文豪 と アルケミスト。 文豪一覧

【文豪とアルケミスト(文アル)攻略】いまから始める『文アル』初級編☆序盤のポイントと武器&戦闘の基礎知識【ビーズログ.com】

文豪 と アルケミスト

しっとりとした趣きを添えて、柔らかく花開く和の花々。 それは上質な絹の着物から香り立つように、密かに静かに漂う。 月下香 ( チュベローズ )と水仙が織りなす澄んだトップノートから、 梔子 ( クチナシ )と 蓮華 ( ロータス )の甘みあるミドルノートへ、そして全てが溶けるように肌に馴染むラストノートへ。 清浄な空気感がふわりと揺れる、上品で気高いフレグランス。 TOP:Tuberose, Nadeshiko, Suisen MIDDLE:Rose, Ylang Ylang, Carnation, Gardenia, Lotus LAST:Musk, Sandalwood, Amber, Frankincense からりと晴れた高い空を想わせる、快い香り。 明るい光が辺りを照らしだすと、彼の爪弾く月琴の音のように、伸びやかに広がってゆく。 爽やかなキレのあるライムのトップノートから、若々しいメンズフローラルのミドルノートを経て、人肌を感じるラストノートへ。 親しみやすいその眼差しに、心動かされるフレグランス。 TOP:Eucalyptus, Mandarin, Lime, Neroli MIDDLE:Muguet, Geranium, Lily, Lavender, Nutmeg LAST:White Musk, Amber, Jasmine, Sandalwood, Cedarwood, Tonka Beans 内容量 : 30ml 希望小売価格 : ¥5417 税抜 ご注意:実際の商品と色味などが異なる場合があります。 ご了承ください。

次の

【文豪とアルケミスト】レシピ一覧【文アル 攻略】

文豪 と アルケミスト

洋墨量が多いほど銀背景となる確率が高くなる。 ひとまずの結論「栞を使うなら洋墨は400突っ込んどけ! 【2016年12月4日追記】 記事公開後も潜書をくり返してみてはいるが、現時点では洋墨量を400投入したときにしか虹色背景の文豪は転生していない。 虹色背景の文豪は洋墨を400使用したときにのみ転生する? まずは洋墨量の影響を検証 文豪のレアリティは背景色で表現されており、レアリティには 通常背景・銀背景・金背景・虹色背景の4種類があります。 虹色がもっとも珍しく、また現時点で実装されている人数も少なくなっています。 ぐぬぬぬぬ……なんと、結果に違いがありません! 今回は結果的に金の栞の無駄遣いになってしまいました。 運が悪かったのかなぁ。 いや、しかし……。 潜書の詳細(転生した順番に並んでいます) 金の栞なし・洋墨50 横光利一・吉川英治・尾崎紅葉・正岡子規・菊池寛・中野重治・中島敦・佐藤春夫・堀辰雄・佐藤春夫・国木田独歩・中野重治・菊池寛・横光利一・若山牧水・新美南吉・吉川英治・高村光太郎・佐藤春夫・高村光太郎 金の栞あり・洋墨50 織田作之助・堀辰雄・吉川英治・高村光太郎・石川啄木・国木田独歩・横光利一・国木田独歩・高村光太郎・武者小路実篤・高村光太郎・織田作之助・小林多喜二・三好達治・吉川英治・吉川英治・小林多喜二・織田作之助・横光利一・横光利一 洋墨を400で再検証! 洋墨をケチったのがよくなかったのかも……。 ということで、洋墨の量を400に増やして、金の栞を使用しなかった場合と使用した場合と10回ずつ転生させてみました。 転生を手伝う文豪は、今回もすべて徳田秋声です。 結果は……。 銀背景のうち5人が森鴎外でした。 検証を終えて……ひとまずの仮説 おもしろい結果が得られましたね。 金の栞を使っても、洋墨50ですといい結果が出にくいようです。 そして洋墨を400使えば、栞なしでも銀背景までは期待できます。 この結果を受けて、ひとつの仮説を立てました。 洋墨量が多いほど銀背景となる確率が高くなる。 この仮説から導かれるのは、 貴金の栞を使うなら洋墨は400投入したほうがいいということ。 洋墨は食糧よりも回収が難しくて貴重品ではありますが、金の栞を使うときは惜しまず洋墨も使いましょう。 金の栞をうまく使って、素敵な文豪と出会ってくださいね! 【2016年12月4日追記】 記事公開後も潜書をくり返してみてはいるが、現時点では洋墨量を400投入したときにしか虹色背景の文豪は転生していない。 虹色背景の文豪は洋墨を400使用したときにのみ転生する? 文豪とアルケミスト 攻略まとめの注目記事.

次の

【文豪とアルケミスト】レシピ一覧【文アル 攻略】

文豪 と アルケミスト

『』の失われた直筆原稿が収載されるなど各所で話題となり、発売即重版となった『「文豪とアルケミスト」文学全集』。 「文アル」ゲーム初心者に向けて、生みの親に本書の魅力を伺った。 そもそも「文豪とアルケミスト」というゲームがどういったものか、教えていただけますか。 舞台は「どこかの時点で違う歴史を歩み始めた日本」。 その中で文学書は多様な思想を生み出すものとして、人々に個性や意志を与える役割として尊重されていました。 しかしそれが突如、謎の「侵蝕者」たちによって、全項が黒く染められてしまい、最初から存在しなかったかのように、人々の記憶から奪われ始める異常事態が発生します。 そういう内容になっています。 「文学の力を知る文豪たち」というのは日本文学史でおなじみの、だったり、太宰治といった人物なのですが、「文アル」キャラクターを見ていただけたらわかるように、実際のご本人の見た目というよりは、作品のイメージが反映された形になっています。 ゲーム、と一言で言っても、敵と戦うことの面白さに特化した格闘ゲームのようなもの、小説のように一本のストーリーを追っていくノベルゲームのようなもの、プレイヤーに感情移入して対象キャラクターとの疑似恋愛を楽しむ恋愛シミュレーションゲームなど、様々なゲームが存在します。 そして、シナリオの良さやゲームのシステム、デザインそのものの魅力などを売りにします。 そのなかで「文豪とアルケミスト」は、「実際の文豪をキャラクター化した時の魅力」を押し出していこうと決めました。 なので彼らの見た目やゲーム全体の雰囲気作りにはとても気を配っています。 今回のゲームでは「コンセプトアート」というゲームの世界観の魅力が一目で伝わるものが特に重要でした。 最初の段階で、たしか100枚以上のラフ案を用意しましたが、実際に使われたのはその一割にも満たないです。 実はゲーム自体も、最初は文豪ではなく、文学作品の主人公をキャラクター化するつもりだったのですが、作品名に比べると主人公の名前はあまりにも知名度がない。 それなら著者でいこうと。 最初に出来たキャラクターは「芥川龍之介」なのですが、代表作である『』『』『』のイメージが彼のビジュアルイメージだけでなく、ゲームのメインモチーフである「蓮の花」だったり「歯車」に込められています。 彼らが何を持っているか、という小物類についても細かい設定があって、かなり丁寧に指示を出しています。 安吾はやはりメガネが印象的だと思いましたので。 他のキャラクターは、実際にメガネをかけていたとしても外してしまった人も多くいます。 また、世界観監修をしてくださっているイシイジロウさんの薦めもあって、キャラクターボイスは有名声優さんにお願いしました。 「文学の世界ではみんなビッグスターなのだから、ビッグな声優さんに頼んでもおかしくない」と。 もともと私自身子どもの頃から「本さえ与えておけば静かにしている」ように扱われるぐらい本が好きで、本ばかり読んでいました。 理系に進学してシステムエンジニアとして全然別の仕事をしていて、ひょんなことからゲーム会社に勤めることになり。 ならば、本の面白さというものをゲームのプレイヤーにも感じられるようなゲームを作りたいと思い企画を立てました。 近現代文学の本から入って、著者である文豪に興味を持ち、そしてその横のつながり、関係性にも興味をもち、この面白さは絶対に普遍的なものだと感じました。 芥川や太宰といった文豪達のなかでも有名人をとっかかりに、あまりなじみのない文豪達も知って欲しいと思いました。 DMM GAMESの製作チームは金沢にいるので、地元愛もあって、金沢市民なら誰もが知っている金沢三文豪、徳田秋声、、をフィーチャーしたいと考えました。 ファンの方が金沢へ来て、石川近代文学館と三文豪の記念館を巡って一泊するという金沢文豪モデルコースというのがあると聞き、とてもありがたいと感じます。 キャラクターの人気投票のようなことはしておりませんが、まんべんなく熱心なファンがいるなと感じています。 文豪たちは実際、ちょっと「ダメ人間」タイプの人が多いので、そういう文豪エピソードに惹かれるファンの方、一方で、白樺派のキャラクターのように、出自も素行も良い王子様タイプのキャラクター性に惹かれるファンの方もいます。 白樺派とか、新思潮といったグループ項目を設けているので、このゲームをプレイすると、文学史上の系統がわかって受験に役立つという反応はちょっと面白かったですね。 ゲームを知らない読者へ向けて 「文アル」は、実際の文豪たちの関係性の面白さを感じて欲しくて作ったゲームです。 現時点で登場している文豪は45名。 まだまだこれからも増えていく予定です。 今までは割と文学史でも有名どころを選んできましたが、関係性を重視して、マイナー、マニアックな方向にもキャラクターを増やしていきたいと思っています。 作風は全然違っても、実際には非常に仲が良かった文豪たちや、意外な接点を持つ文豪たち。 そんな彼らのやりとりをプレイヤーには楽しんでもらいたい。 そして、できればそこから興味を持った文豪たちが実際に書いた本にも手を伸ばして欲しい。 だから、文豪同士の関係性が読み取れる資料、実作を編集して、「文アル」世界をより楽しめるような内容に仕上がった『「文豪とアルケミスト」文学全集』はとても理想的なコラボレーションの形だと思います。 書籍の企画をいただいたときには、文芸の老舗の出版社である新潮社さんからお声掛けされたことにも驚きましたが、まさか行方不明だった『斜陽』の生原稿が出てきて、それが本の中に資料として含まれるとは。 こんなことがあるのかと、本当にびっくりしました。 文庫本のカバーを「文アル」キャラクターが飾ることも夢だったので、それがゲームをリリースして1周年のタイミングで叶って非常に嬉しく思っています。 (たにぐち・こうへい DMM GAMES「文豪とアルケミスト」プロデューサー) 単行本刊行時掲載.

次の