ファイやストレージ。 クラウドファイルストレージとは

Amazon FSx

ファイやストレージ

オンラインストレージとは、利用者にファイルを保管するための(外部記憶装置)容量を貸し出すネットサービス。 ファイルの作成や保存を一定の容量まで受け付け、いつでもどこからでも受信や閲覧を行うことができる。 利用者登録すると専用のファイル保管が提供され、Webブラウザなどでアクセスしてファイルの送受信、保管しているファイルの一覧、やなどによる分類・整理などを行うことができる。 登録と一定容量までの利用は無料で、保存容量を増大させたい利用者に容量に応じた月額料金を課すサービスが多い。 専用のソフトウェアをOSに導入()することにより、などのファイル管理ソフトからやフォルダの一つのように表示・操作できるようにしているサービスもある。 また、コンピュータ内部の特定のフォルダやドライブなどを指定して、上のスペースと自動的に(互いに変更を反映)させることができる機能を提供している場合もある。 コンピュータのストレージ(外部記憶装置)の延長として、個人が自分のファイルの保管のために利用することを想定したサービスが多いが、複数人や組織でのファイルの共有を意図したサービスや、ネットを通じて他の人へファイルを送信することを主眼とするサービスもある。 後者は「ファイル転送サービス」「ファイル送信サービス」とも呼ばれる。 2000年代初頭から様々なサービスが存在するが、先進国で高速なインターネット回線やスマートフォンが浸透した00年代後半頃から一般に広く普及し始めた。 一時は代名詞的な存在となった「」()や企業向けに特化した「」(ボックス)などの新興の独立系サービスが有名だが、米マイクロソフト(Microsoft)社の「」(旧)、米(Google)社の「Googleドライブ」(Google Drive)、米(Apple)社の「」(アイクラウド)、米(Amazon. com)社の「Amazon Drive」(アマゾンドライブ)など既存のIT大手も参入し、それぞれ自社ソフトウェアやサービス、機器などとの連携を売りに利用者を拡大している。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

無料オンラインストレージ一覧

ファイやストレージ

ファイルデータをクラウドに保存することにより、3 つの主要分野で利点が得られます。 スケーラビリティ — 拡張性を備えていないクラウドファイルストレージソリューションもありますが、最も高度なソリューションでは、クラウドのあらゆる機能を活用して現在必要とされる容量とパフォーマンスで使用を開始した後、必要に応じて容量を拡張できます。 予測される将来のニーズに備えて過剰なプロビジョニングを行う必要はなくなります。 相互運用性 — 既存の多くのアプリケーションでは、従来のファイルシステムのセマンティクスに準拠した共有ファイルサービスとの統合が必要です。 クラウドファイルストレージは、新しいコードを書かずに安全な共有ファイルアクセスを実現し、優れた利点を提供するソリューションです。 予算とリソース — オンプレミス運用のファイルサービスでは、ハードウェア、継続的な保守、電力、冷却、物理的スペースのための予算が必要となります。 クラウドファイルストレージでは、そのような技術リソースを解放して他のプロジェクトに展開できるため、ビジネスにさらなる価値をもたらします。 のワークフローは、絶え間なく変化し続けています。 ハイブリッドクラウドのデプロイが利用されることが多く、NFS などのネットワークファイルプロトコルによる標準化されたアクセスが必要です。 このようなワークフローでは、市販製品、専用構築の製品、パートナーソリューションから柔軟で整合性のあるセキュアな方法で、データにアクセスできる必要があります。 クラウドファイルストレージは既存のファイルシステムのセマンティクスに準拠しているため、コンテンツ制作、デジタルサプライチェーン、メディアストリーミング、ブロードキャストのプレイアウト、分析やアーカイブの用途において、処理および共同作業用のリッチメディアコンテンツのストレージを簡単に統合できます。 既存のメカニズム、ソフトウェア、セマンティクスを使用したデータのでは、回復ロケーションの柔軟性がほとんどない、独立した回復シナリオを作成できます。 多くの企業では、データベースのバックアップをクラウドに保存することで得られる柔軟性を、更新時の一時的な保管や、開発とテストの用途で活用しようとしています。 クラウドファイルストレージは、データベースサーバーから簡単にマウントできる標準のファイルシステムが利用できるソリューションです。 そのためネイティブのアプリケーションツールやエンタープライズ向けバックアップアプリケーションを使用でき、データベースのポータブルなバックアップの作成に最適なプラットフォームです。 クラウドファイルストレージの利用価値は明らかですが、すべてのクラウドファイルストレージが同じではないという点にも目を向けながら検討する必要があります。 現在、さまざまなソリューションがあります。 データを保護するためのスケーラビリティや冗長性のない基盤としてブロックストレージを使用する、コンピューティングインスタンス上の単一ノードのファイルサーバーといったソリューション。 設定、管理、保守に時間を要する自社運用のクラスター化されたソリューション。 さらには、、、あるいは のように設定やメンテナンスがほとんど不要で容量とパフォーマンスを伸縮自在にスケールでき、最も厳しい要件のアプリケーションワークロードのニーズに対応する完全マネージド型のソリューションまでさまざまです。 クラウドファイルストレージは、次の 2 つの方法で提供されます。 1 つは、最小限の設定でほとんどメンテナンスを必要としない完全マネージド型のソリューション、もう 1 つは自社運用のソリューションです。 自社運用のソリューションでは、個別のコンピューティング、ストレージ、ソフトウェア、ライセンスが必要で、さらに設定と管理のために専門知識のある担当者が必要です。 、、および は完全マネージド型ソリューションの例で、AWS クラウドおよびオンプレミスの インスタンスで使用するシンプルでスケーラブルなファイルストレージを提供します。 オブジェクトストレージソリューションはファイルをオブジェクトとして保存できることが利点ですが、既存のアプリケーションでアクセスするためには新しいコードを書く必要があり、API の使用方法や名前のセマンティクスの直接的な知識が求められます。 一方、ファイルストレージソリューションでは既存のファイルシステムのセマンティクスとアクセス許可モデルがサポートされるため、新しいコードを書くことなしに、簡単な設定でアプリケーションと統合して共有ファイルストレージを使用できるという点で、際立ったメリットがあります。 ブロックストレージは、自己管理型のファイルストレージソリューションの基盤とするストレージコンポーネントとして使用できます。 ただし、ホストとボリュームの関係が 1 対 1 に限られるため、完全マネージド型のファイルストレージソリューションのスケーラビリティ、可用性、経済性のメリットを得ることが難しく、追加の予算とサポートのための管理リソースが必要になります。 完全マネージド型のクラウドファイルストレージソリューションを使用すると、複雑さの解消、コストの削減、管理の単純化を実現できます。 世界中には膨大な量のファイルベースのデータがあり、AWS は完全マネージド型ファイルシステムサービスを提供しています。 これで、ファイルベースのアプリケーションとワークロードの多様なニーズに簡単に対応できるようになります。 ビジネスアプリケーションストレージ 組織では、ミッションクリティカルなビジネスアプリケーションの可用性を高める必要があり、これらのアプリケーションの多くは、共有ファイルストレージを利用しています。 これらのアプリケーションをクラウドに移行することで、機動性を高めながら、スケーラビリティ、高可用性と耐久性、セキュリティ、さらにコスト削減を実現できます。 AWS は、ビジネスアプリケーションに最適化した 2 つのファイルシステムサービスを提供しています。 では、クラウドベースの完全マネージド型ファイルシステムが実現できます。 これは、広範囲の Linux ベースのアプリケーションにスケーラブルで弾力性のあるファイルストレージを提供します。 では、Windows ベースのビジネスアプリケーション用に最適化した機能およびパフォーマンスを備えた、完全マネージド型ネイティブ Windows ファイルシステムを実現できます。 Amazon EFS および Amazon FSx for Windows File Server では、完全マネージド型ファイルシステムを使用して、これらのアプリケーションが依存する機能、互換性、パフォーマンス、さらにセキュリティにおいて、Linux および Windows ベースのアプリケーションを AWS に移行できます。 コンピューティング最適化 高性能コンピューティング、機械学習、メディア処理などの計算集約型アプリケーションでは、ファイルシステムに大きなスループットと低いレイテンシーが必要です。 これらのワークロードでは、低コストのデータレイクに格納されている入力データを使用することで、短時間で実行されることがよくあります。 AWS は、これらの計算を多用するアプリケーション用に、 を提供しています。 Amazon FSx for Lustre を使用すると、入出力が Amazon S3 に保存され、計算集約型のプロセスジョブのパフォーマンスと短期間でのコストに最適化されたファイルシステムで、データを簡単に処理できるようになります。

次の

【2020年版】オンラインストレージおすすめ13選を徹底比較(無料あり)各サービスの特徴を紹介

ファイやストレージ

Teams 無料版には次のものが含まれています。 チャット メッセージと検索は無制限です。 音声とビデオでの通話機能が組み込まれ、個人、グループ、またはチーム全体でのミーティングに使用できます。 チーム用のファイル ストレージ 10 GB に加えて、1 人あたり 2 GB の個人用ストレージを利用できます。 リアルタイムでコンテンツを作成するための Office アプリ Word、Excel、PowerPoint、OneNote など が統合されています。 統合できるアプリは無制限です。 Adobe、Evernote、Trello をはじめ、250 点を超えるビジネス アプリから選ぶことができます。 組織の内外を問わず誰とでも、コミュニケーションとコラボレーションが可能です。 セキュリティに優れたグローバルな Microsoft のインフラストラクチャがこれを支えています。 企業または個人のメール アドレスを持つ人は誰でも、今すぐ Teams にサインアップできます。 有料の一般法人向け Microsoft 365 サブスクリプションをお持ちでない場合は、Teams 無料版にアクセスできます。 既に一般法人向け Microsoft 365 を使用している組織のユーザーが無料版にサインアップしようとすると、その組織のマネージド Teams エクスペリエンスにリダイレクトされます。 ユーザーの組織が使用している Microsoft 365 のプランに Teams のライセンスが含まれていない場合は、ユーザーは Microsoft Teams Exploratory エクスペリエンスにルーティングされ、2021 年 1 月まで無料で使用できます。 詳細については、の説明をご覧ください。 認定教育機関: サインアップして学校全体で Office 365 A1 を無料で利用できます。 これには Microsoft Teams も含まれています。 との Office 365 A1 の内容の説明をご覧ください。 非営利団体: 資格のある非営利団体は、組織の規模に応じて Microsoft 365 Business Premium または Office 365 E1 の寄贈版を利用できます。 これには Microsoft Teams も含まれています。 これらを使用できるのは、有給スタッフと無報酬の幹部スタッフのみです。 ボランティア用のライセンスが必要な場合は、期間限定の Enterprise Office 365 E1 オファーをご利用ください。 ユーザー数の制限が適用されます。 この制限は、使用する国での提供状況によって異なります。

次の