ディスク アップ。 【ディスクアップ】BIG中のビタ押しのコツ!DJゾーンを上乗せしまくろう!!

【超大量!!】実戦データ約260万Gからディスクアップの機械割を暴き出す

ディスク アップ

4 40G 9. 3G 69. 9G リーゼントマン 51. 9G 60. 8G シンディ 79. 7G 85. 7G 反転アフロレディ 130. 3G 130. 2G 反転リーゼントマン 139. 9G 139. 9G 反転シンディ 141. 5G 141. 5G エイリやん 有利区間完走確定 通常時・ボーナス・ART中の演出 サウンド・予告音演出 ・通常時&ART中共通の演出 ・予告音発生…リール停止時に消灯演出発生率UP ・特殊予告音 スベリ音 …チェリー&パンク1枚役否定 ・遅れ…チェリー対応 チェリー否定でボーナス ・ダブルスタート音…チェリー対応 チェリー否定でボーナス ・ゲゲゲゲット! …ボーナス確定 ・ジュワン!

次の

ディスクアップ|0Gで設定変更判別!バックライト デモ画面 ガックンチェックを駆使!

ディスク アップ

ARTはDT DANCE TIME とDZ DJ ZONE の2種類あります。 通常時の同色BIG中のみART DJ ZONE のゲーム数を自力で上乗せしていく「真・技術介入」もあり、攻めごたえは抜群の台となっています。 リール配列 通常時打ち方 打ち方は何種類か存在しますが、ここではノーマルな打ち方を紹介します。 第一停止は左リール上段付近に BAR狙い、第二停止は右リール適当打ちをする ハサミ打ちで打つ方法です。 ハサミ打ちをすることでスイカの取りこぼしを防げるため初心者にはオススメの打ち方になっています。 停止型により打ち方が変わってきますので詳しく紹介していきます。 スイカの停止位置により中リールを打ち分けます。 スイカの停止位置により中リールを打ち分けます。 スイカの停止位置により中リールを打ち分けます。 ボーナスの種類 同色BIG 同色BIG( 赤7) 同色BIG( 青7) 同色BIG( BAR) 異色BIG 異色BIG REG REG ボーナス揃え手順 ボーナスに当選したら 1枚掛けで下記手順を実行することで最速でボーナスを揃えることができます。 青7BIGを否定すれば異色BIG確定となり次ゲームに異色BIGを狙います。 READYカットインが非発生時は 予告音なし時 成功するまで何回でも挑戦可能となっています。 上記の出目で技術介入成功です。 手順成功後は順押し適当打ちで最大枚数を獲得できます。 通常時同色BIG中の真・技術介入 通常時の同色BIG中のみARTゲーム数上乗せチャレンジ「真・技術介入」が発生します。 READYカットインが発生したら下記手順を実行しましょう。 手順:中リール 枠下に 青7を ビタ押しします。 上記の出目で「真・技術介入」青7ビタ押し成功です。 右・左リールは適当打ちでOKです。 成功すると「ジュワン」と音が鳴りART「DJゾーン」のゲーム数を上乗せします。 成功したにも関わらず上乗せが発生しないと高設定の期待が高まります。 ボーナス図柄の3択になっており、正解すればゲーム数を上乗せをすることができます。 成功するまで毎ゲーム何回でも挑戦可能となっています。 右斜めにスイカが揃います。 上記の出目で技術介入成功です。 手順成功後は左リールに 青7を避けて順押しで消化しましょう。 【左リールに青7が停止した場合】 左リールに 青7 を避けないと15枚役が取れない可能性があります。 下記画像の様に左リールに青7を停止させてしまい、さらに中リール停止時に赤7が停止場合15枚役が取れない可能性のある危険な出目なので回避する必要があります。 回避手順 右リールに 赤7を狙えばOKです。 上記出目で15枚役が獲得成功です。 ART中の打ち方 3wayナビ発生時 左リールは液晶に表示された図柄を狙って9枚役をフォローします。 中・右リール適当打ちでOKです。 レバーオンで効果音発生時 バシュン 通常時同様に小役狙い手順で消化をします。 適当打ちすると パンク1役が賞し、ART終了の危険があるので注意しましょう。 左リールに 青7の3コマ上のリプレイ リール配列の16番 停止でパンク役成立の可能性あり。 手順:中・右リールに 青7 を狙えばOKです。 ナビ発生時 ナビに従い消化します。 ナビに従わないとARTが終了する可能性があるので注意しましょう。 まとめ いかがでしたか? 自分の目押しひとつでARTのゲーム数が左右される台は現在なかなかありません。 まさに攻めごたえ抜群ですのでホールで『ディスクアップ』見かけたら打ってみてはいかがでしょうか? 興味が出た方は『ディスクアップ』の機種情報や設定差もまとめていますので以下よりご覧下さい。 ディスクアップの通常時やART時の解析を細部に渡ってまとめています。 ぜひ、ご覧下さい。 ディスクアップの設定看破要素のみをまとめています。 設定看破はココを見ろ!! ぜひ、ご覧下さい。

次の

【超大量!!】実戦データ約260万Gからディスクアップの機械割を暴き出す

ディスク アップ

ディスクアップは出目と演出が面白いから人気がある スロットのディスクアップがなぜ人気なのか…。 その人気の理由は、幾つもあると思います。 ・手軽に遊べて、そこそこまとまった出玉を手にすることができる。 ・初心者でも意外と勝てる。 ・設定が無くても勝てる。 等、 出玉に関する理由が多いと思います! 私自身は目元々押しが上手くないし、「なぜA+RTでハナビより枚数少ないのに、こんなにも人気があるのだろうか?」と、ディスクアップ導入当初は敬遠していました。 しかし、初めてディスクアップを打って、ビッグボーナスを引いた時の楽しさは今でも覚えています! ビッグ中のビタ押しは全然できないですが(今で70%くらいの成功率にはなりましたが…)、運の要素が強いこともあり、今のところはプラス収支になっています。 ディスクアップは、近年の主流のカラフルな液晶はなくドットの画面ですが、 出目と演出の面白さも人気になっているポイントだと思います。 ホールが増台するのも納得できます。 以下、ディスクアップのボーナス確率。 同色BIGを引かないとARTの権利がつかないことも補足。 それでもビタを成功させ続ければ期待値になり続けるのが人気の理由です。 — はくれい 帰宅部の達人 スロ稼業修行中 Sitm2ooo ディスクアップは設定1でも勝てるから人気 ディスクアップは、2018年6月に導入されてから未だに人気の高い機種です。 新パネルも続々導入され、今でも新台入替で増台されています。 新基準に変わり人気な新台があまり出てこない現在のスロット界で、なぜディスクアップはこれほどまでに人気なのでしょう? ディスクアップの人気の理由は、やはり 機械割の高さかと思います。 新基準のスロットは、出玉が制限されたことで1発で大勝ちができなくなり、投資を使いすぎた場合に1撃で取り返すことがほとんど不可能になっています。 そのため、自分の打っている台が低設定だった場合は、ハマる割には見返りがなく旧基準台よりも勝ちにくいイメージがあります。 その点、ディスクアップは 低設定でも勝てる可能性があるので、時代背景的にも人気があるのではないでしょうか。 また、ビタ押しによる技術介入があるのも、ディスクアップの魅力のひとつでしょう。 目押しがしっかりできていれば、それが出玉に直結してくる点はスロッターをとても熱くする要素だと思います。 最近の台でビタ押しが必要となる台はほとんどないので、ディスクアップはビタ押しの練習と思って個人的には楽しんで打っています。 なぜ、ディスクアップが未だに人気でどんどん台数が増えているのかには、このようなしっかりとした理由があるからだと思います。 ディスクアップには、他の台にはない 楽しむ要素があります。 私もよく仕事帰りにホールに立ち寄り、ディスクアップを打っています。 やはりディスクアップは人気台ということもあり、それなりに台数のあるホールでも満席なことが少なくありません。 ディスクアップという台は、なぜこんなに人気があるのでしょうか? なぜここまで人気があるのか、自分なりにその人気の理由を考えてみました。 まず、一番はじめに挙げられる理由としては、この台が他のスロットに比べ スペック面で非常に甘いということが考えられます。 しかし、甘いだけではここまでの人気は得られなかったのではないかと、私は考えています。 ディスクアップは、スペックが甘いことに加えて 絶妙な演出バランスをしているのです。 適度に期待できる「遅れ」や「ラジカセ」演出。 出現すると心が熱くなる「滑り音予告」や「イコライザ」演出。 また、演出なしでリーチ目が飛び込んできたりと、 常に打ち手をワクワクさせるようなバランスになってます。 ここ最近では、様々なホールでもディスクアップは増台になっており、今後もしばらくはディスクアップの天下が続くでしょう。 最近はジャグラーやアクロスの設定狙いが不調なのでディスクアップを触る機会が多いのですが、ディスクアップ は本当に面白い。 基本当たるまでは暇なんですが、演出のバランスが絶妙なので飽きないですね。 — しがない学生スロッター h8UtbbJtXbMM2YN スポンサーリンク ディスクアップは技術介入があるのが人気の理由 42歳、男性です。 4号機のディスクアップが5号機で復活し、人気を集めて各ホールで台数を増台してします。 ディスクアップがなぜ人気があるのか? その人気の理由は、ディスクアップの 高い技術介入度ではないかと考えています。 私と同年代の方々は、初期の4号機のディスクアップのことも知っています。 この4号機時代の機種は、ほとんどが目押しや技術介入が必要でその打ち方に慣れています。 ゴッド系や現代のパチスロに慣れている人には、ディスクアップは厳しい台かもしれません。 しかし、我々の4号機世代にとっては、技術介入は当然ですので嫌な気は全くしません。 今、新台で出てくるスロットは、プレミアム役を引かないと勝てないというレベルです。 なぜ、現在パチスロ離れ(勝てない)が進んでいるのかは、これが原因だと思います。 ディスクアップのように、通常プレイで機械割が良い台は 人気が出て当然と思います。 適度な技術介入が退屈しない為の良い要素。 安定した出玉感も理由の一つ。 少し大きいパチンコ店だと、必ずと言っていいほど導入しております。 なぜ、ディスクアップはここまで人気があるのか? 私なりの理由を、私見で考えました。 私自信、目押しがそこまで得意ではないですが、ディスクアップは打つものが無い時でも 設定を気にしなくて打てます。 ディスクアップは、友達と 並び打ちもしても楽しいです。 昔のスロットはAタイプが当たり前で、ある程度年配の方も打っているのを見かけました。 昔は、目押しさえできてゲーム性を理解していれば勝てる時代でした。 今のディスクアップを、懐かしい感じで打ったりする方もいるのでは?と思います。 今は旧基準機も人気ですが、何より投資金額もそれなりにいるため、遊ぶには少しキツイ印象です。 しかし、ディスクアップなどのAタイプであればそこまで投資がいることは少なく、1回は当たりを楽しみたい方にはうってつけです。 RTも付いており、 1回当たればしばらく遊べるのも魅力のひとつだと思います。 まだまだ人気な理由は他にもありますが、ディスクアップがなぜ人気なのかを大まかに私なりに考えてみました。 最近はホール側がお客さんを付けたいために、ディスクアップを利益度外視で台数の増台を繰り返す傾向にあるのかな?と思っております。 最近の機種ではディスクアップとドン2はずば抜けて面白いわ ディスクは演出ありきだけど狙い目が多いしそれなりに出玉も期待できる。 ドン2は演出法則と出目の絡みが素晴らしい。 スロットのメイン機種が5号機から6号機に移り変わる中、ディスクアップはボーナスとRTで出玉を増やすスタンダードなタイプです。 ゲーム性があまり複雑でなく分かりやすいのが、ディスクアップが人気の理由のひとつだと思います。 また、しっかりと技術介入をすれば、 設定1でも機械割りが100%を超えるのも理由のひとつです。 なぜディスクアップが人気かと聞かれたら、上記2つの理由を挙げます。 導入当初はここまで人気はなかった印象でしたが、今ではじわじわと増台されて台数が増えてきています。 パネルのバリエーションが多いことからも、ディスクアップの人気の高さが伺えます。 6号機に限らずAT機は出玉の波が荒いので、ディスクアップのようなボーナスタイプは 比較的波も緩やかで止め時もはっきりしているのが、打ち手を選ばず人気があると言えます。 玄人スロッターには リーチ目など思わず唸る場面があり、様々な層のユーザーに受けている印象です。 でも、勝てるというだけでは、ディスクアップはここまで人気にはなりません。 ディスクアップは、通常時の演出など 打ち手を飽きさせない要素がたくさんあります。 もちろん、ビタ押しいう 技術介入も人気の理由でしょう。 40代以上の人は、昔あった4号機を思い出すのではないでしょうか? こういうディスクアップのような「事故」に頼らない、本当に打っていて面白いスロットがこれからも出てくると良いですよね。

次の