夏川 結衣 消え た。 夏川結衣の若い時と現在のギャップがエグすぎる!こんなに美しかったのに、いつなぜ激太り劣化したのか!?

夏川結衣×豊川悦司ドラマ/青い鳥のあらすじからネタバレ

夏川 結衣 消え た

夏川結衣さんはモデルとしてデビューし、現在は女優として活躍されています。 2019年秋には、阿部寛さん主演のドラマ「結婚できない男」が13年ぶりに放送されるということで、前作に出演されていた夏川結衣さんの登場を待ち望んでる視聴者も多かったと思いますが、残念ながら今回は、夏川結衣さんの出演はないようです。 阿部寛さんと夏川結衣さんの掛け合いやその後の展開を楽しみにしていた視聴者にとっては残念ですよね。 また、夏川結衣さんが出演しない理由として一部では、夏川結衣さんの激太りと劣化が原因? と騒がれているようです。 そこで今回は、夏川結衣さんがいつから激太りし劣化したと言われるようになったのか、その原因と合わせて紹介します! 目次• 夏川結衣のプロフィール 出典: 芸名:夏川結衣(なつかわ ゆい) 本名:宮川美紀(みやがわ みき 生年月日:1968年6月1日(満51歳) 出生地:熊本県八代市(旧・坂本村) 身長:163 cm 血液型:A型 職業:女優 事務所:テアトル・ド・ポッシュ 引用: 1987年にモデルとしてデビューした夏川結衣さん。 その後1992年に「愛という名のもとに」というドラマで女優としてデビューし、 現在も女優として活躍されています。 今でも綺麗なお方ですが、昔は第二の夏目雅子といわれるほどの美貌の持ち主だったんですね。 第二の夏目雅子と言われると、プレッシャーもかかると思いますが、現在でもたくさんの役を演じています。 夏川結衣が美しかった若い時のドラマと映画一覧 出典: 夏川結衣さんはたくさんのドラマと映画に出演しており、特に1997年10月から放送されたTBSドラマ「青い鳥」が有名で、夏川結衣さんの美しい姿が堪能できるドラマとして大注目されました。 出典: その他の映画やドラマでも、夏川結衣さんの美しかった若いドラマや映画はたくさんあります。 以下で夏川結衣さんの若い頃の美しい映画やドラマの画像を御覧ください。 夏川結衣の若い頃の出演ドラマ(1997年~2008年) まずは、ドラマでその美しさを放っていた夏川結衣さんの若き日をご紹介します。 青い鳥(1997年10月) 出典: 青い鳥はTBSで放送されたドラマで、夏川結衣さんが29歳の時のドラマです。 世間ではこのドラマの夏川結衣さんが一番美しかったと言っていたほどの伝説のドラマです。 結婚前夜(1998年7月) 出典: この結婚前夜は、NHKで放送されたドラマで、夏川結衣さんが30歳の時に放送されました。 この結婚前夜は、夏川結衣さんにとって初めての連続ドラマで主演を演じました。 30歳になっても美貌は保たれています。 あなたの隣に誰かいる(2003年10月) 出典: この「あなたの隣に誰かいる」は2003年にフジテレビで放送された、夏川結衣さん35歳の時のドラマです。 ユースケサンタマリアさんの妻役で出演しており、娘の母親役でもあったので、このときは若干の所帯じみた感じがあった夏川結衣さんでした。 しかし、その美貌は以前保たれており、激太りの兆候もありませんでした。 87%-私の5年生存率-(2005年1月) 出典: この「87%-私の5年生存率-」は2005年に日本テレビで放送されたドラマで、当時の夏川さんの年齢は37歳です。 保険会社に勤務するシングルマザーの役でしたが、まったく37歳のシングルマザーには見えないほどの美貌で、20代とも思えるスタイルです。 結婚できない男(2006年6月) 出典: この「結婚できない男」は、2006年にフジテレビで放送されたコミカルなドラマです。 この時の夏川結衣さんの年齢は38歳で、阿部寛さんとの楽しい掛け合いと演技で注目を集めました。 38歳というアラフォーと呼ばれる年齢ですがお綺麗で、ドラマ内では阿部寛さんと同じように注目されていました。 2019年10月に再び「まだ結婚できない男」として、阿部寛さん主演でドラマが開始しまいたが、配役に夏川結衣さんの名前がなくてがっかりした視聴者も多かったと言います。 無理な恋愛(2008年4月) 出典: この無理な恋愛は、2008年にフジテレビで放送されたドラマで、夏川結衣さんは当時40歳でいよいよ40歳の大台に乗りました。 このドラマではお笑い芸の徳井義実さん(当時33歳)と共演したことで交際報道が流れました。 徳井義実さんも美男子で夏川結衣さんも美人なので、お似合いのカップルと言われ評判になりました。 ちなみに徳井義実さんは、その後、税金の問題で芸能活動を自粛しています。 夏川結衣の若い頃の映画(1999年~2016年) 夏川結衣さんは、ドラマだけではなく当然映画でも大活躍しています。 若い頃の夏川結衣さんのドラマを見ていきます。 死国(1999年) 出典: この映画「死国」は、1999年(31歳)に主演を演じた映画です。 この映画はタイトルでお分かりのように怪奇小説の映画化で、夏川結衣の淋しさの中に美しさが表現された映画です。 DISTANCE(2001年) 出典 : この「DISTANCE」は、2001年(33歳)に放映された映画です。 現在、大活躍している是枝裕和監督の作品で、「カルト教団」を題材にした作品です。 壬生義士伝(2003年) 出典: この「壬生義士伝」は、2003年(35歳)の時の映画で、時代小説を映画化したものです。 夏川結衣さんは、武士の妻とその娘の女医の二役を演じ、現代劇とは違った和服姿に色気があると注目を集めました。 孤高のメス(2010) 出典: この「孤高のメス」は2010年(42歳)の時の映画で、夏川結衣さんは看護婦の役を演じナース姿を披露しました。 42歳という年齢の割に、美しいナース姿に夏川結衣のファン以外の人にも印象の残る映画だったようです。 家族はつらいよ・シリーズ(2016~2018年) 出典: この「家族はつらいよ・シリーズは」2016年(48歳)の時の映画で、タイトルも「男はつらいよ」からきている喜劇映画です。 夏川結衣さんは主婦役のため、48歳という年齢的にもバッチリとハマっています。 これまでは、若い頃から近年までの、夏川結衣さんが出演した有名なドラマと映画を、美しい画像とともに見てきました。 しかし、夏川結衣さんはある年を境に激太りを劣化し始めたのですがいつ頃かを、以下で見てきます。 夏川結衣はいつから激太りしてきたのか? 出典: そんな若い時は色白の美人だった夏川結衣さん。 年齢とともに、少しずつぽっちゃりしてきたかな? と思っていましたが、いつから激太りとまで言われるようになったのでしょうか。 もともとシャープな顔立ちだったので、今の姿と比べてしまうとどうしても戸惑いを隠せないです。 出典: 少なくとも、2006年のドラマ「結婚できない男」(当時38歳)や、2008年のドラマ「無理な恋愛」(当時40歳)に出演していた頃は、そんなに騒がれていなかったように思います。 なので、40歳を少し迎えるころまでは、まだそんなに太ったりしていなかったと思われます。 それではいつから激太りの傾向がはじまったのでしょうか。 激太りの始まりは「名もなき恋のうた」からだった? 出典: 1991年、夏川結衣さん、23歳のモデル時代の画像ですが、痩せていて美しい容姿ではハツラツとしています。 この頃は若いこともあって明らかに痩せています。 出典: そして月日が流れて、2003年「あなたの隣に誰かいる」(35歳)での一コマです。 劣化はしそうですが、お綺麗で痩せています。 出典: 2008年4月(満40歳)で出演したフジテレビのドラマ「無理な恋愛」でも、美しさとシャープさは保っています。 出典: 同じ年の2008年6月(満40歳)の映画「歩いても 歩いても」でも、年齢的な老いは感じますが、太っているという感じではなく、頬と首筋がシャープで二重あごでもありません。 出典: 2009年7月(満41歳)のドラマ「任侠ヘルパー」では、中年感は否めませんが痩せています。 しかし、この後に夏川結衣さんは変貌しだします。 出典: 2009年9月の映画「名もなき恋のうた」の初日舞台あいさつでの一コマですが、夏川結衣さんの顔がむくんでいます。 前夜に飲みすぎたようにむくんでいます。 出典: 2010年6月の映画「孤高のメス」での舞台挨拶の時の一コマです。 2009年9月の映画「名もなき恋のうた」と同じように太りだしてきました。 頬、首の辺りに脂肪が付き、お綺麗ですがシャープさが薄れてきています。 出典: こちらは2018年(50歳)の画像ですが、年齢的に劣化するのはやむを得ませんが、それに加えて激太りがひどくなってきています。 このことから、2009年9月の映画「名もなき恋のうた」から(激)太り出したようです。 夏川結衣の現在は激太りの理由 出典: 夏川結衣さん2009年9月の映画「名もなき恋のうた」から(激)太りしてしまったようですが、その理由としては以下のような激ごとがありました。 お酒の飲みすぎによる大量のおつまみ 出典: 夏川結衣さんは、芸能界でも特にお酒好きで有名な女優さんです。 仕事が早く終わると、夕方から深夜まで飲んでいたり、自分がどこにいるかわからなくなるほど飲んでいたりと お酒にまつわるエピソードが多いようです。 芸能界きってのお酒好きで有名な女優の鈴木砂羽さんよりも、夏川結衣さんは強いと言われており、女優史上最強とまで言われているようです。 お酒を飲むのが悪いことではありませんが、年齢とともに代謝も落ちてきますしお酒と一緒に大量のおつまみを食べると、アルコールが原因でむくんでしまうこともあるので、気を付けてほしいですね。 病気(バセドウ病) 出典: バセドウ病とは… 甲状腺の病気で、甲状腺ホルモンが過剰に作られ、全身の代謝が常に高まる状態になります。 症状としては患者さんそれぞれですが、眼球突出や発汗、動悸、常に 空腹感などの症状が見られます。 このバセドウ病に関して、夏川結衣さんご本人からのコメントがあったわけではなく、テレビを見ていた方が、夏川結衣さんの喉元が腫れているので、バセドウ病では?と思ったことが、どんどん広まっていったようです。 引用: 夏川結衣さんご本人からの、バセドウ病という正式な発表がないので事実はわかりませんが、事実なら心配ですよね。 しかし、噂レベルでバセドウ病だから激太りしたと言われると、いくら芸能人とはいえ迷惑な話ですね。 デビューからずっと第一線で活躍している女優さんで、ご多忙のようですから身体は大切にしてほしいですね。 元カレ・徳井義実との別れ 出典: 2008年に放送されたドラマ「無理な恋愛」で共演したことがきっかけで、お笑い芸人のチュートリアル徳井義実さんと交際していた夏川結衣さん。 お互いの事務所がお二人の交際を認めるコメントを発表し、夏川結衣さんの事務所からは、「今後結婚もあるかも」とまで言われていました。 ですが、2011年に徳井義実さんに若い彼女が出来たということで、残念ながら破局を迎えてしまいます。 上記でいつ頃から太りだしたのかということで検証した結果、2009年辺りから太り気味の傾向が見えてきましたので、2009年から徳井義実さんとの関係少しずつ悪化していき、不穏な空気が流れはじめたのかも知れません。 そして、喧嘩ばかりが多くなり、徳井義実さんは2011年に別の彼女を作り、夏川結衣さんから離れていって、夏川結衣さんのお酒の量はどんどん進んで、激太りしてしまったとも言われています。 たしかに、交際していた当時の夏川結衣さんは今よりスリムできれいでしたが、ちょうど破局したころから徐々に太っていったようにも見えますね。 ジャンボおにぎりの食べ過ぎ どうやら夏川結衣さんは、オリジン弁当のジャンボおにぎりを週3日は食べるほど大好物のようです。 出典: 日本テレビの「メレンゲの気持ち」にゲストとして出演していた際、大好物だと紹介していたのが オリジン弁当のジャンボおにぎり。 引用: 出典: オリジン弁当のジャンボおにぎりといえば、お茶碗一杯半以上使われてるくらいの大きなおにぎりで、1つ300kcalほどあるそうです。 夏川結衣さんは、これを間食やおつまみにして、何個も食べてしまっているのなら、激太りしてしまうのもわかります。 美味しくて食べ過ぎてしまうの気持ちは分かりますが、量や食べる時間には注意が必要ですよね! 年齢と体質で太る 出典: 夏川結衣さんが激太りと騒がれる背景には、お酒やおにぎりなどプライベートでの食生活が原因のような気がしますが、ただ単に、年齢的なものという印象もあります。 誰でも年齢を重ねれば代謝は落ちてしまうので、若いころと同じようにというのはなかなか難しいですよね。 夏川結衣さんは、過去いろいろな作品で太ったり痩せたりを繰り返しているようなので、 もしかしたら太りやすい体質なのかもしれません。 もちろん歳を重ねた今も変わらずに、スタイルを維持している女優さんも多いですが、 皆が皆同じようにというのは難しいようです。 最近は、母親役など年相応の役を演じることも多そうなので、あえてダイエットせずに貫禄を出しているのかもしれません。 夏川結衣はどこから劣化していったのか? 出典: 夏川結衣さんの激太りがいつからだったか、また激太りした理由もおおよそ分かってきましたが、一方でいつ頃から劣化したと言われるようになったのかを知らべてみました。 「中学聖日記」の劣化 出典: おそらく最初に 劣化したと騒がれたのは、 2018年(50歳)の夏に放送していた有村架純さん主演のドラマ「中学聖日記」の頃と言われています。 この時、夏川結衣さんは中学生のお母さん役を演じていましたが、髪型のせいもあって、確かにちょっと おばさんぽいな、という印象がありました。 一部では同じ「中学聖日記」出演していた、お笑い芸人の 友近さんに 似てきたとも言われ散々でした。 出典: 夏川結衣さんと友近さんは似てなくもないですが、やっぱり女優さんだけあって夏川結衣さんのほうがキレイですね。 夏川結衣が一瞬友近にみえる — niruya sukokoniruya 役作りのためにこのような容姿にした可能性は十分ありますが、若い頃の夏川結衣さんの姿を知っているファンからすると、あまりにも衝撃的な出来事だったようです。 「家族はつらいよ」で痩せても劣化 出典: 2016年から2018年までにシリーズ3作品が公開されている映画「家族はつらいよ」で、夏川結衣さんは1作目から出演していました。 2018年に公開された「家族はつらいよ3」ではフラメンコを踊るシーンもあり、かなり話題を呼んでいました。 出典: 出典: この2016年(48歳)映画「家族はつらいよ」ではフラメンコを踊ったりと、身体をたくさん動かしたようなので、激太りという感じはありません。 劣化に関してもショッキングな程の劣化ではないので、やはり2018年(50歳)の「中学聖日記」で、役作りの影響もあって明らかに劣化してしまったようです。 日本中からショックの声 2019年現在、51歳の夏川結衣さんですが、若かりし頃の夏川結衣さんの美しい姿を知っているファンからは、ショックの声が後を絶ちません。 どこかの熟女マニアは喜ぶと思うが 笑。 ただし最近劣化が激しいとの話があるのが残念 — uchi【T. 同じように未婚50代で太ってしまった女優はいますが、それにしても。 太っていてもキレイ・痩せたらキレイになる、という感じは全くしません。 」 引用: 夏川結衣さんは、若い頃は特別美人女優でしたので、年齢を重ねアラフィフとなった今、その激太りと劣化にファンに限らず、世間の人はショッキングな出来事として捉えているようですね。 夏川結衣の激太りと劣化のまとめ 出典: 夏川結衣さんは、若い頃はスレンダーで美人な印象だったので、現在の姿にショックを受けてしまうファンも多いようです。 50代を過ぎても変わらず美しい女優も数多くいますが、一方で年齢とともにふっくらし、良い意味で庶民的なお母さん役などもこなせる夏川結衣さんも素敵だと思います。 ただ、あまり増量しすぎてしまうと、目も当てられなくなってしまいますし、健康の面できになりますので、お酒やおにぎりはほどほどにしてほしいところですね! 今後も夏川結衣さんのご活躍に期待しています!.

次の

夏川結衣に寄せすぎ?「結婚できない男」視聴率伸び悩みの致命的な理由とは

夏川 結衣 消え た

もくじ• まだ結婚できない男(2)で夏川結衣や国仲涼子や高島礼子がいない! ドラマ『まだ結婚できない男』がいよいよ放送開始しましたね! 前作の 『結婚できない男』の平均視聴率は16. 個人的にも楽しませてもらった記憶があります。 今回は 前作から13年後という設定で物語が進んでいきます。 ドラマを見ていて、気になった方も多いと思いますが、キャストがけっこう入れ替わってますよね。 その中でもメインキャストだった、 夏川結衣さんや国仲涼子さん、高島礼子さんが出演していないことについて、悲しみの声も溢れていました。 メインキャストで言えば、塚本高史さん以外はほぼ入れ替わっている状態ですね。 ただ、今回新しく起用された吉田羊さんや稲森いずみさんも、阿部寛さん演じる桑野とどのような掛け合いを見せてくれるか楽しみです。 スポンサーリンク まだ結婚できない男(2)で夏川結衣が消えた理由について 続いては『まだ結婚できない男』で前作のヒロインである、夏川結衣さんが消えた理由についてです。 前作で互いの気持ちを確認し合い、交際に発展したかに見えた桑野と早坂だが、その後、桑野は早坂に愛想をつかされて破局を迎えてしまい、「恋愛モード」に傾いていた桑野の気持ちは再び固く閉ざされ、独り身を謳歌する生活に逆戻りしている、という設定になっている。 引用 前作の最終回以降で付き合うことになった、桑野(阿部寛)と早坂(夏川結衣)は、結局その後は破局してしまったようです。 『愛想をつかされた』という部分が桑野の偏屈さをよく表していますよね 笑 そもそもよく考えると今回のタイトルは『まだ結婚できない男』です。 13年前に交際した早坂(夏川結衣)との交際が順調にいって、結婚した場合の続編を作ったとしても、物語のコンセプトそのものが変わっていまいますよね。 ちなみに 早坂(夏川結衣)はその後、お金持ちの男性と結婚したことも、『まだ結婚できない男』の作中で判明しています。 また、最近の夏川結衣さんは母親役で起用されることが多いため、 独身女性のイメージが持たれにくいといった見方もあるようです。 スポンサーリンク まだ結婚できない男(2)で国仲涼子や高島礼子が消えた理由について 続いては『まだ結婚できない男』に、国仲涼子さんや高島礼子さんが出演していない理由についてです。 まずは国仲涼子さんについてです。 しかし最終的には、 都内の別のマンションに転居したという設定になっており、今回の『まだ結婚できない男』では登場していません。 国仲涼子さんが今作で登場しないはっきりとした理由はわかっていません。 ただ、前作で桑野と恋仲になりそうだった女性は、上で紹介した夏川結衣さんを始め全員交代しています。 今回の『まだ結婚できない男』は、桑野の新しい恋を描く物語となるので、そういったことも関係している可能性が高いですね。 高島礼子さん(沢崎摩耶)についても同じような理由で、キャストから外れた可能性が高いです。 「結婚できない男」の頃の高島礼子は、美人だな…。 — デンスケ kokodokoboy ただ高島礼子さん(沢崎摩耶)は、前作では桑野のビジネスパートナーという設定でした。 もしかすると何らかの形で、再登場する可能性はありますね。

次の

夏川結衣2018現在が劣化&太った?【昔と比較画像あり】結婚できない理由は?

夏川 結衣 消え た

作品目『夜がまた来る』 アルゴ・ピクチャーズ 1994年 DVD発売中 監督/石井隆 出演/、、、、永島敏行ほか 〝脱税男〟と糾弾され、テレビから消えた『チュートリアル』の〝元恋人〟ということで、とんだトバッチリを受けた人気女優・夏川結衣。 昨年10月期のドラマ『まだ結婚できない男』(フジテレビ系)では、14年前の前作でヒロインを演じていたことから〝出演しない〟ことの方が話題になった。 【関連】ほか そんな夏川は、山田洋次監督の『家族はつらいよ』シリーズなどで、しっかり者の奥さん役が定着した感があるが、彼女の〝初脱ぎ作〟は鬼才・石井隆監督のコレ。 現在からは想像も付かないほどのハードな全裸演技を見せてくれる。 何者かに殺された上、汚職の疑惑までかけられた麻薬Gメンの夫の無実を信じるのは妻の名美(夏川結衣)だけだった。 絶望のあまり自殺を図るが、一命を取り留めた彼女は、夫殺しの犯人が池島組組長・池島(寺田農)と睨み、彼の命を狙おうとするが、そこに現れた男・村木(根津甚八)に、池島のことは諦めろと忠告される。 やがて、2人は池島組の組員とクラブホステスとして再会するが…。 石井監督による〝村木と名美〟、男と女のネオ・ノワールの1本。 ちなみに題名は、小林旭のヒット曲の冒頭部分からの引用だとか。 思い出のせて、俺を泣かせに…というアレね。 あれから四半世紀、当時25歳。 前年のテレビドラマ『夏目雅子物語』で注目された新進のころであった。 石井監督の大ファンと自認し、「いつか〝名美〟を演じたかったんです。 それが実現してうれしい」とも言っていた。 「確かに脱ぐことは恥ずかしかったですけど、必要なシーン、と良い意味で割り切って演じました」と、その言やヨシであった。 ハードなレイプ・シーンにも、根津との濃厚な濡れ場にも、果敢に挑んでいた。 中でも最も注目なのは、彼女が夫の仇を打つため、組織に潜入するのだが、逆にシャブ漬けにされてしまうあたり。 ベッドで寝ている組長を殺そうとするも、痛恨の失敗。 その報いとして、命までは取られなかったものの、場末のバーに売り飛ばされ、わずかなシャブ欲しさに体を投げ出す〝堕ちたメス犬〟に成り下がる。 この〝シャブ中演技〟がズゴイ。 激しい禁断症状にさいなまれる中で、「パケひとつくれりゃあ、バックでも何でもヤラせるからさあ…」とヨダレを流さんばかりに、媚を売りねだるサマが哀れを誘う。 もう理性も羞恥心も失せ、自らパンティーをずり下げ、形良いおっぱいを丸出しにするシーンは鬼気迫るものがあった。 昨年は沢尻エリカの件など、薬物の恐怖をあらためて知る1年だったが、そんなことを胸に刻みつつ、ここは、若き日の夏川結衣が体を張って熱演したこの貴重な映像をガン見してほしい。 (映画評論家・秋本鉄次) 【画像】 xiuren.. Click.

次の