ご 了承 いただけ ます でしょ うか。 Johnny's net

いただけますでしょうかは間違い?正しい敬語の使い方

ご 了承 いただけ ます でしょ うか

まずは前半部分。 「ご了承いただける」の意味は… 「了承してもらえる」 つまり、 「 納得してもらえる」の意味に解釈できます。 「いただける」の部分は謙譲語「いただく」の可能表現をつかっています。 可能の表現をつかっているので意味としては「〜してもらえる」となります。 どれも「〜できる」という意味になりますね。 余談ですが尊敬語にも「お(ご)」の使い方があり混同しがち。 たとえば、• 【例文】つまり、私をクビにするということ でしょうか?• ちなみに、 「ご了承いただけましたでしょうか?」と 過去形にすると「すでに了承してもらえただろうか?」という催促・確認のフレーズになります。 あわせると意味は「了承してもらえるだろうか?」• ご了承 = 了承すること• お(ご)~いただける = 「〜してもらえる」の意味の敬語(謙譲語)• すると「ご了承いただけますでしょうか」の意味は… 「了承してもらえるだろうか」 「了承してもらえるでしょうか」 のように解釈できます。 ようするに「 了承してほしい!」「 了承してください!」というあなたの希望をあらわしているのですが、このままではあまりにストレート過ぎて目上や上司に使うにはイマイチです。 そこで遠まわしに「~してもらえますでしょうか?」として、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズにしています。 そんなに丁寧にお願いする必要あるの?って思うくらい。 目上・上司にはもちろんのこと社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズですね。 すでに見てきたとおり正しい敬語なのですが…その根拠についても解説しておきます。 ただし答えは「二重敬語ではない」です。 二重敬語とは「 ひとつの語におなじ種類の敬語を二回つかうこと」であり敬語のマナー違反です。 たとえば「お伺いいたします」「お伺いする」などが二重敬語の例。 「行く」の謙譲語「伺う」をつかっているのに、さらに「お〜いたす」「お〜する」という謙譲語をつかっているためです。 つまり敬語は以下のような構成です。 ちなみに、 「お・ご」には尊敬語としての使い方もあるため、 ややこしければ 「お(ご)〜いただく」セットで「〜してもらう」の謙譲語だと覚えておくと良いでしょう。 丁寧語「ますでしょうか」も二重敬語ではない あるいは「ます」は丁寧語であり、さらに「でしょうか」という丁寧語をくみあわせるから二重敬語だ、という意見もあります。 ただしこちらについても答えは「二重敬語ではない」です。 (二重敬語とは ひとつの語におなじ種類の敬語を二回つかうこと) よくよく考えてみると… 「ご了承いただけますでしょうか」が二重敬語になるのでしたら、ビジネスメールの結びで必ずといっていいほど使う「お願い致します」や「お願い申し上げます」も二重敬語になるはずですよね。 「了承してもらえるだろうか?」を敬語にしているため正しい 二重敬語かどうかをチェックする時はもともとの文章を考えるとすぐにわかります。 「ご了承いただけますでしょうか?」 のもとになる文章は… 「了承してもらえるだろうか?」です。 これまで見てきたように、それぞれの単語に敬語をつかっているため二重敬語にはならないのです。 そもそも二重敬語とは?よくある間違い敬語 で先ほど、 よくある二重敬語のたとえとして「お伺いする」「お伺いいたす」があるとしました。 なぜ二重敬語といえるのか?これらのもとになる文章を考えてみましょう。 「伺う」は「行く・聞く・たずねる」の謙譲語ですので、これらが原文となります。 「お伺いする」の元になる文章は 「行く・聞く・たずねる」• 謙譲語「伺う」• さらに 謙譲語「お~する」「お~いたす」 もとになる語「行く・聞く・たずねる」に謙譲語を2回つかっていますね。 ひとつの語に同じ種類の敬語を2回つかうことが二重敬語であり、敬語のマナー違反になります。 【使い方】了承してほしい!と伝えるビジネスシーン 「ご了承いただけますでしょうか」の使い方は… 意味のとおりで何かしら「 了承してほしい!」 と言いたいビジネスシーンに使います。 だからと言ってメールにつかったら失礼とかではなく、ビジネスメールでもまぁ違和感はありません。 ようするに 上司や目上・社外取引先に「了承してほしい!」と言いたいビジネスシーンであればたいていは使えます。 そこで、• 【例文】ご了承をお願い致します• 【例文】ご了承いただきたく存じます• 【例文】ご了承いただきたく、お願い致します• 【例文】ご了承いただければと存じます• 【例文】ご了承いただければ幸いです など、自分の意思や願望をつたえる敬語を代わりにえらびます(下の例文ほど丁寧な敬語になります) いっぽうで電話対応や会話では「〜いただけますでしょうか?」や「〜いただけますか?」を多用します。 これは好みで分かれるところ。 おっさん営業マンのたわ言だと思ってスルーしてもらっても構いません。 まぁとにかく、 「〜いただけますでしょうか?」はシーンをえらばずに使える、とても便利な敬語フレーズ。 上司や目上など社内に限らず、取引先など社外にも使える丁寧な敬語ですね。 きわめて初歩的なことですが… 「ご了承いただ きますでしょうか?」は使えません。 そう考えると「了承してもらうだろうか?」という 意味不明な敬語になってしまいます。 相手にお願いしたいのに「了承してもらう」ことを前提にして話を進めてしまっています… 敬語としては正しいのですが日本語としておかしなことになりますね。 そこで、 「ご了承いただ けますでしょうか?」というように「了承して もらえるだろうか」という意味の敬語にする必要があるのです。 ちなみに、 「お(ご)〜いただきます」をどうしても使いたいのでしたら「ご了承 いただきますようお願い致します」とすれば正しい敬語になります。 ここでは過去形にしたときの意味の違いについて簡単に。 ご了承いただけますでしょうか?は依頼・お願いフレーズ すでに見てきたとおり、• 「ご了承いただけ ますでしょうか?」は現在形であるため 「 了承してもらえるだろうか?」という お願い・依頼のフレーズになります。 なんども説明しているとおりで要するに「 了承してほしい」「 了承してください」と言いたいときにつかう丁寧な敬語フレーズですね。 ご了承いただけましたでしょうか?は確認・催促フレーズ いっぽうで、• 「ご了承いただけ ましたでしょうか?」と過去形をつかうと「 すでに了承してもらえただろうか?」「 もう了承しただろうか?」という 催促や確認の意味でつかわれます。 過去形にすると「 すでに了承したか?」「 了承したのか?」と言いたいときにつかう丁寧な敬語フレーズになります。 ということで、それぞれまったく違う意味になりますのでご留意ください。 「ご了承いただけますでしょうか」だけでなく… 「 ご了承いただけますか?」という敬語もよくつかいますね。 どちらも言いたいことは結局のところ「 了承してほしい!」なのですが… 敬語と意味の違いあり。 が、 結局のところ言いたいことはどちらも全く同じなわけです。 で、どちらを使うかは結局のところあなたの好み。 「〜いただけますでしょうか?」のほうが丁寧な表現ではありますが、バカ丁寧だという意見もあるため「〜いただけますか?」でも差し支えありません。 理由は意味を考えるとよくわかるのですが、• いっぽうで、• ビジネスでは回りくどい敬語であればあるほど丁寧だとみられる傾向にあります。 (本質的には間違っているのですが事実なので仕方ないですね…) ということでどちらが丁寧かは明白です。 ホントに些細なことなので誰も気にしないのでしょうけど… まぁ結論としては、 敬語の使い方や意味に違いはあれど、 どちらもひとしく丁寧な敬語であり目上・上司・社外取引先につかえるフレーズです。 可能形にして「ご了承いただける」• したがって上司・目上・社外取引先につかえる素晴らしい敬語、と言えるでしょう。 ビジネスメール例文(全文) こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。 ここでは「ご了承いただけますでしょうか?」の使い方をビジネスメール例文でご紹介。 どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 なお繰り返しにはなりますが… 「ご了承いただけますでしょうか?」だけでなくビジネスメールにおいては以下の敬語もオススメです。 平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。 さて、誠に勝手ながら下記のとおり、年末年始を休業とさせて頂きます。 期間中、お客様には大変ご不便をお掛けいたしますが、どうかご了承賜れますと幸いです。 来年も、本年同様お客様にご満足いただけるサービスの提供を目指し、より一層精進して参ります。 今後とも変わらぬご愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。 さて首記の件、 以下日程においてシステムメンテナンスを実施いたします。 日程 2017年8月10日(金)AM1:00~6:00• メンテナンスの影響 人事、配送、販売システムはご利用できません 上記時間帯におきまして一部システムの利用が制限されますが、 あらかじめ ご了承いただけますと幸いです。 大変ご迷惑をおかけ致しますが、 何卒よろしくお願い申し上げます。 メール署名 参考記事• ︎︎︎• ︎ 他にもある丁寧な言い換え敬語.

次の

お客様に対して、「ご了承ください」や「ご理解ください」といった言...

ご 了承 いただけ ます でしょ うか

日本のビジネスシーンにおいて敬語は常に飛び交っています。 たとえ自分より年下の相手であったとしても、取引先には敬語を使用するのは一般的です。 よく「いただけますでしょうか」や「ございますでしょうか」とうい敬語を耳にしますが、この「いただけますでしょうか」は一般的に間違いという声が多くあります。 「ます」と「です」を2つ重ねると二重敬語になる ひとつの言葉に対して、敬語を2つ重ねて使用することを二重敬語と呼びます。 つまり「いただけますでしょうか」の場合、丁寧語である「ます」と「です」を2つ重ねて使用していることから二重敬語となるのです。 この二重敬語は一般的に間違いとされています。 相手に対する配慮でも二重敬語は間違い 「いただけますでしょうか」「ございますでしょうか」といった二重敬語は、日本人が他国民に比べ「相手へ配慮する心」が非常に強く、常に相手がどう思うかを考えているからです。 この相手へ配慮する心があることから、「いただけますでしょうか」や「ございますでしょうか」といった通常の敬語よりもへりくだった言い方が生まれたと考えられています。 「いただけますでしょうか」の正しい敬語は「いただけますか」 「いただけますでしょうか」と表現したいときの正しい敬語は「いただけますか」です。 しかし間違いで、ほとんどの日本人が「いただけまでしょうか」よりも「いただけますか」を断定的な言い方できつく捉える傾向があります。 間違いですが、「いただけますでしょうか」と言われる方が丁寧に感じます。 敬語としては間違いです。 「いただけますでしょうか」は間違いでも「よろしかったでしょうか」は正しい 「いただけますでしょうか」とうい敬語に類似しているもので「よろしかったでしょうか」という敬語があります。 これは一般的にバイト敬語と呼ばれ間違いとして認識している人が多くいます。 しかし専門家によるとこの敬語、実は間違いではなく正しいのです。 「よろしかったでしょうか」は相手への配慮 この言葉は「あなたの判断はもう聞きましたが、私の認識で間違いないですか?」という意味が込められています。 敬語的には相手へ配慮した言い回しとなり間違いではないのです。 さらに一般的なバイト敬語とされている「1万円からお預かりします」や「お弁当の方、あたためますか」といった敬語も実は間違いではなく正しい敬語です。 「いただけますでしょうか」は敬語として間違いなので「いただけますか」を使う 「いただけますでしょうか」などの間違い敬語は聞いて嫌な二重敬語です。 ビジネスシーンにおいて先方がもし敬語に神経質な人であった場合、間違い敬語は悪い印象を与える結果になりかねません。 そのため「いただけますでしょうか」のような二重敬語は使用せず、正しい敬語を心がけましょう。

次の

いただけますでしょうかは間違い?正しい敬語の使い方

ご 了承 いただけ ます でしょ うか

何卒ご容赦ください、という表現の類義語に、「許してください」「ご寛恕(ごかんじょ)」「勘弁」という言葉があります。 その他の使い方に、「ご容赦願います」というものもあります。 使用するときと場合によって、まったくその使い方は変わってくるものです。 「どうかご勘弁ください」などの表現は、あまりことわりの言葉としての使い方はしません。 「何卒ご容赦ください」という言葉は先に自分の非礼を詫びる際などに用いられます。 このように、「何卒ご容赦」という言葉の使い方を知ることによって、「お忙しい折のご連絡ではございますが、何卒ご容赦くださいませ」など相手や取引先ととても気持ちよくコミュニケーションを行うことができます。 この言葉の使い方が綺麗にはまると相手に良い印象を与えるでしょう。 そのほかの様々な表現も状況にあわせて使うなど、交流のなかでしっかりと言葉を選び、より良い関係を築いていきたいものです。 ・こちらは関係者以外立ち入り禁止となっております。 お引取りいただけますようどうかご了承下さい。 ・審査の結果、こちらの意向にそぐわない場合に、お断りする可能性もありますのでご了承ください。 ・お返事にお時間を頂く場合がございます、ご了承下さい。 宜しくお願い致します。 ・契約内容に付いては予告無く変更される場合があります。 あらかじめご了承下さいませ。 ・こちらの記事は一切の転載、改変不可となっております。 どうかご了承下さい。 「ご了承願います」 ・GW期間中は運休となりました。 ご利用予定の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、予めご了承願います。 ・道路状況により到着が遅くなってしまう場合がありますことをご了承願います。 ・明日、街頭演説を行う予定です。 事情により変更する可能性もございます。 予めご了承願います。 ・また試験等もあるため、8月までのイベント出演が少なくなること、ご了承願います。 ご理解、ご了承のほどよろしくお願い致します。 ・現在、システムの不具合を調査中です。 今暫くお待ち下さいますと幸いです。 ご了承のほど宜しくお願い致します。 ・9日月曜日と17日火曜日は臨時でお休みを頂きます。 誠に恐れ入りますが何卒ご了承のほどお願い申し上げます。 ・急遽、予定を変更させて頂くことになりました。 ご迷惑をお掛けして大変申し訳ございませんが、何卒ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。 ・館内メンテナンスのため休館とさせていただきます。 お客様には大変ご迷惑をお掛けしますが、ご了承のほどよろしくお願い致します。

次の