ルフレ ch。 ルフレとは (ルフレとは) [単語記事]

[B! game] 【FEH】アルヴィスがシグルドの遺灰を手に取って「これを愛せるかい?」ってディアドラに言うシーン : ルフレch.

ルフレ ch

ルフレとは、専用『』に登場するの名である。 この記事ではにおけるについて記載する。 名はともに「ルフレ」。 名前や性別、体、顔つき、、、口調等をが設定できる。 体は性別ごとに3種、顔つきは体ごとに5種、は体ごとに5種、は20種、口調は性別ごとに5種 ちなみに口調を「」にすると 本当に喋らない。 単にがいだけ、とかではなく。 原で眠っていたところを発見されるという形で・・とする。 たちと出会う前の記憶を失っており自分が何者かすらも分からないが、何故かのことは知っていた。 ながらとを行使でき、敵味方のを軍を動かす才を持つ。 賊の退治に協したことでに気に入られ、自警団の軍師としてに付き従うことに。 と共に戦ううちに互いを支えあう半身とする強いを結び、従関係を越えた互いの二の存在となる。 基本的には面で感が強い、芯の通った性格。 の数少ないのひとり。 面一辺倒と言うわけでもなく、っ気もある。 とか との関係、にあるな紋章などが多い存在。 、が多い。 よくこんなん懐に入れる気になりましたね 名ルフレの由来は恐らくで「 陶器の 色、珠」を表す「reflet」。 軍師のに「の叫び」があること、 Cr の名前の由来がで「色」という意味の「c」であることにも関連性が伺える。 にも「reflet」はあるが「、反射」という意味のため、意味は前者ではか。 ちなみにでは「Robin 」が名となっている。 さらにとなるのイーという名は、に登場するのの名でもある。 イーの地でルフレとの元に色々なが集うという、趣深い、なと言えよう。 その正体 『』に関する重大なが含まれます。 で閲覧してください。 邪レーを崇拝するレーの教である邪術士、の子。 邪レーの血脈でレーの魂を宿しており、邪としてする素質を持つ。 の紋章はその。 レーの器となるべく生み出されたが、が子に情が湧いたによりの頃から連れ出された。 血の繋がり故か、の精支配に抗うのが困難。 「の」においてもらと共に戦っていたが、との時、に操られるままを殺。 その後、破滅をす邪レーとしてし、をで覆い尽くす存在となる。 つまり、を滅ぼした邪レーの中核は「のルフレ」その人である。 現代のルフレが記憶を失っているのは、を変えようとするらを追ってにやってきたレーとの接触の際、流れ込んできた記憶に耐え切れなかった。 の名前を知っていたりのの断片を夢に見たりするのも、その際にレーの魂の一部を取り込んでいるからである。 ナーガのを受けたをもってして年間封印することしか出来ず、「自ら滅びを選びでもしない限り滅ぶことはない」レーを、「同一存在であるの自分に自ら止めを刺す」という「自らを滅ぼす」行為において全消滅させることの出来る一の存在。 しかし、既に魂がレーのものと混じり合ってしまっているルフレにとってそれはすなわち行為であり、ルフレ自身の命を賭した方法となるのだが…。 ちなみにこのルフレという存在、上記のような設定に加え、の行動次第で起こりうることをまとめると、兼兼兼兼の兼の義理のという、盛りすぎにもほどがあるほどの役割を担う運命にある。 支援会話 は、そもそも不可の配信&すれ違いを除く全てのとAを起こすことが出来る。 さらに自分の以外の異性とはSを起こしすることも可である。 のS発にはもかくやと言わんばかりの会話が展開され、相手とのが表示される。 そんな こっ恥ずかs胸くの詳細は「」参照。 で登場するの名は共通で「」。 とは逆の性別で登場する。 は基本的にでが決まるが、のみがの場合も含め、は相手にする。 ユニット性能 初期兵種は戦術師。 とを使える。 戦術師とその上級職である軍師になれるのは に関係な配信を除けば とそののみである。 と言うだけあって成長率に問題はなくは優れている。 何より驚異的なのはプルフで性別限定職と固有職を除いたすべての下級職に可と言う点で、あらゆるを取りそろえることができる。 作成時に決めた得意の上限が高く得意に近い 魔得意なら魔防など も少し高くなる、苦手は低めになり、苦手に近いもごく僅かに上限が低くなる。 が得意 苦手 の場合はの上限に変化はなく、他の上限が上がったり下がったりする。 デフォルト名としての「ルフレ」から、キャラクターとしての「ルフレ」へ 記事の冒頭にあるように、ルフレという名前は元々『』におけるの名でしかなかった。 後に出たにおいて、まず名として「ルフレ」およびの1・私1口調をとした性格が採用される。 そして(詳しくは後述するが)『』に設定の外見も含めて「ルフレ」というとして参戦することになる。 これ以降の作品(『』や『』『』など)では、この『』までにされた設定を引き継ぐ、あるいはさらに発展させる形で「ルフレ」というが登場するようになっていく。 大乱闘スマッシュブラザーズ参戦 に開と予告されていた新参戦にて 『』への参戦が発表された。 外見は同様の。 や同様に 口調、: と 私口調、: を選択可。 にのである「との」をした 男 と 女 がある。 とを携え、とを組み合わせて戦う。 ただしとソードには使用回数制限があり、使い切ると一間経過するまで再使用。 制限のあるはどれも強で、特にソードは・威共に申し分ない。 攻撃が強な分機動が低く、特にはを下回り、全中ワースス 『for』ではワースト。 『』ではに次ぐワー。 のはで登場する が参戦した『SP』でも変わらず。 また、『SP』でははくなっている。 通常攻撃及びソード使用不可時に使用。 ソード... 攻撃時に使用。 中も可。 通常必殺ワザ。 タメると上位に変化する。 ンダー... 手元のがになると変化。 よりが長い。 手元のがになると変化。 弾速はやや遅いっとばしに優れる。 最大までためると変化。 のごとき強な線を放つ。 弾速・攻撃・どれをとっても申し分なし。 横必殺ワザ。 放つ火球はなにかに触れると火柱へと変化する。 上必殺ワザ 復帰ワザ。 下方向にウを放ちで上昇する。 の上必殺ワザ同様2回移動。 下必殺ワザ。 相手のから当てることで増加。 半身たるとの連携攻撃。 は「ボル」とり下ろしの同時攻撃で吹っ飛ばす。 するとが全回復する。 必殺ワザ 『for』のみ• 通常必殺ワザ2。 通常のとべると威が上がった分のが下がっている。 まで貯めると強な一撃をできる半面、はで使い切ってしまう。 通常必殺ワザ3。 貯め時間が短くなり、弾速がくなる半面威は低下する。 エクスー... 横必殺ワザ2。 火球は浅い度で、遠くへ飛んでいくが、着弾するとする。 横必殺ワザ3。 火球はかなり深い度で飛んでいき、着弾すると身の丈ほどの火のを形成する。 地上で放つとほぼ足元に着弾する他、火球の攻撃判定がなくなっている。 変速ウ... 上必殺ワザ2。 1発は軽く浮き上がり、2発に大きく移動する。 代わりに攻撃は。 上必殺ワザ3。 1発で鋭くに浮かび、2発で軽く浮き上がる。 横方向への復帰が上がっている。 下必殺ワザ2。 回復量は減るが、遠に届く。 ただしの前の敵はつない。 下必殺ワザ3。 回復効果はなくなる代わりに攻撃が強化。 その他の作品におけるルフレ Code Name: S. リンカーンVSエイリアン 『』と同じくが開発元の。 ルフレのをこませることで、男ルフレが味方として使用できる。 ファイアーエムブレムif ルフレのをこませることで男ルフレがマイキャッスルにやってくる。 会話することで専用のをもらえるほか、専用ので対決しすることでとしてにできる。 店番をしてもらうことで「ルフレの写本」を購入可。 また、『見えざる史実・前』の報酬として軍師にできるを得られるが、この作品では専用職になっている。 ヨッシーウールワールド ルフレ本人は登場しないが、ルフレのをこませることでがルフレ柄になる。 スーパーマリオメーカー 対応するをこませることで、がそのにする機に対応。 ルフレのをこませることで、として男ルフレを使用可になる。 ファイアーエムブレム0 サイファ を題材にした。 以下のが登場している。 女ルフレの姿をしたレー。 によって「ルフレ 女 」のからこのへのが可になっている。 下記の『破滅との レー』とはおよびが繋がるようになっている。 男ルフレの姿をしたレー。 によって「ルフレ 男 」のからこのへのが可になっている。 は第18弾パックされている。 女ルフレの姿をしたレー。 を彷彿とさせるが印的。 ファイアーエムブレムヒーローズ を題材にした。 両方に加え、邪レーに心身を乗っ取られたも登場。 聖王の軍師 男 開始直後より。 召喚「の編」の対になっており、召喚時には専用のも流れた は集から視聴可。 通常のだけでなく、 ・・ に対しても有利となる「」を持つ。 さらにとしては守備が高いため、「相性化」を継承させた場合、・はあっても僅かなで済むほど。 しかし、魔防は低めなため対にはあまり強くはない。 には専用「軍師の書」が追加。 の特殊効果そのままに威を上げた代物だが、錬成で全の「〇〇の揮2」効果という「の叫び」を彷彿とさせる、軍師らしい強な特殊効果を付与できる。 ただし通常の揮同様混成部隊でないと効果を発揮できないことには注意。 謎多き軍師 女 開始直後の時点では敵として登場。 その後、同開催の期間限定「大戦」をすることで入手できた。 は 2度の復刻開催を経て 日替わり大戦のローテーションに組み込まれており、また飛行で手に入れられるによる召喚にも対応しているため入手しやすくなっている。 しかし、現時点で以外所有者のいない「魔殺し」を持つ他、ンが騎に特効であるため、の中でもとりわけ悪な「ムサンダ」を操る・を特効で潰せるというのは大きな利点。 に専用「軍師の書」が追加。 言ってしまえば版「軍師の書」。 騎特効こそ失うものの、男ルフレ同様「相性化」と合わせてとを潰すことができる。 海辺の策士 女 末の召喚「の」にて追加。 の上に戦術師のコートを羽織り、として銛を持った姿が特徴的で、各種などからの「の」を強く意識したものと思われる。 ので他のもそこそこが良い。 の「を突いた銛」はですると全が向上、後自分にが入るという一回限りの獅子奮といった効果を持つ。 がでないと発動しないため、「回復」などでをできるだけ維持しておきたい。 逆に言えばマフーやディの範囲攻撃や「死の」等で少しでも削ってしまえばこの効果を使われずに済む。 冬祭りの策士 男 中旬の召喚「の使者」にて追加。 にちなんだいコートを羽織り、としてツリーを振るうのが印的。 見たに反して重装扱いとなっている。 しかし、は重装にしてはやたら速く、魔防以外のも軒並み高準。 重装の弱点である進軍の遅さも「重装の行軍」でできるため相手にすると非常にタチが悪い。 邪竜の現身 男 下旬の召喚「闇に堕ちた」にて追加。 重装基本が高く、もが半分以上残っていれば反撃時絶対追撃の「迎撃隊形」、にを掛ける「の紋章」と強な一方、 と重装両方の特効を受けてしまうのが最大の弱点。 さらにでもある 有利かつ特効である を持つやだけでなく、アーマー持ちのカザやナも隠れた敵。 特に重装特効を持つは多いため、前述の以外にも警すべき相手は多い。 邪竜の応身 女 下旬の伝承召喚にて追加。 『邪の現身』と同じくこちらもレーに心身を乗っ取られた状態であり、本作では初となるのブとして登場。 飛行だが、専用「邪の鱗」の効果で飛行特効を効化でき、かつ防御時には守備魔防も高められるのが特徴。 ただし特効は防げないため、やナーガが敵である事に変わりはない。 特に魔防が低めなため、「ナーガ」を持つ・親や「のブ」を持つは要注意。 継承や味方の飛行系を駆使すれば大戦も余裕と言われるほど、数字以上に受けに特化した性。 ファイアーエムブレム無双 の『』との。 ・共に参戦。 を進めることで男ルフレが、ヒストリーを進めることで女ルフレが、それぞれ使用可になる。 上では同一扱い(変更の形で切り替える)だが、会話などはそれぞれのが用意されており、一粒で二度美味しいになっている。 性としては歩行ので、各種を駆使して戦う。 初期は戦術士で、プルフを使うことで上級職の軍師になる。 としては魔・技・魔防に優れる一方、・幸運がかなり低め。 必殺の一撃や義のは高めだが、の持続時間が短い。 も扱えるを意識してかにしては異様にが高い をぶん回しているより上 ため、「」を付けても面いかもしれない。 ちなみにではあるのだが、モーション中は浮遊して移動する。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の

【FEH】闇ルフレ男(邪竜)の評価!個体値とおすすめスキル継承【FEヒーローズ】

ルフレ ch

ルフレとは、専用『』に登場するの名である。 この記事ではにおけるについて記載する。 名はともに「ルフレ」。 名前や性別、体、顔つき、、、口調等をが設定できる。 体は性別ごとに3種、顔つきは体ごとに5種、は体ごとに5種、は20種、口調は性別ごとに5種 ちなみに口調を「」にすると 本当に喋らない。 単にがいだけ、とかではなく。 原で眠っていたところを発見されるという形で・・とする。 たちと出会う前の記憶を失っており自分が何者かすらも分からないが、何故かのことは知っていた。 ながらとを行使でき、敵味方のを軍を動かす才を持つ。 賊の退治に協したことでに気に入られ、自警団の軍師としてに付き従うことに。 と共に戦ううちに互いを支えあう半身とする強いを結び、従関係を越えた互いの二の存在となる。 基本的には面で感が強い、芯の通った性格。 の数少ないのひとり。 面一辺倒と言うわけでもなく、っ気もある。 とか との関係、にあるな紋章などが多い存在。 、が多い。 よくこんなん懐に入れる気になりましたね 名ルフレの由来は恐らくで「 陶器の 色、珠」を表す「reflet」。 軍師のに「の叫び」があること、 Cr の名前の由来がで「色」という意味の「c」であることにも関連性が伺える。 にも「reflet」はあるが「、反射」という意味のため、意味は前者ではか。 ちなみにでは「Robin 」が名となっている。 さらにとなるのイーという名は、に登場するのの名でもある。 イーの地でルフレとの元に色々なが集うという、趣深い、なと言えよう。 その正体 『』に関する重大なが含まれます。 で閲覧してください。 邪レーを崇拝するレーの教である邪術士、の子。 邪レーの血脈でレーの魂を宿しており、邪としてする素質を持つ。 の紋章はその。 レーの器となるべく生み出されたが、が子に情が湧いたによりの頃から連れ出された。 血の繋がり故か、の精支配に抗うのが困難。 「の」においてもらと共に戦っていたが、との時、に操られるままを殺。 その後、破滅をす邪レーとしてし、をで覆い尽くす存在となる。 つまり、を滅ぼした邪レーの中核は「のルフレ」その人である。 現代のルフレが記憶を失っているのは、を変えようとするらを追ってにやってきたレーとの接触の際、流れ込んできた記憶に耐え切れなかった。 の名前を知っていたりのの断片を夢に見たりするのも、その際にレーの魂の一部を取り込んでいるからである。 ナーガのを受けたをもってして年間封印することしか出来ず、「自ら滅びを選びでもしない限り滅ぶことはない」レーを、「同一存在であるの自分に自ら止めを刺す」という「自らを滅ぼす」行為において全消滅させることの出来る一の存在。 しかし、既に魂がレーのものと混じり合ってしまっているルフレにとってそれはすなわち行為であり、ルフレ自身の命を賭した方法となるのだが…。 ちなみにこのルフレという存在、上記のような設定に加え、の行動次第で起こりうることをまとめると、兼兼兼兼の兼の義理のという、盛りすぎにもほどがあるほどの役割を担う運命にある。 支援会話 は、そもそも不可の配信&すれ違いを除く全てのとAを起こすことが出来る。 さらに自分の以外の異性とはSを起こしすることも可である。 のS発にはもかくやと言わんばかりの会話が展開され、相手とのが表示される。 そんな こっ恥ずかs胸くの詳細は「」参照。 で登場するの名は共通で「」。 とは逆の性別で登場する。 は基本的にでが決まるが、のみがの場合も含め、は相手にする。 ユニット性能 初期兵種は戦術師。 とを使える。 戦術師とその上級職である軍師になれるのは に関係な配信を除けば とそののみである。 と言うだけあって成長率に問題はなくは優れている。 何より驚異的なのはプルフで性別限定職と固有職を除いたすべての下級職に可と言う点で、あらゆるを取りそろえることができる。 作成時に決めた得意の上限が高く得意に近い 魔得意なら魔防など も少し高くなる、苦手は低めになり、苦手に近いもごく僅かに上限が低くなる。 が得意 苦手 の場合はの上限に変化はなく、他の上限が上がったり下がったりする。 デフォルト名としての「ルフレ」から、キャラクターとしての「ルフレ」へ 記事の冒頭にあるように、ルフレという名前は元々『』におけるの名でしかなかった。 後に出たにおいて、まず名として「ルフレ」およびの1・私1口調をとした性格が採用される。 そして(詳しくは後述するが)『』に設定の外見も含めて「ルフレ」というとして参戦することになる。 これ以降の作品(『』や『』『』など)では、この『』までにされた設定を引き継ぐ、あるいはさらに発展させる形で「ルフレ」というが登場するようになっていく。 大乱闘スマッシュブラザーズ参戦 に開と予告されていた新参戦にて 『』への参戦が発表された。 外見は同様の。 や同様に 口調、: と 私口調、: を選択可。 にのである「との」をした 男 と 女 がある。 とを携え、とを組み合わせて戦う。 ただしとソードには使用回数制限があり、使い切ると一間経過するまで再使用。 制限のあるはどれも強で、特にソードは・威共に申し分ない。 攻撃が強な分機動が低く、特にはを下回り、全中ワースス 『for』ではワースト。 『』ではに次ぐワー。 のはで登場する が参戦した『SP』でも変わらず。 また、『SP』でははくなっている。 通常攻撃及びソード使用不可時に使用。 ソード... 攻撃時に使用。 中も可。 通常必殺ワザ。 タメると上位に変化する。 ンダー... 手元のがになると変化。 よりが長い。 手元のがになると変化。 弾速はやや遅いっとばしに優れる。 最大までためると変化。 のごとき強な線を放つ。 弾速・攻撃・どれをとっても申し分なし。 横必殺ワザ。 放つ火球はなにかに触れると火柱へと変化する。 上必殺ワザ 復帰ワザ。 下方向にウを放ちで上昇する。 の上必殺ワザ同様2回移動。 下必殺ワザ。 相手のから当てることで増加。 半身たるとの連携攻撃。 は「ボル」とり下ろしの同時攻撃で吹っ飛ばす。 するとが全回復する。 必殺ワザ 『for』のみ• 通常必殺ワザ2。 通常のとべると威が上がった分のが下がっている。 まで貯めると強な一撃をできる半面、はで使い切ってしまう。 通常必殺ワザ3。 貯め時間が短くなり、弾速がくなる半面威は低下する。 エクスー... 横必殺ワザ2。 火球は浅い度で、遠くへ飛んでいくが、着弾するとする。 横必殺ワザ3。 火球はかなり深い度で飛んでいき、着弾すると身の丈ほどの火のを形成する。 地上で放つとほぼ足元に着弾する他、火球の攻撃判定がなくなっている。 変速ウ... 上必殺ワザ2。 1発は軽く浮き上がり、2発に大きく移動する。 代わりに攻撃は。 上必殺ワザ3。 1発で鋭くに浮かび、2発で軽く浮き上がる。 横方向への復帰が上がっている。 下必殺ワザ2。 回復量は減るが、遠に届く。 ただしの前の敵はつない。 下必殺ワザ3。 回復効果はなくなる代わりに攻撃が強化。 その他の作品におけるルフレ Code Name: S. リンカーンVSエイリアン 『』と同じくが開発元の。 ルフレのをこませることで、男ルフレが味方として使用できる。 ファイアーエムブレムif ルフレのをこませることで男ルフレがマイキャッスルにやってくる。 会話することで専用のをもらえるほか、専用ので対決しすることでとしてにできる。 店番をしてもらうことで「ルフレの写本」を購入可。 また、『見えざる史実・前』の報酬として軍師にできるを得られるが、この作品では専用職になっている。 ヨッシーウールワールド ルフレ本人は登場しないが、ルフレのをこませることでがルフレ柄になる。 スーパーマリオメーカー 対応するをこませることで、がそのにする機に対応。 ルフレのをこませることで、として男ルフレを使用可になる。 ファイアーエムブレム0 サイファ を題材にした。 以下のが登場している。 女ルフレの姿をしたレー。 によって「ルフレ 女 」のからこのへのが可になっている。 下記の『破滅との レー』とはおよびが繋がるようになっている。 男ルフレの姿をしたレー。 によって「ルフレ 男 」のからこのへのが可になっている。 は第18弾パックされている。 女ルフレの姿をしたレー。 を彷彿とさせるが印的。 ファイアーエムブレムヒーローズ を題材にした。 両方に加え、邪レーに心身を乗っ取られたも登場。 聖王の軍師 男 開始直後より。 召喚「の編」の対になっており、召喚時には専用のも流れた は集から視聴可。 通常のだけでなく、 ・・ に対しても有利となる「」を持つ。 さらにとしては守備が高いため、「相性化」を継承させた場合、・はあっても僅かなで済むほど。 しかし、魔防は低めなため対にはあまり強くはない。 には専用「軍師の書」が追加。 の特殊効果そのままに威を上げた代物だが、錬成で全の「〇〇の揮2」効果という「の叫び」を彷彿とさせる、軍師らしい強な特殊効果を付与できる。 ただし通常の揮同様混成部隊でないと効果を発揮できないことには注意。 謎多き軍師 女 開始直後の時点では敵として登場。 その後、同開催の期間限定「大戦」をすることで入手できた。 は 2度の復刻開催を経て 日替わり大戦のローテーションに組み込まれており、また飛行で手に入れられるによる召喚にも対応しているため入手しやすくなっている。 しかし、現時点で以外所有者のいない「魔殺し」を持つ他、ンが騎に特効であるため、の中でもとりわけ悪な「ムサンダ」を操る・を特効で潰せるというのは大きな利点。 に専用「軍師の書」が追加。 言ってしまえば版「軍師の書」。 騎特効こそ失うものの、男ルフレ同様「相性化」と合わせてとを潰すことができる。 海辺の策士 女 末の召喚「の」にて追加。 の上に戦術師のコートを羽織り、として銛を持った姿が特徴的で、各種などからの「の」を強く意識したものと思われる。 ので他のもそこそこが良い。 の「を突いた銛」はですると全が向上、後自分にが入るという一回限りの獅子奮といった効果を持つ。 がでないと発動しないため、「回復」などでをできるだけ維持しておきたい。 逆に言えばマフーやディの範囲攻撃や「死の」等で少しでも削ってしまえばこの効果を使われずに済む。 冬祭りの策士 男 中旬の召喚「の使者」にて追加。 にちなんだいコートを羽織り、としてツリーを振るうのが印的。 見たに反して重装扱いとなっている。 しかし、は重装にしてはやたら速く、魔防以外のも軒並み高準。 重装の弱点である進軍の遅さも「重装の行軍」でできるため相手にすると非常にタチが悪い。 邪竜の現身 男 下旬の召喚「闇に堕ちた」にて追加。 重装基本が高く、もが半分以上残っていれば反撃時絶対追撃の「迎撃隊形」、にを掛ける「の紋章」と強な一方、 と重装両方の特効を受けてしまうのが最大の弱点。 さらにでもある 有利かつ特効である を持つやだけでなく、アーマー持ちのカザやナも隠れた敵。 特に重装特効を持つは多いため、前述の以外にも警すべき相手は多い。 邪竜の応身 女 下旬の伝承召喚にて追加。 『邪の現身』と同じくこちらもレーに心身を乗っ取られた状態であり、本作では初となるのブとして登場。 飛行だが、専用「邪の鱗」の効果で飛行特効を効化でき、かつ防御時には守備魔防も高められるのが特徴。 ただし特効は防げないため、やナーガが敵である事に変わりはない。 特に魔防が低めなため、「ナーガ」を持つ・親や「のブ」を持つは要注意。 継承や味方の飛行系を駆使すれば大戦も余裕と言われるほど、数字以上に受けに特化した性。 ファイアーエムブレム無双 の『』との。 ・共に参戦。 を進めることで男ルフレが、ヒストリーを進めることで女ルフレが、それぞれ使用可になる。 上では同一扱い(変更の形で切り替える)だが、会話などはそれぞれのが用意されており、一粒で二度美味しいになっている。 性としては歩行ので、各種を駆使して戦う。 初期は戦術士で、プルフを使うことで上級職の軍師になる。 としては魔・技・魔防に優れる一方、・幸運がかなり低め。 必殺の一撃や義のは高めだが、の持続時間が短い。 も扱えるを意識してかにしては異様にが高い をぶん回しているより上 ため、「」を付けても面いかもしれない。 ちなみにではあるのだが、モーション中は浮遊して移動する。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の

【FEH】闇ルフレ男(邪竜)の評価!個体値とおすすめスキル継承【FEヒーローズ】

ルフレ ch

ルフレ 技コマンド スマブラSP「ルフレ」の技コマンドのデータです。 溜めるほど高位の魔法に変化し3段階強化される。 溜めなしだと威力は低いが速く飛ぶ「サンダー」、1段目はサンダーより威力が高く遠くまで飛ぶが少し遅い「エルサンダー」、2段目は地形に当たると電流が広がる「ギガサンダー」、最大まで溜めると高速で飛び敵を貫通するレーザーを放つ「トロン」を発射する。 サンダーの最大使用回数は20回で、上位の魔法ほど魔導書を消耗する。 エルサンダーは3回分、ギガサンダーは5回分、トロンは8回分の消耗。 着弾すると火柱で焼き尽くす。 最大使用回数は6回。 1つ目のエルウインドの攻撃にのみメテオ効果。 魔導書の耐久は20回で、風の刃1つにつき1消費。 闇の力で生命力を奪い取る。 奪い取った生命力で蓄積ダメージを回復出来る。 最大使用回数は4。 デメリット• 機動力が低い• サンダーソードと魔導書には回数制限があり使い切ってしまうと決定力が大きく下がる ルフレの立ち回り ルフレは遠距離では魔導書、近接戦闘ではサンダーソードがありどちらも高い決定力がありますが、使用回数に限りがあるのが特徴です。 そのため残り使用回数の管理がとても重要でどのタイミングで使用していくかの判断が必要になります。 特に上必殺技「エルウインド」は使い切ってしまうと復帰力が大きく落ちてしまうので注意です。 移動速度が非常に遅く、空中での移動も速くないためサンダーソードがあっても近接戦闘はそこまで得意ではありません。 足が遅いので立ち回りを有利に運びづらいですが、基本的には魔導書の飛び道具を使って遠距離戦で戦いましょう。 横必殺技「ギガファイアー」は火柱による拘束が強力なので牽制に使って行きましょう。 崖上がりを封じるセットプレイにも使えます。

次の