ツインパワーxd モデルチェンジ。 ツインパワーSW6000HGのインプレ!ショアジギングでブリを狙うには最適!

【インプレ】15ツインパワー愛用者の僕が20ツインパワーを欲しい3つの理由

ツインパワーxd モデルチェンジ

この記事はざっくりいうとこんな話 いい加減シマノのまわし者ではないかと巷で囁かれるタカシマムザホルモン君。 疑いを晴らすため、ここはいっちょスティーズairのインプレ記事とか書こうかな… と思ったのも束の間、やっぱり気になるものからでないと気が乗らない。 というよりスティーズ使ったことないからわからない。 わからないったらわからない。 そんなわけで今回はシマノの2020年新製品、新しくなったツインパワーを紹介していく! 15ツインパワーを愛用しているタカシマムザホルモン的、NEWツインパワーの気になるポイントをチェックしていこう! 振り返ろうシマノツインパワーとは 実売3万円台でとにかく 間違いのないリールが欲しい。 となればまず真っ先に浮かぶのが僕は ツインパワー。 その姿、まさに 質実剛健。 ステラとはまた一味違うガッチリとした金属の重厚感。 飾らないデザイン。 どちらかと言えばソルトでのイメージが強いリール。 個人的には。 初代1988年にチタノスツインパワーのリリースから、 なんと今年で30年。 タカシマムザホルモンよりだいぶ先輩である。 そんな大先輩が装いを新たに環境最前線戦に立つんだからそりゃあ興奮するでしょ? 相棒15ツインパワー そうはいってもタカシマムザホルモン、バスを真剣に始める前は生粋のシーバスアングラーだったこともあり、使っていた(というか今もメイン機)15ツインパワーは4000XG。 もちろんバス用途で使ったことはない。 主なタックル ロッド:オールウェイク108モンスターバトル リール: 15ツインパワー4000XG ライン:通常PE1. 冬季PE1. 5号 どちらかといえば、重い。 いや、なかなかずっしりとくる。 だがそれがいい。 ヴァンキッシュの記事で軽さベタ褒めしてたけどね。 それはそれ。 これはこれなの。 当時から特にトラブルもなく、過酷な使い方にも余裕で耐えるマッチョ系。 ステラを使うまではこれが最強の剛性!と思っていたが、まぁさすがにステラには敵わなかった。 しかし実売三万円台でこの性能。 この安心感。 欲しい性能は全部用意しました!って感じ。 20ツインパワー概要 15ツインパワーから5年たってのモデルチェンジ。 3~4年周期でのモデルチェンジが多い中ツインパワーだけ5年待ったのは30周年に合わせたかったから? それとも18ステラ、19ヴァンキッシュ、20ツインパワーと並ばせたかったからだろうが。 途中ツインパワーXDというマイナーチェンジモデルも出たが、なんにせよ、今回が待望のフルモデルチェンジだ。 ただこれに関しては現在投げているものがノーシンカーのライトリグがメインのため飛距離がイマイチ実感できていないのかも。 とは思う。 もっと大きい番手で投げる釣りなら感動するほど変わるのか楽しみなところ。 現在PEスピンのタックルを考えている最中なため、ロングストロークスプール搭載の噂を聞き、急に新しいツインパワーが候補に挙がったのがそもそもの発端だったりする。 待ってました。 ありがとうシマノ。 マイクロモジュールギアに関しては賛否両論あるところだが、僕はスーパー大歓迎。 リーリングはヌルヌルに越したことないでしょ。 反対派、というか否定派の話としてはギアの溝が細かいためにギアが痛むのが早い、ごり感が強くなる。 なーんていうけど、GTやらヒラマサが相手ならまだしもバス相手にギアが痛むならそりゃお前が下手なだけ。 まぁ僕はギアがしょりしょり言っててもそんな気にしないのだけど。 もちろんうえで書いた通りヌルヌルに越したことはないにしろ、ギアなんてもんは基本的に消耗品なんで。 釣り出来ないくらい気になるなら買い替えればいいしね。 ギアの滑らかさに過激な人は毎月ステラを買い替えればいい。 絶対文句でないでしょうよ。 ギアの歯、ひとつひとつの歯面から設計を見直し、理想的な歯形状を追求。 音鳴りの低減、滑らかなギアフィーリングの向上も達成しました。 ーシマノHPよりー サイレントドライブ構造も ボディ全体の基本設計、駆動関連部品をひとつひとつ見直し、部品間の微細なガタ、隙間、揺れを細部に至るまで徹底的に排除。 改善の対象箇所はドライブギア、ウォームシャフト、ウォームシャフトピン、ウォームシャフトギアなど多岐にわたります。 新たな次元での滑らかな回転性能、静粛性を伴った巻きごこちを実現しました。 ーシマノHPよりー 欲しい理由その3 とにかく見た目かっこよいよね はいかっこいい。 15ツインパワーのシックなデザインもかっこいいが、今回の16ヴァンキッシュのような控えめな派手さ。 本体の重厚感と合わさりなんとも言えないいぶし銀を感じさせます。 いぶし銀の使い方あってるか?これ。 フィッシングショーで実際に撮った写真がこちら はい。 カッコいい。 発売間近 発売は3月。 予約品は中旬以降発送か…? どうやらシマノ新製品の中でも人気ダントツ1位のようで既に予約も多いそう。 近くの釣具屋に急いだほうがよさそうだ。 後日談。 というか今回のオチ さて、15ツインパワー愛用者のタカシマムザホルモンが新しくなる20ツインパワーの気になるポイントをまとめました。 今回の紹介事項の他にもローターがステラと同じになり剛性感に極みがかかっているのです。 フィッシングショーで触った感触もベリーグッド。 見た目もかっこいい。 バス用途はもちろん、ソルト用にも追加買い替えしたい衝動に駆られる毎日。 カルコンDC買っちゃったしロッド買っちゃったしで散財が続くわけですが、できるだけ早い段階で購入して実際に使った感想を書きたい。 また、ここまで書いておいてなんだが、今回のツインパワーについてスーパーわかりやすく解説しているブログがある。 実際にツインパワーの開発に関わっているシマノ黒田健史氏のブログだ。 制作過程を知っている人ならではの面白い話が見れるのでオススメである。 今見て欲しい本日の超おすすめ動画 1日平均5時間動画視聴で過ごすYoutube狂タカシマムザホルモンがおすすめする 本日の超おすすめ。

次の

ツインパワーSW6000HGのインプレ!ショアジギングでブリを狙うには最適!

ツインパワーxd モデルチェンジ

2500番なら色々使い途あるしね〜と自分自身への言い訳をしながら・・・ いざ! 箱は白。 高級感はありません。 中身は・・・。 本体と説明書、分解図、調整用シム、あとよく分からないけど透明のシール?必要最低限のもののみ。 ハンドル装着! 見た目は、ザ・中級機という感じです。 目立つ差し色も無く、かと言って落ち着きのある雰囲気とも違う。 そう、地味なんです。 いい感じに地味。 (笑) な〜んか、ダイワっぽさを感じるのは何なんだろう。 スプール?色合い? マレーシア製。 そういえば『SHG』という表記なんですね。 前は『HGS』だったんですが。 19ステラSWと並べてみました。 ・・・・・。 15ツインパワー 無印 と並べてみました。 ちなみにストラディックの前モデルや派生モデルは持っていません。 右がストラディック。 ツインパワーはC3000HGSに2500Sのスプールを乗っけていますので、ボディもスプールも同じ番手です。 ストラディックもツインパワーも、アルミボディに高強度樹脂ローター。 ですが、ストラディックはフルアルミではなく強化樹脂とのハイブリッドボディ。 自重はストラディック220g、ツインパワー240gです。 ストラディックはビスが見える側が樹脂なので、高級感はやはりツインパワーが勝ります。 ちなみに定価の差は約15,000円。 こんだけ機能てんこ盛りなのに、ストラディックすげえ! ステラとヴァンキッシュにしか搭載されていなかったロングストロークスプールが採用されています。 ラインクリップがシンプルな形になっていて使い易そう。 スプールを入れ替えてみました。 互換性は無いので入れ替えての使用は出来ません。 気付いたこと ・ベールを起こすと・・・。 ローターのブレーキが強めで、ベールを起こしてハンドルを回そうとすると結構な抵抗がかかります。 ツインパワーとは明らかに違う感触。 マニュアルリターンのステラSWと同じ感じです。 そのままハンドルを回すとベールは返るのでオートリターンではあるのですが、ちょっと力を込める必要があります。 ただしキャスト時にハンドルが動いて稀に返ってしまったりという事はかなり防げそうで、個人的には嬉しい仕様です。 ・リジッドサポートドラグは非搭載 写真では分かりにくいですが・・・スプールとスプール受けにはベアリングが入っていません。 スプール受けはカスタム出来るとして、スプール内はおそらくベアリング追加出来ないので、この辺りは上級機種との差別化が図られています。 ・巻いた感じは・・・? 一言でいうと、 重っ!! ギアのグリスがまだ全然馴染んでいないからでしょうか。 マイクロモジュール云々よりも巻き始めの重さが気になって、あとは慣性で回る感じなので巻き心地がどうなのかさっぱり分かりません。 (笑)これは1日釣りに使って馴染ませないとダメですね。 というわけで、軽くですが触ってみた感想です。 まあ、マイクロモジュールもサイレントドライブも付いているとはいえ、マレーシア製なので過度な期待はしない方が良さそうです。 それでも全体的な質感などは良く出来ていると感じました。 ひとまずハンドルノブとスプール受けには簡単にベアリング追加出来そうなので、そこはカスタムしようかと思います。 ライバルは・・・やっぱりカルディアかな?実売価格はだいたい同じですね。 軽さは断然カルディアですが、ザイオンボディのカルディアに対しアルミボディのストラディックなので、この辺りは軽さと剛性どちらを取るかということになるでしょう。 でも2500番クラスで取れる魚は言うほど剛性とか必要か?現代の技術なら樹脂で充分じゃないか?と思ってます・・・。 15ツインパワーと比べてみると、搭載した機能だけで言えば19ストラディックの方が断然魅力的ですね。 来年あたりに発表となるであろう新しいツインパワーは、これを踏まえてスペックを充実させてくるんでしょうね〜。 そちらも早くも楽しみです。 (笑) で、結局のところ19ストラディックは買いなのか!? 買いでしょう!!! だってマイクロモジュールとサイレントドライブ搭載機種の中で一番安いんですよ!? ・・・と、言いたいですが、それは人によりけりですし、まだ使ってませんので分かりません。

次の

20ツインパワーとツインパワーXDどちらがいいか

ツインパワーxd モデルチェンジ

ただし、AL素材の足つきボディーなのでCI4+でないと軽量化の説明がつかないですね。 ハンドル ・・・18ステラと同じみたいです。 左から19ヴァンキッシュ、18ステラ、20ツインパワー。 まとめ フルメタルボディーではなくなったものの、コアソリッドシリーズの中でもコストパフォーマンスが最高のモデルとなるか。 ローターの金属化によりトータルバランスが向上したので、使用感次第ですが、安心して任せられるスピニングだと思います。 マグネシウムローターの恩恵を受けるのであれば、1000番ボディのC2000Sがおすすめです。 カテゴリー• 165• 128• 113• 200•

次の