大川 隆 法 自宅。 清水富美加と結婚させられそうになった!?大川隆法長男「独白」報道の衝撃

「幸福の科学」大川総裁長男、ユーチューブで「父を信仰してません」 教団が痛烈に批判、反論: J

大川 隆 法 自宅

宗教団体 「幸福の科学」の総裁である 大川隆法さんの長男・ 大川宏洋さんがYouTube上に投稿した動画を巡って、現在「幸福の科学」と論戦を繰り広げている。 8月にYouTuberとしてデビューしていた大川宏洋さんだったが、10月に入ってこれまでと毛色の異なる動画を投稿した。 動画内で大川宏洋さんと幸福の科学との関係性について暴露、すでに決別していると話したが、これを 「幸福の科学」が公式に否定。 現在、ネットを舞台に論争が続いている。 「幸福の科学」と総裁の長男・大川宏洋がネット上で論争 現在、「宏洋」名義でYouTuberとして活動している大川宏洋さん。 主に映画の感想を語って動画として配信しており、動画中になぜか生着替えを披露するなど、時に身体を張った内容となっている。 発端となったのは、10月1日公開の「 宏洋の人生ゼンツッパ!! 」と題された動画。 そこで、自分はもともと宗教法人「幸福の科学」の職員であって、信者ではなかったことや、すでに「幸福の科学」と決別していることを語った。 その内容を、正面から否定したのが「幸福の科学」。 公式サイト上で、語気鋭く反論している。 まず、大川宏洋さんは退職ではなくあくまで休職中であること、そして「神だと思ったことは一度もありません」という発言も過去の言動を考えると「虚偽」であると主張。 さらに「30年間にわたって、大川隆法総裁並びに教団から受けてきた様々な恩義が判っておらず、残念至極としか言いようがありません。 」と戒めた。 この声明を受けて、さらに大川宏洋さんが動画で反論。 「幸福の科学」の声明文にツッコミを入れる形で、終始小馬鹿にしたような態度で笑いを交えながら検証している。 そしてその後、「幸福の科学」も再び反論するに至っている。 単なる親子喧嘩か、日本の宗教史に刻まれる事件か この件はメディアでも報道され、現在注目を集めている。 また、取材を交えて報じた『週刊新潮』(10月18日号)の記事についても、「著しく公平性を欠く」と批判する事態に及んでいる。 双方の意見は大きな食い違いを見せている。 これまで、「幸福の科学」が製作してきた映画にプロデューサー・俳優として関わってきた大川宏洋さん。 「幸福の科学」を一代で築き上げてきた大川隆法さんと、その長男である大川宏洋さんとの大きな対立。 一見とりにたりない親子喧嘩にも思えるが、日本の政治や芸能の世界に深く食い込んでいる巨大宗教法人の創始者とその中枢にいた長男との対立は、日本の宗教史を巡る一大事ととらえることもできるかもしれない。 そんな論争がネット上で繰り広げられる事態も現代を象徴する出来事であり、多くの耳目を集め続けている。

次の

清水富美加と結婚させられそうになった!?大川隆法長男「独白」報道の衝撃

大川 隆 法 自宅

こんにちは。 熊本市在住の管理人です。 なんか最近毎日なんですが、女優の清水富美加さんの芸能界引退関連のニュースが続いてますね。 引退の理由についてはいろいろな憶測があるんですが・・・。 そこで出てくるのが宗教団体「幸福の科学」と総裁である 大川隆法 おおかわりゅうほう の名前です。 幸福実現党なんかもそうですね。 大川隆法さんの名前をニュースで毎日拝見するものだからどんな人かと興味を持ってしまうのは自然だと思います。 そんなわけで今回は、大川隆法さんの結婚と妻、息子と娘についてまとめてみました。 子供さんも気になりますからね。 さらに、離婚理由と再婚についても調査しました。 その他に学歴や経歴などのプロフィールも紹介します。 大川隆法の妻 大川隆法さんがご結婚されたのは1988年です。 妻となった相手の女性は木村恭子さんという方。 大学を卒業したばかりの頃でした。 幸福の科学を設立されてから2年くらい経ってからの結婚でした。 妻の木村恭子さんは結婚後は大川きょう子さんとして活動されていました。 子供さんがいらっしゃいます。 後ほど詳しく説明します。 2009年には幸福実現党の党首に就任されました。 その後、2002年に大川隆法さんと離婚されています。 このことは後ほど解説します。 ここでプロフィールを紹介します。 大川きょう子のプロフィール 名前:大川きょう子 生年月日:1965 昭和40 年8月22日 今現在の年齡は51歳 出身地:秋田県 出身高校:東京学芸大学附属高校 出身大学:東京大学文学部英文科 学歴や経歴は上で説明した通りです。 著書もあります。 例えば、『「幸福実現党」党首の決断』や「守護霊の秘密」など。 これらの本はすべて幸福の科学から出版されています。 2011年には大川きょう子さんは幸福の科学から永久追放されました。 このことは幸福の科学の公式サイトで発表されています。 2012年に離婚されましたが、その後真生会館でカトリックの洗礼を受けられました。 カトリック系のキリスト教の信者になられたんです。 また、公益財団法人みちのく衛生の会はすでに解散となっています。 今現在どうされているのかが気になるところです。 2年くらい前の2015年に大川隆法さんの元妻となった大川きょう子さんに関するニュースがありました。 大川きょう子さんが篠原誠さんという方に巨額の資金を貸して、それがトラブルになっているというものでした。 2017年の今年の今現在はどこで何をされているのか興味あるところです。 連日、幸福の科学と元夫である大川隆法さんのニュースは出てくるんですが、元妻の大川きょう子さんの名前は出てきません。 幸福の科学から永久追放されたってことで確かにすでに関係はないんですけどね。 でも、この後に紹介する子供さんたちのことは出てきているようです。 清水富美加さんの件が今後どういう展開になるのかも気になるところですね。 息子と娘 大川隆法さんと元妻の大川きょう子 木村恭子 さんとの間には5人の子供がいます。 文章スタイルにするとわかりにくくなるので、箇条書き風に解説します。 長男:大川宏洋 おおかわひろし さん 現在の年齡は27歳 ニュースター・プロダクションの代表取締役社長 幸福の科学が母体の芸能事務所 と劇団新星の座長を務められています。 ちなみに、出身大学はお茶の水女子大学文教育学部。 すでに結婚されています。 お相手は映画監督の甥だそうです。 次男:大川真輝さん 現在は幸福の科学専務理事 兼 事務局長をされているようです。 全員学歴が高いです。 父親も母親も東大卒ですから、遺伝学的なところが大きいのかもしれませんね。 離婚理由や原因について 大川隆法さんと元妻の大川きょう子さんは2008年から別居状態となっていました。 その後、大川きょう子さんは幸福の科学のすべての役職を剥奪されています。 その原因や理由が大川隆法さんがある女性秘書を寵愛し、過去世には妻だったとまで言い出したことなんだそうです。 それ以前にも同じような女性問題があったことを大川きょう子さんは週刊文春の中で語っています。 お金関係の問題もあったようです。 こういったことが重なって不仲になっていったようです。 これらが離婚の原因や理由かもしれませんが、大川きょう子さん側が言っていることなので、元夫の大川隆法さんからの話もないと正確とは言えないと思います。 その後、離婚調停となりましたが、打ち切りとなってしまい法廷での裁判となりました。 この離婚裁判は決着し離婚となりました。

次の

幸福の科学が私に与えた暴力…見学ツアーに警告文「貴殿自身の永遠の生命を自ら危機に」

大川 隆 法 自宅

宗教法人『幸福の科学』の創始者・大川隆法総裁 62 の長男で、副理事長などを務めていた大川宏洋さん(おおかわ・ひろし 現芸名=宏洋 29歳)が週刊誌『週刊文春』の取材に応じ、2017年末をもって教団と決別した経緯などを明らかにしています。 大川宏洋さんは5人兄弟の長男として誕生し、東京学芸大学附属竹早中学校、青山学院高等部を卒業後に青山学院大学法学部へ進学し、大学に在学中から『幸福の科学』が制作の映画の脚本を描くなどしていました。 2012年に大学を卒業後は大手建設会社『清水建設』に3年勤務し、2016年1月から『幸福の科学』グループの芸能事務所『ニュースター・プロダクション』の社長に就任したほか、俳優・歌手として活動したり、『幸福の科学』の理事長を務めるなど教団幹部としても活動していました。 しかし、2018年の元日にインスタグラム上で、 「私、大川宏洋は2017年12月31日をもってニュースタープロダクションとのタレント契約を終了いたしました。 そして、宗教法人幸福の科学の職員も今月いっぱいで退職させていただくことになりました。 本日1月1日よりは、幸福の科学から離れて、いち俳優・脚本家として芸能活動を続けていきます。 」と電撃発表し、その後契約期間や仕事の都合から数ヶ月延期となったものの、同7月には名前を「宏洋(ひろし)」に変え、個人事務所『宏洋企画室』を設立、8月にはYouTuberデビューを果たしています。 そして、10月投稿の動画内で『幸福の科学』と完全に縁を切ったことを宣言し、教団の裏側や父親である大川隆法総裁に関する様々な暴露投稿などをしています。 そんな大川宏洋さんは、2017年に『幸福の科学』への出家騒動を起こした女優・清水富美加さん(現芸名・法名=千眼美子 24歳)との結婚を再三迫られ、それが教団との決別を決意した原因になったと『週刊文春』の取材で告白しています。 大川宏洋さんによれば、清水富美加さんが元所属事務所『レプロエンタテインメント』に出家することなどを伝えた2017年1月末に、大川隆法総裁から 「彼女と結婚しなさい」と言われたそうなのですが、大川さんはどうしても結婚を受け入れられなかったといい、 「最終的に、同年11月18日、結婚しませんと断ると、父は怒り狂いました。 僕と結婚させるため、彼女に芸能事務所を辞めさせたのに、メンツを潰されたと感じたのでしょう。 その一方で、僕も限界でした。 結局、その日を境にして教団を離れ、一人で生きて行く覚悟を決めました」と退団を決意した経緯を説明しています。 17年1月25日、宏洋氏自身が霊言を行ったなかで、宏洋氏に入ったある霊人が宏洋氏の口を通して結婚を勧める話を出しました。 霊言後、当時の宏洋氏本人はその気になっていたというのが事実であり、大川総裁から結婚を勧めたことは一度もありません」とキッパリと否定しています。 21日発売の『週刊文春』最新号では、大川宏洋さんが独占インタビューで語った大川隆法総裁の素顔、さらに部屋には監視カメラがあるなど、特殊な環境で育った半生について赤裸々告白しているとのことなのですが、これに対してネット上では、• 真っ当な感性を持っているな、彼は• この話が本当ならゾッとする。 清水さんもこの機会に幸福の科学やめた方がいいのでは。 ふみかす、断られるの高須院長に続いて二人目w偉い人に斡旋されるけど断られるキャラなの?• そうじゃなくて別に結婚を意識した彼女が居たんでは?• これも親の虐待。 息子はしっかりした普通の人で驚いた。 まわりに流されずに今の自分を守って欲しい。 などのコメントが寄せられています。 大川宏洋さんは昨年10月投稿の動画でも、『幸福の科学』と絶縁するきっかけとなったのが清水富美加さんの出家騒動だったことを明かしており、 「あの件に関しては全面的に反対しました。 あの辞め方、辞めさせ方。 総裁にもやるべきじゃないと申し上げましたが、総裁はそれを受け入れなかった。 (前の事務所を)辞めて来るのはいいと思うし、信者であるのも全然いい。 ただ、スジを通すべきところはあると思う。 (清水の出家は)著しく社会人としての自覚を欠いた行動だったと思います。 それは彼女自身もそうですし、扇動した大川隆法総裁の判断ともに賛同できなかった」と語っていました。 これがもう(教団にとって)悪なんですよ。 これはちょっとやってらんねえーな」と思ったことを明かしています。 しかし、『幸福の科学』側は大川宏洋さんの発言内容を完全否定しており、大川さんが動画内で発言していた内容は虚偽とし、YouTube上などでの虚偽や誹謗中傷などについては、 「恐らく、一種の炎上商法なのでしょうが、この手法は当グループには通じません。 また人気タレントになるための踏み台としたいとの思惑があるとしても、教団の敵になることでは世間の幅広い支持を得られないことを知るべきです。 当グループは、今回の過ちについて直接、宏洋氏に厳重に注意するとともに、今後、生きるべき正しい道から逸れることがないよう、引き続き厳しく指導を行ってまいります。 」という声明を発表しています。 こうした声明が出て以降も大川宏洋さんはYouTubeに様々な動画をアップし、今回『週刊文春』のインタビュー取材にも応じ、清水富美加さんとの結婚を強要されたといった裏話を披露しているのですが、2017年6月に『女性セブン』は、「清水は大川総裁の息子と結婚する。 ゆくゆくは後継者の妻として、教団を中枢で支えるらしい」と教団元関係者が語っていると報じていました。 こうした噂が出てから半年後、大川宏洋さんは『幸福の科学』から離れるということを発表し、自身のツイッター上では当時彼女がいたことを明かしているほか、好きなタイプは戸田恵梨香さんやモデル・タレントの藤田ニコルさんで、「芯が強い、嘘をつかない女性が好き」だとしています。 大川宏洋さんは大川隆法総裁の考え方にどうしても賛同できず、最終的には教団を離れ、現在はYouTuberとして活動しているようなのですが、現在も教団側からの監視を受けていると明かしており、今回の取材が原因で大きなトラブルに発展しないか少し心配になりますね。

次の