お寺 の お参り の 仕方。 初詣やり方、神社の、お寺のお参りの仕方、参拝マナー!初詣前に要チェック!

参拝方法

お寺 の お参り の 仕方

お寺に参拝に行くとき、ご利益を頂きたくて参拝するのではないでしょうか? 私も、金運や出世運、家内安全、交通安全、厄除けのなどのご利益を頂きたく、お寺にお参りに行きます。 特に初詣は一年の始まりとして、必ず参拝に行きます。 お賽銭を納めてから、じっくりと願い事をお祈りさせていただきます。 さて、今回は、開運で有名な千葉県にある長福寿寺の和尚さんから目からうろこのお言葉を頂きました。 たぶん、他のお寺のお参りにも共通すると思いますので、参考までに綴っていきます。 和尚さんのお話は開運についてでした。 内容について、まず、参拝に来た時に本当にご利益があるのだろうかと、疑いの心は持ってはいけないということ説かれております。 仏様はご利益をみなさんに分け与えたい。 だから仏様を信じて、心から祈ることが必要。 長福寿寺には宝くじに当選しましたとか、出世しましたとかの参拝者の声が書かれていますが、これは和尚さんが書いたのではと疑ってはいけない。 事実、当選したり出世した参拝者の手紙や声ですから。 ご利益を信じることが大事なのです。 次に、お祈りをするときは駆け引をしてはいけないと説かれております。 祈っているのだからご利益をくださいというように仏様と駆け引きをしてはいけないということ。 相手は仏様ですし、心からお祈りすることが大事なのです。 そして、お客様気分(観光気分)でのお参りではいけないと説かれております。 わざわざ遠くから来ました・・・とか、お守りを買ってやったという気持ちではいけないですし、観光気分では気持ちが入っていません。 さらに言えば、遠くから来ましたという気持ちは、わざわざ遠くからきてやったとも言えるから決して思ってはいけないということなのです。 本当にご利益を頂きたいなら、自分事として謙虚な気持ちで参拝をさせていただくために参りましたという気持ちが大事ということです。 また、開運を授かるということは、ご利益を授けてくれる仏様を信じること。 仏様と通じ合わないと授けていただくことができないですから。 そして、自分を信じること。 開運パワーは誰でも持っているのです。 でも、むさぼりの心が邪魔をしている。 つまり、それは我欲。 「宝くじで 1億円当たりますように」というような、自分の事だけをお祈りしてはいけないのです。 お祈りをするときには、みんなの幸せも心から祈ることが大切。 幸せをみんなに還元する。 みんなを幸に道びく。 そんな気持ちが大事。 例えば「1億円あれば会社を作って、地域の人に貢献できるからよろしくお願いします」というように。 みんなも幸せになれば、ますます運気が磨かれていくし、自分自身が幸せになれば周りのみんなも、もっと幸せにできる。 ですから、自分のこともみんなのことも含めて、祈りの心を深めて、ご利益を頂くアンテナを張るということが大事。 仏様は、いつもご利益をくださろうとしている。 その仏様のご利益を頂けるよう祈りというアンテナを張っておくことが大事なのです。 併せて、みんなお金持ちになれるのに、きちんと祈らないからなれない説いておられます。 今回の和尚さんの言葉で、自分の事だけではなく、周りのみんなの幸せも祈り、行動にどんどん移したいと思いました・・・というか実行していきます。 そして、キラキラしたものを身に着けることも開運には大事と説いております。 女性はピアス、ネックレスなど。 男性は時計の文字盤やネクタイピンなど。 高い安いは関係ない。 自分が元気になるものでいい。 仏様が金色なのは、開運との関係もあるようですね。 そして何より、キラキラしたものは物質的な物だけではなく、笑顔が大事。 「幸せだから笑顔になるではなく、笑顔だから運気もアップし、幸せになるのです」 笑顔になることで、自分自身のみならず周囲の人たちも良い気分になります。 たしかに、笑顔が多い方は活気に満ち溢れ、輝いているし、その周りにいる方々も輝いている方々が多いように感じます。 私自身も、笑顔が多いときの方が仕事がうまくいっている感じがするし、毎日が楽しいと感じます。 作り笑顔でもいいから、笑顔でいると「心の扉」が開き仏様のご利益を受け取ることができる。 ですから、いつもニコニコ笑顔でいたい。 大変なこともあるけれど、人の役に立つことをして、運気もアップして、みんなで人生をより豊かにできれば楽しいし、これから豊かになるように邁進していきましょう!.

次の

神社のお参りの仕方と時間は?鈴はいつならすの?

お寺 の お参り の 仕方

参拝方法 参拝方法 何事も、心が素直に表された形は自然で、また美しくもあり、私たちの共感を呼び起こすものです。 神社に参拝する場合、どうしても形にとらわれてしまい、終始形式的になりがちです。 参拝作法は、永い間の変遷を経て現在、「二拝二拍手一拝」の作法がその基本形となっています。 そこに、どう心を込めるか、また込めたほうがよいのかは、参拝される皆さんの心の持ち様ではないでしょうか。 それがためには、具体的な形におけるそれぞれの作法の意味をわかって戴くことが重要です。 もちろん、祈りの心は個々に違っていて当然ですが、参拝とそれにかかわる作法について、その「形」の前提にある「心」をわかって戴ければ幸いです。 私たちの祖先は、神社にお参りをし、あるいは「お参り」を奉仕して、御神威をいただくためには、先ず自ら「心身の清浄」につとめることを、必須の条件と考えていました。 手水の作法 私たちも参拝の前には、作法の一番目ともいうべき「手水」の励行をいたしましょう。 先ず、 手水舍 てみずやの前に立ち、水盤に向かい、「心身の浄化」のために手水を行うことが最も大切です。 右手で 柄杓 ひしゃくを取ります。 水盤の水を汲み上げ、左手にかけて洗います。 柄杓を左手に持ち替え、水を汲み上げ右手を洗います。 再び柄杓を右手に持ちかえて、左手のひらに水を受けて溜めます。 口をすすぎます。 柄杓に直接口をつけないようにしましょう。 静かにすすぎ終わって、水をもう一度左手に流します。 拝礼の作法 拍手は柏の葉のように両手の指を揃えて打ち合わせるので、一般には 柏手 かしわでを打つなどといわれています。 神前で打つ柏手も、神さまに誠の心を捧げお陰をいただいてることに心から感謝して打つものです。 拝 はいもまた今日では敬礼作法の一つとして行われていますが、普段の生活の中でも、感動や感謝の表現として、無意識のうちに行われています。 神社での参拝方法は、二拝二拍手を基本としていますが、神社によっては特殊な拝礼方法を行っているところもあります。 まず、神前に進み姿勢をただします。 背中を平らにし、腰を90度に折り、拝をします。 この時の拝は2回行います。 胸の高さで両手を合わせ、右指先を少し下にずらします。 肩幅程度に両手を開き、2回打ちます。 指先を揃えます。 最後にもう1回拝をします。 玉串拝礼の作法 神社で祈願するときやお祭りをおこなうときには、神さまに玉串という 榊 さかきの枝を捧げます。 玉串は、みずみずしい榊の枝に 木綿 ゆう、 紙垂 しでといわれる麻や紙を取り付けたものです。 私たちの祖先は遠い昔から、榊に神々を招き、また神前に榊を供えてお祭りを行ってきました。 私たちは、神前に進み、玉串を通して自らの誠の心を捧げるとともに、神さまのお陰をいただきます。

次の

お遍路のススメ / お遍路参拝の作法

お寺 の お参り の 仕方

それでは、お寺で参拝をする時に正しい作法というものはあるのでしょうか? 参拝は、仏様を敬いお参りをさせていただくという気持ちが一番大切なので、「こうしなくては叱られる」という強い決まりごとはありません。 しかし、お寺を参拝する際に仏様に失礼があってはなりません。 参拝についての基本的な手順や作法は、きちんと知っておきたいものです。 ここからは具体的に順を追って、 参拝の仕方の基本と注意事項を詳しくご紹介します。 参拝方法を順を追ってご紹介 では最初に、 寺院での参拝方法を順番にご説明します。 注意しておきたい点もいくつかありますので、気を付けてください。 実際にお寺を訪ねる、時の様子を思い浮かべながらお読みください。 山門で一礼 まず、お寺の玄関口にあたるのが山門です。 この山門からは仏様の世界となるため、心を鎮めて一礼してから山門をくぐります。 注意したいのは、山門の前では必ず 帽子をとること、敷居は跨いで通ることです。 仏様に対してのマナーですので気を付けてください。 手水舎で清める 境内に入ったら、手水舎(ちょうずや)で手と口を清めます。 手水舎での柄杓の使い方にも、きちんとした手順があります。 以下の順番を覚えておきましょう。 柄杓を右手に持ち水をすくい、左手に水をかけて清める。 柄杓を左手に持ち替え、右手に水をかけて清める。 再び柄杓を右手で持ち、左手で水を受けて、その水で口をすすぐ。 すすいだ水は、飲みこまずに吐き出す。 もう一度、左手に水をかけて清める。 持っている柄杓を立て、残った水で柄杓の柄を清める。 手水舎では、この一連を 柄杓一杯の水で行います。 「水を無駄にすることなく清める」との意味もありますので、途中で水を継ぎ足さなくて済むよう注意します。 常香炉があればまた清める 手水舎で手と口のお清めを終えた後は、本殿に進みます。 お寺によっては本殿の前に常香炉が置かれていて、その 煙で今度は体を清めることができます。 境内は仏様のいらっしゃる場なので、念入りにお清めをします。 また、体に具合の悪い所があれば、そこに常香炉の煙をあてると良くなるとも言われています。 お線香をあげる 次に、仏様にお線香を差し上げます。 お寺によって、お線香用のマッチを用意しているところもあれば、あらかじめお線香のための火を灯してくれているお寺もあります。 ただし、ここで注意したいことが二つあります。 一つ目の注意点は、お線香の火は「ふうっ」と口で吹いて消さない、ということです。 仏教では、人の息は穢れを含んでいると考えられていますので、 お線香の火は手であおいで消すようにします。 二つ目の注意点は、他の参拝者からの火を受けない、ということです。 「このろうそくから火をもらおう」と、他の参拝者が灯した火を使うと、その人の業をすべて引き受けてしてしまう、と言われています。 本尊でお金を納める お線香を差し上げたなら、お賽銭を入れます。 お賽銭の金額には、何も決まりはありません。 ご自分の心に沿う金額を静かにお賽銭箱に入れます。 大きな音を立てたり投げ入れたりするのは仏様に失礼となります。 お祈りをしてお経を読む お賽銭を入れた後は軽く一礼をし、手を合わせます。 仏教では右手が仏様、左手が自分自身を表すとされています。 参拝は仏様と一体化することができる、貴重な機会なのです。 手を合わせて静かな気持ちで、仏様にお祈りをします。 また、参拝したお寺の宗派のお経をご存知の場合、この時にお経を唱えます。 お寺によってはお経の書かれた紙を貼っているところもありますので、それを見ながら唱えても仏様に対して丁寧な参拝となります。 最後に一礼 仏様へのお祈りが終われば、もう一度一礼します。 ご縁をいただいて無事に参拝できたことへの 感謝の一礼です。 拍手はNG ここまでのお寺でのお参りの流れを見て、拍手は打たなくていいのかと思われた方もおられるのではないでしょうか。 確かに神社では、お祈りの際に二礼二拍手一礼をするのが礼儀となっています。 しかし それは神社の神様に対してのマナーです。 寺院は仏様にお祈りをする場ですので、拍手は必要ありません。 御朱印をもらう 御朱印をもらうのも、昨今のブームになっています。 そのお寺ならではの手書きの御朱印は参拝の大切な思い出になりますね。 ただし御朱印をいただくのは、一通り参拝を終えてからです。 御朱印は、きちんと 参拝を終えたことの証明でもあります。 仏様にお祈りもせず、いきなり御朱印だけをもらうのは本末転倒となります。 また、御朱印はありがたいものですので、きちんとした御朱印帳を用意したいものです。 ただ、お寺によってはあらかじめ御朱印所に御朱印帳を預けてから参拝をし、帰りにそれをいただいて帰るところもあります。 事前に御朱印をもらう方法を確認しておきましょう。 参拝時の服装マナー それでは次に、お寺を参拝する時の服装について考えてみましょう。 法事や法要の時とは違い、お寺を参拝する際の服装には、 厳しい決まりはありません。 しかし、お寺は仏様のおられる聖域です。 そのことを考えると、あまりにだらしない格好や露出の多い格好はふさわしくないこととなります。 よれよれのTシャツや着古したジャージ、ミニスカートや肩の露出した服なども避けた方が無難です。 お寺を参拝する時の服装で、もう一つ注意したいのは、殺生を連想させるものはタブーだということです。 毛皮のコートや襟巻、レザーのジャケットや革製品のアクセサリーなど、何気なく身に付けていることが多いので参拝の時には気を付けましょう。 数珠は付けた方がいい? お寺と数珠は結び付きやすいものですが、参拝は法事や法要とは違います。 また、特定の宗派を信仰している場合は参拝にも数珠は必要ですが、普通にお寺にお参りする時には、 数珠は付けなくて大丈夫です。 お寺を参拝するタイミング 最後に、 お寺を参拝するタイミングについて確認をします。 お寺を参拝するのに、望ましい日時はあるのでしょうか? また、避けた方が良い日があるのでしょうか? それぞれ確認していきます。 参拝をする時間帯 お寺を参拝する時間帯は、早朝や午前中が望ましいとお聞きになったことはありませんか? 確かに、朝は参拝する人も少なく、落ち着いて仏様と向き合うことができます。 また、朝の光を浴びつつ歩く参道は、神聖な雰囲気に包まれます。 しかし実際はお寺を参拝する時間帯に決まりはなく、 いつお参りをしても大丈夫なのです。 ただし、お寺によっては、決まった時間に山門を閉じるところがあります。 参拝できる時間帯をあらかじめ確認しておくことが大切です。 六曜は関係がない 大安や仏滅などの六曜で「日の良し悪し」を見ることは、私たちの日常ではよくあることです。 しかしお寺への参拝については、六曜を気にする必要はありません。 六曜は中国発祥の、占いのひとつです。 仏教の仏様がおられる お寺とは関係のないことなのです。 生理時にも参拝していいの? お寺を参拝するタイミングとして、女性は生理中の参拝も良いのかどうか気になるところです。 「生理の時は神社の鳥居をくぐってはならない」と言われていたりもします。 しかし神社への参拝とは違い、お寺にお参りするということは、仏教の仏様への参拝です。 仏教では生理を穢れとする考え方はないので、 生理時のお寺への参拝は大丈夫です。 お寺の参拝方法についてまとめ• 参詣と参拝は意味が違う。 参詣は神社仏閣を単に訪れること。 参拝は神仏に手を合わせてお参りをすること。 お寺の参拝には、強い決まりごとはないが、正しい手順がある。 まず、山門では帽子を脱いで一礼し、敷居を踏まないようにして境内に入る。 手水舎では手順に従って手と口を清め、常香炉があれば煙で体を清める。 お線香をあげる時は、火は手であおいで消し、他人の火はもらわないよう注意する。 本殿では静かにお賽銭を納め、手を合わせてお祈りをする。 お経を唱えれば、より丁寧な参拝となる。 最後に一礼をするのを忘れない。 お寺の参拝では、拍手は打たない。 御朱印は参拝を終えてからもらう。 ただし、お寺によっては先に御朱印帳を預けてから参拝するところもあるので、あらかじめ確認しておく。 お寺を参拝する時の服装は特に決まったものはないが、だらしない格好や露出の多い服は避ける。 また殺生を連想させる、毛皮や革製品のアクセサリーなども付けないように気を付ける。 お寺を参拝する際、特定の宗派を信仰している場合には数珠は必要だが、普通に参拝するのなら数珠は必要ない。 お寺を参拝するのに、お参りの時間帯は特に決まりがない。 ただし、参拝時間が定められている寺院もあるため、確認をしておく。 また、大安や仏滅などの六曜も関係なく参拝できる。 お寺は生理時に参拝しても良い。 お寺は仏様のおられる、神聖な場所です。 手順通りに手を合わせて参拝をすることで、日常から切り離され、静かに心を落ち着ける効果もあるかと思います。 今回の「終活ねっと」の記事が、そのお役に立てれば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 「終活ねっと」では、終活に関する様々な記事を掲載しています。 御朱印に関して詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の