負け犬 に アンコール は いらない 歌詞。 ヨルシカ

負け犬にアンコールはいらない 歌詞 ヨルシカ ※ updates.team.odesk.com

負け犬 に アンコール は いらない 歌詞

大人になりたくないのに何だか どんどん擦れてしまってって 青春なんて余るほどないけど もったいないから持っていたいのです 「死ぬほどあなたを愛してます」 とかそう言う奴ほど死ねません 会いたい好きです堪りません とか誰でも良いのに言っちゃってんのがさ、わかんないね もう一回、もう一歩だって 歩いたら負けだ つまらないって口癖が、僕の言い訳みたいじゃないか もう一回、もうこんな人生なんかは捨てたい 夏のバス停で君を待っていたいんだ 負け犬だからさ想い出しかないんだ 逃げるは恥だが役に立つとかいうけど正直立てません 大人になりたくないのにいつから 笑顔が上手になったんだ 人生なんて余るほどないし 友達なんかはいりません 最低限の荷物を固めて あなたに会いに行こうと思いました 堪んないね 5! 4! 3! 2! HOWL! もう一回、もう一個だって落としても死ねない 負け続けても笑った君が白痴みたいじゃないか もう一生、後悔したくない僕らは吠えたい 負け犬が吠えるように生きていたいんだ 君のそんな顔なんか見たくもないんだ 人生に名前をつけるなら 希望って言葉は違うだろ もう何年待っているんだろう、わからないか 君以外はどうでもいいんだよ それだけはわかっていたんだろ もう一回、もう一歩だって歩いても言えない 所詮音楽が響くか 何もかもが言い足るものか もう一回、僕たちにもうアンコールなどいらない 吠え面かけよ偽善者 もう一回、もう一歩だって歩いたら負けだ 世界平和でも歌うか 早く全部を救えよ愛とやらで もういい、もうこんな人生全部を賭けたい 負け犬なりに後悔ばっか歌って また夢に負けて、昨日を愛おしんで 解釈 「死ぬほどあなたを愛してます」とかいう奴に限って大してあなたを愛してはいません。 そもそも「会いたい好きです堪りません」とか誰にでも言っちゃうところとかほんとわかんないよね。 「死ぬほど」から「死ねません」までの部分は、大げさに「愛している」というやつほど大してあなたを愛してなんかいないんだよということを助言しているのでしょう。 後半部分は、誰にでも愛しているといってしまう男に対して「ほんとありえない」と愚痴をこぼしている様子が描かれています。 もう一回、もう一歩だって 歩いたら負けだ つまらないって口癖が、 僕の言い訳みたいじゃないか もう一回、もうこんな人生なんかは捨てたい 夏のバス停で君を待っていたいんだ 負け犬だからさ想い出しかないんだ 解釈 人生に名前をつけるなら「希望」はおかしいだろ。 もう何年「希望」を待っているのだろうか。 君以外はもうどうでもいいんだ。 それだけは分かっているだろ。 「希望」とはなんなのでしょうか。 「希望」の答えは歌詞になってはいませんが、文脈から想像すると、「君(恋人)と会えること」であると想像できます。 そして、もう何年「希望」を待っているのだろうか。 という部分から、まだ「君」に会えていないということがわかりますね。 つまり、君とは恋人のことではなくて、まだ会えていない将来の恋人のことを指すのでしょう。 もう一回、もう一歩だって歩いても言えない 所詮音楽が響くか 何もかもが言い足るものか もう一回、僕たちにもうアンコールなどいらない 吠え面かけよ偽善者.

次の

moraのご利用について

負け犬 に アンコール は いらない 歌詞

大人になりたくないのに何だか どんどん擦れてしまってって 青春なんて余るほどないけど もったいないから持っていたいのです 「死ぬほどあなたを愛してます」 とかそう言う奴ほど死ねません 会いたい好きです堪りません とか誰でも良いのに言っちゃってんのがさ、わかんないね もう一回、もう一歩だって 歩いたら負けだ つまらないって口癖が、僕の言い訳みたいじゃないか もう一回、もうこんな人生なんかは捨てたい 夏のバス停で君を待っていたいんだ 負け犬だからさ想い出しかないんだ 逃げるは恥だが役に立つとかいうけど正直立てません 大人になりたくないのにいつから 笑顔が上手になったんだ 人生なんて余るほどないし 友達なんかはいりません 最低限の荷物を固めて あなたに会いに行こうと思いました 堪んないね 5! 4! 3! 2! HOWL! もう一回、もう一個だって落としても死ねない 負け続けても笑った君が白痴みたいじゃないか もう一生、後悔したくない僕らは吠えたい 負け犬が吠えるように生きていたいんだ 君のそんな顔なんか見たくもないんだ 人生に名前をつけるなら 希望って言葉は違うだろ もう何年待っているんだろう、わからないか 君以外はどうでもいいんだよ それだけはわかっていたんだろ もう一回、もう一歩だって歩いても言えない 所詮音楽が響くか 何もかもが言い足るものか もう一回、僕たちにもうアンコールなどいらない 吠え面かけよ偽善者 もう一回、もう一歩だって歩いたら負けだ 世界平和でも歌うか 早く全部を救えよ愛とやらで もういい、もうこんな人生全部を賭けたい 負け犬なりに後悔ばっか歌って また夢に負けて、昨日を愛おしんで 解釈 「死ぬほどあなたを愛してます」とかいう奴に限って大してあなたを愛してはいません。 そもそも「会いたい好きです堪りません」とか誰にでも言っちゃうところとかほんとわかんないよね。 「死ぬほど」から「死ねません」までの部分は、大げさに「愛している」というやつほど大してあなたを愛してなんかいないんだよということを助言しているのでしょう。 後半部分は、誰にでも愛しているといってしまう男に対して「ほんとありえない」と愚痴をこぼしている様子が描かれています。 もう一回、もう一歩だって 歩いたら負けだ つまらないって口癖が、 僕の言い訳みたいじゃないか もう一回、もうこんな人生なんかは捨てたい 夏のバス停で君を待っていたいんだ 負け犬だからさ想い出しかないんだ 解釈 人生に名前をつけるなら「希望」はおかしいだろ。 もう何年「希望」を待っているのだろうか。 君以外はもうどうでもいいんだ。 それだけは分かっているだろ。 「希望」とはなんなのでしょうか。 「希望」の答えは歌詞になってはいませんが、文脈から想像すると、「君(恋人)と会えること」であると想像できます。 そして、もう何年「希望」を待っているのだろうか。 という部分から、まだ「君」に会えていないということがわかりますね。 つまり、君とは恋人のことではなくて、まだ会えていない将来の恋人のことを指すのでしょう。 もう一回、もう一歩だって歩いても言えない 所詮音楽が響くか 何もかもが言い足るものか もう一回、僕たちにもうアンコールなどいらない 吠え面かけよ偽善者.

次の

updates.team.odesk.com:カスタマーレビュー: 負け犬にアンコールはいらない(通常版)

負け犬 に アンコール は いらない 歌詞

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の