 リンゴといえばアダムとイブや。 特には女神たちによる黄金リンゴの奪い合いで発生したため、第2部の「時の女神」と関わりがあるかも……しれません。 あとは 約束の果実も気になります。 「遠い昔食べたことがあるような気がする懐かしい味」ということは、キロスは猫であったときに次元の狭間に来たことがあるのかも? 説明にある「 誰かと誰かがたどり着いたたった一つの約束」というのは、今後秘密が明かされるんでしょうか。 キロスがアルドになった時に、違う世界のアルドの記憶が流れ込んできて……という可能性もあるかもしれません。 ところでこの約束の果実、時の物忘れ亭にある例のリンゴの樹と似ているような気が。 うーん、気のせいでしょうか? 樹だけに マクミナル博物館関連 未来で話を聞ける、700年に開館したとされる博物館。 なんでも地下には財宝が眠っているそうなのですが、今のところ詳しい情報は出ていません。 今後の外伝で追加されていくか、それとも第2部以降で本筋に関わってくるのか……。 5部「オーガ戦役編」の重要なファクターとなりました 跡地があるのは、 未来の浮島・ニルヴァ。 博物館自体は跡形もない。 地下には財宝が眠っているようだけど、封鎖されているので探索不可能。 過去にもそれらしき場所はありません。 5部を進めると博物館も復活します。 迷いの森、砂漠の塔 アダマス武器のイベントでお世話になる サルーパ・ザルボーの地で確認できる未踏の場所。 話を聞く限りどちらも奥には魔物がいるそうなので、ミグランス地下迷宮のように外伝でうろつけるようになるのでしょう。 今後のアップデートで色々追加されることに期待。 変な黒い玉は倒しても勲章と石がもらえるだけみたいなので、あんまり意味はなさそうですね。 中盤から挑めるラスボス級の敵であることなどを考えると、『』ののオマージュに見えます。 は地球外生命体。 それはもしかしたら「月」だったのかも? ラウラドームのエアポート 未来にある浮遊街の一角・ ラウラドームにも立ち入り不可能なエリアがあります。 時震の影響で整備中というエアポートですね。 いずれは入ることができるようになると思いますが、はぐれ人造人間みたいながいそう。 新たな外伝に期待。 クロノス博士の発言 第1部のクロノス博士のセリフのなかに、こういった一節があります。 もっとも 私の計画がうまく運べば世界から脅威は完全に取り除かれおまえ達も何の心配もなく暮らせる。 これから私達は 最後の実験を行う。 エデンとセシルはすでに 実験室で眠っている。 私は私達科学者の仕出かしたことの責任をとらねばならない。 なんとしても……。 私の計画、最後の計画、実験室では子どもが眠っている……と言っているので、家族全員で時空の穴に飛び込んだことを指していると思います。 世界から驚異が取り除かれるというのは、歴史改変でゼノ・プリズマをなかったことにする、ということでしょう。 結果的に家族は時空の渦の中でバラバラになります。 私はわがままかもしれないがせめておまえ達に希望を託そうと考えた……。 そして三年後さらに改良を加えた完成体ジオはセシルの体内に……。 おまえ達はいずれ訪れる 世界の災厄に立ち向かう鍵となり希望となるだろう。 世界の災厄=巨大時震のこと。 ここまで読むと筋が通っているように見えるのですが、時空の穴で異常が起きた際の対策も取れていたクロノス博士の計画が、単に歴史改変をするだけとは思えない気がします。 第2部中編でマドカ博士が現れ、未来世界のいずこへと消えました。 もしかしたら在りし日のクロノス一家のもとへ向かったのかも。 そしてクロノス博士はそれを予測していた……。 第2部後編でクロノス博士がクローズアップされるのは間違いないと思うので、注視していこうと思います。 まとめ ぱっと思いつくだけでも、これだけの満足感があったり、謎が残されている『アナザーエデン』。 第2部が終わっても物語はまだまだ続く雰囲気で、本当にいつまでも続きそうです。 クリアするとやることがなくなるというゲームではないので、 ぜひ心ゆくまで楽しんでくださいね! natsugami.

次の

アナザーエデン レンリはリンベルアクスで強いと評価

アナザーエデン

攻撃系グラスタの付け方 攻撃系グラスタの種類としては、特殊なものを除いて東方中編実装時点は以下になります。 毒・ペイン付与状態でダメージアップのグラスタは複数付けると 乗算で火力が伸びる• HP最大時ダメージアップや属性攻撃は複数付けると 加算で火力が伸びる• 基礎ステの腕力の伸びが1ちがうとダメージは1%変わる これだけ見ても、なんかややこしい・・・と思う人もいるかもしれません。 順に簡単に解説していきます。 乗算で火力が伸びる計算式 中位グラスタとして実装されている害毒の力、抉痛の力は1つ付けると火力は1. 3倍のびます。 上位グラスタも基礎ステの伸び方が違うだけで効果内容はおそらく同じ仕様です。 このグラスタを2、3個を複数付けた場合、 1. 3=1. 69 1. 197 と掛け算されて火力が伸びていきます。 乗算で火力が伸びるといっていたのはこういう事です。 会心の力によって上がる火力の解釈 乗算で火力が伸びてきますから、当然2つ付けた時よりも3つ付けた時のほうが火力の伸びは大きくなります。 クリティカル時の火力は通常時の約2倍です。 会心の力は10回攻撃して3回はクリティカルという解釈ができます。 害毒の力、抉痛の力を3つ付けた場合、 1. 3+0. ただ、あくまで会心の力による上昇率は平均値なので、実際はブレ幅があります。 3+0. 3+0. 2倍の火力または、1. 6倍の火力がその時々のダメージとして現れ、平均すると2. 197倍の火力になるということです。 クリティカル確定バフで会心の力の強みは激減 既にお気づきの方もいるかもしれませんが、会心の力はクリティカルが保証されない状態での攻撃でその効果が活かされます。 デュナリスやミュンファ、ASレンリといったクリティカル確定バフが付与できるキャラありきでアナザーフォースを打つような場合は、毒・ペイン付与という制約をクリアできるなら害毒・抉痛の力3点セット付けのほうが、会心の力を付けたグラスタ装着パターンよりも火力は伸びます。 総括 いろいろ考察してきましたが、 攻撃系グラスタの付け方の最適解を求める程のコンテンツは今のところありませんので、害毒・抉痛の3点セット付け、上位グラスタ3点セット付け、あるいはその複合を最終的なグラスタの付け方として決めて、それまでは属性中位グラスタを混ぜたグラスタの付け方で戦力を強化していけばいいんじゃないかと思いました。 中位グラスタ3つと上位グラスタ3つを比較する議論自体が仕様としてどうなのかと思うところもあったりもしますが、上位グラスタの場合は基礎ステ2種がそれぞれ10ずつ上がりますから、単純な性能としては上位グラスタのほうに軍配は上がっていると思います。 クリティカル確定バフができるキャラがいて、なおかつ毒またはペインで火力が多い風・地属性キャラは害毒・抉痛の力で戦力強化していき、火・水属性は上位グラスタで固めていくという育成方針もありかもしれません。 そのあたりは攻撃の欠片の在庫状況と要相談で! それでは、また次回!.

次の

【アナザーエデン】攻撃系グラスタの付け方最適解考察

アナザーエデン

2019年8月29日 2020年3月3日 ブログを始めたらまずは書こうと思ったゲームの紹介記事。 管理人のソシャゲ歴は パズドラから始まり色々と手を出してきましたが、 どうしてもプレイ歴が1年を超えたあたりから飽きが来て2年目には辞めてること多いんですよね。 飽きの理由は様々なんですが、ソシャゲのビジネスモデル上、ゲーム寿命が長く続くほどインフレが進んで課金が必要な場面が増えてきたり、マルチ要素で自分のモチベが周りと合わなくなってきたりとかが多いです。 今はアナザーエデン(通称アナデン)をプレイしているのですが、プレイ歴はもう2年を超えていてモチベも長続きしています。 こんなに1つのゲームを長期間続けているゲームは自分でも初めてですし、これからも当ブログで紹介していく機会も多い題材なので今回は改めてアナデンの魅力を再確認してみようと思います。 RPGとして成立している世界観 シングルプレイならではの要素• 通常のソシャゲと違いホーム画面というものが存在しない。 街やフィールド、ダンジョンなどを自由に歩きまわれる。 キャラクターに装備する武器や防具も冒険中に入手できるアイテム素材を使って作る。 メインストーリーは一定区切り毎にエンディングが存在する。 こういう据置のRPGでは当たり前の要素がアナデンでは実装されています。 ちなみにメインストーリーの根幹は「過去」・「現在」・「未来」を行き来しながら冒険するいわゆるタイムトラベルものです。 (これもクロノ・トリガーのオマージュだと思っています) 上記に加えて外伝やサブコンテンツがどんどん追加されて2年が経過した現在ではとんでもないボリュームになっています。 遊べるコンテンツ一覧 メインストーリー• 第1部: 第1章~26章。 サービス開始の2017年4月12日時点ですでに1部完結までが配信• 5部(前編・後編):第27章~第44章。 第1部と第2部をつなぐ補完的なストーリー• 第2部(前編・中編):第45章~第66章。 中編は2019年8月8日に配信されたばかり 第2部の後編は来年迎える3周年に配信されるんじゃないかと管理人は予想しています。 このメインストーリー以外にも様々なコンテンツが実装。 外伝クエスト 2019年8月末時点で8種類が配信中。 メインストーリー程ではないがストーリー仕立てのコンテンツ。 難易度:メインストーリーよりも易しいが、実装時期が遅いコンテンツ程難しくはなっている。 クリア報酬:外伝クエストに関連する新規キャラの加入が多い。 邂逅・開眼クエスト 2019年8月末時点で8種類が配信中。 一応ストーリー仕立となっているがメインストーリーや外伝よりも短く、バトルコンテンツがメイン。 難易度:比較的難しい。 バトルがメインな分、登場するボスも立ち回りが考える必要がある。 クリア報酬:星5クラスまで解放できる新規キャラ/対象キャラクターの星5クラス解放 断章クエスト 2019年8月末時点で2種類が配信中。 ストーリーの規模は外伝クエストと同じくらい。 対象キャラクターの設定を掘り下げていくコンテンツ。 難易度:易しい。 2種類とも実装時期も早い為、難易度は高くない。 クリア報酬:対象キャラクターの星5クラス解放 異境・顕現 ストーリー要素はなし。 バトルコンテンツがメイン。 難易度: 高い。 クリア報酬:メインストーリーで入手できるモノよりも強力なキャラクター用武器 その他 ミニゲームやキャラクター同士の絡みがメインなファンサービス的なコンテンツ。 クリア報酬はキャラクター入手に必要などの貴重なアイテム。 追加ストーリーコンテンツは本編を補完したり、各キャラクターを掘り下げていくものが多いです。 アナザーエデンはストーリーや音楽に定評がありますのでアップデートの度に話題になる人気のコンテンツですね。 世界観を盛り上げるBGMが心地良い BGMのバリエーションが半端じゃないです! アナデンはゲームコンセプト上、街やダンジョン、フィールド曲などバトル曲以外にも相当数の楽曲が制作されています。 個人的にRPGの音楽てバトルBGM以外は印象に残らないことが多かったですが、アナデンはフィールドや街、ダンジョンでも耳に残るBGMが多いですよね。 バトルBGMに関しては1部だけでも通常戦闘・ボス戦合わせて6曲以上も作られていてどれもテンションが上がるものばかりです! しかも1. 5部、2部の音楽も1部の使いまわしではなく、新規で楽曲制作されておりトータル楽曲数は130曲以上になります。 サントラも第3弾まで発売されているので実際に聴いてみて気になった方はチェックしてみてください。 ! 登場キャラクターを好きになれる要素 アナデンの登場キャラクターには性格や設定といった人物像を掘り下げていくキャラクタークエストというものが実装されています。 これも家庭用ゲームを意識したものなのかなと思っていて、固有グラフィックがある仲間キャラに関してはすべて実装されています。 ゲームシステム上、新キャラクターが毎月のように追加されていくソシャゲにおいて見た目だけではなく人物像を掘り下げていく要素は他社ゲームとも差別化できますし、なによりキャラクター自身にも愛情が湧きやすいので個人的にはかなり好きな要素です。 ちなみにちょっとマニアックですが、フィールドなどでキャラクターを操作せずに放置しておくと一定時間毎に固有モーションも設定されていてこれがまた良い!!開発スタッフの方々の愛を感じます(笑) 人によっては残念だと感じるところも・・・ 追加される新規キャラクターを出会う為にはいわゆるガチャを引く必要があります。 ここは賛否が分かれる要素ですね。 個人的にはここまでシングルプレイを意識しているなら新規キャラクターは買い切りの要素にしてもよかったのでは?と思っているのですが、アナデンは新規タイトルということもあるのでユーザーを取り込んでいく敷居を下げる必要があったり、コンテンツとして継続させていく以上、売上も考慮しなくてはいけないので実装しなくてはいけないので必要なことだったと割り切っています。 ただ、アナデンの良いところはストーリー上仲間になるキャラ(ガチャを必要としないキャラ)でもメインストーリーなどのシナリオコンテンツは十分攻略できる難易度ですし、高難易度のバトルコンテンツも時間をかけていけば攻略できるような育成要素もたくさん実装されていてうまくバランス調整はしているのかなと思います。 また、レアリティが高いキャラクターを確定で引くことができるガチャも定期的に実装されるので、少ない課金でも新規キャラクターと出会える機会もありますので、考え方次第でマイナスにはならない要素かもしれないですね。

次の