ボーガン 宝塚。 宝塚・ボーガン襲撃1週間 死亡の弟、容疑者と対照的な学生生活 春に大手ハウスメーカー就職(神戸新聞NEXT)

【ボーガン殺人】野津英滉は宝塚西高校出身説 デマの可能性大! │ 黒白ニュース

ボーガン 宝塚

4日午前10時ごろ、兵庫県宝塚市安倉西の住宅で、女性3人、男性1人の親族4人がボーガンで撃たれ、警察はこの家に住む大学生野津英滉容疑者(23)を殺人未遂の疑いでその場で逮捕しました。 撃たれた人のうち男女3人が死亡し、亡くなったのは、野津容疑者の祖母の好美さん(75)、母親のマユミさん(47)、弟の英志さん(22)と確認されました。 また、伯母の百合江さん(49)がけがをして病院で治療を受けています。 野津容疑者は調べに対し「自分が持っていたボーガンで撃ったことに間違いありません。 家族を殺すつもりだった」と4人を撃ったことを認めているということです。 現場では少なくとも5本の矢が確認され、4人はいずれも首や頭に矢が刺さった状態だったということで、警察は、今後、容疑に殺人を加え、家族間でトラブルがなかったかなど、詳しいいきさつを調べることにしています。 これまでの取材で、警察が駆けつけたときの住宅の状況が分かってきました。 現場の住宅は2階建てで、4人のうちの3人は、いずれも1階で倒れていました。 死亡した2人のうち、野津容疑者の祖母とみられる70代の女性は、1階の居室に右半身を下にして、母親とみられる40代の女性は、台所とリビングを兼ねた部屋にあおむけになって、倒れていたということです。 また、けがをした弟とみられる20代の男性は、1階の浴室の脱衣所にうつ伏せに倒れていたということです。 いずれも首や頭に矢が刺さった状態で見つかりました。 また、ボーガンで撃たれた40代のおばは、矢がささったままの状態で住宅を抜け出し、近所に助けを求めていました。 一方、野津容疑者は、警察官が駆けつけると、自宅の前に出てきたということです。 その後、ボーガンは、1階のリビングに置かれているのが見つかりました。 事件で使われたとみられるのは、「ボーガン」や「クロスボウ」と呼ばれる引き金を引いて発射する洋式の弓です。 「日本ボウガン射撃協会」によりますと、ボーガンは現在、国内では製造されていませんが、アメリカやイギリスなど海外で製造されたものが、国内でも市販されているということです。 流通しているもののほとんどはレジャー用ですが、殺傷能力が高いものもあり、協会は、「ボーガンの所有者は、事故や危害の防止に努める責任がある」と呼びかけています。 ボーガンなど洋式の弓矢を使って人や鳥獣を殺傷する事件が各地で起きていますが、兵庫県警によりますと、現在の法律では銃刀法の規制の対象にはなっていません。 茨城県などでは条例で「人の生命や身体に危害を及ぼすおそれが著しい」として18歳未満への販売や所持を規制していますが、兵庫県では、こうした規制は定められていません。

次の

兵庫ボーガン事件 同級生「容疑者は明るく優しい子」 矢が刺さった女性に現場騒然

ボーガン 宝塚

[宝塚ボーガン事件]野津英滉が家族と親族をボーガンの矢で殺害! 2020年6月5日に、宝塚市安倉西の住宅街で ボーガンの矢で4人が撃たれる事件が起きました。 撃たれたのは犯人の 野津英滉容疑者(23歳)の家族と親族で、別居している母と叔母をわざわざ電話で呼び出し、「 全員殺すつもりだった」「 人を撃ってみたかった」と供述しています。 自宅で矢で撃たれているので、かなり 至近距離から放っていることが分かります。 何かで恨んでいたとしても、 何回も至近距離から撃つことってできますか? 1回撃ってしまったとしても、震えたり動揺したりしてしまいそうなものですが、堂々と次々と撃っているところからして、 精神状態が破壊しているのだろうな、と予想できます。 [宝塚ボーガン事件]野津英滉の生い立ち 野津英滉容疑者は、何か家族に恨みでもあったのでしょうか。 野津英滉容疑者は 宝塚市内の小学校と中学校を卒業し、 兵庫県三田市の高校に進学しました。 その後、神戸市内の私立大学に進学します。 (神戸学院大学ではないか、という噂がありますが、真実かどうか分かっていません) 父親の情報はないため、母子家庭だったと思われます。 ですが、 3年ほど前から祖母と同居することになり、なぜか 母親は自宅から500m離れたアパートに住むようになりました。 何か 複雑な家庭内のいざこざがありそうですね。 また、 弟の頭にだけ2本の矢が刺さっていたことから、 特に強い恨みがあったのではないかもしれません。 年子であることから、 弟と比べられていたということも考えられますね。

次の

刺さった2本の矢…弟と確執か 宝塚・ボーガン4人殺傷(神戸新聞)

ボーガン 宝塚

事件があった現場付近=兵庫県宝塚市で2020年6月4日午前11時47分、本社ヘリから小出洋平撮影 兵庫県宝塚市の民家で4日朝、ボーガンで撃たれて男女3人が死亡、女性1人が重傷を負った事件。 現行犯逮捕されたのは、この家に住む自称大学4年生、野津英滉(ひであき)容疑者(23)だった。 「家族の間で何があったのか」。 閑静な住宅街にパトカーや救急車のサイレンが鳴り響き、近隣住民からは不安や驚きの声が上がった。 「インターホンが鳴ったので玄関を開けると、女性の右耳の下から左耳の下あたりに矢が突き抜けていた。 『おいに撃たれた』と言ってしゃがみ込んだので、慌てて救急車を呼んだ」。 重傷を負った女性が駆け込んだ近くの家の住民は、事件直後の様子を証言した。 別の住民は「首に矢が刺さった女性が運ばれるのを見た。 意識ははっきりしており、何か話しているようだった」と振り返った。 現場は宝塚市役所から武庫川を挟んで東に約1キロの住宅街。 住民らによると、亡くなった祖母好美さん(75)が25年ほど前から住んでおり、野津容疑者らは数年前から同居を始めたという。 学校関係者によると、野津容疑者は宝塚市内の中学校を卒業後、兵庫県三田市内の高校に入学。 高校時代は穏やかで、大人びた口ぶりが印象的だったという。 その後、神戸市内の大学に進学したとみられる。 中学で同級生だった男性(23)は「4年ほど前、ガソリンスタンドでアルバイトをしている時に会ったが、真面目に頑張っているなと思った。 こんな事件が起き、ただ驚くしかない」と話す。 高校の同級生の男性(23)によると、野津容疑者はサッカー部に入ったが2、3カ月で退部。 「明るくて優しい普通の子だった。 格闘技が好きで習っていた」と振り返った。 現場近くに住む主婦(38)は「パトカーや救急車の音が聞こえて家の外に出ると、警察官や救急隊員が慌ただしく動き回り、負傷した人が毛布をかぶせられてストレッチャーで運ばれた。 近くでこんな事件が起きたことはなく、小さい子どもがいるので怖い」と不安そうな様子だった。 【井上元宏、稲田佳代、堀祐馬】.

次の