ホエイプロテイン 種類。 プロテインの種類とは?違いと特徴を理解して適切なプロテインを選択しよう!

初めてでもよくわかる!プロテインの基礎知識と飲み方をやさしく解説

ホエイプロテイン 種類

ザバス(ZAVAS)とは、チョコレートや牛乳などで皆さんもご存知の meiji(株式会社 明治) が展開するスポーツのための栄養ブランドです。 ザバスは、野球日本代表「侍ジャパン」をはじめラグビー日本代表やバレーボール日本代表、バスケットボール日本代表などの日本のトップアスリートたちや、Jリーグチームなど数多くのプロアスリートを栄養の面からサポートしています。 トップアスリートたちが契約し活用しているだけでなく、大手の企業が展開するプロテインということで、その品質や安全性は信頼できるといえます。 実際にザバスのプロテインは、スポーツショップや薬局のサプリメントコーナーへ行けばどこでも必ず売っているほど定番です。 ザバスのプロテインは日本のプロテインの先駆者ともいえるでしょう。 ホエイプロテインは他のタイプのプロテインと比べると、筋肉づくりに効果が高いという特徴があります。 その理由として、含まれる栄養素と吸収時間ということがポイントになります。 ホエイプロテインには他のプロテインに比べBCAAという成分が多く含まれています。 たんぱく質は全身の様々な組織で使われるのに対し、このBCAAは筋肉を作るために主に使われるため、筋肉をつけるのに効果が高いといわれています。 また、ホエイプロテインは吸収が早く、約2時間程度で体内に吸収され全身で使われます。 この特徴はトレーニング直後など、できるだけ早くたんぱく質を体内に補給する必要があるタイミングで大きな効果を発揮します。 そのため、アスリートはトレーニングが終わると同時にプロテインを摂取するのです。 ちなみに他のプロテインの種類の場合、吸収されるまでに約7時間程度かかるとされています。 吸収速度の違いは明らかですね。 ザバスのプロテインにはもう一つ、ソイプロテインがあります。 ソイプロテインは主にダイエット向け商品として販売されており、吸収速度が遅いという特徴があります。 トレーニング直後のような素早くたんぱく質を補給した方が効果が高いタイミングではソイプロテインは適していませんが、ゆっくり吸収することで効果が高まるタイミングがあります。 それが就寝前です。 睡眠中は成長ホルモンの分泌が多く、筋肉づくりに効果的な時間帯です。 しかし、寝ている時間は食事ができないため、体内のたんぱく質が枯渇しやすいのです。 就寝前にソイプロテインを摂取することでソイプロテインのゆっくりと吸収されるという特徴が効果を発揮し、就寝中もたんぱく質を補給することができるのです。 そのため、トレーニング直後はホエイプロテイン、就寝前はソイプロテインと摂取するプロテインの種類を変える上級者もいるのです。 ザバスプロテインのラインナップを公式サイトでチェックしてみると、「ATHLETE」「STYLE」「ENTRY」「JUNIOR」と4つの分類で分けられており、その中でも色々な分類がされています。 その大きな違いは、配合されているたんぱく質の種類と、たんぱく質含有率、その他に配合されている成分バランスです。 たんぱく質の種類とは、ホエイプロテインかソイプロテインかという違いです。 たんぱく質含有率は、1回の摂取量のうちどのくらいの量のたんぱく質が摂取できるかということです。 プロテインにはたんぱく質だけでなく、カラダづくりに効果的な栄養素がプラスされていることがほとんどです。 もちろんその区分けはあくまでも目安としてのものですので、アスリートではないからアスリート向けの商品は適していない、という訳ではありません。 というと、じゃあ一体どれを選べばいいの…と悩んでしまいますよね。 トップレベルのホエイプロテイン商品です。 たんぱく質含有率は97%と、数あるプロテイン商品の中でも最高レベルのプロテインといえます。 また、糖質がほとんど含まれていないため、体脂肪をつけたくない人にとって最高の商品です。 また、ザバス独自のスーパークリア製法で、ホエイプロテイン特有の匂いや味などを極力なくし、どんな飲み物、食べ物に混ぜても摂取することができるという優れたプロテインです。 たんぱく質以外に配合されている栄養素がないため、純粋にたんぱく質の摂取量を増やしたい!という上級者にオススメです。 たんぱく質含有率90%のハイレベルなプロテインです。 このプロテインの特徴は、たんぱく質の他に、パワーペプチドとグルタミンペプチドという2つのペプチドが配合されているという点です。 たんぱく質が体内へ吸収されるためには、たんぱく質を分解してアミノ酸の形にする必要があります。 ペプチドはその途中の段階で、アミノ酸が2つ以上結合されている状態のことをいいます。 ペプチドが配合されていることで、アミノ酸に分解するまでの時間が短縮されるため体内への吸収がより素早くなるのです。 トレーニング直後のタイミングはこの吸収スピードが効果を左右するポイントとなるので、このプロテインはトレーニング直後に最適なプロテインといえます。 また、11種類のビタミンと4種類のミネラルが配合されており、ハードな練習やトレーニングでもコンディションを良い状態に保つことができます。 練習後やトレーニング後のエネルギー補給に効果の高いプロテインです。 そのため、たんぱく質含有率は38%と低く、その代わりに糖質が多く含まれています。 その他に疲労回復効果の高いクエン酸や8種類のビタミン、カラダづくりに効果的な3種類のアミノ酸、パワーペプチド、亜鉛など、コンディションを整えるための栄養素をトータル的に摂取することができます。 カラダを素早く回復させるためには、練習やトレーニング直後の素早いエネルギー補給が欠かせません。 この商品はカラダづくりのためというよりは、ハードな練習や筋トレにより消耗したカラダをより早く回復させるためのプロテインといえるでしょう。 ただし、体脂肪をつけたくない人や体重制限のある競技を行っている人にとっては、糖質とカロリーが他のプロテインと比べ高いためオススメできません。 マラソンやトライアスロン、水泳長距離など、持久力が求められる競技選手向けに作られているプロテインです。 たんぱく質含有率65%と若干少なめなのは、このプロテインも長時間の練習によるカラダの疲労をリカバリーするための商品という位置づけだからではないでしょうか。 長時間運動する競技の場合、筋肉量が多すぎることで体重が重くなりパフォーマンスが低下してしまうことがあります。 その点を考慮し、たんぱく質含有量を少し少なめにし、その代わりに長時間の練習で枯渇したエネルギーを素早く補給できるためにマルトデキストリン(糖質)を配合しています。 練習で失われやすいビタミン・ミネラルも配合しているため、長時間運動し続ける人にとってオススメできるプロテインです。 大豆から作られるソイプロテインの商品です。 たんぱく質含有率は75%と平均的で、ホエイプロテイン同様ビタミンB群とビタミンCが配合されています。 このプロテインが女性にオススメな理由は、ソイプロテインに含まれるイソフラボンという栄養素です。 大豆にはイソフラボンという栄養素が含まれており、このイソフラボンは女性ホルモンの働きをサポートしてくれるのです。 女性ホルモンは年齢とともに分泌量が少なくなります。 その結果、肌荒れや髪質の変化、疲労感などの体調面での影響など、様々なカラダの不調をきたします。 また、ダイエット中など栄養素が不足していることでも女性ホルモンの働きが悪くなってしまいます。 イソフラボンを摂取することで、女性ホルモンの分泌を調整してカラダの調子を整えてくれるのです。 女性にとってカラダづくりだけでなく、体調管理や美容にも効果がある一石三鳥のプロテインです。

次の

ランナーにこそおすすめしたい!プロテインの種類と摂取タイミング

ホエイプロテイン 種類

最新記事 by レブロン鈴木• - 2019年5月6日• - 2019年3月11日• - 2019年2月22日 プロテインを買おうと、Amazonや楽天などの通販サイトで見てみると、「ホエイプロテイン」「ソイプロテイン」「カゼインプロテイン」といろいろなプロテインがありますよね。 ホエイってなに? ソイってなに? カゼインてなに? さぁ困った。 一体どの種類のプロテインを選べばいいのか?選ぶべきなのか? 僕は、プロテインを飲み始めた時、有名な筋肉系の某YouTuberが「ホエイプロテイン」を飲め!と言っていたので、どんなものか知らずに飲んでいました。 今、思うと、どんな特徴や効果があるか知らずに飲んでいたなんてバカですね(笑) プロテインの効果を最大限に引き出すために、以下の3つのことを知りましょう!• どんな種類のプロテインがあるのか• 種類ごとの特徴と効果• 自分の目的に合うプロテインの選び方 まずは、タンパク質の分類について、簡単に解説していきます。 動物性タンパク質と植物性タンパク質とは? プロテインとはタンパク質のかたまり そもそもの話しですが、プロテインとは、タンパク質を凝縮した粉末やタブレットです。 かんたんに言うと、 プロテインとは、「タンパク質のかたまり」なのです。 タンパク質は、いくつかの分類に分けることができ、それぞれに特徴があります。 ここでは、タンパク質の分類とその特徴について、簡単に説明します。 タンパク質の分類表 大分類 小分類 特徴 動物性タンパク質 ホエイ ヨーグルトの上澄みにできる液体、水溶性だから吸収が早い カゼイン 不溶性で固まりやすいので吸収がゆっくり 卵白 たまごの透明な部分 減量の食事で、黄身を除いて卵白のみだけを食べる人が多いです 植物性タンパク質 大豆 納豆やきな粉、味噌の原料 小麦 小麦粉の原料 小麦粉で、ラーメン、うどん、パン、お好み焼きなどを作るんですよね タンパク質は、大きく分けると 「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」の2つに分類されます。 名前だけなら聞いたことがある方は多いと思います。 この2つのタンパク質には、それぞれ特徴があります。 その特徴を知ることによって、プロテインを選ぶときだけでなく、普段の食生活においても役に立ちます! つぎは、「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」についてかんたんに説明します。 動物性タンパク質とは? 「動物性タンパク質」とは、肉や魚などの動物から、摂取することができるタンパク質です。 肉類や魚介類、卵、乳製品などの食品に含まれています。 「動物性タンパク質」の良い点は、カラダの中ではつくることができない「必須アミノ酸」をすべてバランスよく含んでいるところです。 ただし、「動物性タンパク質」が含まれているからといって、食べ過ぎはNGです! たとえば、肉には「動物性タンパク質」以外に、脂質も含まれているので、脂質の摂りすぎになる恐れがあります。 食品から「動物性タンパク質」を摂ろうとすると、脂肪などのお呼びでないものまで含まれています。 できるかぎり「動物性タンパク質」だけをピンポイントで摂りたい! そこでプロテインが登場するのです!! 「ホエイプロテイン・カゼインプロテイン」は、高たんぱく質でありながら脂質や糖質などを可能な限りカットしています。 効率良くタンパク質を摂取することができます。 もちろん、大前提は「栄養を摂ることの基本は食事から」です! プロテインが優秀だからといって、プロテインばかり飲んではダメですよ。 必須アミノ酸とは、カラダの中ではつくることができないアミノ酸です。 ちなみに、必須アミノ酸は、9種類あります。 カラダの中ではつくることができないので、食事やサプリから必須アミノ酸を摂取する必要があります。 植物性タンパク質とは? 「植物性タンパク質」とは、米、麦、大豆などの植物に含まれるタンパク質です。 「植物性タンパク質」の良い点は、脂肪が少ないことです。 低脂肪・低カロリーを求めるときに理想的なタンパク質です! しかし、「植物性タンパク質」にはデメリットもあります。 「植物性タンパク質」の多くは、「必須アミノ酸」をすべて含んでいるわけではないのです。 なので、足りない必須アミノ酸は、他で補ってあげる必要があります。 それなら、すべての必須アミノ酸を含んでいる「動物性タンパク質」のほうがいいじゃん!って思いますよね? 安心してください。 「植物性タンパク質」の中にも、すべての必須アミノ酸を含んでいるものがあるんです! それが、「大豆」です。 「大豆」は、植物性タンパク質の中でも、豊富なアミノ酸を含んでいるのです。 大豆は、脂肪が少なく、必須アミノ酸をバランスよく含んでいる、とても栄養価が高いのです!• ホエイプロテイン• ソイプロテイン• カゼインプロテイン 一般的に市販されているプロテインは、「ホエイ・ソイ・カゼイン」の3種類です。 どのプロテインを選べばいいの? 「3種類のプロテインがあるのは分かったけど、俺は、私は、どれを選べばいいの?」と思いますよね? 自分の目的に合わせてプロテインを選びましょう! そのためには、「ホエイ・ソイ・カゼイン」3種類のプロテインそれぞれの 「特徴・効果」と「飲む目的」を知る必要があります。 目的によっては、3種類のプロテインを、単独で飲むより、組み合わせて飲むほうがより吸収率がよくなります。 それでは、「ホエイ・ソイ・カゼイン」の特徴をわかりやすく解説していきます。 「ホエイ・ソイ・カゼイン」の違いは? 「ホエイ・ソイ・カゼイン」の大きな違いは、原料です! 「ホエイ」と「カゼイン」の違いは何なの?と疑問に思う方もいるので、簡単にざっくりと説明します。 牛乳にお酢を入れると、分離します。 固まらない部分が「ホエイ」、固まる部分が「カゼイン」です。 市販のヨーグルトを開けたときに、水のようなものが浮いてますよね。 それがホエイなのです! ホエイは、ヨーグルトやチーズを作ったときの副産物です。 また、カゼインはヨーグルトやチーズの原料になります。 「ソイ」の原料は 大豆 「ソイプロテイン」は大豆が原料です。 大豆は、英語で「ソイ」といいますよね。 そのまんまなのです(笑) 植物性タンパク質の多くは、動物性タンパク質よりも栄養価(アミノ酸など)が優秀ではありません。 しかし、大豆を原料としたソイプロテインは、 植物性タンパク質でありながら、栄養価において動物性タンパク質に負けていないのです! さすが「畑のお肉」と呼ばれるだけあって、タンパク質量は豊富です。 つぎに、3種類のプロテインの効果と特徴を簡単に説明します。 ホエイプロテインの効果と特徴 ホエイプロテイン の性質 原料:牛乳 分類:動物性タンパク質 消化吸収時間:早い 約2時間 効果的な飲むタイミング:運動・筋トレ前後 ホエイプロテインを飲む「メリット」と「デメリット」 ホエイプロテインの「メリット」と「デメリット」を簡単に紹介します。 カラダへの吸収がスムーズなので、「 運動や筋トレ前後」に摂取するのにおすすめです。 まさに筋肉をつけたい人には、おすすめのプロテインとえいます。 「運動や筋トレ前後」 以外で摂取する場合は、吸収スピードがゆっくりなプロテインと混ぜて摂取しましょう! たとえば、僕は、毎朝、ホエイとカゼインを混ぜたプロテインを飲んでいます。 朝、栄養が空っぽのカラダに早く吸収させるために「ホエイ」、午前中のあいだ効果が続くようにするために「カゼイン」という感じです。 もちろん、他のプロテインも同様に、脂肪に変わる可能性はあります。 しかし、ホエイプロテインは、吸収スピードが早いので、他のプロテインに比べて、脂肪に変わる可能性が高いです。 あくまで飲みすぎたの話です。 しっかりと適切な量を飲んでいれば心配しなくても大丈夫です。 くれぐれも飲み過ぎないように注意しましょう! ソイプロテインの効果と特徴 ソイプロテインの特徴 原料:大豆 分類:植物性タンパク質 消化吸収時間:ゆっくり 約5~6時間 効果的な飲むタイミング:朝、寝る前、間食 *大豆イソフラボンが含まれている ソイプロテインを飲む「メリット」と「デメリット」 ソイプロテインの「メリット」と「デメリット」を簡単に紹介します。 なぜなら、イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをするからです。 ダイエット中におすすめです。 デメリット 即効性がない ソイプロテインは、吸収がゆっくりなため持続力はありますが、瞬発力がありません。 なので、運動や筋トレ前後には向きません。 ソイプロテインは、健康や美容のために飲むことをおすすめします! カゼインプロテインの効果と特徴 カゼインプロテインの特徴 原料:牛乳 分類:動物性タンパク質 消化吸収時間:ゆっくり 約7~8時間 効果的な飲むタイミング:朝、寝る前、間食 カゼインプロテインを飲む「メリット」と「デメリット」 カゼインプロテインの「メリット」と「デメリット」を簡単に紹介します。 吸収するまでにかかる時間は、だいたい7~8時間くらいです。 なんとホエイプロテインの吸収時間の3~4倍もあります。 吸収がゆったりとしてるということは、長時間タンパク質がカラダの中に留まるので、効果が長く続きます。 長い時間カラダの中にタンパク質があることで、筋肉の分解を抑えてくれます。 ダイエット中におすすめです。 特に運動・筋トレ後は、カラダが早くタンパク質を欲しているので、吸収スピードの早いホエイプロテインをおすすめします。 吸収スピードの遅いカゼインプロテインは、運動・筋トレ前後に向いていません。 先に水や牛乳を入れたり、混ざりやすいシェイカーを使うなど工夫が必要です。 あなたの目的に合わせてプロテインを選ぼう! あなたの目的に合わせて「ホエイ・ソイ・カゼイン」をチョイスしましょう! 1. 「自分の目的に合わせてプロテインを選ぶ」そして、2. 「正しい飲み方をする」 ことがとても大切です。 この2つのことを行うことで、プロテインの効果をぐぐっと高めることができます。 「プロテインの正しい飲み方」を知りたい方は、以下を参考にしてみてください。 筋肉を修復するのに、カラダはタンパク質を欲しがっているのです。 そこで、吸収スピードの早い「ホエイプロテイン」を飲みましょう! さらに、フィッシュオイルと一緒に飲むと、タンパク質の吸収率が高くなるのでおすすめです。 実は、筋トレの翌日もとても重要ですよ。 筋トレ後に、24〜48時間カラダを休ませることで「超回復」が起こっているのです。 「超回復」には、十分な休息とタンパク質が必要です。 超回復している間、カラダの中に、タンパク質がある状態を保つために、吸収スピードのゆっくりな「カゼインプロテイン」を飲みましょう! 「イソフラボン」の主な2つの機能 ・女性ホルモンに似た作用 ・病気や老化の原因となる物質を除去する作用(抗酸化作用) ボディメイクしたい 〜カッコいいカラダを目指すあなた〜 ボディメイクしてカッコいいカラダを目指すあなたには、「カゼイプロテイン」をおすすめします! カッコいいカラダになるために重要なことは、タンパク質をしっかりと摂取することです。 カゼインプロテインは、筋トレ直後などの、早くカラダにタンパク質を吸収させたい場合には向きません。 しかし、寝る前や休息日に飲むプロテインとしてはベストです! 吸収がゆっくりなので、効果が長続きします。 さらに、カゼインは、胃の中で固まる性質があるので、満腹感が続きます。 また、カゼインには、グルタミンという物質が豊富に含まれているので、筋肉の分解を防いでくれて、筋肉を維持しやすくなります。 「カゼイプロテイン」を飲んで、筋肉を維持しつつ、脂肪を落として、カッコいいカラダを手に入れましょう! ホエイ・ソイ・カゼインの違いを比較してみた 「ホエイプロテイン」・「ソイプロテイン」・「カゼインプロテイン」を比較したまとめ表です。 以下のことは、ばっちりわかったでしょうか?.

次の

ホエイプロテインの種類

ホエイプロテイン 種類

ホエイプロテインは一般的に売られているプロテインの種類ですね。 例えば「ザバス」は、ソイプロテイン以外は確かほどんどがホエイプロテインで、種類わけは入っているビタミンの種類や、糖質の量などで種類が違っていたかと思います。 それほど、ホエイプロテインは一般的ですが、 飲み方はどんな飲み方があって、 飲むタイミングはいつがおすすめなのか、お伝えしていきます。 ホエイプロテインの飲み方! ホエイプロテインに限らず、プロテインの飲み方にはいろんな飲み方があります。 ベーシックな飲み方から少し変わった飲み方までお伝えしますね。 水 水でホエイプロテインを飲むというのが一番スタンダードです。 筋トレ後や運動後に牛乳やジュースを手に入れるのも時間がなかったり、手元になかったりするので、水で飲むのが一番スタンダードです。 また、水で飲むことでプロテイン以外の栄養が入ってこないので、栄養がどれだけとれているかという計算がしやすいというのも特徴ですね。 あとは、 すっきりしているので、飲みやすいのが特徴です。 牛乳やジュースで割るという方法もありますが、味が変わって飲みづらいという場合もあります。 逆に、水で割っておいしいというホエイプロテインも出ていますので、水で飲むのはお勧めですよ。 牛乳 牛乳で飲む特徴として、 牛乳で飲むプロテインのほうがおいしいことが多いです。 ココア味やチョコ味などは牛乳で飲むとおいしく感じますよ。 また、 牛乳にもタンパク質や脂質が含まれていますので、プロテインの栄養以外にも牛乳の栄養も摂取することができますよ。 例えば、牛乳はタンパク質が含まれていますので、プロテインのタンパク質にプラスアルファのタンパク質を摂ることができますね。 脂質が気になる方は無脂肪牛乳でプロテインを飲まれると良いと思いますよ。 ただ、 牛乳のタンパク質にはホエイに加えカゼインという牛乳由来のタンパク質が入っています。 カゼインは吸収がゆっくりなので、牛乳に入っているタンパク質が純粋なホエイプロテインに対して少し影響があるかもしれません。 ただ、劇的に違うわけではありませんので、あまり気にしなくても良いかと思います。 ご参考程度にされてください。 昔は私も牛乳で飲んでいました、理由は簡単でおいしいからです。 ただ、牛乳を買うためにお金がかかるので。。。 やめました。 オレンジジュースなど 私はやったことがありませんが、 オレンジジュースなどのジュースでプロテインを飲む方もいらっしゃるようですね。 味はどんな味かはわかりませんが、興味がある方は試されてみると良いですよ。 お湯 冬の寒い時にはお湯でプロテインを飲まれる方もいらっしゃるようですね。 温かくしてプロテインを飲まれる理由としては、 冷たくて飲みにくい、お腹を壊してしまうかもしれないというのが気になる方が、よくお湯で飲まれるようですね。 ただ、お湯でプロテインを作るときに、シェイカーから吹きこぼれたり蓋がはじけてしまうことがあります。 そうすると、こぼれたところが汚れてしまいますので掃除が大変です! 作られるときには十分注意してもらえると良いですね。 ホエイプロテインに限らず、どのプロテインでも言えることですのでご注意いただければと思います。 ホエイプロテインを飲むタイミング ホエイプロテインは吸収が早いというのが特徴です。 そのホエイプロテインの特徴を生かし、飲むタイミングで良いとされるときはいつなのか、お伝えしていきますね。 筋トレ・運動後 筋トレや運動後は傷ついた筋肉を回復させるために、筋肉の合成が高まっているタイミングです。 そのため、 筋トレや運動後30分以内に飲むことがいわゆるゴールデンタイムとされていて、このタイミングで吸収の早いホエイプロテインを飲むのが良いタイミングです。 この時間を逃したら絶対だめというわけではありませんが、筋トレや運動直後が一番ホエイプロテインを飲むことについてはおすすめのタイミングですよ。 別のプロテインではだめかというと、そこまでダメではありませんが筋肉の合成が高まっている筋トレや運動直後はホエイプロテインがおすすめですよ。 トレーニング後に飲むと「しっかり筋トレした!」感が出ますよ! 私もこのタイミングは欠かさずに飲むように心がけています。 寝る前 寝る前にプロテインを飲むこともお勧めの飲むタイミングの一つです。 就寝中にも筋肉の合成が高まって筋肉肥大が起きるため寝ているときに継続的にタンパク質が筋肉に運ばれるというのは理想です。 ホエイプロテインを飲むタイミングでのおすすめとしましたが、継続的に栄養が筋肉に運ばれるという点で、吸収の遅いカゼインプロテインも就寝前にはおすすめです。 一般的に買うことが多く、市販されているプロテインの多くがホエイプロテインのため寝るときだけカゼインプロテインを使うなど厳密に分けるというのは、経済面で余裕があればよいと思います。 ただ、何個もプロテインを買ってタイミングごとに種類を変えるという事をするほど、本気でボディメイクをする方でなければ、筋トレ後に飲むプロテインを寝る前に飲んでも良いと思いますよ。 私はホエイプロテインを寝る前にも飲んでいます。 理由は先ほどお伝えした経済面で何種類も揃えるというところまでまかなえないからです。 そもそも同じタンパク質だという事もありますし。。。 個人によって、考えは分かれますので貴方がどういう目的でプロテインを飲むかで分けられると良いと思いますよ。 食事と食事の間 食事と食事の間のタイミングというのは、 一日のタンパク質の摂取量を上げるために取り入れると良いですよ。 そのため、どうしても食事だけでそのタンパク質量を確保することが難しいことが多いため、1日に何回かプロテインを飲む必要が出てきます。 回数を増やすために食事と食事の間としましたが、食事の前後などに飲まれるのもタイミングとしてはありだと個人的には思います。 ただ、ホエイプロテインに限った話ではなく、カゼインプロテインやソイプロテインでも良いです。 ホエイプロテインのみという話ではないので、ご注意ください。 タンパク質の摂取量を上げて、筋肥大を狙う方は1日のプロテインを飲む回数を食事と食事の間や前後に飲まれるのもありだと思いますよ。 また、食べ過ぎ防止にもホエイプロテインは役立ちます!満腹感を出してくれるので、食事の間や食前に飲むと本当にすぐに満腹になりますよ。 ダイエットしたい方なんかにはお勧めで、私も食べ過ぎたりしてしまうので良く食前に飲むことが多いです! まとめ ホエイプロテインの飲み方と、飲むタイミングについてお伝えしてきました。 ホエイプロテインならではという飲み方は考えづらいところですが、ホエイプロテインに関係したところもお伝えしてきていますので、おさらいします。

次の