オフショア キャスティング ロッド。 マグロも狙える!オフショアキャスティングの始め方徹底解説

ジギングとキャスティングが1本で兼用できるおすすめロッド|ゴムボくらぶ

オフショア キャスティング ロッド

ジギングとは? 【メタルジグ】という金属製のルアーを使い、ブリやヒラマサなどの回遊魚や、根魚などあらゆるフィッシュイーターを狙える釣り方です。 そして、ジギングには陸から釣りをするショアジギングと、船から釣りをするオフショアジギングがあり、今回はオフショアジギングのロッドをご紹介します。 ジギングロッドの選び方 スピニングリールタイプとベイトリールタイプ ジギングロッドには、『スピニングリールタイプ』と『ベイトリールタイプ』があり、キャスティングにも対応でき、汎用性が高く主流となっているのが『スピニングリールタイプ』となります。 対してベイトリールタイプは、キャストを必要としない直下に落とすバーチカルな釣りに向いており、リールの構造上ラインコントロールがしやすく、フォール中のあたりが取りやすいので、落とす釣りでの操作性に優れています。 1ピースロッドか2ピースロッド 保管場所や持ち運びの方法にもよるのですが、 ジギングには1ピースロッドがおすすめです。 理由として、ジギングでは比較的大きな魚とやり取りする事が多く、青物などの強烈な走りを止めるためにロッドには相当の負荷が掛かります。 また、水中深くに沈ませた メタルジグをしっかり動かすためにも強度を確保する必要があることから、繋ぎ目の無い1ピースロッドの方がおすすめとなります。 ただし、2ピースロッドの方も破損しにくいようジョイント部分もしっかりと作られている物も多いです。 持ち運びに関しては、ジギングロッドはほとんどがバットジョイントなので正直携帯性にそんなに大差はないです。 おすすめは? ジギングロッドの選び方としては、対象魚・ポイントの水深・メタルジグの重さを基準に選ぶのが一般的となるため、釣行先・近隣のポイント情報を購入前に調べておきましょう。 使用するメタルジグの重さは風や波、潮流などによって変わってくるため一概には言えないのですが、水深の2倍の重さが目安と言われています。 非常にリーズナブルな価格ですが、基本的な性能や品質は十分な一本です。 Hパワーとは言え棒のように硬いロッドでなく、しなやかさも持ち合わせているので操作時、ファイト時における体への負担は大幅に軽減されるため長時間のファイトでもしっかりアングラーをサポートする。 カーボンテープのXラッピングを施しネジレや耐衝撃性に優れている。 サイズをワンランクダウンした富士工業社製Kガイドを搭載。 ジギングロッドには珍しく3ピースタイプ。 日本国内の魚はもちろん世界の大物を相手にテストして誕生した充実のラインナップは、スタイルに合わせてジギング、スロー系ジギング、ライトジギング、キャスティングの4タイプを専用設計。 ブランクスには軽さと強度を両立する基本構造スパイラルXと、ネジリ剛性を高めてブレやパワーロスを抑える強化構造ハイパワーXを搭載し、パフォーマンスが飛躍的に向上。 『X45』とはロッドのネジレを徹底的に防ぐ構造で、これにより魚からのアタリも明確に感じることができ、感度抜群です。 この価格帯から重さが200gを切ってくるので、ジャークがメインの釣りではかなりのアドバンテージになってきます。 ダイワ好きならこれで決まりの一本となってます。 ジグを的確にコントロールし、狙い通りのジグアクションでターゲットの捕食本能を刺激することのできる一本。 柔軟性に優れた低弾性カーボンを採用し、なおかつスローテーパー設計にすることで乱雑なアクションやノイズを抑え、スムーズな操作性を実現。 スローからミドルスピードのワンピッチジャークを得意とし、移動距離を抑えた誘いからワイドな誘いまで幅広く対応できます。 ダイワならではの新テクノロジー『HVFナノプラス』で、従来のソルティガのイメージはおろかオフショアロッドの既成概念をも覆す、細身軽量でありながら圧倒的なバットパワーを備えたロッド。 さらにネジレ防止の最適構造『X45』構造搭載の最高峰モデルとなってます。 次にご紹介する 同様一度は使ってみたい一本です。 最高の相棒を見つけてジギングに行こう! オフショアルアーゲームの代名詞ともいえるジギングゲーム。 ジギングで釣れる魚はスポーツのようなパワー溢れるファイトが楽しめ、食べても美味しい魚ばかりです。 是非、Myタックルを手に入れてオフショアジギングに行かれてみてください!.

次の

マグロも狙える!オフショアキャスティングの始め方徹底解説

オフショア キャスティング ロッド

コンテンツ• ジギングとキャスティングが兼用できるロッド ジギングロッドでキャストしても調子の違いから当然あまり飛距離が出ません。 なので1本で兼用するにはキャスティングロッドを使ってジギングもやってしまうという使い方です。 5 190 ロッド重量 g 213 218 225 250 キャストウェイト g MAX50 MAX55 MAX60 MAX75 ドラグ MAX kg 5 5. 2馬力ボートでするジギングってわりとロッド選びが難しく、ガチの遊漁船で使うようなジギングロッドを買ってしまうと硬過ぎて後悔という事にもなり得ますし、逆にライト過ぎるロッドを買ってしまうと柔過ぎて後悔って事にもなり得ます。 勿論これは対象エリアに居る魚や使うジグや釣り方にも関係する事なので、一概にガチジギングロッドやライトなジギングロッドが使えないとは言う事ではありません。 中型青物程度を基準に選ぶなら、硬すぎず柔すぎずなちょうど良い固さのロッドを選ぶと引きも楽しめ、またパワー負けもせずで楽しく釣ることができるかなと思います。 【tail walk】ソルティシェイプ ダッシュ オフショアキャスティング 70M まずは、外装から見ていきましょう。 バットから先端までXラッピングが施してあります。 70Mはティップのガイドまでダブルフットになっていますが68MLはティップのガイドはシングルフットになっています。 (画像はダブルフットの70M ジギングやキャスティングで使うならやはりダブルフットの方が安心ですよね。 ティップからバットまでXラッピングされていますのでブレも無くやりとりがし易いです。 どこのメーカーのロッドであれ、個人的にはブランクスのX巻きは必須だと思っており、 X巻きをしていないとキャストをしても魚とやりとりをしても、何だか芯が無いような感じでブレます。 そのへんは、この記事を読んでくれている方々は熟知済みですね。 *グリップには傷付き防止の為に熱収縮チューブを巻いています。 リールを固定するネジはややチープ感がありますが、機能的には緩んだりすることもないのでここは目をつぶりましょう。 なぜキャスティングロッドでジギングもできているのかと言うとこのロッドは、レギュラーテーパーだから兼用出来ているのです。 完全なジギングロッドは胴調子ですので、いざナブラが出て慌ててキャストしてもあまり飛びません。 キャスティングロッドだと陸っぱりでキャストするぐらい飛びます。 この利点は大きいです。 ちなみに、メーカーからの公表スペックでは対応ウェイトがキャストウェイトしか記載されていないため、バーチカルのジギングではどれくらいの重さのジグまで扱えるのだろうか? といった疑問があるかと思います。 私が使っている70Mで言えばキャストウェイトのMAXが60g。 個人的主観になりますが、バーチカルジギングではMAX150gぐらいまで大丈夫なんじゃないかな?と思います。 ご参考に この写真は【tail walk】ソルティシェイプ ダッシュ オフショアキャスティング 70Mでバーチカルジギングで70UPのハマチを掛けた時のものです。 PE:2. 5号 リーダー:10号 ジグ:80g *ミニボートなのでドラグはガチガチではありませんが、強めには締めていました。 70Mで70UPのハマチやヒラスを掛けてもバットは残ります。 ミニボートでの釣りではちょうど楽しめるぐらいの固さじゃないでしょうか? 70アップのハマチを掛けて写真のようなしなり具合ですのでご参考に。。。 この時釣れたハマチがこれです。 コンディションが良いのでサイズ以上の引きでした。 個人的にはこのクラスの魚が一番楽しめるロッドかなと思います。

次の

キャスティングロッドおすすめ人気ランキングTOP15!オフショアも【2018年最新版】

オフショア キャスティング ロッド

キャスティングロッドはオフショアと呼ばれる船からプラグやメタルジグを使ってフィッシュイーターを釣るための釣り竿。 対象となる魚は非常に種類が多く、それぞれに使うルアーや状況によって適したルアーは違います。 それに伴い適したキャスティングロッドの種類も変えなければなりません。 キャスティングロッドは今でこそオフショアを行っている釣り人ではスタンダードなものとなってきていますが、まだキャスティングの釣りを経験したことがない方はその選び方がわからない方も多いでしょう。 本記事においては、オフショア歴10年以上となる筆者がキャスティングロッドの選び方からおすすめ品までをご紹介。 ぜひ本記事でキャスティングロッドの選び方や使い方の注意点を覚えて、オフショアの釣りに挑戦してみてください。 キャスティングロッドとは キャスティングロッドとは、船からのオフショアの釣りにおいてルアーを投げて魚を狙うことに特化したロッド。 オフショアからの釣りではジギングが有名ですが、キャスティングロッドはそれとは違う竿の硬さや調子、長さとなっているのが特徴です。 キャスティングでの対象魚は1kg未満のブリの幼魚から、数十kgにもなるマグロまでさまざまなものとなっており、それぞれで特徴も違ってくるためそれにあわせてキャスティングロッドは選んでおく必要があります。 キャスティングロッドとひとくちにいっても、さまざまな種類があることをまずは知っておき選ぶようにしていきましょう。 【こちらもCHECK】ロッドに関連するおすすめ記事はこちら 回遊魚は常に泳ぎ回っているので筋肉が発達している! そのためキャスティングロッドは「 トルク」を重視して選ぶことが重要です。 トルクとはロッドが曲がるに伴って反発力が強まるもので、この性能を高めるために各メーカーが工夫を凝らしています。 トルクがあるキャスティングロッドは、強い負荷がかかっても人間は比較的楽でいることができ、強烈な引きでもラインを切られにくいのが特徴です。 各メーカーはトルクを強めるため、ロッド本体に使われるカーボン素材の組み合わせを工夫したり、ロッドのつぶれを防ぐためにテープや金属で補強しています。 トルクに関してはロッドの硬さだけで決まるわけではないので、各メーカーの性能に関する情報を確認してから選ぶのがよいでしょう。 この2魚種を狙うキャスティングロッドはキャスト力重視で選んでおきましょう。 基本的にブリやカツオ狙いのときは、水面で小魚を追いかけている「ナブラ」の状態を追いながら釣りをしていきます。 このブリやカツオのナブラですが移動がとても速く、その移動する先に正確にルアーを投げなければいけません。 5cmにも満たない小魚を捕食していることも多いので、魚の活性が高い割には釣りきれないといったことも多くなりがちです。 このナブラを攻略するためには、10g以下の小型でも投げられるキャスト力重視のキャスティングロッドを選んでいくことが重要になります。 キャスティングロッドのなかでも、やわらかいモデルを選んでいくとよいでしょう。 これらの魚種を狙っていくときには、トップウォータープラグと呼ばれる水面で操作するルアーを使って釣りをしていきます。 水面で「ドッグウォーク」や「ダイビング」といったアクションでルアーを操ってヒラマサやシイラを誘い出してくるので、キャスティングロッドはルアーを投げられるパワーがあるのはもちろんのこと、ルアー操作もしやすいことを重視して選ぶことが必要です。 操作性に優れたキャスティングロッドは適度なしなやかさも併せ持っているので、ヒラマサやシイラのようなヒット直後の「ファーストラン」が強烈な魚の場合でもバラシにくい特徴を持っていることが多いので覚えておきましょう。 大きさは5kg程度から最大で数十kgにもなり、大型がヒットしたときには船でマグロを追いながら時間を掛けてやり取りすることもあるくらい強い引きを見せてくれます。 このマグロ狙いでのキャスティングロッドですが、とにかくパワーのあるモデルを選ぶことが重要になります。 その理由としては強い引きを受け止める役割はもちろんですが、マグロがルアーに喰い付いてから口に針をしっかりと貫通させて掛けるためにロッドにパワーを持たせてあるといった部分も大きいです。 マグロ狙いではとにかくパワーのあるキャスティングロッドを選ぶようにしてください。 キャスティングロッドおすすめ人気ランキングTOP15 ここからはキャスティングロッドのおすすめ人気ランキングTOP15をご紹介します。 筆者が商品ごとに、適した魚種もあわせて紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。 15位 ダイワ ソルティガ エアポータブル C80HS Amazonの情報を掲載しています ロッドの長さ:7. 9フィート ロッドの硬さ:ミディアムヘビー 継数:2本 適合ライン(PE):MAX10号 適合ルアーのウエイト:200g 最大でPE10号の太さまで対応できるパワーの強さが魅力のキャスティングロッド。 ガイドはすべて強度重視のステンレスオーシャンガイドとしてあり、トップガイドは12Hというサイズを用いて、メインラインとリーダーの結束部も通りやすいようにしてあります。 フロントグリップはEVA素材採用で、やり取りのときに握りやすいように先にいくにしたがって細い設計としてあり、マグロや大型ヒラマサを狙っていく釣りで活躍してくれるキャスティングロッドとなっています。 13位 アブガルシア ソルティーステージ KR-X ツナ SXTS-82XXX-KR Amazonの情報を掲載しています ロッドの長さ:7. 4フィート ロッドの硬さ:ミディアム 継数:2本 適合ライン(PE):3~4号 適合ルアーのウエイト:20~70g さまざまなキャスティングがしやすいミディアムレングス・ミディアムパワーのキャスティングロッド。 乗り合い船での釣りが多くなるキャスティングゲームにて、キャストのしやすさは釣りの集中力につながってくれます。 魅力は高弾性カーボン素材である「HVFナノプラス」を「X45」構造で組み上げることによるロッドのトルクでしょう。 青物からシイラまで中型の対象魚で使うのがおすすめのロッドです。 3位 シマノ オシアプラッガー フルスロットル S77M Amazonの情報を掲載しています ロッドの長さ:7. 7フィート ロッドの硬さ:ミディアム 継数:2本 適合ライン(PE):MAX5号 適合ルアーのウエイト:30~90g プラグの操作性に優れたキャスティングロッド。 ドッグウォークやダイビングといったアクションを遠投した先でも、しっかりとルアーに与えて操作できる仕様になっています。 キャストしやすい中間的な長さなので、オーバーヘッドキャストからアンダーハンドキャストまでさまざまなキャスト方法を行いやすく、ヒラマサやシイラのトップゲームや30kgクラスまでのマグロまで広く対応できるプラグ用キャスティングロッドです。 【こちらもCHECK】オシアプラッガー フルスロットルのおすすめレビュー動画はこちら Amazonの情報を掲載しています ロッドの長さ:7. 9フィート 継数:2本 適合ライン(PE):2~4号 適合ルアーのウエイト:30~70g 全国的に使われることが多いスペックを持っているヤマガブランクス人気のキャスティングロッド。 ティップとバットでパワーを変えてあり、キャスティング性と操作性、やり取り時のパワーのバランスを取ってあります。 ティップが少しやわらかいことによってトップウォータールアーを魚に吸い込ませやすいです。 そのため深くフッキングさせることができるので、バラシを少なくすることにもつながっているロッドになります。 15kg未満の回遊魚を対象とした設計のキャスティングロッドとなっており、プラグを使ってのヒラマサやカツオ、シイラ狙いにおすすめです。 グローブはキャスト時に人差し指に掛かるラインの擦れや、タックルを持って操作し続けることによる擦れから手を守ってくれます。 キャップと偏光サングラスに関しては、自分に向かってルアーが飛んできたり、ロッドが折れて破片が飛んできたりといった突然起きるトラブル時に頭や目を保護してくれる役割があります。 また、偏光サングラスに関しては強い日差しをさえぎり、目を守ってくれる役割も併せ持っています。 キャスティングロッドを使うときには、グローブ・キャップ・偏光サングラスの3種類を必ず用意しておき、装着しておくようにしましょう。 また、船で行うオフショアの釣りは周りに人がいたりしてキャストの方法が限られたり、波で足元が上下する状態で投げる必要がでてきたりしますので、思ったようにキャストできないことも多いです。 そのため、船の上ではなくまずは岸でキャスト練習をしておくことをおすすめします。 必要となるキャスト方法は「オーバーヘッドキャスト」と「アンダーハンドキャスト」となっており、どちらのキャスト方法もほかの釣りに比べて投げるタイミングが重要となりますので、その点を意識しながら練習してみてください。 この状態は魚が釣りやすい最大のチャンスであるため、周りへの注意がおろそかになりがちで、事故やトラブルが起きやすい傾向があります。 もっともも怖いのはほかの釣り人に誤って釣り針を掛けてしまうことで、毎年そのような事故が起きているのが現状です。 オフショアの釣りでは必ずといっていいほど数人での釣りとなりますので、絶対にキャストごとに後ろを確認して注意しながら投げるようにしましょう。 そのため、定期的にジョイントやリールシートの緩みが無いか注意しましょう。 もしジョイント部分が緩んだまま魚が掛かってしまうとその部分から折れてしまったり、リールシートが外れてしまったりすることもあります。 筆者の感覚としてですが、30分に1回は緩みがないか確認したほうがいいですね。 オフショアの釣りでは船が走っているときに水しぶきが上がり、それがタックルにかかりますので、岸でのソルトウォータールアーとは比べ物にならないくらい海水の影響を受けています。 岸での使用よりは長めに水で洗い流すようにしておき、軽くやわらかい布で拭いて乾燥させるようにしておいてください。 また、水洗いしたときにロッド本体に傷が入っていないか、ガイドが曲がったりしていないかといったところもあわせて確認しておくと、不意のトラブルに悩まずに済むので覚えておきましょう。 【こちらもCHECK】釣具のメンテナンス方法の紹介動画はこちら.

次の