オフィス ブラザー。 ブラザー販売株式会社 様

ブラザー販売株式会社 様

オフィス ブラザー

8A、出力:DC24V 2. 65Aオプション品のLi-ion充電池「PA-BT-4000LI]と充電池ホルダー[PA-BB-002]を使用DC14. x 2GB以上 、v10. x 2GB以上 、v10. 6、待機時:約0. 9、電源OFF時:約0. 0 36幅テープ使用時 、22. 6 24幅テープ使用時 、16. 5 18幅テープ使用時 、10. 6 12幅テープ使用時 、7. 5 9幅テープ使用時 、4. 5 6幅テープ使用時 、 2. 5 3. 7以上の空き容量、[Mac]0. 5以上の空き容量【インターフェイス】[USB]USB Ver. 0 Full Speed Bタイプ ペリフェラル [シリアル]オプション品のシリアルケーブル変換アダプター[PA-SCA-001]を使用することでRS-232C D-sub 9ピン オス型コネクタに変換[無線LAN Wi-Fi ]Wireless Direct: IEEE802. 11n、アドホックモード: IEEE802. 11b、インフラストラクチャー: IEEE802. 1 ほか収録 、 USBケーブル 1. 8 1GB以上 、v10. x 2GB以上 、v10. x 2GB以上 、v10. x 2GB以上 、v10. x 2GB以上 、v10. 0 24幅テープ使用時 、15. 8 18幅テープ使用時 、9. 9 12幅テープ使用時 、7. 1 9幅テープ使用時 、 4. 5 6幅テープ使用時 、2. 5 3. 07以上の空き容量、[Mac]0. 5以上の空き容量【インターフェイス】USB Ver. 【最小印字長さ mm 】24. 8 18幅テープ使用時 【質量 g 】580 充電池含む、テープカセットを除く 【消費電力 W 】ACアダプター使用時:約12 印刷時 、充電池:約4 充電時 【電源】ACアダプター 9. 5V 、充電池パック 8. 2 などを使用するには、インストーラーダウンロードページ brother. 6A、出力:DC12V 2A市販の単3アルカリ乾電池6本 別売 、または市販の単3ニッケル水素充電池6本 別売 Li-ion充電池 BA-E001 別売 DC7. 5 2GB以上 、v10. x 2GB以上 、v10. x 2GB以上 、v10. x 2GB以上 、v10. 0 24幅テープ使用時 、15. 8 18幅テープ使用時 、 9. 9 12幅テープ使用時 、7. 1 9幅テープ使用時 、 4. 5 6幅テープ使用時 、2. 5 3. 7以上の空き容量、[Mac]0. 5以上の空き容量【インターフェイス】[USB]USB Ver. 0 Full Speed ミニBタイプ ペリフェラル [無線LAN Wi-Fi ]IEEE802. 【最小印字長さ mm 】6 6の位置でのフルカットはできません。 フルカットでの最小間隔は24. この余白は、フルカットによる切り落とし、ハーフカットによるスリット入れ、カットなしが選択できます。 カラー液晶搭載。 PC接続も可能なキーボードモデル 水や油、汚れに強い、ブラザーのラミネートテープ 装着したカセットのテープ色と文字色を表示 ラベル作成ソフト 無償 で簡単ラベル作成 便利なオートカット機能を搭載 高速印刷 ピータッチ【仕様】【テープカセット】TZe規格テープカセット3. ラベル:124種【高さ mm 】【印刷】最大18.

次の

ブラザー オフィス用品一般の通販 700点以上

オフィス ブラザー

コミュニケーションと自社製品活用の活性化でアイデアが生まれるオフィス空間に! ブラザー工業株式会社(社長:佐々木一郎)の国内販売子会社であるブラザー販売株式会社(社長:三島勉)は、コミュニケーションと自社製品活用を活性化することでアイデアやイノベーションが生まれるオフィスを目指し、東京オフィスの執務エリアを2月中旬に全面リニューアルした。 [画像1: ] ブラザーグループは、2016年度より中期戦略「CS B 2018」が掲げる事業・業務・人財の変革を実施してきた。 ブラザー販売では、「B to Bへの転換」というキーワードを掲げ、業務や人財の変革を行っている。 その一環として、クリエイティブな思考ができ、アイデアやイノベーションを生み出す場へと転換すべく、東京オフィスをリニューアルした。 東京で働く従業員が、半年かけて課題の洗い出しや理想のオフィスを模索した結果、フロアごとの人員構成の偏りや会議室不足などの課題解決はもちろん、フリーアドレスやリフレッシュエリアといった「部門横断型」の交流を増やす工夫をするとともに、自社製品を積極的に活用できる環境に生まれ変わらせることができた。 お客様の立場に立った使い方をする中で得た気づきを、ビジネスのお客様に向けた提案に生かしていく。 事業部ごとに階の区別はあるが、フロア内どこでも仕事をすることができる。 また、収納スペースを削減できたことにより、空いたスペースを有効活用することができるようになった。 会議室や資料作成時に活用できる「集中ブース」の設置はもちろん、あらゆるところですぐにミーティングが出来ることを意識して、2人から最大10人まで対応可能な、さまざまな形式のオープンミーティングスペースを増設した。 従来、ミーティングを行う際は、会議室を予約した上でフロアを移動する必要があり、開催までの手間と時間がかかっていた。 ミーティングスペースを増設したことで、話し合いたいときにすぐに集まって会議を行うことができるようになった。 その結果、ミーティングにかかる手間と時間を短縮し、効率的に仕事を進めることが可能になった。 アロマの香りによるリフレッシュ効果や、木のアイテムを多めに設置することで、より落ち着ける空間にしている。 メリハリを持って仕事に取り組むことができるようになることで、作業効率の向上につなげている。 プリンターに関しては、全フロアの消耗品を一括管理するための自社ソフトウェア「BRAdmin」や送り状専用プリンタードライバーを活用するなど、さまざまな機能をお客様の立場に立って使用できるようになった。 また、ラベルライター「ピータッチキューブ」の活用事例を生かした整理収納やカッティングマシン「スキャンカット」による案内標識などの装飾、Web会議システム「OmniJoin」による遠隔会議、ミシンやスキャンカットを自由に使用できるソーイングスペースなども設置している。 [画像6: ] プレスリリース提供:PR TIMES The Japanese edition of 'ZDNet' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'ZDNet Japan' that were originally published in the US Edition of 'ZDNet', 'TechRepublic', 'CNET', and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'ZDNet', 'CNET' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc. 当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。 Copyright c 2020 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

次の

ブラザー販売 東京オフィスをリニューアル|ブラザー工業株式会社のプレスリリース

オフィス ブラザー

ブラザーのモノクロレーザー複合機 「MFC-L2740DW」 ビジネス向けのプリンターに求められるものって、何だろう。 大企業やDTP関連の業種は別として、従業員数名から十数名程度までの会社規模だと、第一に安さ、第二にスピード、第三に設置しやすさ、といったところかもしれない。 コストを抑えたいなら、継続的に費用がかかる複合機をリース契約で、というわけにはいかない。 また、印刷スピードを重視すると、最近はインクジェットプリンターの性能も上がってはいるけれど、それでも印刷枚数が多い場合は明らかにレーザーの方が有利だ。 でもレーザープリンターって値段が高そうだし、大きくて設置場所にも困りそう……。 と思いきや、そんなイメージは今は昔。 最新のブラザー「MFC-L2740DW」は、本体価格もランニングコストも安価で、印刷スピードが驚くほど速い。 サイズはコンパクトなうえ、さらにスキャン機能や無線LAN、クラウド連携機能まで備えているという、今の時代のスモールオフィスにばっちりフィットするビジネス向けモノクロレーザー複合機なのだ。 というわけで、「MFC-L2740DW」がどんな製品なのか、まずは簡単に説明したい。 レーザープリンターは大量印刷にもってこい! 読者のみなさんはすでにご存じだろうが、プリンターの現在の主流は、大きく分けてインクジェット方式とレーザー方式の2種類。 インクジェットは多くがカラー・モノクロ印刷の両方に対応しており、レーザーはカラー印刷ができるものとモノクロ印刷に特化したものの2パターンがある。 「MFC-L2740DW」は、まさにこの後者に当てはまるモノクロ印刷特化のレーザープリンター。 A4までのモノクロ印刷に対応し、その速度は1分間約30枚。 ビジネスではとりわけ重視される最初の1枚目の印刷速度も10秒以内と、かなり高速だ。 250枚まで格納できる大容量給紙トレーを備え、ADF(自動原稿送り)にセットできる枚数も一度に最大35枚まで可能。 もちろん両面印刷も可能となっている。 しかもスキャナーとFAXの機能を搭載した複合機だ。 ビジネス用途としてはFAX機能も重要だろう FAX機能も高い利便性を実現している。 なかでも受信したFAXを紙に印刷せず、MFC-L2740DWの内蔵メモリーにデータとして蓄積しておいて、PCに逐次自動転送する仕組みは活用しがいのある機能だ。 印刷コストをいたずらに増やすことなく、PC画面上でFAX内容を確認して必要なものだけ印刷できるし、重要でない受信FAXで他の大切なものが埋もれてしまったりすることもない。 ビジネスにおいて書類のコピーを取ったり、FAXを受け取ることは日常茶飯事。 高速な印刷処理と両面同時スキャン、複数の取り込み手段、そして合理化が可能なFAX受信機能によって、仕事の効率が格段にアップすることは間違いない。 有線LANやUSBポートもあるが、無線LAN接続するのであれば電源ケーブルを差し込むだけでセッティングは完了 ところでMFC-L2740DWの機体は、たいへんコンパクト。 ちょっと広めのデスクなら脇に置いてあっても邪魔にならないほどだ。 無線LANに対応しているので、オフィスの全員でネットワーク共有して使いたい時もLANケーブルを接続する必要はなく、電源ケーブル1本のみコンセントに差し込めばOKだ。 無線LANをはじめとする各種設定や、プリント・コピー・スキャンなどの基本的な操作は、前面パネルにある2. 7インチの液晶ディスプレイを使う。 このディスプレイはタッチパネルとなっていて、画面上に分かりやすく表現されたアイコンなどをタッチし、さまざまな操作を手早くこなしていけるようになっている。 Google クラウドプリント、AirPrintにも対応している さて、プリント、コピー、スキャン、FAX、さらにはモバイル・クラウド対応まで、幅広くハイレベルにこなすMFC-L2740DWだが、残る問題は「お高いんでしょう?」というところ。 実勢価格としては税込4万円前後(PC Watch調べ)で販売しているショップが多く、ビジネスレーザー複合機としてはそれだけでも割安感はある。 さらにブラザーでは、4月13日まで、購入者に最大1万円のキャッシュバックを行う「満足実感キャンペーン」も展開しており、かなり強気の攻めを見せている。 キャッシュバック額は機種によって異なり、MFC-L2740DWは3000円で、実質的には3万円台半ばから後半(PC Watch調べ)で導入できることになる。 楽天リサーチによる調査では、もともと本体価格、コストパフォーマンス、消耗品価格、印刷速度、故障の少なさという5項目全てにおいてが出ているブラザー製品。 低コストでスモールオフィスにこれまで以上の機動力をもたらすMFC-L2740DWを、ぜひ一度店頭・Webでチェックしてほしい。

次の