山口 百恵 パッチ ワーク。 山口百恵のアルバムの一覧

【山口百恵】長男・祐太朗が声優と結婚 百恵さんが待望の初孫を抱く日|日刊ゲンダイDIGITAL

山口 百恵 パッチ ワーク

「渡辺プロ」(現・ワタナベエンターテインメント)がつくり上げた芸能ビジネスを機に芸能界は一変。 新たに参戦する事務所も生まれていく中、頭角を現していったのが「ホリプロ」だった。 「ナベプロに追いつき追い越せ」を旗印に1年後の1960年、有限会社として創設。 わずか3年で株式会社に成長していった。 創設者・堀威夫氏(86=現・ファウンダー最高顧問)もミュージシャン出身で名字を社名にしている。 発足当初はザ・スパイダースらGSグループや舟木一夫らが所属して歌謡界に参入。 徐々に業績を上げていく中、大阪で発掘したのが。 続いて70年代には、という後のビッグアイドルを売り出した。 2人は共にアイドル発掘番組「スター誕生!」から生まれた。 番組プロデューサーの故・池田文雄氏はこう話をしていた。

次の

山口百恵「赤いシリーズ」のDVDが売れている――なぜ? 講談社の人に聞く (1/5)

山口 百恵 パッチ ワーク

「渡辺プロ」(現・ワタナベエンターテインメント)がつくり上げた芸能ビジネスを機に芸能界は一変。 新たに参戦する事務所も生まれていく中、頭角を現していったのが「ホリプロ」だった。 「ナベプロに追いつき追い越せ」を旗印に1年後の1960年、有限会社として創設。 わずか3年で株式会社に成長していった。 創設者・堀威夫氏(86=現・ファウンダー最高顧問)もミュージシャン出身で名字を社名にしている。 発足当初はザ・スパイダースらGSグループや舟木一夫らが所属して歌謡界に参入。 徐々に業績を上げていく中、大阪で発掘したのが。 続いて70年代には、という後のビッグアイドルを売り出した。 2人は共にアイドル発掘番組「スター誕生!」から生まれた。 番組プロデューサーの故・池田文雄氏はこう話をしていた。

次の

【山口百恵】ホリプロ<1>稼ぎ頭山口百恵の引退を乗り切った危機管理力|日刊ゲンダイDIGITAL

山口 百恵 パッチ ワーク

山口百恵 編(2) はデビュー翌年の1974年、運命の人、と出会う。 グリコのCMをきっかけに映画「伊豆の踊子」で共演。 「爽やかカップル」と好印象で、応援するムードもあった。 かつてのと浜田光夫、小林旭と浅丘ルリ子のような映画界のベストカップルにも似た雰囲気だった。 確かな手応えにテレビドラマも「赤い疑惑」などTBSが2人をシリーズで起用。 1年の大半を一緒に過ごす異例の形となった。 当時、周囲のスタッフに取材すると「いつも仲はいいし、息はぴったり」と、いい話しか返ってこない。 一緒にいることが当たり前の関係。 次第に「ひょっとしたら、付き合っているのでは」という話もまことしやかに流れだす。 中学から「トリオ」としての活動もしていたもも恋愛の噂はなかったし、あまりピンとこなかったが、百恵には「なにかある」と芸能記者の勘みたいなものがあった。 とはいえ、仕事で一緒にいるのは熱愛現場にならない。 後に友和は「仕事場がデート場でもあった」と告白していたが、一緒にいる時間が2人の距離を確実に縮めていた。

次の