ゾンビ サファリパーク 2。 映画『ゾンビ・サファリパーク』ネタバレ感想 狩りに行って狩られる話

映画「ゾンビサファリパーク 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

ゾンビ サファリパーク 2

内容紹介 ホントにホントにホントにホントにゾンビ狩り!!! ゾンビファン待望、ありそうでなかったゾンビ狩りアミューズメント・ムービーがついに日本上陸! ホントにホントにホントにホントにゾンビ狩り! しかしセキュリティのトラブルにより、狩る・狩られるの立場が逆転、逃げ場無しのゾンビパニックが巻き起こる! ゾンビ大量、全力疾走! 喰われる前に、狩れ! [内容解説] 20億人が犠牲となったゾンビ世界大戦から7年。 しかし、何者かが「リゾート」のシステムに侵入しウィルスを仕掛けたことで、セキュリティが制御不能となり島中にゾンビが解き放たれてしまった。 しかも自動的に5時間後に島全体が戦闘機で空爆されるブリムストン・プロトコルが発動されていたのだ。 その頃、何も知らないメラニー達ツアー客は野外キャンプでゾンビ狩りを楽しんでいた。 いつでもどこでもゾンビ狩り放題という新しい体験を売りにした孤島の高級リゾート施設。 戦争で父を失ったメラニーは、トラウマを克服する療法としてこの施設を利用するが…。 ゾンビだらけの狩猟観光島を舞台にしたサバイバルホラー映画。 端的に言うと、ジュラシックパークの恐竜をゾンビに置き換えたような映画です。 ゾンビが隔離されてテーマパーク化してる島に観光に行った人たちがトラブルに巻き込まれる物語。 こう書くとコメディ要素のあるいつものアホ映画かと思えるでしょうが、この映画は全編シリアス調です。 ここが最大の魅力でしょう。 実際、予想以上に面白かったです。 恐竜をゾンビに置き換えただけで、本当にジュラシックパークのように進行していきます。 ・参加者がパークにやって来てレクチャーを受ける ・夢のような狩猟ツアー開始 ・ゾンビを狩りまくって狂喜する客たち ・予期せぬトラブル発生 ・逃げ出したゾンビに襲われる客と従業員 ・パークの崩壊 と、イベントもほぼ同じように発生していきます。 演じてる役者たちも全員が真面目に演技してます。 決してコメディ映画のノリではない。 ストーリーのほうもジュラシックパークと遜色ないくらいには練られていて、 テクノロジー批判や企業倫理への疑念、そして難民問題など、お堅いテーマも盛り込まれています。 ゾンビ映画に付き物の定番イベントも一通り押さえてあるので、そっち目的の人も安心かと。 決して傑作ではないですが、ちゃんと作られている映画です。 タイトルだけでアホ映画だと決め付けて敬遠する人がいたらもったいない……と思う映画でした。 うーん、レビューを読んで少し期待しすぎたかもしれないです。 ウォーキングデッドの序盤のような、等身大で心を揺さぶられる作品ではありません。 あくまでゾンビに追いかけられるという大筋を楽しむ作品だと思いました。 キャラクター一人一人の背景を丁寧に描くことをしていないので、どうしても発生するドラマが上辺だけに感じられてしまいます。 死に方のパターンも少なくて、途中からは予定調和で淡々と死んで行ってるような印象でした。 また、あんまり楽しめなかった根本的な理由は、視点人物であるヒロインに全く共感できなかったことです。 とても卑怯な人にしか見えなくて好きになれませんでした。 ゾンビに噛まれて精神的にも肉体的にも苦しむ仲間を、「殺したくない」という主張はめちゃくちゃだと思います。 助けられる方法など心当たりもないのに。 それどころかゾンビ化する前に撃ち殺した別の仲間を無視によって責める始末です。 更には、首元を噛まれた仲間が掻き消えそうな声で「頼む(撃ってくれ)」と嘆願するまで、「だめよ」と言って射殺させない…。 今まさに痛がっていて、助かるの見込みのない仲間のことを考えての行動ではなくて、ただ自分が責任を負いたくないだけにしか見えません。 極め付けは、いくら一度は自分を見捨てた男だとしてもゾンビに噛まれたなら一思いに撃ち殺してやれば良いのに、ちょっと考えた後に銃を渡して自殺させるという鬼畜っぷりです。 噛まれた痛み、死が迫る精神的な苦痛、仲間を裏切ってしまったという罪悪感、これらを抱いている男に対してまだ簡単には解放させないぞと。 自ら引き金を引く苦痛も味っていけよと。 それもタイムリミットが迫る中で、わざわざ時間のかかる選択をしたというのが、ヒロインの狂気を演出しています。 これらが脚本家や監督の意図したものでないのは明らかで、普通に作品の欠陥と言えるでしょう。 こんな人に誰が共感できるのでしょうか、ヒロイン失格だと思います。 実におしい映画ですね。 冒頭からモキュメンタリー(mockumentary)での粗い画質から物語は開始します。 映画が安価に制作可能という事で近年よく見かける手法なのですが観る者にとっては食傷気味と受け取られ、途中で観るのを止めたくなる事でしょう。 それがやっと終わったと思いきや今度は安っぽい合成画面で物語が展開されていきます。 別に用意していた風景動画にスタジオで撮影した出演者の姿を合成しているんですがその合成技術が未熟すぎてバレバレなんです。 この辺りを見ても「ああ、製作費が少ないから現地ロケもできなかったんだね・・」と制作時の苦労さを垣間見る事も可能でした。 所が物語も中盤以降に差し掛かると「やっとまともな」展開と映像に移行します。 ここから出て来るのは「名ばかりの人権保護団体」ならぬ「名ばかりのゾンビ保護団体」でした。 早い話がこの映画に出て来るのは「糞」な人間ばかり、そして映画の最後にその「糞」な方が再び登場するのです。 早い話がこの物語は「最初から出来レース」だという事です。 主人公が誰だかさっぱり分かりませんが登場人物らは1名を除いて全員が操られていたのでした・・ この映画に辛評を投じた方々は出だしからして嫌気がさしてしまったのかもしれません。 かくいう私もこの冒頭の展開には嫌気がさしました。 評価が大きく二分するのも仕方ない出来ですね。 それからタイトルにある「パッケージ写真」ですが何処に挿入されていた場面だったのでしょうか? 確認するにも、もう一度見直す気にもならないし・・.

次の

ゾンビ狩り、行こうぜ!映画『ゾンビ・サファリパーク』予告編

ゾンビ サファリパーク 2

あらすじ 人類は地球人口の二十億人という犠牲を払いながらもゾンビ大戦に勝利をしたが、ゾンビ化した身内をヌッ殺した等の理由で 「ゾンビ鬱」を発症し社会生活を送ることが困難な人々が増加してしまう。 そんな患者に対して、ゾンビをスポーツハンティングして罪悪感を打ち消し、あの戦争は正しかった、と刷り込むセラピー施設「ゾンビ・リゾート」が誕生し大人気となる。 リゾートのモットーは、ビーチ、太陽、虐殺。 メラニーは婚約者との新生活のために治療目的でゾンビリゾートへ向かうが、そこには、自称イノベーティブ運営者やFPS少年、難民キャンプや難民人権団体、ゾンビやゾンビ人権団体が蠢いていた。 そして、絶対安全なはずだった警備システムがダウン。 ゾンビが園内の観光客に向けて放たれてしまう。 ゾンビサファリパークくん、マジメー ゾンビサファリパーク(この邦題のせいで余計なZ級の臭いがするのでよくない)は、割と真摯な運営の施設である。 市街地のゾンビは"電子錠"でロックされており郊外の採石場エリアにはゾンビが窪地に"放し飼い"で生態展示されていて高台から射撃が楽しめる。 実はアトラクション的なものはそれくらいで 「ゾンビをバイクで轢く人形を背負った男」とか 「ゾンビ相手のプロレスラー」とか 「ゾンビと一緒にジェットコースターに乗り続けるピエロ」とかはいない。 そして、ゾンビ大戦を経ているので観光客も極端なサイコパス行動をとることはない。 徹底的にエンターテイメント性を省いた 「こんなことで楽しんではいけないゾ」という視点から描いていくわけです。 賞味期限と産地偽装問題に切り込む これはゾンビ大戦後に作成されたドキュメンタリーフィルムです。 ゾンビ鬱に悩む女性、万全とされる警備の穴、そして「産地偽装」に切り込んでいきます。 産地偽装?なんの?もちろんゾンビのだよ!! この作品はマジメなのでゾンビの産地偽装を許しません。 「世界の最果ての孤島に残された世界で最後の野生ゾンビをハンティング」 「どうですか、10年モノのヴィンテージゾンビは!」 「時間経過によって間接が摩耗して緩慢になり殺しやすいんですよ!」 欺瞞!カメラはゾンビの産地偽装及び賞味期限偽装を見破るべくどんどん奥地へ進んでいきます。 あ、あれは? オーブン? まさか焼き目をつけることで新鮮なゾンビにヴィンテージ感を!? あ、そこに誰かいますね。 こんにちわー(^-^) あ! ゾンビだ!走ってくる!? ギャーーー!!(カメラは地に落ちジャーナリストが貪り食われる音だけが響く) 死にたて生ゾンビは足が速い この作品は前半は歩くタイプのヴィンテージゾンビ。 後半は死にたてフレッシュキュアゾンビが駆け抜ける作品です。 それぞれの設定に理由があり登場人物はそれなりに賢明に行動するので地味目な映像が続きながらも意外なほど飽きない。 よくできた作品という味わいがあります。 「ビンテージゾンビは足が遅い」が後半の疾走ゾンビの伏線になっているとは思わんぞ普通。 未来へ そんなわけで 「ゾンビ・サファリパーク」はゾンビカリプス復興後世界観をお求めの方にはめちゃくちゃおすすめです。 ちょっとマジメすぎるのでヒャッハーアバババーッ!とはなりにくいけどクライマックスはそこそこです。 (邦題とかパッケージのキャッチフレーズは犬にでも食わせろ) で視聴。 関連記事 アロハ天狗氏の「ワールド・ウォー・Z」評(冒頭をまるまるパクられた).

次の

映画「ゾンビサファリパーク 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

ゾンビ サファリパーク 2

解説とあらすじ 解説:「アウトポスト BLACK SUN」のスティーヴ・バーカー監督によるホラー。 ゾンビを孤島に隔離して狩りを楽しむアトラクションが人気を集める近未来。 メラニーと夫ルイスがゾンビ狩りをしていると、何者かがシステムに侵入し、ゾンビが島中に放たれる。 出演は、「ファイナル・アワーズ」のジェシカ・デ・ゴウ、「ベルファスト71」のマーティン・マッキャン、「96時間 レクイエム」のダグレイ・スコット。 未体験ゾーンの映画たち 2017で上映。 戦争で父を失ったトラウマを克服するためにリゾートを勧められたメラニー(ジェシカ・デ・ゴウ)は、夫のルイス(マーティン・マッキャン)を伴い参加する。 しかし、何者かがリゾートのシステムに侵入し、ウィルスを仕掛ける。 そのため、対ゾンビセキュリティが制御不能となり、ゾンビが島中に解き放たれる。 しかもブリムストンプロトコルが発動され、自動的に島は5時間後に戦闘機で空爆されることに。 その頃、何も知らないメラニーたちツアー客は、野外キャンプでゾンビ狩りに興じていた……。 なんか暗いところで主人公たちがジタバタしてるだけ。 パークの広さもあんまよくわからんし、ハンティングを楽しむ描写もほとんどなく、セキュリティがダメになってゾンビが襲ってくる展開。 スピーディではあるが、面白味は少ない。 主人公は過去のゾンビとの戦争でトラウマをかかえており、それを克服するためにゾンビ狩りに出るという、ショック療法みたいなもんか。 旦那のススメだったようで渋々訪れたようだったが、この旦那がなかなかのクズ人間。 頼りになるのは別のオッサンで、こいつは最後までかっこいい奴だった。 しかし、何者だったのかよくわからない(笑)。 5時間後の空爆時、主人公の女性はダッシュして海に飛び込むわけだが、どう見ても爆風にさらされてるだろ、あれ(笑)。 あの辺のチープな描写はなんとかならなかったのか。 というわけで、ゾンビ映画好きな人は観ると思うが、ハラハラドキドキ娯楽作品を楽しみたい人には、オススメはできないです。

次の