えきねっと あずさ。 【2019年3月16日~】あずさ回数券廃止!中央線特急 新サービスを解説・お得に乗る方法も紹介│やまなしファン

JR東日本、中央線「あずさ」「かいじ」がほぼ半額になる「えきねっと」限定きっぷ。新宿~松本が3300円など

えきねっと あずさ

この時点で特急券はなくても問題ありません。 改札に入り、特急かいじ・あずさの乗り場である、 中央線9番線・10番線のホームを降りていきます。 エレベーターを下ると特急の指定席券売機の案内板が壁やポールに張られています。 (下図参照) これに沿って進んでいきましょう! 指定販売機の案内に沿って進むと、 特急券の指定席券売機が見えてきます。 こんな感じ。 左側に現金専用1台とクレジットカード専用の機械が2台あります。 自分の決済方法に応じて選びましょう。 画面の前に着くと以下のような画面が表示されます。 甲府行ですので、画面左上の あずさ・かいじ (甲府・竜王までの各駅) 【今すぐご乗車】 を選択します。 次は乗る特急の時間と目的地を選択します。 座席未指定補足 座席未指定は乗る電車が決まっていない場合に購入することで、どの特急でも自由に乗ることができます。 乗る電車が決まったら指定席に変更することも可能です。 今回は13:00発松本行のあずさ17号で甲府に向かいます。 甲府の普通車〇を選びましょう。 次に座席を選んでいきます。 普通車の座席表は空き状況によって• 空きあり:〇• 今回は最も空きのある車両を選択します。 選択した車両の座席を指定します。 座席指定する際のポイントは、 進行方向を確認し、後ろの席が空いている席を選択すると、リクライニングも遠慮なく倒すことができます。 今回も後ろの予約が入っていない15のAB席を選択します。 これで席選択は完了です。 最後に確認画面です。 乗車する特急• 出発・到着時間• 人数 を確認し、問題なければ次に進んでください! 最後に決済画面です。 特急の乗車料金はひとり 1,580円です。 購入したタイミングによっては、赤のままになっている場合もあります。 乗車する特急電車・座席番号を間違えないようにすれば問題ありません。 座席未指定を購入した場合、赤の空いている座席を探して座る必要があります。 ちなみに、赤に人が座っている場合は車掌さんから特急券を持っているかのチェックが入ります。 キセル乗車は当然できません。 特急券の車内購入について かいじ・あずさの特急券は車内でも購入することが可能です。 ただし、車内料金になるため券売機で購入するより高くなります。 ホーム内で購入できるので、わざわざ車内で購入するメリットはありませんので、 事前に特急券の購入を済ませておきましょう。 甲府に着いたら特急券は回収不要 新宿を出発し 約1時間30分で甲府駅に到着します。 手元に残った特急券はご自身で破棄するなり、記念にとっておくなりしてください。 まとめ.

次の

かいじ・あずさの特急券の買い方を画像付きで解説【新宿駅編】|山梨ガイド

えきねっと あずさ

特急あずさの回数券で指定席を予約するには? 特急あずさの回数券で指定席を予約するには、以下の3つの方法があります。 ちなみに「あずさ回数券」ですが、もちろん 「特急あずさ」だけでなく「特急スーパーあずさ」もご利用いただけます。 ただし、回数券は ゴールデンウィークやお盆や年末年始の大型連休には利用できませんので、ご注意ください。 具体的には4月27日~5月6日、8月11日~20日、12月28日~1月6日が利用できません。 あずさの回数券のえきねっと利用方法 まずこちらからにアクセスします。 こちらの画面に切り替わります。 列車の一覧が表示されます。 ログイン画面に進みますので、IDとパスワードを入力してログインしてください。 まだえきねっと会員でない方は、「会員登録して申込に進む」から会員登録してください。 ログインが済むとこちらの画面になります。 座席指定はしなくてもOKですが、 「座席指定画面」で選択するのがおすすめです。 すると「座席選択画面」が表示されますので、好きな座席を選んでください。 最終確認画面になります。 「購入手続きが完了しました」という画面になって、 予約完了です。 回数券とクレジットで二重払いにはなりませんので大丈夫です。 えきねっとで予約後は、JRの駅窓口か指定席券売機で発券してもらう必要があります。 結局JR東日本の駅に行かなければいけませんが、発券は当日でも大丈夫ですので、前もってネット予約できるのはかなり便利です。 たとえ窓口や券売機が24時間営業でも、発券時間は 5:30~23:00限定ですので、ご注意ください。 あずさ回数券の指定席の変更 回数券で購入した指定席は、列車の出発前でしたら、 無料で何回でも変更可能です。 発券前でしたら「えきねっと」で何回でも変更できます。 すでに発券済の場合は、駅窓口で変更できます。 列車出発後は変更できませんので、「帰りの時間が決まってない」場合などは、 遅めの列車を予約しておいて、早く駅についたら早い列車に変更するのがおトクです。 早い列車が満席の場合でも、待てば予約済みの列車に乗ることができます。 また、急いで帰りたい場合は回数券で自由席にも乗ることも可能です。 回数券をそのまま自動改札に入れれば乗れますので、指定席の発券も不要です。 あずさ回数券で座席指定後のキャンセル あずさの回数券の払い戻しは、 有効期間内で全ての券が未使用で表紙を伴っている場合に限り、駅窓口で可能です。 (220円の払戻手数料がかかります) 1枚でも使用していたら払い戻しはできません。 余ったあずさ回数券は、金券ショップやヤフオクなどで売れますので、できるだけ有効期間がたくさん残っているうちに早めに売却しましょう。 えきねっとで座席指定後にキャンセルする場合は、 指定席解約料が1座席310円かかります。 えきねっとで座席指定後に、回数券まるごとキャンセルしたい場合は、えきねっと解約料1席310円とあずさ回数券6枚払い戻し手数料220円を支払えば、すべてをキャンセルできます。 ただ、えきねっとの指定席予約は あずさ指定席に限らず何度でも変更可能ですので、新幹線や別の在来線の指定席に乗る予定があれば、そちらに変更するのがおすすめです。 まとめ あずさの回数券は、えきねっとで予約や変更もできてとてもおトクなきっぷです。

次の

スーパーあずさの格安チケットはえきねっとで予約が最安値

えきねっと あずさ

新宿駅には 南口と 新南口がありますが、 必ず南口へ行ってください! 詳しくは後述します。 2 南改札口を正面に、左手側に進む 南口の改札を正面に、 左手側へ進みます。 3 9・10番線の青い看板を越えるまで直進する 進んでいくと、9・10番線(中央本線)の青い看板が見えてきます。 この看板を通り過ぎるとすぐ 右側に指定席券売機があります。 9・10番線看板を過ぎると 右側に・・・・ありました! 注意:南口と新南口の間違いに気をつけて! ホームから南口へ行くには2階へ登るのですが、 階段によって南口コンコースに上がる階段と、新南口コンコースに上がる階段に分かれます。 新南口コンコース側では指定席券売機がありませんのでご注意ください。 「ホーム中ほどの階段が南口コンコース」、「渋谷方面寄りの階段が新南口コンコース」です。 この券売機を目指します。 南口コンコースへ上がる階段の写真。 この階段の裏側です。 案内の張り紙もたくさん貼られているので安心です。 券売機の画面。 あずさ・かいじなどの中央線特急が買い求めやすい仕様になっています。 この券売機を目指します。 券売機の裏側は東武線のライナー券の券売機になっていますので、これを見かけたら裏側に回りましょう。 券売機の画面。 成田エキスプレスや踊り子を購入しやすい仕様になっています! 以上、新宿駅構内の指定席券売機の場所のご紹介でした。

次の