ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア。 ウエストハイランドホワイトテリアのブリーダーを探す|みんなのブリーダー

ウエストハイランドホワイトテリア

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア

お支払いについて 配送について ・お支払いはクレジットカード、銀行振込、代金引換がご利用いただけます。 カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。 ・配送は日本郵便[ゆうパック]でお届けいたします。 ・ご注文確認(前払いの場合はご入金確認)の3営業日以内に発送を こころがけておりますが、万が一出荷が遅れる場合は メールにてご連絡致します。 ・また、時間指定もうけたまわります。 指定できる時間帯は[午前中][12:00〜14:00][14:00〜16:00][16:00〜18:00][18:00〜20:00][19:00〜21:00][19:00〜21:00][20:00〜21:00] 営業時間帯について プライバシーについて ネットでのご注文は24時間受け付けております。 お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。 営業日カレンダーをご確認下さいませ。 ) メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。 お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。 当店からのメールが届かないお客様へ 受信設定のお願い ご注文・商品お問い合わせ・メールでのお問い合わせをいただきましたら翌営業日以内に正式な受注確認メール・お問い合わせのお返事メールをお送りいたしております。 また、銀行振り込みのお客様にはご入金確認メール・ご注文商品を発送させていただいたお客様には発送完了【お荷物番号お知らせ】メールをお送りいたしております。 お客様のPC・携帯の受信設定によりメールが返ってきてしまい届かない場合がございます。 お手数ではございますが、メールの受信設定をご確認いただきまして 当店メールアドレスからのメールを受信できるよう、ご確認をお願いいたします。 犬雑貨専門店 銀屋 dogcollection-ginya iris. eonet. jp 【迷惑メールフォルダに自動的に振り分けられている場合もございます。 ご確認くださいませ。

次の

ウエストハイランドホワイトテリアの性格や特徴、しつけや飼い方まで

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアとは 1. ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの紹介 ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの原産地は、イギリスのスコットランドです。 元々はキツネなどの巣穴を探す小型猟犬として活躍しており、可愛らしい見た目ですが、力強い体と活動力を持っている犬種です。 血統書を発行している ジャパンケネルクラブの分類によると、 グループ3(小獣猟犬)に属する小型犬です。 名前のルーツ・簡潔な歴史 ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの名前のルーツですが、原産地スコットランドの西高原のウエスト・ハイランド地方に由来しています。 テリアで最も古い犬種である、「 ケアーン・テリア」から生まれた白いテリアを改良したものが起源です。 ちなみに、「ウエスティ(Westie)」の愛称はウエストハイランドテリアの略称が一般化したものです。 1907年にイギリスケネルクラブで、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアが公式に登録され、その後、アメリカのドッグショーで注目を浴び、人気が出ました。 1908年にアメリカケネルクラブでは「 ローズニース・テリア」という名前で登録され、翌1909年に、「 ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア」という名前に変更されています。 英語では「 West Highland White Terrier」と表記します。 日本で飼育されている数 日本で飼育されているウエスト・ハイランド・ホワイトテリアの飼育数ですが、ジャパンケネルクラブの2017年の犬種別犬籍登録頭数を調べてみると 617頭です。 犬全体の登録数が292,906頭ですから、全ての犬種に占めるウエスティの割合は約 0. 2%と、まだマイナーといえますが、テリア種の中では人気が上昇している犬種です。 平均体高・平均体重 ジャパンケネルクラブのウエスト・ハイランド・ホワイトテリアの理想体高は、オス、メス共に約 28cmです。 初期費用は 205,000〜305,000円 ウエスティの性格の3大特徴 1. 社交的 ウエスティは他のテリア種に比べて、他人や他の動物に対して社交的でフレンドリーです。 子供との相性も悪くありませんが、突然おもちゃやエサを取り上げたり、雑に扱われると、攻撃的になることがありますのでその点は注意が必要です。 勇敢 ウエスティは勇敢で小さい体でも自分に自信を持っています。 負けず嫌いで、もともとは猟犬だったこともあり、獲物などに果敢に立ち向かいます。 やんちゃ イタズラ好きで、やんちゃ、頑固な一面もあります。 ウエスティは飼い主の気を引くために、わざと困らせるようなことをすることもあります。 オスとメスでの性格の違い ウエスティのオスとメスでは、以下の性格の違いがあるといわれていますが、個体差のほうが大きく、他の犬種ほどの違いはありません。 オス ウエスティのオスは、メスに比べておとなしく、愛情深い傾向にあるようです。 メス メスのウエスティは、オスに比べて独立心が高い傾向があるようです。 ウエスティを飼うのに向いている人 1. アクティブな小型犬がほしい ウエスティは、アクティブに活動することが大好きです。 体も丈夫で一生懸命にボールを追いかけます。 また、体が小さいのでどこにつれて行くにも便利です。 番犬向きの犬がほしい ウエスティは勇敢で警戒心が強いため、小さいながらも番犬としての素質を持っています。 物音に警戒し、必要なときには吠えて反応します。 自立心のある犬がほしい ウエスティは自立心があり、愛情深いですがマイペースでこびない性格をしています。 個々の性格の差はありますが、べったりと甘えたり、人に抱っこされているのはあまり好きではないほうです。 ウエスト・ハイランド・ホワイトテリアのしつけのコツ 1. 一貫性を持つ ウエスト・ハイランド・ホワイトテリアのしつけは、一貫性を持って、堂々とした態度で行う必要があります。 そうでなけれは、わがままになって問題行動を起こす可能性があります。 また社会化の訓練が十分にされないと悪影響を及ぼします。 子犬のころに多くの人にふれさせましょう。 従来の習性を理解する ウエスト・ハイランド・ホワイトテリアは猟犬だったため、小さい動物を追いかけようとする性質があります。 行動を把握して、注意を払わなければいけません。 同じく猟犬の性質上、他人に吠えたり、庭に穴を掘ってしまうこともあります。 それらの行動を理解した上でしつけをおこなうようにしましょう。 リフレッシュしながら ウエスト・ハイランド・ホワイトテリアは好奇心旺盛で、他のものに気をとられてしまうことがあります。 常に飽きのこないような目新しいトレーニングや、オヤツをうまく使いながらしつけすることが向いています。 飼育する場合に特に注意する3つのこと 1. 暑さに注意 ウエスト・ハイランド・ホワイトテリアはもともと寒い地域に生まれたため、寒さには比較的強いですが、暑さに弱い犬種です。 夏は室内の温度管理と、ケージを置く場所、散歩の時間帯にも注意してください。 被毛のケア ウエスト・ハイランド・ホワイトテリアは抜け毛は少ないですが、清潔で綺麗な毛と皮膚を保つため、ブラッシングが必要です。 毎日ではなくても、週に1、2回程度、換毛期には特に頻繁におこなってください。 定期的なトリミングや月1回程度のシャンプーもしてケアしましょう。 皮膚病が多い犬種ですので、ブラッシングはその予防にもなります。 運動 小さいわりに運動量が多いウエスト・ハイランド・ホワイトテリアは、運動不足になると欲求不満で無駄吠えなどを起こします。 過度な運動は不要ですが、朝夕30分ずつ計1時間程度の、散歩やボール遊びを行うのが適当です。 時間のあるときにドッグランなどで遊ばせると、とても喜びます。 ウエスティの平均寿命 ウエスティの平均寿命は 12~14年くらいです。 小型犬の平均的な寿命といえます。 参考までに小型犬の平均寿命ですが、だいたい 14歳くらいです。 しかし、あくまでも平均寿命ですので、健康管理をしっかりと行って愛情深く接していけばもっと長く生きることも可能でしょう。 病気や普段の食事(ドッグフード)に気をつけることで、寿命はもっと長くなります。 明るくて活発 ウエスティは明るくて活動的、人を喜ばせるのが好きな犬種です。 一緒にいるとハッピーな気持ちにさせてくれます。 マイペースだけど甘えん坊 飼い主には忠実で、愛情を示し、甘えてくることもありますが、ひとりでいることも好きなようです。 そのマイペースさが好きだという飼い主さんが多いようです。 物覚えのよさ どちらかというとウエスティは初心者には難しい犬種ですが、物覚えがよいので正しく愛情を持ってしつけすれば心配はありません。 まとめ ウエスティの性格の3大特徴は、社交的、勇敢、頑固。 ウエスティのオスとメスでの性格の違いは、個体差はありますが、オスは、おとなしく、愛情深い、メスは、より独立心が高い傾向がある。 ウエスティを飼う人に向いている3つのポイントは、アクティブな小型犬、番犬向きで、自立心のある犬がほしい人。 ウエスティのしつけの3つの重要ポイントは、一貫性を持つ、従来の習性を理解、リフレッシュしながらすること。 ウエスティの飼育に関しての3つの注意点は、暑さに注意、被毛のケア、運動。 ウエスティを飼う魅力とは、明るくて活発、マイペースだけど甘えん坊、物覚えのよさ。 ウエスト・ハイランド・ホワイトテリアの基本データ.

次の

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの子犬たち

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア

もくじ• ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアの特徴・性格分析 海外ではトップを争う人気犬種。 本当は、とってもやんちゃ。 喧嘩上等の向こう見ず、鼻っ柱が強く小生意気なテリアらしいテリアです。 狩りの腕前だって、テリアの中では一番の凄腕です。 小柄ならが頑健で、スタミナもあり、軽快で素早く動きます。 スコットランドのテリアの中では最も明るく楽天的。 好奇心いっぱいで、いつも何か楽しいことはないか、遊べることはないか考えています。 社交的で子どもともよく遊びます。 小型獣を狩る狩猟犬なので、他のペットとは仲良くなれないかもしれません。 でも、どんな環境でもマイペースな頼もしいウェスティは、素晴らしい家庭犬になります。 警戒心も強く番犬にもなります。 ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアの種類 原産国はイギリス、故郷のスコットランドでは白いテリアは虚弱で臆病とされ、生まれてまもなく間引きされていました。 マーカム大佐が白いケアン・テリアの繁殖に身を投じ、やがて白いテリアたちは、スコットランドの荒れ地でよく見られるようになりました。 白いテリアだって、ケアンテリアに負けないくらい勇敢に巧みにキツネやアナグマ狩りができる、ということを証明し、見事に名誉を挽回したのです。 白いスコティッシュ・テリアの犬種は他にもありましたが、1904年にウエスト・ハイランド・テリアの名前で統一されました。 スコッチウィスキーの宣伝に登場すると、その姿は世界中に知られるようになり、一躍人気犬種になりました。 ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアの毛色・見た目 真っ白で光沢のある美しいコート、真上にピンと立った可愛らしい耳と尾、くるくるとよく動く好奇心いっぱいの瞳。 背は短く、コンパクトなボディをしています。 足の短い犬種の多いテリア種ですが、ウェスティーの足はそれほど短くありません。 毛色はピュアホワイトのみ。 針金のように固い毛はダブルコートで、頭と顔の毛量が多いため、高温多湿の日本の夏はかなり過酷な環境です。 日頃の手入れはブラッシングと、定期的にトリミングが必要です。 尾の裏の毛は衛生上短くしてくださいね。 生まれたばかりの子犬の鼻と肉球はピンクですが、やがてブラックに変わります。 ピンとまっすぐな尾は断尾しません。 ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアの値段・価格相場 『ウェスティー』の愛称で親しまれている、真っ白で小柄なテリア、ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアの購入価格は30~45万円です。 ペットショップでも時折見かけることがありますが、常時ショップに並ぶ犬種ではありません。 購入する時はブリーダーからになります。 見学をして親犬を見せてもらい、犬種の性格やしつけの仕方、かかりやすい病気などについてきちんと説明してくれる、信頼のおけるブリーダーより購入しましょう。 ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアのしつけ方法 とってもテリア気質です。 テリアとはラテン語で土を意味するテラからきたものです。 土中に潜む獲物を狩りだすことから名づけられと言われています。 テリア種は優れた嗅覚を持ち、敏捷で、活気と闘争心にあふれ、賢く、そして頑固なのです。 可愛らしさについ甘やかしたくなりますが、わがままし放題にするとかえって犬のためによくありません。 自分のキュートさをよく知っているので、可愛さを武器にわがままを押し通す術を身につけています。 しつけの手はゆるめず、かと言って、怒鳴りつけたり抑えつけたりすると、犬から不信感を買います。 しつけは飼い主さんの度量が試されるところです。 アレルギー性の皮膚炎が見られるので、注意が必要です。 ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアのお散歩と運動 非常に活発、かつ運動が大好きなので、毎日運動の時間をしっかり確保する必要があります。 とはいえ、小型犬なので長時間散歩する必要はなく、普段は30分ほどの散歩を1日2回が目安となります。 たまにドッグランで大暴れさせてあげましょう。 噛むことが大好きなので、フェッチなど噛んでもいいものを与えておくとストレス発散になりますよ。 ただ、飼い主にかまってもらうために甘噛みをしてきたには、無視をするかその場を立ち去りましょう。 もし甘噛みに反応してしまうと、噛んだら遊んでもらえると認識し、噛み癖がついてしまう場合があります。 散歩に十分な時間が取れなかったときは、家の中で引っ張りあいをしてみたり、ボールで遊んであげたりして、コミュニケーションをとってあげましょう。 庭などで放す場合は、逃亡しないように塀や垣根に隙間を作らないように注意が必要です。 散歩の時、頭ごしにリードを引っ張り続けると、犬のプライドを傷つけ、いつまでも吠え続けることもあるそうです。 ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアの気を付けたい病気• アレルギー性皮膚炎• レッグペルテス病• 股関節形成不全• 頭蓋下顎骨症• 白内障 詳しくはこちらの記事をご覧ください。 飼う際のポイント 滑りやすい場所を作らない ウエストハイランドホワイトテリアは丈夫な骨格を持っていますが、股関節形成不全など関節疾患にかかりやすいという特徴があります。 フローリングなど滑りやすいところがあると、関節に負担をかけてしまうので、よく行き来するような場所は、ペット用のクッションマットを敷くなど滑りにくくするといいですよ。 食事を与えすぎない ウエストハイランドホワイトテリアは食欲旺盛な子が多いです。 そのため、ごはんやおやつを必要以上にねだってくることもあります。 ついついあげたくなる気持ちもありますが、適正量を超えた食事が続けば、当然肥満になってしまいます。 肥満になると、関節に負担がかかり、関節疾患を引き起こす原因になるので、食事の量と摂取カロリーは飼い主さんがしっかり管理してください。 いたずらについて 好奇心旺盛な子が多いため、ごみ箱やクッションをひっかきまわすなど、問題行動を起こすこともあります。 これに対して感情的に叱りつけてしまうと、ウエストハイランドホワイトテリアは反抗してくる場合があります。 入ってほしくない場所には仕切りを設置する、触ってほしくないものは届かない場所に置くなど、冷静に対処しましょう。 吠え癖について 警戒心が強いことから、散歩のときに他の犬や人に吠えてしまったり、家のインターホンの音に反応して吠えたりすることがあります。 こうした吠え癖を防止するためにも、子犬の頃から外に出て、他の犬や人と交流する、家の中でさまざまな音を聞かせるようにしましょう。 特に生後3か月くらいまでに体験したものに対しては順応しやすくなります。 噛み癖について 愛犬が物や人の足などを噛む理由はいろいろあります。 たとえば、飼い主さんと遊びたいときに「かまって!」とアピールするために噛んできます。 こういうときはひたすら無視をするか、その場を立ち去ります。 噛んだら飼い主さんが遊んでくれた、と認識されないためです。 運動が足りておらず、欲求不満な状態になると、このような噛み癖に発展することがあるので、少し散歩の時間を長くするなどの対策もあわせて行ってみてください。

次の