プルーム テック プラス バッテリー。 新型プルームテックプラスの充電時間と頻度をバッテリー容量から比べてみる

プルームテックプラスの使い方を解説!クリーニング・充電方法まとめ

プルーム テック プラス バッテリー

今使っているプルームテックのバッテリー。 奥の先端の塗装が完全に剥がれているバッテリー、私的には2代目で、購入は2017年8月でございます。 もう2年なので、ほぼほぼ寿命でございます。 予備的に、たまに使う感じです。 手前は、2018年10月に購入した、メインで使っている3代目のバッテリー。 バッテリーの持ちが悪くなってきました 1箱5カプセル持たないときもあります。 そろそろ1年ですから、交換時期かなぁ…なんて思っております。 ということで、プルームテック追加導入でございますw バッテリーのバージョンが若干変わってます。 左から…• 2017年8月の2代目バッテリー 「M1. 25A 7F」210mA 0. 78Wh• 2018年10月の3代目バッテリー 「M1. 25B 8D」190mA 0. 70Wh• 2019年8月 新しいバッテリー 「M1. 25B 8L」190mA 0. 70Wh 初代、2代目まではバッテリー容量210mAでしたが、新しい物は190mAに減ってます。 特に問題はないとは思うけど、20mAも減量・コストダウンでしょうか? 色が若干違ってますが、おそらく経年劣化でしょう。 毎日使うものだから、2代目も3代目も汚れたり一部塗装が剥げてます。 USB充電器・ACアダプタは3代目に付属していた物と同じでした。 5A出力なんですよね。 愛用中のプルームテックたち。 PloomTECH プルームテック• ということで本日は、プルームテック、バッテリーの自分的代替わり!新しく追加導入しました! ていうお話でした。

次の

プルームテックプラスの充電切れ対策に単体バッテリーの選択肢|いまいちど.ログ

プルーム テック プラス バッテリー

*吸引回数は吸い込みの強さにより異なります。 当店販売のカートリッジ・プルームテックプラスカートリッジ対応。 たばこカプセルも装着可能です。 プルームテックプラスの互換機としてもご利用が可能です。 簡単操作・自動吸引機能を搭載。 面倒なボタン操作もなく吸い込むだけで即起動いたします。 送料無料・最短翌日お届け 純正プルームテックプラスのカートリッジカバーを当商品のバッテリーに取り付けたり、 純正プルームテックのバッテリーを当商品のカートリッジカバーに取り付けることは仕様の違いからできません グローセンスを使用していましたが、三回… グローセンスを使用していましたが、三回押して吸うのがめんどくさいのと、フレーバーカートリッジ再生時容量がわかららないのと、置いてないコンビニがあるという不便さから、お試しでこちらを購入。 そのまま吸えるのは鬱陶しくなくて最高! 形的にグローセンスのほうが転がらず、車の中やバッグの中では使いやすい。 グローセンスのほうがマウスピース型の形状になっているので吸いやすくてよい。 なのでこちらのほうが吸い込むときおもい感がありますし、こちらは絶対マウスピースが必要ですね。 しかしプルームテックプラスのほうがカートリッジ再生には適しているので節約のため、グローセンスと交互に使用していく予定です。 shopping guide 納品書(お買い上げ明細書)同封終了のお知らせ この度、当店では環境への配慮やお客様の個人情報保護のため 「納品書 お買い上げ明細書 」の発行を廃止する運びとなりました。 納品書・領収書をご希望の場合は、発送後に当店より送信される、 『商品発送のご案内』メールよりダウンロードをお願いいたします。 誠に恐縮ではございますが、何卒ご理解をいただけましたら幸いです。 ご注文から商品到着までの流れ アジアン雑貨・天然素材およびハンドメイド製品について 当店の製品の一部(アジアン雑貨)は天然の素材を利用し、職人がひとつひとつ愛情を込めて手作りで製作しています。 多くの工程を手作業で行っているため、同じ製品でもわずかに色味やサイズ等に違いが生じているものもあります。 また、わずかな塗装のムラや微細なこすれ、凹み等がある場合もあります。 これらは天然素材およびハンドメイドならではの特性としてご理解いただき、ご愛用いただけますとうれしく思います。 天然素材およびハンドメイドの特性により下記のような個体差がありますので十分にご理解いただいた上でご購入ください。 素材や製法による色の濃淡• ファブリック製品の編み目や模様などのバラつきやゆがみ• 形状や大きさによる若干のサイズ誤差や重量の誤差• 木製品の若干の反りや木目などによる凹凸やそれによる色、サイズのバラつき• 石彫り色味やサイズ、表情の誤差• 若干の傷やシミ• 陶器やガラスの若干の気泡あと など お届けの商品がイメージと違う、サイズが合わない、また天然素材、ハンドメイド製品の特性と判断されるものによる返品や交換など、お客様のご都合による返品や交換はお受けできませんので、予めご了承ください。 土日祝日を問わずご指定頂けます。 基本的にご注文頂いた日付より4営業日以上後の日程をご指定ください。 【お届け時間帯の指定】 下記の6つの時間帯の中からお選び下さい。 ただしご希望にそえない場合もございますので予めご了承ください。 送料について お支払い方法について 1配送先につき合計10,000円 税込 以上のご注文なら 送料無料 クレジットカード決済、Yahoo! 返品・交換について お問い合わせについて 商品の品質には万全を期しておりますが、万一、不良・破損・誤納品などがございましたら、商品到着後 7日以内にお知らせ下さい。 返品・交換商品は、1週間以内未使用・未開封に限ります、あらかじめご了承ください。 お受けする場合の 往復送料・手数料はお客様のご負担となりますので予めご了承ください。 ご不明な点がございましたら下記のいずれかにてご連絡ください。 尚、ご質問内容によっては回答まで多少お時間を頂戴する場合もございますので予めご了承ください。 TEL:093-473-7288 営業時間:平日AM10:00〜16:00.

次の

プルームテックプラスの使い方を解説!クリーニング・充電方法まとめ

プルーム テック プラス バッテリー

出典:JT JTから低温加熱式タバコの新型 「プルームテック・プラス」の発売が開始されました。 合わせて高温加熱式のプルームSも発売されています。 プルームテック・プラスのこれまでのプルームテックからの主な変更点は、• 使い勝手も含めよりVAPEに近づいてきた印象です。 プルームテックは仕組みがVAPEと同じなので、プルームテックカプセルを吸える互換VAPEが多く発売されています。 互換VAPEの方が高出力でメリットが大きかったですが、いよいよ本家がVAPEに近づいてきた感じです。 そこでVAPE感が増したプルームテック・プラスの気になる性能値と機能面を、 プルームテック互換VAPE機としてオススメの「JUSTFOG Q14」と徹底比較をしてみたいと思います。 出典:JT 現在、プルームテック・プラスはオンラインショップと全国に24店舗あるPloom専門店でのみ購入可能ですが、2019年4月から6都府県のコンビニ、主要たばこ店で販売開始され、7月には全国展開されます。 また、プルームSも2019年7月に6都府県で展開されたのち、9月の全国展開が予定されているようです。 プルームテックプラスとは 出典:JT プルームテック・プラスの従来のプルームテックからの変更点は、• 専用リキッドカートリッジの使用• 水蒸気量が増え吸いごたえがアップしています。 本体の形状も一回り大きくなり、見た目はペン型VAPEです。 これまでよりも濃い味を楽しめるとのこと。 これまでは、プルームテックを互換VAPEで吸うと、蒸気量が多いため通常よりもカプセルの味の持続性が悪かったので、互換VAPEで使う場合にも適しています。 専用リキッドカートリッジの使用 出典:JT カートリッジはこれまでと同じく使い捨てですが、 中身が完全な液体で、これまでのプルームテックとは形状も全く異なるので互換性はありません。 カプセルの形状はこれまでと同じ。 新しいフレーバーのラインナップ プルームテック・プラスには複数の味のラインナップがありますが、それぞれ リキッド自体にも味が付いています。 フレーバーは、レギュラー2種類、メンソール2種類の合計4種類のラインナップ。 VAPEとしては初心者向けの導入機ですが、小型で使い勝手が良く、スタイリッシュな見た目が特徴です。 「JUSTFOG Q14」の使い方など詳細レビューは、以下の記事で紹介しているので参考にしてください。 プルームテックプラス性能比較 プルームテック・プラスと「JUSTFOG Q14」の性能値の比較です。 項目 プルームテックプラス JUSTFOG Q14 バッテリー容量 650mAh 900mAh リキッド 容量 不明 1. 8ml パフ回数 250回 600回 エアフロー 調整不可 調整可 コイル 抵抗値 不明 1. JUSTFOG Q14の方が、バッテリー容量が大きく満充電でのパフ回数が多いようです。 また、 JUSTFOG Q14はエアーフロー 吸い込む空気の量 を調整可能。 エアーフローを広げると吸い込める空気の量を調節することができます。 吸うのに少し抵抗があった方がタバコ感があるので、エアーフローは最小にしています。 プルームテック・プラスのエアーフローは固定です。 性能だけ見ると圧倒的に「JUSTFOG Q14」の方が高スペックなのが分かります。 プルームテックプラスの評価 出典:JT プルームテックプラスのメリット• 純正リキッドでタバコカプセルが吸える• オートスイッチ機能あり• カプセル交換お知らせ機能がある• リキッド残量が一目で分かる 純正リキッドで吸える 当然ですが純正のリキッド入りカートリッジが使えます。 プルームテック・プラス用に 新たに配合された4種類のフレーバーをタバコカプセルと一緒に楽しむことができます。 互換VAPEを使うとタバコカプセルは使えますがカートリッジ部分は使えません。 これまでのプルームテックではあまり気にしていませんでしたが、このプルームテック・プラス専用に配合されたリキッドは興味あり。 ちょっと吸ってみたい。 互換VAPEでこのリキッドを吸うためには、カートリッジをなんとかこじ開け、リキッドをVAPE側のリキッドタンクに移し替える必要があります。 オートスイッチ機能あり プルームテック・プラスは、 吸うと自動的にスイッチが入りリキッドを加熱する、オートスイッチ機能が付いています。 プルームテックしか吸ったことのない人は意外かもしれませんが、通常VAPEはリキッドを加熱する時はスイッチを押します。 オートスイッチ機能のあるモデルもありますが スイッチを押しながら吸い込み、離すと加熱が止まります。 プルームテックの方が、より紙タバコを吸うのに近い動作で吸うことができます。 カプセル交換お知らせ機能がある プルームテック・プラスは、 50パフ毎にカプセル交換サイン LED点滅 が出るお知らせ機能があります。 出典:JT ちなみに、この交換サインは解除することができそのまま吸い続けることも可能みたい。 互換VAPEで吸っていると、カプセルの交換タイミングが正直分からず味が薄くなっても吸い続けることがあります。 ある意味節約にはなるので悪くはないですが。。。 リキッド残量が一目で分かる これまでのプルームテックと比較しての話ですが、 リキッドが液体なので残量が一目で分かります。 これまでのプルームテックでは、カートリッジの残量が分からず、気付くとカプセルより先にカートリッジが空になり吸えなくなることがよくありました。 吸いたいときに吸えないイライラと、カプセルがどんどん余るというプチストレスを抱えていました。 リキッド残量が一目で分かれば、吸うペースや交換タイミングがつかみやすく、使い勝手がだいぶ良くなります。 プルームテックプラスのデメリット• VAPEより出力が弱く蒸気量が少ない• VAPEより本体のスペックが低い• カプセル余りの危険性が高い VAPEより出力が弱い 出力がアップしたとはいえ、VAPEの方が出力が高いモデルが多く「JUSTFOG Q14」と比較しても 出力が弱く蒸気量は少なくなります。 VAPEより本体のスペックが低い 電源容量や出力の面で「JUSTFOG Q14」の方がハイスペックです。 リキッド容量は公表されていないようなので、今後プルームテック・プラス用のカートリッジが手に入ったら比べてみようと思います。 カプセル余りの危険性が高い 1パフ当たりの吸い方や、カプセル交換サインを無視することで、カプセル余りの危険性があります。 これまでのプルームテック同様にリキッドの継ぎ足しはできません。 がんばればできないことはないですが 一度に吸う量が多かったり、交換サインを無視して吸い続けるとリキッドが先になくなり、カプセルが余ります。 JUSTFOG Q14のメリットデメリット JUSTFOG Q14のメリット• ハイスペック• カプセル余りがない• リキッドを自由に継ぎ足して使える• リキッド残量が一目で分かる ハイスペック JUSTFOG Q14の方が、 バッテリー容量、出力ともにハイスペックです。 カタログスペックで満充電で600回吸えるそうです。 試したわけではないので実際にはもう少し少ないと思いますが、丸一日使って電池がなくなることはありません。 カプセル余りがない 純正カートリッジのリキッドが使えないというデメリットはありますが、 リキッドは自由に足せるのでカプセルが余るということがありません。 例え味がなくなっても、1つのカプセルを好きなだけ吸い続けることができます。 リキッドを自由に継ぎ足し可能 自分の好きなリキッドを自由に継ぎ足して使えます。 私は自作メンソールリキッドを入れてプルームテックカプセルを吸っています。 このメリットは大きく、プルームテックのデメリットであるカプセル余りを完全になくすことができます。 リキッド残量が一目で分かる プルームテック・プラスと同様ですが、リキッドタンクが透明なガラス製なので、 残量が外から一目で分かります。 JUSTFOG Q14のデメリット• 純正リキッドが使えない• 独特な形状• オートスイッチはない• カプセル交換のお知らせ機能はない• リキッドなど消耗品の購入が必要 純正リキッドが使えない プルームテック・プラス 純正のリキッド入りカートリッジは使えません。 無理やりリキッドだけ取り出せば使えないことはないですが、まだ試したことはありません。 ただ、JUSTFOG Q14では、リキッドを好きな味にカスタマイズできる利点があるので、自由度が高くプルームテックに合うリキッドを自由にカスタマイズできる楽しさがあります。 独特な形状 デメリットではないですが、JUSTFOG Q14は形状が全く異なり、 ペン型ではないです。 全体的なサイズ感としては、コンパクトでデザインもスタイリッシュでカッコ良く気に入っています。 オートスイッチ機能はない JUSTFOG Q14は、 吸うと自動的に加熱されるオートスイッチ機能はありません。 吸うときはボタンを押しながら吸う必要があります。 慣れればなんともありませんが、初めて使う方は違和感があるかもしれません。 カプセル交換のお知らせ機能はない JUSTFOG Q14には、 50パフ毎のカプセル交換のお知らせ機能はありません。 吸いたいだけ吸える反面、カプセルの替え時が分かりづらいです。 基本的にはカプセルの味がなくなったら交換していますが、メンソールなど味のあるリキッドを使っていると交換するのを忘れ延々と同じカプセルを吸っていたりします。 リキッドは継ぎ足せば無限にあるので、節約効果は抜群なので、個人的にはあまりデメリットとは感じていません。 リキッドなど消耗品の購入が必要 JUSTFOG Q14などのVAPEでは、いくつかの 消耗品を別途購入する必要があります。 まずは リキッド。 VAPEを吸うためにはなくてはならないものです。 無味無臭のものであれば大きいボトルサイズがコスパがよくオススメ。 それ以外にも、メンソール系リキッドや甘い味がするリキッドなど多種多様です。 コイルも消耗品で、だいたい1〜2ヶ月ほどで交換が必要です。 使い続けるとコイルが焦げて変な味がしてきます。 プルームテック・プラスは、リキッド入りカートリッジにコイルが内蔵されています。 このカートリッジ自体が使い捨てで、タバコカプセルの箱に同封されています。 ので、コイル買換えの心配はありません。 あとは、 リキッドの保管とタンクに注入するためのボトルがあると便利です。 先端の尖ったタイプのボトルがオススメ。 まとめ 個人的には、自由度が高くハイスペックな「JUSTFOG Q14」がオススメです。 リキッドを自由に入れ替えることができ、蒸気量も多いので、純正品の必要性を感じません。 ただ、消耗品の購入やリキッドの入れ替えなど手間が増えるので、これらが面倒だと思う方はプルームテック・プラスの純正品をオススメします。

次の