このミステリーがすごい 1994。 【順位】このミステリーがすごい!1994ランキング【国内編】

「このミステリーがすごい!」歴代ベスト10作品とKindle対応まとめ(2015年12月23日更新)

このミステリーがすごい 1994

こんにちは、フルタニです。 放送局で番組作りをしてました。 今年も発表されました!「このミステリーがすごい!1994年版」(宝島社) 書評家や書店員たちが投票で選ぶ、このランキング。 早速、<国内編>をご紹介いたします。 傑作揃い、ご注目ください! ミステリー作品の特徴は読み始めると止まらないこと。 それにもっとミステリーが読みたくなることです。 大量のミステリーを一気買いするとき役立つのがネット通販です。 Amazonギフト券はAmazon. jpが販売する商品に利用できるギフト券です。 ギフト券はEメールで送られます。 自分で使っても問題ありません。 ギフトを贈る予定があっても選ぶ時間がない場合や、どれを選んでよいのかがわからない場合などには、Amazonギフト券が最適です。 Amazon ギフト券の注文方法、使い方、細則は。

次の

このミステリーがすごい! 国内部門

このミステリーがすごい 1994

今までの、「このミステリーがすごい!(略称:このミス)」にて、2位~10位だった作品の中で、好きな作品を、10個までに絞って、ランキング形式で教えてください。 作品数が多いので、4回に分けて質問します。 この質問は、1988年から1994年までです。 下に、その作品を記します。 感動しましたので(嘘、ウケました~笑)、はりきって回答したいとおもいます。 手に汗握る展開、知的興奮もあり、やはり名作です。 わたしのホラー好きな部分も満足しましたし、らもさんにはもっとこういう作品を書いてもらいたかったですね。 この時代に国内ミステリで、こういう医学的考証も盛り込んだサイコミステリって少なかったので、感動しました。 ラストの意外性も素晴らしい。 高島礼子主演で映画化されましたが、こっちは笑っちゃいましたね~。 いや、おもしろくてですよ。 スケールのでかい幻想的事件の数々に、とにかく心奪われました。 本格、トリックの素晴らしさ、だけではない作品。 やっぱ「見立て殺人」とか好きですね~。 しかもそこに心理的トリックを絡めていて「普通の」見立てではないところ、凄いですよね。 しかもこの作品の特色、クローズドサークルの内外で二つの謎解きが並行して行われていくプロットに大興奮しました。 青春ものとしてもおもしろいとおもいました。 これ落とした直木賞選考委員ってどうかしてますね。 でもやっぱ、1位はらもさんだなあ。 はぁはぁ、つい熱くなって真剣になって疲れますねコレ・・・別年代のはまた明日~ ここから10作を選ぶのは無理だなぁ。 このラインナップと今の売れ筋を見比べると、如何に日本人が バカになって軽薄な本ばかりを読んでいるかが分かる。 だんだん疲れて来たので、今回はコメント抜きでお願いします。 1.ベルリン飛行指令(佐々木譲) 2.リヴィエラを撃て(高村薫) 3.生ける屍の死(山口雅也) 4.魔術はささやく(宮部みゆき) 5.ダック・コール(稲波一良) 6.奇想、天を動かす(島田荘司) 7.双頭の悪魔(有栖川有栖) 8.僕のミステリな日常(若竹七海) 9.エトロフ発緊急電(佐々木譲) 10.そして夜は甦る(原遼) その他ランクインさせたい作品が山ほど。 質問者さんのまたのお越しをお待ちしています。

次の

このミステリーがすごい!とは (コノミステリーガスゴイとは) [単語記事]

このミステリーがすごい 1994

年度 作品名 (作品名をクリックするとアマゾンにリンクします。 ) 2019年 medium 霊媒探偵城塚翡翠 相沢沙呼 1位 推理作家として難事件を解決してきた香月史郎は、心に傷を負った女性、城塚翡翠と出逢う。 彼女は霊媒であり、死者の言葉を伝えることができる。 しかし、そこに証拠能力はなく、香月は霊視と論理の力を組み合わせながら、事件に立ち向かわなくてはならない。 一方、巷では姿なき連続殺人鬼が人々を脅かしていた。 一切の証拠を残さない殺人鬼を追い詰めることができるとすれば、それは翡翠の力のみ。 (「BOOK」データベースより) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 2018年 それまでの明日 原尞 1位 11月初旬のある日、渡辺探偵事務所の沢崎のもとを望月皓一と名乗る紳士が訪れた。 消費者金融で支店長を務める彼は、融資が内定している赤坂の料亭の女将の身辺調査を依頼し、内々のことなのでけっして会社や自宅へは連絡しないようにと言い残し去っていった。 沢崎が調べると女将は六月に癌で亡くなっていた。 顔立ちのよく似た妹が跡を継いでいるというが、調査の対象は女将なのか、それとも妹か? しかし、当の依頼人が忽然と姿を消し、いつしか沢崎は金融絡みの事件の渦中に。 切れのいい文章と機知にとんだ会話。 時代がどれだけ変わろうと、この男だけは変わらない。 14年もの歳月を費やして遂に完成した、チャンドラーの『長いお別れ』に比肩する渾身の一作。 (「BOOK」データベースより) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 10位 2017年 今村昌弘 1位 神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共にペンション紫湛荘を訪ねた。 合宿一日目の夜、映研のメンバーたちと肝試しに出かけるが、想像しえなかった事態に遭遇し紫湛荘に立て籠もりを余儀なくされる。 部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。 しかしそれは連続殺人の幕開けに過ぎなかった…!! 究極の絶望の淵で、葉村は、明智は、そして比留子は、生き残り謎を解き明かせるか?! 奇想と本格ミステリが見事に融合する選考委員大絶賛の第27回鮎川哲也賞受賞作! (「BOOK」データベースより) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 2016年 涙香迷宮 竹本健治 1位 明治の傑物・黒岩涙香が残した最高難度の暗号に挑むのはIQ208の天才囲碁棋士・牧場智久! いろは四十八文字を一度ずつ、すべて使って作る日本語の技巧と遊戯性を極めた「いろは歌」四十八首が挑戦状。 (「BOOK」データベースより) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 2015年 王とサーカス 米澤穂信 1位 二〇〇一年、新聞社を辞めたばかりの太刀洗万智は、知人の雑誌編集者から海外旅行特集の仕事を受け、事前取材のためネパールに向かった。 現地で知り合った少年にガイドを頼み、穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、王宮で国王をはじめとする王族殺害事件が勃発する。 太刀洗はジャーナリストとして早速取材を開始したが、そんな彼女を嘲笑うかのように、彼女の前にはひとつの死体が転がり…。 「この男は、わたしのために殺されたのか? 『さよなら妖精』の出来事から十年の時を経て、太刀洗万智は異邦でふたたび、自らの人生をも左右するような大事件に遭遇する。 二〇〇一年に実際に起きた王宮事件を取り込んで描いた壮大なフィクションにして、米澤ミステリの記念碑的傑作! 驚愕の結末で唸らせる表題作はじめ、交番勤務の警官や在外ビジネスマン、美しき中学生姉妹、フリーライターなどが遭遇する6つの奇妙な事件。 入念に磨き上げられた流麗な文章と精緻なロジックで魅せる、ミステリ短篇集の新たな傑作誕生。 (「BOOK」データベースより) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 2013年 ノックス・マシン 法月綸太郎 1位 上海大学のユアンは国家科学技術局からの呼び出しを受ける。 彼の論文の内容について確認したいというのだ。 その論文のテーマとは、イギリスの作家ロナルド・ノックスが発表した探偵小説のルール、「ノックスの十戒」だった。 科学技術局に出頭したユアンは、想像を絶する任務を投げかけられる…。 (「BOOK」データベースより) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 2012年 64 横山秀夫 1位 警察職員二十六万人、それぞれに持ち場があります。 刑事など一握り。 大半は光の当たらない縁の下の仕事です。 神の手は持っていない。 それでも誇りは持っている。 一人ひとりが日々矜持をもって職務を果たさねば、こんなにも巨大な組織が回っていくはずがない。 D県警は最大の危機に瀕する。 警察小説の真髄が、人生の本質が、ここにある。 (「BOOK」データベースより) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 2011年 高野和明 1位 急死したはずの父親から送られてきた一通のメール。 それがすべての発端だった。 創薬化学を専攻する大学院生・古賀研人は、その不可解な遺書を手掛かりに、隠されていた私設実験室に辿り着く。 ウイルス学者だった父は、そこで何を研究しようとしていたのか。 同じ頃、特殊部隊出身の傭兵、ジョナサン・イエーガーは、難病に冒された息子の治療費を稼ぐため、ある極秘の依頼を引き受けた。 暗殺任務と思しき詳細不明の作戦。 事前に明かされたのは、「人類全体に奉仕する仕事」ということだけだった。 イエーガーは暗殺チームの一員となり、戦争状態にあるコンゴのジャングル地帯に潜入するが…。 (「BOOK」データベースより) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 9位 2010年 悪の教典 貴志祐介 1位 学校という閉鎖空間に放たれた殺人鬼は高いIQと好青年の貌を持っていた。 ピカレスクロマンの輝きを秘めた戦慄のサイコホラー。 (「BOOK」データベースより) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 2009年 東野圭吾 1位 日本橋。 江戸の匂いも残るこの町の一角で発見された、ひとり暮らしの四十代女性の絞殺死体。 「どうして、あんなにいい人が…」周囲がこう声を重ねる彼女の身に何が起きていたのか。 着任したばかりの刑事・加賀恭一郎は、事件の謎を解き明かすため、未知の土地を歩き回る。 (「BOOK」データベースより) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 2008年 伊坂幸太郎 1位 仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。 昔話をしたいわけでもないようで、森田の様子はどこかおかしい。 訝る青柳に、森田は「おまえは、陥れられている。 今も、その最中だ」「金田はパレード中に暗殺される」「逃げろ! オズワルドにされるぞ」と、鬼気迫る調子で訴えた。 (「BOOK」データベースより) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 2007年 警官の血 佐々木譲 1位 昭和二十三年、警察官として歩みはじめた安城清二は、やがて谷中の天王寺駐在所に配属される。 人情味溢れる駐在だった。 だが五重の塔が火災に遭った夜、謎の死を遂げる。 その長男・安城民雄も父の跡を追うように警察学校へ。 だが卒業後、その血を見込まれ、過酷な任務を与えられる。 大学生として新左翼運動に潜りこめ、というのだ。 三代の警官の魂を描く、空前絶後の大河ミステリ。 (「BOOK」データベースより) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 10位 X橋付近(高城高) 2006年 独白するユニバーサル横メルカトル 平山夢明 1位 タクシー運転手である主人に長年仕えた一冊の道路地図帖。 彼が語る、主人とその息子のおぞましい所行を端正な文体で綴り、日本推理作家協会賞を受賞した表題作。 学校でいじめられ、家庭では義父の暴力に晒される少女が、絶望の果てに連続殺人鬼に救いを求める「無垢の祈り」。 限りなく残酷でいて、静謐な美しさを湛える、ホラー小説史に燦然と輝く奇跡の作品集。 (「BOOK」データベースより) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 10位 2005年 東野圭吾 1位 天才数学者でありながら不遇な日日を送っていた高校教師の石神は、一人娘と暮らす隣人の靖子に秘かな想いを寄せていた。 彼女たちが前夫を殺害したことを知った彼は、二人を救うため完全犯罪を企てる。 だが皮肉にも、石神のかつての親友である物理学者の湯川学が、その謎に挑むことになる。 ガリレオシリーズ初の長篇、直木賞受賞作。 彼が倒れる直前に完成させた、娘の江知佳をモデルにした石膏像の首が切り取られ、持ち去られてしまう。 悪質ないたずらなのか、それとも江知佳への殺人予告か。 幾重にも絡んだ悲劇の幕が、いま、開く。 (「BOOK」データベースより) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 2003年 歌野晶午 1位 「何でもやってやろう屋」を自称する元私立探偵・成瀬将虎は、同じフィットネスクラブに通う愛子から悪質な霊感商法の調査を依頼された。 あらゆるミステリーの賞を総なめにした本作は、必ず二度、三度と読みたくなる究極の徹夜本です。 (「BOOK」データベースより) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 2002年 横山秀夫 1位 「妻を殺しました」。 現職警察官・梶聡一郎が、アルツハイマーを患う妻を殺害し自首してきた。 動機も経過も素直に明かす梶だが、殺害から自首までの二日間の行動だけは頑として語ろうとしない。 日本中が震えた、ベストセラー作家の代表作。 (「BOOK」データベースより) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 2001年 模倣犯 宮部みゆき 1位 墨田区・大川公園で若い女性の右腕とハンドバッグが発見された。 やがてバッグの持主は、三ヵ月前に失踪した古川鞠子と判明するが、「犯人」は「右腕は鞠子のものじゃない」という電話をテレビ局にかけたうえ、鞠子の祖父・有馬義男にも接触をはかった。 未曾有の連続誘拐殺人事件を重層的に描いた現代ミステリの金字塔、いよいよ開幕。 (「BOOK」データベースより) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 2000年 奇術探偵曾我佳城全集 泡坂妻夫 1位 祝魔術城完成。 奇術ミステリの歴史的大作堂々刊行。 伝説の女流奇術師・曾我佳城の凄艶に冴える奇跡的推理。 奇術&トリックの名手が、20年の時をかけて結実させた珠玉短編の完全版。 「わたしの先生は奇術の神様みたいな人でしたが、少しおっちょこちょいでしてね。 ろくに調べもしないでわたしに佳城などという名を付けて得意になっていました。 でも、佳城という意味を調べたら、墓場のことだったんです。 情熱の焔は激しく、静かに燃えさかる。 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 1999年 永遠の仔 天童荒太 1位 再会は地獄への扉だった。 山本周五郎賞受賞作から三年余。 沈黙を破って放つ最高傑作ミステリー。 男たちを呑み込む闇社会の凄絶な営みと暴力を描いて、いま、人間存在の深淵を覗く、前人未到の物語が始まる。 (「BOOK」データベースより) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 1997年 OUT 桐野夏生 1位 深夜の弁当工場で働く主婦たちは、それぞれの胸の内に得体の知れない不安と失望を抱えていた。 「こんな暮らしから脱け出したい」そう心中で叫ぶ彼女たちの生活を外へと導いたのは、思いもよらぬ事件だった。 なぜ彼女たちは、パート仲間が殺した夫の死体をバラバラにして捨てたのか? 犯罪小説の到達点。 (「BOOK」データベースより) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 1996年 不夜城 馳星周 1位 新宿・アンダーグラウンドを克明に描いた気鋭のデビュー作! おれは誰も信じない。 女も、同胞も、親さえも…。 アジアの大歓楽街に成長した歌舞伎町で、迎合と裏切りを繰り返す男と女。 見えない派閥と差別のなかで、アンダーグラウンドでしか生きられない人間たちを綴った衝撃のクライム・ノベル。 (「BOOK」データベースより) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 1995年 ホワイトアウト 真保裕一 1位 日本最大の貯水量を誇るダムが、武装グループに占拠された。 職員、ふもとの住民を人質に、要求は50億円。 残された時間は24時間! 荒れ狂う吹雪をついて、ひとりの男が敢然と立ち上がる。 圧倒的な描写力、緊迫感あふれるストーリー展開で話題をさらった、アクション・サスペンスの最高峰。 吉川英治文学新人賞受賞。 (「BOOK」データベースより) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 10位 1994年 ミステリーズ 山口雅也 1位 密室殺人にとりつかれた男の心の闇、一場面に盛り込まれた連続どんでん返し、不思議な公開捜査番組、姿を見せない最後の客。 人気の本格推理作家が明確な意図を持ってみずからの手で精密に組み上げた短編集。 謎とトリックと推理の巧みな組み合わせが、人間の深奥にひそむ「ミステリー」を鮮やかに描き出す。 元組員、高級官僚、そしてまた…。 謎の凶器で惨殺される被害者。 バラバラの被害者を結ぶ糸は? マークスが握る秘密とは? 捜査妨害の圧力に抗しながら、冷血の殺人者を追いつめる警視庁捜査第一課七係合田刑事らの活躍を圧倒的にリアルに描き切る本格的警察小説の誕生。 (「BOOK」データベースより) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 1992年 船戸与一 1位 民族の悲願、独立国家の樹立を求めて暗躍する中東の少数民族クルド。 かつて共和国が成立した聖地マハバードに集結して武装蜂起を企む彼らだったが、直面する問題は武器の決定的な欠乏だった。 武器の密輪を生業とする男だ。 山本周五郎賞受賞作。 (「BOOK」データベースより) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 1991年 行きずりの街 志水辰夫 1位 女生徒との恋愛がスキャンダルとなり、都内の名門校を追放された元教師。 退職後、郷里で塾講師をしていた彼は、失踪した教え子を捜しに、再び東京へ足を踏み入れた。 そこで彼は失踪に自分を追放した学園が関係しているという、意外な事実を知った。 十数年前の悪夢が蘇る。 過去を清算すべき時が来たことを悟った男は、孤独な闘いに挑んでいった…。 日本冒険小説協会大賞受賞作。 「新宿鮫」と怖れられる新宿署刑事・鮫島。 歌舞伎町を中心に、警官が連続して射殺された。 犯人逮捕に躍起になる署員たちをよそに、鮫島は銃密造の天才・木津を執拗に追う。 待ち受ける巧妙な罠! 絶体絶命の鮫島…。 登場人物の圧倒的な個性と最後まで息をつかせぬ緊迫感! 超人気シリーズの輝ける第1作。 (「BOOK」データベースより) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 1989年 私が殺した少女 原 尞 1位 まるで拾った宝くじが当たったように不運な一日は、一本の電話ではじまった。 私立探偵沢崎の事務所に電話をしてきた依頼人は、面会場所に目白の自宅を指定していた。 沢崎はブルーバードを走らせ、依頼人の邸宅へ向かう。 だが、そこで彼は、自分が思いもかけぬ誘拐事件に巻き込まれていることを知る…緻密なストーリー展開と強烈なサスペンスで独自のハードボイルド世界を確立し、日本の読書界を瞠目させた直木賞・ファルコン賞受賞作。 (「BOOK」データベースより) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 1988年 伝説なき地 船戸与一 1位 伝説も生まれぬベネズエラの涸れた油田地帯には多数の難民が住みつき、マリアという聖女が人々の団結の象徴となる。 その中の鍛治と丹波という屈強な日本人が地主の攻勢に備えた。 その土地から希土類という超伝導素材が大量に発見され、巨億の利権に目が眩んだ男たちの殺戮劇が始まる。 南米三部作第三弾。 (「BOOK」データベースより) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位.

次の