クロス レイズ 序盤。 UPUDATE

【Gジェネクロスレイズ】初心者おすすめ序盤攻略

クロス レイズ 序盤

戦艦とは 戦艦とは戦艦クルー6人、マスターユニット、最大2チームを乗せることができるユニット。 戦艦クルーは「艦長」「副長」「通信」「操舵」「整備」「ゲスト」の6人のキャラをブリッジクルーとして配置できる。 戦艦でできる主なこと• ユニットを搭載させる• 攻撃 戦艦連携含む• OPの着脱 攻撃 戦艦連携 について 戦艦にはユニットを乗せることができる。 これを戦艦グループと言う。 戦艦グループが戦艦の近くにいると「戦艦連携」と言う同時攻撃が可能。 戦艦連携の威力やダメージは戦艦とユニットに影響する。 OPとは OPとは「オプションパーツ」のこと。 戦艦の能力や性能を高めることができる。 特にOP「増設ハンガー」は戦艦に搭載するユニットグループを拡張するもので、最大2グループまで増設できる。 おすすめ戦艦 序盤中盤は初期の戦艦 戦艦は生産コストが非常に高く、新しい戦艦を簡単に生産するのが難しい。 そのため、戦艦は初期からある「」で問題ない。 OPで戦艦チーム数を増設 「」は戦艦チーム数が初期状態では1だが、OP オプションパーツ の 「増設ハンガー」を装着すれば戦艦チーム数を2にできる。 移動力が7あるSSTも非常に優秀 は 生産コストが安く、移動力も7あるため非常に快適な戦艦。 武装も特殊射撃を持っており、どこのステージでも使いやすい。 ただし、1チームしか乗せることができないため、戦艦ハンガーを必ず使用しよう。 終盤は「」 中盤以降でCAPがある程度貯まったら、劇場版機動戦士ガンダム00-A wakening of the Trailblazerr-でGETゲージを貯めると生産できるようになる「」がおすすめ。 「」は全てが優秀 は「ステータス」「移動適正」「ユニットアビリティ」「武装」の全てが優秀。 特に 移動力7が戦艦の中で希少で、 最高効率のCAP稼ぎをする上でも必須の戦艦だ。 の入手方法 「」はGETゲージをMAXにすることで生産が可能になる。 GETゲージを溜めるのは劇場版ガンダム00のステージ1「」がおすすめ。 また、難易度が高いほど1回に溜まるゲージ量が多くなる。 増設ハンガーの入手方法 1. 早期購入特典で受け取る 早期購入特典の「オプションパーツ:スターターセット」クエストを達成すると、「増設ハンガー」が貰える。 クエストを達成する クエストを達成すると「増設ハンガー」が貰える。 ただし条件があり、 達成報酬「シルバーランク・オプションパーツ」のクエストを17個達成すると「増設ハンガー」が貰える。 Gジェネクロスレイズの関連リンク.

次の

クロスレイズ、鉄血のオルフェンズシナリオ攻略について

クロス レイズ 序盤

ストーリーおすすめユニットリンク 序盤おすすめユニット一覧 ビルゴ 開発順 ユニット名 1 フェニックス・ゼロ Lv4 2 フェニックス・ゼロワン Lv6 3 ビルゴ ビルゴは武装の数が1つのみで、能力も目立って強くはない。 しかし、ユニットアビリティ「プラネイトディフェンサー」が非常に優秀。 前線に立たせて壁役をできる。 フェニックスガンダム (能力解放) 開発順 ユニット名 1 フェニックスガンダム Lv6 2 フェニックスガンダム 能力解放 フェニックスガンダム 能力解放 は、能力と武装のバランスがよい。 トールギス 開発順 ユニット名 1 フェニックスガンダム Lv7 2 トールギス トールギスはユニットのステータスが高く、BEAM属性と物理属性の両方を持ち合わせているため様々なステージで使いやすい。 また、ユニットアビリティ「シールド防御」は防御を選択時の被ダメを追加で軽減してくれるのも嬉しい。 スターゲイザー 開発順 ユニット名 1 トルネードガンダム Lv4 2 M1Aアストレイ Lv4 3 シビリアンアストレイ DSSDカスタム Lv8 4 スターゲイザー スターゲイザーはステータスの中でも特に機動力が高く比較的敵の攻撃を回避しやすい。 また、武装の射程も広いものが多く遠距離から攻撃しやすいのも特徴の1つ。 5ガンダム 開発順 ユニット名 1 フェニックス・ゼロ Lv2 2 0ガンダム Lv7 3 1. 5ガンダム 1. 5ガンダムはステータスが高く、武装の数も多く近・中・遠のどこでも戦える。 また、ユニットアビリティも充実しているので使いやすい。 ガンダム・バルバトス 第5形態 開発順 ユニット名 1 ガンダム・バルバトス 第1形態 Lv8 ガンダム・バルバトス 第5形態はステータスとユニットアビリティが優秀。 特にユニットアビリティ「ナノラミネートアーマー」と「リアクティブアーマー」で被ダメを大幅に軽減できるのが嬉しい。 また、機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズを周回してガンダム・バルバトス 第1形態を生産できるようになれば、すぐに作れるのも魅力の1つ。 シスクード(ティターンズカラー) シスクード ティターンズカラー は、早期購入特典で生産可能になるユニット。 初期のユニットと比較するとかなり優秀で、武装の射程も広いものもあるため使いやすい。 関連スレッド.

次の

UPUDATE

クロス レイズ 序盤

ユニット名 COST 利点 欠点 145400 「EW」2話で登録可能。 EWはシナリオ話数が2話しかないため早々に訪れることが出来る上、強力なゲストが大勢参戦するため早期クリア及び生産登録も容易。 基礎スペックが飛び抜けて高く、このまま最後まで使っていける。 逆行開発でウイングガンダム EW版 を登録すれば下記の金策が可能 武装がビーム偏重なため、敵によってはマシンキャノンしかできる事が無くなる。 序盤の戦力として考えると生産コストが法外なまでに高い 30100 「00F」1話で登録可能。 変形による軽快な足回りが売り。 基本的な使い勝手は戦闘機だが、変形すればビームサーベルが使えるため接近戦にも対応できる。 GNドライヴの回復力で長時間の無帰艦戦闘も可能。 キュリオスからハルート、そしてクアンタへと開発が進められる 機動力が高いとはいえ、飛行形態のままだと防御もできず狙われすぎると危ない。 射程4の爆発つき実弾はあるが、それ以上の攻撃力は無い。 77500 「劇場版00」1話で登録可能。 武装はBEAM偏重だが射程に穴は無く、GNドライヴ 複数搭載 とGNフィールドで攻防共に過不足なし。 ここから開発すれば一発でクアンタに到達可能 劇場版00 1話EXTRAは初期戦力では歯が立たないにも程があり、この方法で入手するにはある程度他の方法で戦力を揃えてからでないと突破すらままならない 87400 「劇場版00」2話NORMALで無理なく登録できる。 量産型としては最高峰のステータス。 GNフィールドとGNドライヴ[T]による防御・継戦力を備え、テンションが上がればTRANS-AMでバリアも無視できる テンションが上がらないとビーム系武装しか持たず、バリア持ち量産機とは戦いにくい。 初期戦力で挑むには敵の数が多く、難易度が高め 20900 「オルフェンズ」1話で登録可能。 前哨戦2回で8割がた貯まるため、NORMALでも無理無く登録できる。 長い長いバルバトス系列の最も若い世代で、ここから開発していくと漏れ無く埋めていける。 生産登録すれば本機の性能を引き出せるも同時にスカウトできる 本体性能はかなり低く、武装も射程1のメイスしかないため非常に育てにくい。 敵が弱いシナリオのうちに経験値を集中させてさっさと第2形態にしておきたい。 戦力的には大器晩成型で、序盤から育てるのはクエスト攻略の意図が強い。 27900 「月鋼」1話で登録可能。 高威力有射程の格闘・射程8の射撃と射程面での利便性に優れる。 レベル9まで上げると一気にオリジンまでジャンプできる 開発しないと息切れが早い。 だがウヴァル以外に開発を進めると射程のメリットが一気に損なわれる。 ユニット名 COST 利点 欠点 18300 初期生産可能。 地上適性A・宇宙適性Bで戦場を選ばない。 物理格闘とBEAM射撃で敵の防御アビリティに合わせて戦える。 サンドロックからオペレーション・メテオ系ガンダムに発展する。 武装数は最小限。 シールド防御以上の防御アビリティは無い。 42800 フェニックスから開発可能。 宇宙だと汎用機並のBで地上A。 ドーバーガンが実体弾とビーム弾の二種類あり、変形無しで空も飛べて戦場を選ばず戦える。 また、盾持ちかつ初期EN値が高い(130)割に消費が最大18とコスパが良く、支援攻撃をしまくっても息切れしにくいので、スカイグラスパーやモビルワーカーなど、地上戦限定脆弱機体の攻防支援にはもってこい。 開発先もW系統の最終機体へと直行できる 性能は決して低くは無いが、このまま後半まで使い続けるのは少々性能が苦しい。 開発にそう経験値を要求しないのが救いか。 8000 リーオー 宇宙仕様 からの開発、あるいは初期所持している戦闘ヘリコプター 地球連合軍 の交換で入手可能。 索敵機能で命中が不安定な序盤を支え、不要になっても「中立地帯護衛」で出番がある。 宇A陸Cなので一応はどんな戦場にも連れて行ける。 開発先は素のリーオーからトールギス、OZプライズ仕様からスターダストナイツ機が優秀 純戦力としては非常に弱い。 14500 初期生産できるメビウスやスピアヘッドから開発可能。 4通りの換装を持ち、それぞれに利点がある。 ここからストライクへと開発可能。 宇宙に出せない。 戦闘機なので防御ができない。 26600 「アストレイ」1話のGETゲージで取れるブルーフレームと、クエスト報酬で登録される長距離強行偵察複座型ジンで設計可能。 どちらもシナリオプレイ1回で入手できる上にコストも初期資金で足りる範疇で、ゲーム開始直後からでも入手が狙える。 ここからセカンドLに向かえばのスカウト条件も満たせる。 ユニットアビリティを一切持たず、機体のポテンシャルはコスト相応 53500 初期生産、あるいは派遣で入手できるワークスジンからグーンを作るといきなり世代を飛び越えた開発が可能になる。 ビーム射撃・実弾射撃を両方備え、どんなシナリオでも一定の活躍が見込める。 SEED・SEEDDESTINYで頻発する地上ユニット参加不可シナリオで大きく貢献する。 ここからインパルスへと開発が進む グーンを宇宙シナリオで育成する時はSFSが手放せず、他に資金を使いたい先があるとブッキングしやすい。 アビスになるまでは派遣で育てるのが賢明。 35900 序盤から手に入れやすいと下記の0ガンダムで設計可能。 0ガンダムが無くてもDSSDカスタムを経由してすぐに開発可能。 宇宙A空B、移動力7、HP回復持ちで扱いやすい。 射程2にはBEAM射撃しかできないが、射程6まで届く特殊攻撃で敵の防御アビリティを無視して殴れる。 レベルを上げればアグニスをスカウト可能になるデルタアストレイ、タイトル最強クラスのストライクフリーダムといった優秀な機体に開発できる。 ストフリに開発して解体すると35350の利益になるため金策が可能。 HP回復こそあるが、防御アビリティの類が無い。 武装燃費に対してENが少なく、それを補填できるアビリティも無い。 26400 フェニックス・ゼロから開発可能。 武装の燃費が極めて良く、GNドライヴの存在もあってENはそうそう尽きない。 開発先が極めて豊富かつ優秀で、最終的にフルセイバーに繋がる POWが低く、純戦力としてはフェニックス以下になりがち。 加えてBEAMしかなく、ナノラミネート持ちには手も足も出ない。 29800 0ガンダムからアストレアを通じて開発できる。 安く生産できる割に基本性能・武装・アビリティが過不足なく優秀。 道中のアストレアを含め、開発ハブとしての利便性に優れる 本体性能はコスト相応かつ、第3世代ガンダムと違ってGNフィールドが無いため回避できないと細かいダメージが蓄積しやすい 53700 「鉄血」1話で登録できるバルバトスと、クエスト報酬で手に入るグレイズ 宇宙型/アリアンロッド艦隊所属機 から開発できるダインスレイヴ隊仕様とで設計可能。 序盤のステージを2、3回も戦えば揃ってしまう素材の軽さ。 ダインスレイヴの運用に堪えるENも持ち合わせており、非常に扱いやすい バルバトスとグレイズを生産する必要があるため、実際に運用するには9万以上の資金が要る。 開発系譜はここが終点で、こればかり使っていると図鑑が埋まらない。 MAP以外は物理攻撃しか無く、フェイズシフト装甲持ちには手を焼く。 47100 初期配備されているを開発すれば入手可能。 地形適性オールAかつ覚醒武器とはいえ特殊射撃のフェザー・ファンネルであらゆる戦況で戦える。 ナノスキンによってHPが毎ターン回復するため支援防御要員としても有用。 ここからSEED・00・鉄血の主人公ガンダムへと開発可能 基本性能は各世界の前半主役機程度。 水中適応はAだが、フェザーファンネルは水中では使用不可。 ユニット名 COST 利点 欠点 102600 上記EW版の経路で手に入る他、ストライクフリーダムとフェニックス・ゼロの組み合わせで設計可能。 ストライクフリーダムと射程が似通っており、互いに支援しやすい。 フェニックス・ゼロとの設計でダブルオーガンダムも生産登録でき、開発先も様々で発展性が高い。 バスターライフルばかり使っているとENの減りが早く息切れしやすい。 BEAM偏重がたたって相手の防御アビリティ次第では歯が立たない。 ZEROシステムの影響でパイロットの性格が変化するため、スキルやアビリティによる対策が必要。 48100 伝家の宝刀ディフェンサーネットはどんな強敵も行動不能にして一方的に封殺できる最後の手段。 ネットを使わないにせよプラネイトディフェンサーを用いた支援防御役としても強力 開発系譜に入り込むのが極めて面倒。 ディフェンサーネットは1度に1体の敵にしか効果が無く、集団戦では機能し難い。 武装は基本的なビーム武装が2種のみで、アビリティで特化育成しやすいとはいえ攻撃力は決して高くない 66600 ヘビーアームズを育成するか、「EW」2話で登録することで入手。 使用条件のない2種の特殊射撃を持ち、バリア持ちの敵に対し有利に戦える すべての武装が射撃の為、射撃特化のパイロットを活かしやすい ガンダニュウム合金以外のアビリティを持たず、継戦能力はいまいち 52400 初期所持しているゼロワンやフェニックスからザク・ドムを作れば開発可能。 覚醒武器かつBEAM射撃のプリスティスを持つ為、と、との全てを乗せることができ、POWと射程を大幅に伸ばせる 同時に覚醒射撃のドラグーンシステムも持ち、戦う相手を問わない EN回復を持つが、PS装甲によるEN消費もありENの補強が必須に近い。 27000 登録110機達成で生産登録。 本機専用のMAP兵器「LACUS CLLYNE LIVE」で味方のMPを増加させられる。 本体性能は量産型に毛が生えた程度だが、射程4の連続攻撃つき特殊格闘がありオリジナル機よりも遥かに強い 基礎性能は所詮量産型レベルなので、狙われると危ない。 射程3のビーム格闘や特殊格闘も備えており、プラネイトディフェンサーやナノラミネート相手でも戦いやすい VPS装甲・ハイパーデュートリオンに加えてアンチ・ビームシールドも備えており、こと継戦力においては同格の機体の中でも屈指の頑健さ テンションが上がらないと特殊格闘の射程は1止まりで、ビーム耐性持ちには必然的に接近戦しかできなくなる 開発は実質ここが終点。 レジェンドに向かうのもいいが、その場合はストライクフリーダムの下位互換と化す 142500 上記のスターゲイザーから開発可能。 宇宙空中どちらも適性あり・覚醒武器による長い射程・EN回復持ちと、非の打ち所が無い。 解体価格が71250とスターゲイザーの生産価格35900より高く売れ、差額の35350の儲けとなるため金策に使える。 フェニックス・ゼロとの設計でウイングガンダムゼロも生産登録可能。 他タイトルの最高コスト機と比べるとステータスに劣る。 開発先にミーティア装備があるが、サイズが大きく運用に難あり。 120000 120700 上記の0ガンダムからGNコンデンサー搭載仕様かリボーンズを経由、あるいはフェニックスガンダム 能力解放 から作れるエクシアと0ガンダムか、フェニックス・ゼロとウイングガンダムゼロで設計といった手段でダブルオーガンダムを作り、それを開発する。 基本性能や移動適性も優秀でEN回復量も非常に高い。 物理格闘・射撃、BEAM格闘・射撃をそれぞれ取り揃えており防御アビリティに対策しやすく、超強気限定ながら会心持ち長射程高火力のライザーソードもある。 覚醒武装が無いため、パイロットを選ばずに使える。 「真のイノベイター」が必要なアビリティがあるため、それ以外のパイロットではやはり真価を引き出せない。 76800 高性能射撃武器の宝庫かつ防御時限定ながらホルスタービットでダメージを無効化できるため、支援攻撃・支援防御の両面で活躍する部隊の守り神。 5ガンダムなどからの設計でキマリスを作り、そこから開発を進める。 MAP兵器こそ無いが、高威力の近接必殺技と長射程のダインスレイヴを兼ね揃えるため他のガンダム・フレームと比べ利便性に勝る 阿頼耶識TypeEで額面以上に攻撃力を上げられる。 平常時の武装が物理のみ、超強気で解禁される特殊格闘も射程1なのでPS装甲等の耐物理アビリティ持ちには苦戦する。 パイロットに阿頼耶識TypeEを要求されるため、育成無しで真価を発揮できるのはヴィダールとガエリオ 第2期 のみ。 素のパラメータはレクスやバエルと比較すると少しだけ低い 86900 上記のガンダム・アスタロトから開発可能。 射程は1だがテンション不要で使えて防御ダウンを持つ特殊格闘が特徴で、フェイズシフト装甲が相手でも真っ向から斬り込みにいける。 最長射程が3とかなり短い。 開発はここが終点 53400 グリムゲルデからオルトリンデを作り、それを開発するか他のガンダム・フレームと設計すると入手。 ナノラミネートコートによる高い防御力が唯一無二の売り。 ユニット名 COST 利点 欠点 119300 飛行形態なら移動力8、宇宙空中適性Aで戦場を走り回れ、高POWの覚醒格闘で敵を片っ端から切り刻める。 飛行形態ならが乗り、上位の機体を上回る潜在能力を持つ 高い覚醒値がないと活かせず、マルートモードを活かすにはも必要。 飛行形態に頼りきりだと防御ができず、味方と足並みを揃えないと肝心な所でテンションを維持できなくなる可能性がある。 240000 移動力7、宇宙空中適性A、最上級のステータス合計値、高威力の覚醒武器、最高のEN回復力と文句のつけようが無い00系列の到達点。 優秀なバリアと命中・回避率を大きく上昇させるアビリティがあり、超一撃を維持しやすい。 覚醒していないと利便性がガタ落ちし、真価を発揮するには「真のイノベイター」が必須なのでパイロットを選ぶ。 クアンタないしダブルオーをGETで取らない場合は開発にかなりの時間を要し、戦艦並の超高額なので2機目を揃えるのも難しい。 460000 全ユニットの中でも最高クラスのステータスと武装を持ち、MAP兵器も希少な回復効果と言う、戦闘もサポートもこなせる万能機体。 大量生産すれば派遣のゴリ押し攻略も可能 生産条件の難易度が高め。 非常に高額なので量産は困難。 ガンダム扱いではないためガンダムマイスターが機能しない。 攻撃武装2種はどちらもPOWこそ高いが特殊効果が無いため、会心や貫通がある大技持ちと比べると攻撃力が劣りがち また、補正無しだと最大射程が6なので意外と困る場面も。 120200 覚醒武器のテイルブレードが物理格闘の為、と、との全てを乗せることができ、POWと射程を大幅に伸ばせる 覚醒武器としては珍しくMPを消費しないため、支援攻撃でなくても使いやすい リミッター解除以外は物理属性しか無く、物理防御持ち相手にはやや苦戦する。 本体に空中適性が無く、SFSではOPパーツの恩恵を受けられず取り回しが悪い。 アビリティの起動に阿頼耶識Lv. 3を要求されるため、育成可能になるまでは三日月しか真価を発揮できない 400000 超高額ユニットだが最終試練クリア時に1機無料で入手可能。 初期パラメータは悲惨だが強化ポイントの入手量が多く、3種の専用アビリティも極めて強力でレベルさえ上がれば誰よりも強くなる。 ユニット名 COST 利点 欠点 144200 防御アビリティが豊富で非常に強固 ハシュマルほどではないが長射程のビームや覚醒特殊射撃と武装も強力 超強気限定だが底力持ち高威力特殊射撃を持ち、土壇場の爆発力は屈指 変形しても適性はB止まりなので補填が欲しい 防御アビリティはBEAM格闘に穴がある 76000 基礎スペックは一歩劣るが武装のバランスが良く、相手や射程を選ばず安定してダメージを稼ぐことができる。 GNフィールド+GNドライブT 複数搭載 により継戦能力も高い。 XL・XXL機体の中では唯一の「脱出機能」持ちで、うかつに突出してしまった際のリカバリーも効きやすい。 大気圏内では適性Cなのでオプションパーツによる補強が必須 143300 MPダメージの特殊格闘に覚醒の特殊射撃と相手を選ばず活躍できる武装が揃っている。 加えてGNフィールド+GNドライブT 複数搭載 により継戦能力も十二分。 最大の特徴は大型機乗りと戦闘機乗りが両方対象となるため、MAの中では特に火力が高くなる所 機体後方の4マスに特殊な射程の穴がある。 大型機乗りも戦闘機乗りも汎用性に欠けるアビリティで、やる気ならパイロットに専用の育成が必要となる MS形態では射程5の実弾ミサイルこそあるが射程1に穴が空き、戦闘機乗りが適用されなくなるなど利便性が落ちる 102800 プルーマからの開発で生産可能。 ビーム兵器は最長射程10と広範囲を捉えられる上に威力も高く、MPダメージ効果も持つ優秀な武装。 近距離向けの物理格闘2種と長射程のマップ兵器も持つためBEAM防御持ちが相手でも対応しやすい。 HPが高くナノラミネートアーマーもあるため耐久力も十分。 サイズもXLであるため取り回しも悪くない。 開発元のプルーマの登録条件、及びそこからの開発要求レベルの高さからすぐには使えない 防御アビリティがナノラミネートアーマーしかなく、実弾は素通しになる。 地上適性はAだが空適性は無く、市街地マップでは動きにくい 286000 消費ENは莫大だがPOW8600+貫通持ち特殊格闘のハロ・ドリル・パンチは絶大な威力を叩き出す。 地形適性もオールAで戦う場所を選ばない。 防御アビリティはないもののHPも28600と最高レベル。 開発のためにハロをLV20まで育てないといけないため手間がかかる。 生産コストも莫大で2機以上を用意するのは難しい。 長射程武装のハロ・ビットが物理射撃なのでPS装甲に注意。 覚醒武装でもあるため乗り手も選ぶ。 ユニット名 COST 利点 欠点 272500 初期から生産可能。 宇宙B空中A移動7の驚異の足回りに、防御アビリティを無視して削れるレーザー砲を持つ。 小型艦なので障害物のあるマップでも動きやすい。 小型艦なので指揮範囲が小さくなってしまう。 所詮は初期実装艦であり、HP・攻撃・防御は低め 編成が1チームしかなく、増設ハンガーでOPが1枠埋まってしまう。 423300 「」クリアで生産可能。 難易度ノーマルならば特に難しい場面もなく、早くに生産条件を満たせる。 宇宙B空中Bで2チーム搭載可能、武装やステータスも良好でコストパフォーマンスに優れる。 全体的にキャリー・ベースの上位互換的な性能で、乗り換え先として最適。 万能艦なのでスタメンを外れても派遣に流用できる。 アビリティは一切無し。 移動力も6とやや物足りない。 下記の超高性能艦を買うまでのつなぎとしての運用が主か 785000 宇宙B空中B水上B水中Cと領域を選ばない万能艦。 武装も射程1から8まで対応可能で、十分な射程のある実弾とビームが使えるため穴もほぼない。 さらにデフォルトでラミネート装甲によるビーム軽減がある上にアンチビーム爆雷まで持つため、その気になればビームはほぼ無力化できる。 トップクラスのコスト。 同コストで購入可能なミネルバに比べて機動力で劣り、物理相手には若干弱い。 750000 「たましいの場所」クリアで生産可能。 ステージクリアのみで生産登録されるので入手が楽。 数少ない移動力7の戦艦で、2チーム搭載可能。 トップクラスのコスト。 移動適性が宇宙Aしかないため、地上で使いたい場合はゴールドランクのパーツが必要。 785000 アークエンジェルやドミニオンと同様、宇宙B空中B水上B水中Cと領域を選ばない万能艦。 武装も射程1から8まで対応可能で、十分な射程のある実弾とビームが使えるため穴もほぼない。 さらにアンチビーム爆雷有り、と全体的に高くまとまった性能。 最大の利点はデュートリオンビーム発信機。 デュートリオンビーム受信機やハイパーデュートリオンを持った機体に遠距離から補給出来るため緊急時の対応も出来る。 トップクラスのコスト。 同額で購入できるアークエンジェルやドミニオンと比較すると、ラミネート装甲を持たないためビーム相手には爆雷を焚かないと痛い目を見ることもある。 825000 宇宙A空中A水中Bで、移動適性万能な2チーム編成艦としては唯一の移動力7とデフォルトで圧倒的な輸送力を持つ。 初期状態で適性周りは完璧なのでオプションパーツの自由度が特に高い。 射程に大きな穴もなく、GNフィールドと光学迷彩機能持ちで防御も優れており、扱いやすい。 トップクラスのコスト。 光学迷彩がランダム発動で信頼性が置けない。 GNフィールドは大ダメージ相手には効果がなく、小ダメージ相手に頼りすぎるとENが枯渇しやすいなど癖が強い。 ユニット名 COST 利点 欠点 35400 に開発して解体すると37300の利益が出る金策のお供。 最初に生産登録するまでの道程がやや長い マグアナックから丹念に育てるか、ウイングガンダムをGETゲージで取るのがベターか 75700 一部派遣やSEED系シナリオの水適性を要求されるマップで真価を発揮する水中適性Aのガンダム 普段使いとしては貫通持ちの高威力格闘と覚醒属性持ちの必殺技が魅力 ジェミナス02系列の最終形だけあって開発には時間がかかる。 射撃武装がBEAM射撃しかなく、利かない相手には立ち回りがかなり制限される 75500 「ウィングガンダムゼロ侵攻阻止」用機体。 プラネイトディフェンサー持ちの中では最も高性能。 ガンダニュウム合金の補正があるため「アーブラウ民間人居住区防衛」の条件も満たせる MS形態はビームライフル、MA形態は射程の長い物理格闘を持つため普段使いも十分耐えうる A・S・プラネイトディフェンサーの燃費がかなり悪く、運用を考えないと早々にガス欠する 11600 初期生産可能。 Lv11でに開発でき、解体時の差額が14950なので金策に使える。 派遣「中立地帯護衛」で手に入るため元手が0からでも金策開始可能。 その場合の純利益は26550 換金効率がウイングゼロと比べて悪い。 宇宙専門機かつ低性能なので派遣はともかく自分で使って育てるのは難しい 100600 「サンクキングダム首都防衛」用機体。 全機体で唯一のアンチMDウィルス持ちで、ガンダムWの後半シナリオでは普段使いも考えられる。 射程4の物理格闘、射程5のビーム射撃と武装も中々強力 良くも悪くもアンチMDウィルスが本体で、基本性能は高いが武装の押しは強くない DLC• ほとんどの有料DLCには「派遣に繰り返し出せば無料でいくらでも量産可能」というメリットが、 「開発・設計ができないため開発登録が進まない」というデメリットが存在する。 ユニット名 COST 利点 欠点 120400 高い基本性能に射程7の貫通付き高POW必殺技持ち。 特殊射撃なのであらゆる敵に刺さる。 覚醒値やMP消費を必要としないので誰が乗っても最大性能を発揮できる。 テンションが溜まるまでは武装の押しに欠ける 68400 MA形態は空中・宇宙Aかつ移動力8という最高クラスの足回りと会心付有射程格闘武器により小回りが利き更に防御も可能と利便性が非常に高い。 MS形態で物理格闘とBEAM格闘を使い分け可能で相手の防御アビリティを気にする事無く活躍可能。 防御アビリティが無く、サテライトランチャーを失った為に最大射程は4止まり。 83200 上記ガンダムDXをマイルドにした代わりにバズーカと燃費の良さを手に入れ通常時の汎用性が上がった使いやすい機体。 サテライトキャノンの爆発力も健在。 テンションが上がってからの爆発力や総合力はガンダムDXに劣る。 54000 覚醒キャラ運用として使いやすいベルティゴの上位互換で2種類の覚醒特殊武装が敵を選ばず非常に強力。 特に特殊格闘はMPを消費しないので気兼ねなく連発が可能。 防御アビリティが無い。 201700 最強クラスの基本能力に防御力無視の高POW必殺技。 相手がビームならIフィールドで反撃を恐れずに攻め込め、そうでなくてもシールドとナノスキンで耐えぬける テンションがたまらないうちは武装の押しが悪い 59700 物理格闘・BEAM格闘を使い分け可能で接近戦ならば相手のバリアを尽く無視して殴れる。 Iフィールドも強固でビーム相手ならば非常によく耐える 飛び道具が最長射程4のビームガンしかなく、射撃戦だとパワーに欠ける。 相手が実弾主体だと防御に不安が残る 52700 ウージィアーマーの性能がVPS装甲以上の物理攻撃殺し。 覚醒武器と必殺技以外はビームしかなく、ナノラミネート持ちにはMPを使う必要が出てくる 178500 無料DLCで派遣を出すことなく登録可能。 素のと完全に同性能で、資金さえ揃えれば最序盤から最強クラスの機体を運用できる 利点が同じなら欠点も同様。 有料DLCと違い派遣での入手ができず、運用には純粋に資金を求められる 35700 育成支援アビリティ「AGEシステム」が非常に有用。 3機とも初回クリアですぐ入手できるな点も大きい。 武器属性がビームに偏っているため、鉄血ステージでの使いにくさは否めない。 59500 1の利点に加えて変形で移動力・適性を上げられる。 テンションが上がれば特殊格闘のSPアタックが使える テンションが上がっていないとビームしかない 59800 1の利点に加えてテンション制限無しで使えるブラスティアキャノンがあるためバリア持ち相手とも十分戦える ブラスティアキャノンばかりだと流石に近接への対応・燃費面で隙が多い この水準の機体としては移動力・適性が心もとない 203100 トップクラスの機体性能を超強気で更に上乗せできる数値の暴力が魅力。 高威力の覚醒武器もある。 性能をフルに引き出すためには射撃・格闘・覚醒が揃って必要でパイロットを選ぶ。 覚醒を切り捨てる場合ビーム武装が主力になるため鉄血シナリオでは使いにくくなる 206700 フルセイバークラスの機体性能と、防御力無視のフォトン・トルピードを始めとする豊富かつ強力な武装。 ベルリorアイーダを乗せれば更に強くなる。 覚醒武器が無く、燃費面でもやや苦しめ。 何より適正パイロットが別DLCの2人しかおらず、揃える手間は多い 59500 基本的な使い勝手はDLC版アルヴァトーレ。 利便性の高い武装とパージ機能による継戦力・小回りに優れる 基本性能はレグナントやデストロイのようなハイエンド機と比較すると見劣る バリア系能力を持たず、ナノスキンがあるとはいえダメージが蓄積しやすい 派遣orクエストから得られるハルファスを開発する必要があり、直接入手できない 極限 難易度INFERNO• 敵のパラメータが大幅に増加するため、主力武器に「貫通」「防御力無視」を持つ機体の評価が上がり、バリア・防御力が売りの機体は評価が下落する。 限界突破が前提なので、多少機体の初期能力が低くても採用の余地はある。 ユニット名 COST 利点 欠点 48100 ディフェンサーネットは【ENMY】特殊武装軽減装置を積んだ相手だろうが効き、完封できる 専用の育成を行わないとプラネイトディフェンサーは単なる飾りに成り下がる 121800 防御力ダウン撒き機体その1 必殺技はテンション制限が無いとはいえ会心なのでやや力不足 142500 ファトゥム-01が有射程の特殊格闘かつ貫通持ち 格闘知識による射程延長が必須に近い 47800 貫通・長射程のGNハイメガランチャーによる攻撃と、GNステルスフィールドによる自軍の回避支援の両立 アビリティがGNドライヴ[T]のみ。 ステルスフィールドの射程はそこまで広くないため、移動力をめいっぱい上げて敵陣に切り込ませる必要があり、そうなるとGNハイメガランチャーの死角に潜られやすい 240000 優秀な武装とツインドライブによる凄まじいEN回復力を持ち、TRANS-AM RAISERでINF環境で不足しがちな命中回避を大幅に補える 貫通を持たず、やや攻撃力に劣る。 TRANS-AM RAISER起動には超強気が必要なので何かしらの補填が必要 77500 貫通持ち・長射程のGNビッグキャノンが光る。 GNドライヴ[T] 複数搭載 でEN回りも問題なし いくら複数搭載があるとはいえバリアによる耐久は狙いにくい 103700 貫通持ちかつ長射程・高POWのダインスレイヴが魅力的。 戦闘をスルーできる隠形を持つため、不安定ながら囮役にもなれる 必殺技はテンション制限が無いとはいえ会心なのでやや力不足 120400 長射程・高POW・貫通持ちの割に燃費が良いツインサテライトキャノンが光る ツインサテライトキャノンはテンション制限あり 201700 防御力無視の月光蝶はINF相手だろうと通用する。 AGEシステムで成長も早い 素の移動力と地形適性がいまいち 206700 テンション制限なしで使える防御力無視のフォトン・トルピードに加えMAP版で防御力ダウンを撒くことも可能 燃費が非常に悪い.

次の