京都 爬虫類 カフェ。 爬虫類カフェ Funny Creatures Forest (ふぁにくり) 京都祇園店

Reptiles And Exotic Animal Cafe R.U.D.E.

京都 爬虫類 カフェ

宮城 ジュラの杜《爬虫類カフェ・専門店》仙台 じゅらのもりさん。 仙台にある爬虫類専門店&爬虫類カフェで、ワニやミーアキャットもいる。 爬虫類を同伴してもいいそうです。 平日は完全予約制なので注意をしてください。 最もポピュラーな90分コース 大人2,800円 だと、お触りゾーンで触り放題です。 ゆっくりと楽しめます。 料金 90分コース 2,800円 時間制限なしコース 4,300円 最新の料金・メニューは電話からお尋ねください。 電話 はちゅカフェ 東京都武蔵野にある、癒やしの爬虫類カフェ。 雑誌・テレビなどのメディアに何度も紹介されるほどの人気店。 ウェブサイトでは、爬虫類に恋するカフェ、あったかい気持ちになる、もっともっと知りたくなる、ちょっとだけ世界が変わる。 というような素敵なコンセプトと可愛い写真がお出迎え。 ここを読んでいる方はたぶん、すでに、爬虫類の魔法にかかっています。 住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町 4-6-3 starlight,starbright Bldg. 電話 PiccoloZoo 東京都の浅草にある爬虫類カフェ「PiccoloZoo(ピッコロズー 」は、爬虫類たちとの触れ合いを楽しめるのはもちろん、カメレオンやトカゲとの記念撮影もお願いすることができるところが魅力です。 しかもカフェ内での撮影だけではなく、撮影用のペットの貸し出しもお願いできるので自分たちが撮影したいスポットで一緒に撮ればインスタ映えすること間違いなしだと人気を集めています。 カフェ内の雰囲気もとても優しく、爬虫類以外にも小動物とも触れ合えるので爬虫類が苦手だという人とでも一緒に行きやすくなっています。 住所 営業時間 11:00〜20:00 定休日 金曜日 料金 入場料 1,200円 ドリンク付 電話 アニマルルームいけもふ 「アニマルルームいけもふ」は爬虫類専門というわけではなく小動物やフクロウなど様々な動物たちと触れ合うことができるカフェとなっています。 爬虫類たちはその中のふくろうルームの中にいて、他の小動物たち同様にお触りをしたり一緒にお茶を楽しんだりしながら鑑賞することができるのです。 爬虫類の種類がそこまで多いというわけではありませんが、初めて爬虫類カフェを利用するという人向けの気軽に足を運びやすいお店となっています。 サイト 住所 営業時間 平日 13:00〜17:30 土日祝日 11:00〜18:00 年中無休 料金 30分 1,000円〜 電話 — 千葉 カフェ・リトルズー カメやフクロウを見ながら、お食事やお茶をお楽しみいただける、新感覚のカフェです。 お友達やカップル、ご家族連れでお気軽にご来店ください。 スタッフ及びタレント一同 お待ちしております。 住所 営業時間 平日 13:00~18:00 定休日 水曜日・木曜日 料金 電話 神奈川県 横浜亜熱帯茶館 横浜にある爬虫類カフェでありながら、本格的な美味しいお茶が楽しめるお店。 ふれあいコーナー立ち入りは17:00まで。 さらに、触れ合って購入できるのは当店だけ!飼育しやすく、お子さんの初めてのペットにも最適です。 1万円~ご購入頂け、飼い方講座も開催中。 なんでもスタッフに聞いてみてください。 猛禽類と爬虫類と、私が訪れたときはアカハナグマがお出迎えしてくれました。 触れる爬虫類の販売もしているので気に入ったら購入もできちゃいます。 美味しい料理が楽しめるのに加え、ワニの手や昆虫食もメニューにあり、冒険するにはもってこいのお店。 生体の販売や飼育用品の販売、生体の引取・買取まで行っていて、初心者の方も安心の爬虫類ショップ。 系列店として、ヘビ好きのためのがアメリカ村にあるため、そちらもオススメ。 料金 初来店のお客様は入店料金1,000円 2回目以降は食事代のみ。 時間制限はなし。 電話 爬虫類きっちゃ アゲイン 爬虫類きっちゃアゲインは大阪市大正区にある、爬虫類販売もしている爬虫類カフェ。 爬虫類市場というイベントを主催しているカフェでもあります。 照明を薄暗くして、盛れる撮影会をやっている時もあるとか。 こちらも爬虫類専門のショップなので、生体の販売も行っている。 爬虫類カフェで生体を飼う利点としては、店長さんに買い方や注意点を詳しく聞けるところです。 また、店内にいる爬虫類とふれあい癒される雰囲気づくりを大切にしていきます。 ちょっとした刺激を感じ取っていただければ嬉しいです。 木製ケージの作成や、移動動物園のお仕事も行っている少し変わった爬虫類カフェ。 1階では熱帯魚やその餌を販売しており、2階で爬虫類カフェを営業しています。 ちなみに1階の販売ブースでは 熱帯魚以外にもヘビやゲッコウ類、タランチュラやサソリなど多種多様な動物が販売されています。 爬虫類カフェではカメたちのお出迎えを受けられたり、コーヒーなどを注文する前からヘビを首に巻いてくれたりするサービスが受けられます。 お出迎えについてはカメ以外にもエリマキトカゲが歓迎してくれることもあるようで、看板爬虫類として人気を集めています。 Webサイト 住所 営業時間 13:00〜19:00 定休日 火曜日 料金 — 電話 終わりに いかがでしたでしょうか。 爬虫類カフェは、あまり爬虫類に馴染みのない人にとって新鮮な体験ができますよね。 いざ手に持ってみると、爬虫類の大人しさに驚く人もいらっしゃいます。 少しでも多くの方が爬虫類に興味を持っていただけるととてもうれしく思います。 飼育を始めるのにオススメの爬虫類たちがいます。 ぜひ興味を持った方はこちらも御覧ください。

次の

【京都】インスタ映え確実!かわいすぎるおすすめカフェ&喫茶店20選

京都 爬虫類 カフェ

南海難波駅から徒歩7分ほどにある、爬虫類におさわりしつつ料理も楽しめるカフェです。 明るいカフェの中に生体たちが住んでいるガラスケージが所狭しと並んでいます。 トカゲ、イグアナ、ヘビ、ヤモリ、カメなどがいます。 触れる生体の数も多く、人慣れしているので、初めて訪れる方も安心でしょう。 食事はパスタやオムライスなどの他に、なかなかお目にかかれないワニ肉を使ったメニューもあります。 ドリンクもコーヒーからヨーグルトドリンクまで、幅広くありますので、カフェとして利用する分にも申し分ありません。 たくさんの生体たちに囲まれ、眺めながらのお食事はなかなかできない貴重な体験です。 安全上、飲食しながらの触れ合いは行っておりません。 生体販売もしており、初心者でも飼育できるようにアドバイスなどもしていただけますよ。 京都の祇園を抜けたてのところに見える雑居ビルの2階にある爬虫類カフェです。 トカゲやヘビ、ヤモリに、爬虫類以外ではフクロウ、カメ、カエル、クモと沢山の生体たちが待っています。 おしゃれな店内に整頓されたケージが並んでいて、ゆったり見ていても飽きないでしょう。 直接触れないものの、大きなリクガメに餌を上げて交流する事もオプションで可能ですし、オーナーが自ら丹精込めて育てた見事な大きさのイグアナを見ることが出来るかもしれません。 販売されている生体もいますし、ケージやエサ等、大体必要な物も揃っていたので、お気に入りの生体を見つけたらその場で買って連れて帰るのもいいですね。 飼い方も親切に教えていただけるとの事。 詳しくは店舗にて確認をお願いします。 人によく慣れているミズオオトカゲが放し飼いにされている爬虫類カフェです。 ヘビやトカゲなど触れ合える生体は元気で可愛らしいです。 人気が高く、流通が少なくて珍しくなっているメキシカンブラックスネークとも触れ合うことが可能です。 ヘビにかまれてもいいという方はぜひ指名してみるといいでしょう。 飲食はドリンクの他にパスタにライス、アイスやパフェ、ケーキにトーストと充実しています。 概ね1000円前後でフードとドリンクをいただけます。 おいしく食べながら、愛想の良いスタッフさんとの会話を楽しみつつ生体たちを眺めて癒されるといいですよ。 生体の販売、および飼育のために必要な道具やえさも販売しています。 カフェを利用しながら、気に入った生体がいたらお迎えしてみてはいかがでしょうか。 ふれあいを通じてかけがえのない命の大切さを知っていただこうと考えた店主が経営する爬虫類アニマルカフェです。 明るい雰囲気の店内に、たくさんの種類の生体たちがいて、来店するお客様を出迎えてくれます。 ヘビやトカゲ、ヤモリだけでなく、ネコやウサギ、ハムスター、ハリネズミなどの哺乳類もいます。 爬虫類が苦手な人でも他の生体たちを見ていられるのも嬉しいところ。 一押しは緑色が鮮やかなグリーンパイソンです。 ご自身のペットを同伴しての来店もOKなので、自慢の生体を披露してコミュニケーションをとるのもいいですね。 行ってみてお気に入りの生体ができたら、餌と一緒に買って連れて帰ることも可能です。 飼育相談も受付していますので、安心して飼うことが出来るでしょう。 カウンター越しにある1. 5メートルもの大きなテラリウムが目を引きます。 カフェのみの利用もOKなので、コーヒーを飲みながら生体たちの愛らしい姿を見て癒されながら過ごすこともできます。 カフェメニューはホットドッグにカプチーノ、ケーキと充実しています。 カプチーノやケーキには動物たちが描かれていて、見て楽しむ事もできますよ。 生体の販売もありますので、家でいつでも生体と過ごしたいという方は探しに行ってみるのもありです。 お気に入りの生体に巡り合えるといいですね。 布施駅から徒歩で約7分ほどにある、東大阪市の爬虫類カフェバーです。 DIYが得意なオーナーによる、爬虫類に餌を与えやすく改良した水槽、流木や水草、煉瓦などを使ったアクアリウムが素晴らしい店内です。 レイアウトだけでなく爬虫類を飼育している方には参考にことできる事が多いでしょう。生体を指名すると、テーブルまで連れてきてくれるので、ゆっくり観察しつつ餌をあげたり、生体の性格も含めてレクチャーをしてくれるので、初めての爬虫類カフェ利用でも安心できます。 子どもと一緒に行っても、触れ合う事を目いっぱい楽しめるようになっているのも嬉しいところ。 今まで爬虫類は苦手だと思っていても、実際に触れ合うことでその魅力に気付けるかもしれません。 生体の販売、貸出も行っています。 自宅でじっくり触れ合い、ずっと一緒にいたいと思ったら引き取るのもいいですよ。 西心斎橋にあるヘビ専門触れ合いカフェです。 手入れと飼育が行き届いていて、海外、国内出身を問わずに人慣れしたヘビたちがいます。 店員さんは、まだ爬虫類を飼ってないけど興味がある人にも、実際に飼育している人にも丁寧に話をしてくれるので、安心して触れ合いを楽しむことが出来るでしょう。 カフェメニューは通常のものに加え、ワニやカエル、サソリといったサバイバルフードも揃っています。 アルコールもビールなどに加えて昆虫酒も用意されているので、珍味を味わってみたいという方にもおすすめです。 ヘビを飼ってみたいというときは、用品も含めた販売も行っています。 初めての飼育でも、飼育方法や接し方の相談を受け付けてもらえるので、飼育にチャレンジしたい人は頼りにできるでしょう。 犀川大橋の近くにある、爬虫類と触れあえるお洒落なバーです。 約15種類の爬虫類、両生類がお出迎えしてくれます。 熱帯魚のカウンターもあり、さらにエキゾチックな雰囲気があります。 バーの為、アルコールメインではあるものの、ソフトドリンクもメニューにあるので、お酒が飲めない人も安心です。 ビール、ウィスキー、焼酎、カクテルと取り揃えており、その日の気分で選んで、生体たちとふれあえます。 店内はヘビ、カメ、トカゲ等の爬虫類が飼育されているケージが並んでいながらも清潔感があってゆったりできるでしょう。 ヘビはおとなしくて触りやすいボールパイソン多めで、爬虫類初心者にも扱いやすいです。 また別料金で餌やり体験もできます。 イヌやネコとは違う爬虫類たちの魅力を楽しむ第一歩の場所として、爬虫類カフェを訪れてみるのも楽しいですよ。

次の

生体の触れ合いからサバイバルフードも?関西の爬虫類カフェ10選!

京都 爬虫類 カフェ

朝晩の冷え込みが厳しくなり、人肌恋しい季節になってきましたね。 朝、布団から出るのがつらい今日この頃です。 大学生の皆さんはバイトや学園祭の準備、社会人の皆さんは仕事に追われる日々を送っていることと思います。 寒い中をくたくたになって帰宅したときほど、一人暮らしの寂しさが身にしみることはありませんよね……。 忙しい毎日を送る若者に何よりも必要なのは、ズバリ 「癒し」!! そこでぜひオススメしたいのが、多種多様な 動物カフェです。 動物たちに癒されながら、日々の寂しさや疲れを吹き飛ばしましょう! 定番の動物から変わり種まで、京都にはいろいろな動物カフェがあるんです。 LOUTREで会えるカワウソは、全部で6匹(2018年10月現在)。 中でもイチオシしたいのが、2018年の8月に生まれたばかりだという双子のカワウソ 「おつゆちゃん&おだしちゃん」。 絶妙なネーミングには、もうセンスしか感じません。 ベビーなおつゆ&おだしちゃんに会えるうちに、皆さんぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。 お洒落な内装で人気の MOCHAが、国内11店舗目として2018年4月にオープンしたお店です。 猫たちの可愛さと居心地の良さにすっかりハマってしまい、なんと4回も来店したという猛者も筆者の身近にいます……! ドリンクバー付き、しかも店内には漫画も置いてあります。 猫と戯れるだけでなく、ゆったりまったりした時間を楽しむのもいいですね。 ごはんタイムは 11:30と 19:00の2回。 猫ちゃんたちが一列に並んで、元気良く夢中でモグモグします。 この時間を狙って、可愛い食事の様子を見に行きましょう! また猫のおやつは500円で販売。 とても美味しそうに食べてくれるので、こちらまで嬉しくなりますね。 猫ちゃんにモテモテのおやつは、数量限定なので購入できたらラッキーです! 猫ちゃんたちに触れて癒しを得たい方は、ぜひ行ってみてください。 【猫カフェ MOCHA 京都河原町店】 住所:京都府京都市中京区河原町通三条下ル大黒町58 mina4階 「京都市役所前駅」徒歩5分・「三条駅」徒歩5分・「河原町駅」徒歩6分。 同志社大学 今出川キャンパスから徒歩10分のところにある「THE GRAVY」は、本格的な ハンバーガーやベーグルサンドといったお料理を楽しめるお店です。 お店に入ると、看板犬のブルドッグ・ バッカスくんがお出迎え。 ハンバーガー、ベーグルサンド、ステーキなどを提供しています。 お腹も心も満たされるカフェ、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。 さまざまなお店が立ち並ぶ河原町の新京極通りには、 フクロウカフェがあるのをご存知でしょうか? その名も「京都のフクロウの森」。 森を模した店内では、14匹 2018年10月現在 ものフクロウたちが皆さんを出迎えてくれます。 ちなみに、「フクロウの森」ではお触りもオッケー! もふもふのフクロウに触ることができるなんて、幸せですね。 入館料が 大人680円と、リーズナブルなところも嬉しいポイントです。 他の動物カフェよりも手軽に訪れることができますね。 また、隣接している「豆柴カフェ」「ヒョウ猫の森」のチケットと同時に購入することで、合計入館料から10パーセントオフになるという特典もあります! フクロウに触れる、という珍しい体験をしてみたい方はぜひ行ってみて下さい。 うさぎほど素晴らしい生物など、果たしてこの世に存在するのだろうか(自論です)。 そんなうさぎ派の願いを叶えてくれるのが、大阪府茨木市にある うさぎカフェ、「うさゆ」です。 飼いうさぎの中でもっとも小さな品種であるネザーランドドワーフ、垂れ耳のロップイヤー、カーペットみたいにふかふかな毛並みが特徴のレッキスなど、実にさまざまな種類のうさちゃんと触れあうことができます。 ぜひ、うさぎの魅力を体感してみてくださいね。 行ってみたい動物カフェは見つかりましたか? 見るだけではなく実際にふれあうことができる動物カフェは、家族やペットと離れて一人で暮らす大学生や、日々に忙殺されている社会人の皆さんに癒しを与えてくれること間違いありません。 ぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

次の