マック デリバリー 支払い 方法。 楽天デリバリー: ご利用ガイド 注文方法の説明とサービス紹介

お支払い方法

マック デリバリー 支払い 方法

クレジットカード• マックカード 本来マクドナルドの支払い方法はこれ以外にも主要な交通系電子マネーにも対応していて、アプリでのテイクアウトならLINE Payも使えますが、 デリバリーでは上記の3種類のみです。 クレジットカードで支払えば「非接触デリバリーサービス」も使える! 支払い方法を現金ではなくクレジットカードにしてオンライン決済すれば、 配達員による直接の手渡しなしで商品を届けてもらえる「非接触デリバリーサービス」が受けられます! その方法ですが、Webサイトまたはアプリにてお届け先の備考欄に「非接触デリバリー希望」と記載し、クレジットカードでオンライン決済を選択しましょう。 なお、クレジットカードで支払えばカードによってはお得にポイント還元も得れるので、マックデリバリーを使うなら断トツでクレジットカードを使うのがおすすめです! 現状マックデリバリーではLINE PayやPayPayは使えない なお、マックデリバリーは現状LINE PayやPayPayを使って支払うことはできません。 LINE Payは一部の店舗やアプリから店舗で注文を行う「モバイルオーダー」なら使えますが、 デリバリーではまだ対応していないので注意が必要です。 ウーバーイーツなら実質750円OFFでマクドナルドをデリバリーできる! ウーバーイーツで少しでもお得にマクドナルドをデリバリーしたい…。 クレジットカード• Apple Pay• LINE Pay• PayPay Apple Pay ウーバーイーツは「Apple Pay」で支払い可能であり、Apple Payを使えば面倒なカード番号の入力の手間を省いて即座に支払いを完了できます。 なお、ウーバーイーツはApple Pay経由であれば「メルペイ 」や「au WALLETカード」なども使えるので、クレジットカードを持っていない方でも気軽にオンライン決済していけるでしょう。 LINE Pay ウーバーイーツはLINEでスマホ決済が可能な「LINE Pay」にも対応済みです。 LINE PayはLINEポイントクラブの「マイランク制度」にもとづいてポイント還元率や特典クーポンの数が決まりますが、その内訳は以下の通り。 なのでLINE Payを使っている方なら、もはやを使わない手はありません! 是非この機会にを申し込んでみてください!.

次の

マクドナルドの支払い方法7選、クレジットカードや電子マネーなど

マック デリバリー 支払い 方法

マックカードについて マックカードは全国のマクドナルドで使用できる商品券です。 マクドナルドの店舗で1枚から購入できます。 マックカードも一部店舗では使用できないのと、券面が500円のみなことに注意が必要です。 マクドナルドで得する支払い方法とは? マクドナルドでお得に支払いをする方法はおおまかにわけて、 キャッシュレス決済でポイント還元率を高める方法、株主優待券やクーポン券を活用する方法、キャンペーンを活用する方法の3種類です。 それぞれの方法について説明します。 キャッシュレス決済でポイント還元率を高める方法について キャッシュレス決済でマクドナルドでの支払いをすると還元率が高くなる方法を4種類ご紹介します。 7%です。 2%還元される この支払い方法の場合、リクルートポイントでの還元が1. 7%、楽天ポイントでの還元が1%となります。 この方法の場合、ポイントは全てdポイントで還元されます。 5%還元される この方法の場合、nanacoポイントでの還元が0. 5%、dポイントか楽天ポイントでの還元が1%、クレジットカードのポイントが0. 5%となりややポイントの管理に手間がかかるでしょう。 株主優待券やクーポン券を活用する方法について 株主優待券とクーポン券の内容についてそれぞれ説明します。 株主優待券について マクドナルドの株主優待券を手に入れるためには、株主優待の対象者になる必要があります。 日本マクドナルドホールディングス株式会社では、 毎年6月30日・12月31日現在の株主名簿に記載のある株主に下記の株主優待を用意しているのです。 保有株数 優待内容 100~299株 優待食事券1冊 300~499株 優待食事券3冊 500株以上 優待食事券5冊 優待食事券の内容は バーガー類、サイドメニュー、ドリンクの商品お引替え券が6枚ずつで1冊となっています。 もちろん、金券ショップにも株主優待券は販売されています。 これを使ってもOKです。 有効期限があることと、マックデリバリーサービスでは使用できないことに注意が必要です。 クーポン券について マクドナルドのクーポン券はさまざまなアプリで配信されているので、どなたでも一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。 クーポン券をカウンターで提示するとさまざまな割引や無料サービスなどが受けられるのですが、クーポン券を活用するならまずおすすめなのが マクドナルド公式アプリを使用することです。 では最新のクーポンをいつでも受け取れるだけではなく、モバイルオーダーで注文と支払いが事前にできてしまうのでお店で行列に並ぶ必要がありません。 キャンペーンを活用する方法について 公式HPでは期間限定の割引キャンペーンや、時間限定で割引になるキャンペーンの案内などを常に積極的におこなっています。 定期的にチェックすることによってさらにマクドナルドでお得なお買い物ができるでしょう。 まとめ マクドナルドでお得な支払い方法はキャッシュレス決済でポイント還元率を高める方法、株主優待券やクーポン券を活用する方法、キャンペーンを活用する方法の3種類あり、それぞれにメリットがあることがおわかりいただけたのではないでしょうか。 マクドナルドは私たちにとってとても身近なお店です。 もっと楽しくマクドナルドを活用するためにも、ぜひお得な支払い方法について関心を持ち、自分のあった方法で活用してみてください。

次の

マクドナルドはやっぱりマックデリバリーがお得?宅配5社の料金や対応店舗を比較紹介!

マック デリバリー 支払い 方法

QUICPayは11月20日から利用可能になった。 相性の良い電子マネー どれでも dカードプリペイドの割引がなくなったのでどれで支払ってもOKかと。 自らカードを通す形。 QRコード決済 使えない ポイントカード 楽天スーパーポイントカード、dポイントカード いずれも提示すれば100円で1ポイントが貯まり、1ポイント=1円で利用可能。 ただしdポイントの利用は10ポイントから。 ただし、 料金の一部をポイントで支払うと、残高は現金払いのみになってしまうので要注意。 貯まりやすいポイント 楽天スーパーポイント、dポイント 現金いらず得点 5. 0点(5点満点中) 完全キャッシュレスになりました。 公式HP 概要• マクドナルドで使える電子マネー マクドナルドでは プリペイド式電子マネーの楽天Edy、WAON、そしてポストペイ型の電子マネーだとiDが使用可能です。 2017年の8月からSuicaやPASMOといった各種交通系電子マネー、及び、セブングループのnanaco も対応。 ただし、「マクドナルドだったらEdyもWAONもチャージもできる!」って思っている方も多いようですが、 マクドナルドでプリペイド式の電子マネーのチャージはできませんのでご注意ください。 その他、au PAY プリペイドカードやソフトバンクカード、LINE Payカードなどの国際ブランド付きプリペイドカードもクレジットカード扱いで使えます。 以前はマクドナルドでdカードプリペイドで支払えば3%オフという特典がありましたが、2018年の3月末で終了してしまっています。 仕方がないことですが残念です・・・。 マクドナルドでクレジットカード払いは可能か? マクドナルドではVISA、MasterCard、JCB、American Express、Dinersの各種クレジットカード、デビットカードが利用可能です。 クレジットカード払いと伝えた後に、自分でカードを通して決済を完了する形です。 サインレスで一瞬で決済が完了します。 店員さんにカードを渡さなくて良いので便利です。 レジで支払う際には 「クレジットカード払いで」と伝えましょう(「NFC Payで」と伝えてもOKですが、クレジットカード宣言のほうがわかりやすいかと)。 「ポー」と音が鳴ったら成功です。 マクドナルドで使えるQRコード決済 マクドナルドでは現状、PayPayやLINE Pay、楽天ペイやd払いといった各種QRコード決済は導入されていません。 その他の支払い方法が充実しているので特に必要性はないのかもしれません。 マクドナルドで使える商品券・ギフトカード マクドナルドではVISAやJCBなどが発行する各種クレジットカード系のギフトカードなどは一切使えません。 ですが、 独自に発行しているマックカードという商品券が使えます。 1枚500円の商品券。 基本的にプレゼントや記念品として受け取るもので個人で購入するものではないと思われます。 マクドナルドで貯まる&使えるポイント マクドナルドでは楽天スーパーポイントとdポイントが貯まるし使えます。 貯まるのはマクドナルドの支払いに使うことができます。 支払いは1ポイントから利用可能。 楽天ポイントカード付き楽天カードを持っておくと、クレジットカードでも楽天Edyでも支払えて、さらに楽天スーパーポイントを貯めることができるようになるので便利。 dポイントカードはdocomoユーザー以外でも作ることができます。 dカードに付帯している電子マネーのiDで支払えば、これ1枚で100円で1ポイントのdポイント(提示分)に加えて、さらにポイントが1ポイント貯まる(支払い分)ので、100円で2ポイント貯まり、還元率は2%になって便利です。 オリコカードザポイントもdポイントカードを提示(100円で1ポイント)+付帯しているiDで支払う(100円で1ポイント)とポイントがdカード払いのときと同様に2%分貯まります。 ただしこの場合はカードが2枚必要になってきます(もしくはカード+アプリ)。 【注意点】料金の一部をポイントで支払うと残りは現金払いのみ マクドナルドでは 料金の一部をdポイントや楽天スーパーポイントで支払うと、その残りは現金払いのみという仕様になっています。 これを知らないと完全に現金いらずだと思ってお店に行っても突如現金が必要な事態になってしまうので注意してください。 なんとかして欲しい仕様です。 モバイルオーダー マクドナルドでは 事前注文のモバイルオーダーというシステムを一部地域で展開していましたが、2020年1月28日からは全店で展開しています。 iPhoneアプリ、Androidアプリ共にリリースされています。 店舗と朝マック、レギュラーを選択して、メニューを選びます。 メニューにはクーポン付きのものもあります。 店内での飲食でも持ち帰りもできます。 注文が決定したら受け取ります。 受け取り方は• カウンターで受け取る。 テーブルまで持ってきてもらう(テーブル番号を入力)。 の2種類があります。 支払い方法は• LINE Pay(iOSのみ、オンライン決済) が用意されています。 American Expressは現状登録不可です。 楽天ペイ、d払いのオンライン決済手段も導入される予定です。 アプリ上ですべてを完結させるという仕組み上、しょうがない部分なのですが、ご注意ください。 マクドナルドで現金必要? クレジットカードや各種電子マネーへの対応が完了し、一切必要なくなりました。 キャッシュレス界隈でずっと話題にされていたマクドナルドのクレジットカード未対応問題がようやく解決です。 これは嬉しい。

次の