スピッツ 評価。 【ファン歴20年の俺が】スピッツのアルバムおすすめランキング紹介!|ボタログ

「これぞ日本の音楽!」「聴くのを止められない!」「美しい!最高!」スピッツ ロビンソン のMVを見た海外の反応

スピッツ 評価

スピッツファン歴25年とちょっとのクスコです。 スピッツを代表する曲「 楓」の話をしようと思います。 楓はA面のシングルではなかったんですよね。 あれ? 両A面シングルだったっけな? だいぶ前なので記憶がさだかではありませんね…すいません。 まあでもスピカの方が売上ランキングの番組なんかではA面あつかいでしたね。 スピカの仮タイトルは「粉のように」だったと会報かなにかでマサムネさんが言ってた記憶が。 僕はスピッツの「スピッツベルゲン」というの会員でもあります。 よくスピッツの 歌詞の 意味が分かりづらいとか、なんの歌かわからない!という若い世代のリスナーの声を耳にするので、ネットもSNSもなかった時代の情報をちょっと紹介しようと思います。 当時、こんな情報がでまわっていたよ、ということと、僕自身のスピッツの歌に対する解釈になります。 もくじ…あった方がいいよね?• 楓の歌詞のモチーフは赤ちゃんの手!? 楓のエピソードとして、発売当時マサムネさんのお知り合いが出産後に赤ちゃんが亡くなってしまった、というエピソードがあります。 これは割と出回っているエピソードみたいですね。 検索するとでてきますよ。 その赤ちゃんをモチーフとしてイメージして作った曲…というような、今となっちゃ出典不明の情報がありました。 赤ちゃんの手のひらのサイズがちょうど楓の葉っぱとおんなじくらい、だからタイトルが「楓」というものでしたね。 このエピソードはだいぶ昔から僕の記憶の中にはあったのですが、でどころが雑誌のインタビューだったか、会報だったか、それもともっと別のソースだったか… ちょっと思い出せないので、ほとんど都市伝説みたいになってしまいましたが、シングルCDのジャケット写真にはなぜか「楓の葉っぱ」と「目」それから「手」のデザインが。 このデザイン、スピカの爽やかな夏の七夕のイメージとは程遠いデザインで、かなりショックでしたね。 代わる代わるのぞいた穴…は、保育器の中の赤ちゃんを代わる代わる覗いてくる親戚とか、お友達とか? 大人たち…が覗いた穴は赤ちゃんの「目」なのかな? という解釈もできませんか? 君の声を抱いて歩いていく…のだから、おそらく一緒ではないんでしょうね? 呼び合う名前が…の下りは、恋人たちともとれますし、子連れの家族ともとれませんか? マサムネさんは一度も曲の解釈をパブリックで語った事がありません。 それは曲の解釈は全てリスナーに委ねるというスタンスだからだそうです。 ので、このなかば都市伝説みたいな「楓」の解釈も、でたらめではないんですけど、そういうまことしやかにささやかれている情報があって、そういう解釈でこの曲を聴いている人がいるよ…くらいでお願いします。 「ロビンソン」 「エンドロールには早すぎる」でも使われる「季節」という表現 スピッツの曲で、ちょいちょい「季節」という単語が使われていますね? 新しい季節…とか、季節が僕を追い越して…とか。 季節は春夏秋冬、うつろうので、マサムネさんは時間の経過を表現するときに「季節」という表現をするのかな? と思っています。 ので、 ロビンソンでなぜかせつない日々っていうのは、昨日今日のビビっときた恋じゃなくて、好きになってからけっこう時間がたっているのかな~とか思います。 季節が僕を追い越してしまうのは、僕が「この世にいないから」なのかな? とかね。 エンドロールには早すぎる、好きなんですよ~。 この世に二人だけ…の世界の浜辺を破滅にむかって歩いてる…みたいな、ちょっとこの世の終わりみたいな感じ、この世界観好きです。 夜を駆けるとかもね。 時に、スピッツは七夕推進委員会(自称)なので、スピカ他にも「 涙がキラリ」やイメージ的に「 流れ星」のような七夕ソングっぽい曲が数曲ありますよね? 「流れ星」トリビアとしては、このPV(プロモーションビデオ)は 吉田大八監督の作品ということです。 あとスピッツ版の「 愛のしるし」も。 詳しい人はもうご存じですよね? 吉田大八監督は「 腰抜けども、悲しみの愛を見せるろ」「 霧島部活辞めるってよ」「 紙の月」などのヒット映画&賞を受賞した作品を連発しているもはや超売れっ子映画監督ですね。 僕は「愛のしるし」のPV好きですね。 特に学生服バージョンは、マサムネさんだけ丸メガネかけててヴィジュアル的にも楽しめます。 Sponsored Link 草野マサムネは「フェイクファー」嫌いエピソード アルバム「フェイクファー」が発売された時、残念ながら月間アルバムチャートでは1位をとれなかったんですよね~。 1位はね、 パフィーの「JET CD」っていう作品…当時はパフィー人気凄かったですからね。 「愛のしるし」もまさにマサムネ作品の提供ですよ。 Mステのスペシャルに出演した時も、冷たい頬を披露してましたが、テツヤ、あてふりに抗議してか、明らかに演奏と手が合ってない… ポーズだけかっこよくしてるけど、手元はめちゃくちゃだった。 多分面白くはなかったんだろね。 マサムネさんも「ゆーめーのーつーーーぶをー」のところで音はずしてるっぽいしね! 昔はマサムネさん、今ほどボーカルうまくなかったよ、はっきり言って。 フェイクファーは色々試行錯誤の作品。 スピッツも笹路正徳さんのプロデュースを蹴って、セルフプロデュースを目指していた混迷期だったとか。 マサムネさんも「フェイクファー」は納得いってない…的な発言を後日談でしてた。 嫌いだった時期がある…だったかな? 当時「草野マサムネ ロックンロール宣言」っていうのがあってね。 テレ東の「ジャパンカウントダウン」という外資系の音楽に特化した番組にマサムネさんだけ出演して、もう一回ロックの原点からやり直したい…的なことをけっこう長い尺使ってインタビューに答えてたね。 フェイクファーは一番のお気に入りアルバムです、ハヤブサと悩む。 「センチメンタル」とか「スーパーノヴァ」とか、ビッグ3の頃とは違ったロックテイストの曲が収録されていて、テツヤもそのころファズギター? 汚い音がでるやつね、(楽器はまったくわからない)そのギター使ってたね。 発売されてるDVDに収録されてる「センチメンタル」と「スーパーノヴァ」はファズギターで演奏したテイクだと思う。 っつーわけで、「フェイクファー」は僕が初めて買ったアルバムでもあり、ジャケ写が最高にお気に入り! 僕のは初回限定版だから、逆光の中、ピンクのキャミ着た女の子が紙コップもってカメラを「のぞき込んでる」バージョンね。 以上、「楓」を含めたアルバムの「フェイクファー」のお話でした。 100%、僕の思い出話になっちゃったけどね。 皆さんのスピッツメモリー、よかったら書き込んでいってくださいな。 昨年(2018年)の夏ころから騒がれ始めた超超高校級のピッチャー、大船渡高校の佐々木朗希投手です。 561,627 views• 人気バンドスピッツのボーカル草野マサムネさん。 50代に入った草野マサムネさんですが、結婚したという発表... 310,633 views• 埼玉西武ライオンズの菊池雄星投手は結婚してますよね。 2019年はメジャーに移籍か? と騒がれているこの... 168,325 views• 俳優の瀬戸康史さんの妹の瀬戸さおりさんが、ジャングルポケット、通称ジャンポケの斉藤さんと結婚したのか?... 166,709 views• 女優で実業家の紗栄子さんといえば、女優としてドラマにもけっこう出演していました。 上野樹里さん主演ドラマ... 163,978 views• 女優の上野樹里さんが結婚してから一年以上たちました。 上野樹里さんといえばのだめカンタービレで大ブレーク... 138,803 views• 女優の能年玲奈さんていましたよね。 結構前から芸名を能年玲奈から「のん」に変更していることは知ってますよ... 119,123 views• 元中日ドラゴンズのピッチャーでNHK 「サンデースポーツ」のキャスターも務めたことのある与田剛さんが、中日ドラ... 113,114 views• 俳優の中村倫也さんに興味を持って、中村倫也さんで検索するとなぜか 中村倫也 矢口真里 っ... 110,545 views• 2018年の夏の甲子園大会は記念の100回大会でした… 平成最後の夏の甲子園で、秋田県代表の金足農業高校... 90,229 views• HKT48の指原莉乃さんといえば、AKB48の総選挙で2度1位に輝きました。 自身がセンターを務めたシン... 85,171 views• 女優の本田翼さんは大のゲーム好きとしても知られていますよね。 いわゆるゲーマーな本田翼さん。 67,564 views• ダウンタウンの看板番組「ガキの使いやあらへんで」の総合演出として番組開始以来長きにわたって制作に携わっているヘ... 66,842 views• 女優の清野菜名さん…話題のドラマ「今日から俺は!!」で聖子ちゃんカットが可愛いと話題ですね。 可愛いな可... 64,843 views• 和牛の川西さんがマジギレした!? 温厚な性格で、誰にでも優しい性格で知られている川西賢志郎さん。 61,792 views.

次の

【スピッツ】カラオケで本当に盛り上がる曲ランキング

スピッツ 評価

スピッツって? 1991年メジャーデビューした、4人組ロックバンド。 結成から今に至るまで、メンバーの変更は一度たりともありません。 昔から今に至るまで、彼らの音楽性が変わってないのがすごい。 初期の曲も、最新の曲も、聞けば「あースピッツだ」ってなりますよね。。 時代に関係なく、若い世代からおじさん世代まで、今もなお愛され続けている。 コレって本当にすごいことですよね。 スピッツの曲って、よくよく聞くと、 「なんか捻くれてる」んですよね。 めっちゃ明るい曲じゃないけど、暗くもなくて。 前向きってわけじゃないけど、そんな後ろ向きでもない ちょっぴり切なく心に刺さる。 だからずっと飽きないし、ふとした時に無性に聴きたくなるなるのかもしれません。 そんなスピッツの曲は、カラオケにおいても、世代問わず 歌われることがとっても多いです。 キーも高いし、難しい曲が多いですが、ぜひ挑戦してみて下さい。 と言っても、過言ではないでしょう。。 なんかこう、魔法のような歌ですよね。 なんかこう聞いてるだけで、 異世界に連れていかれるというか、そんな曲。 定番中の定番ですが、カラオケで歌う時の難易度は 他のアーティストの曲も含めて まさにトップクラス。 キーちょー高い。 高すぎない? なんで草野マサムネさんはこんな高いキーであんなに透きとおった綺麗な声が出るのだろう??なんでだろう??? この曲を歌いあげるとなると、もう気合とかそんなんじゃどーにもなりません。 しっかりとした発声方法(ミックスボイスとか、ファルセットとか)をマスターする必要があるでしょう。 サビがとにかく高いです。 2位【魔法のことば】〜胸にグッとくる切なさとあどけなさ。 リリースも2007年と比較的新しめ。 実写映画版『ハチミツとクローバー』の書き下ろし主題歌で 覚えているかたも多いんじゃないでしょうか。 この曲も難しいですよ〜...。 とにかくリラックスあるのみ! サビでは、地声を段階的にうまく裏声とつなげらると、楽に歌いこなせるようになりますよ! (口で言うのは簡単。 ミックスボイスなんてまさに、「魔法のコトバ」ッスね。 ) 3位【チェリー】〜往年の名曲。 年別カラオケランキングでも、だいたい上位に入ってきますよね! スピッツの中では比較的歌いやすいし、 ポップなノリもあるので盛り上がるし、 女の子の歌ってくれるし。 ヒャッホウ。 この曲を歌う時は、と言うか、スピッツを歌う時は、 なんというかアンニュイな雰囲気で歌いましょう。 ノリノリでカッコつけて歌っちゃダメなのです。 結構単調なので、Cメロは見せ場。 「4位【楓】〜悲しい悲しい別れの歌」 ページ: 1.

次の

「スピッツ」の絶妙な存在感。気がつけば30周年の話

スピッツ 評価

スピッツの『チェリー』をきいていて、 ふと、この曲はカタカナをつかってないことに気づいた。 歌詞をしらべてみると、「ズル」ということばはあるが、 これはなんらかの意図によりカタカナにしたわけで、 とくにいじらなければ「ずる」でよかったところだ。 もっているベストアルバムについて、ほかの曲もみてみると、 ・君が思い出になる前に 0 ・空も飛べるはず (ナイフ・ゴミ) ・青い車 (シャツ) ・スパイダー (ピアノ・スパイダー・ブラウス) ・ロビンソン (レコード・エピソード・ルララ) ・涙がキラリ (コウモリ・カギ・キラリ・バレないように) ・チェリー (ズル) ・渚 プライド (ギリギリ) ・スカーレット (コーヒー) ・夢じゃない (リズム・ブランコ) ・運命の人 (バス・コンビニ・アイニージュー・ユートピア) ・冷たい頬 (シャワー・シロツメクサ・ストーリー) ・楓 (トゲ・タマシイ・ガラス) というように、ほんのわずかしかカタカナがみられない。 そして、それらのほとんどは 日本語といっていい言葉だ(「ナイフ」「シャツ」等)。 『ロビンソン』の「ルララ」はスピッツ語であり とくに外国語ではない。 さきほどあげた「ズル」のように、 日本語をあえてカタカナであらわすことがときどきある (「カギ」「タマシイ」)。 『君が思い出になる前に』は、 カタカナさえ歌詞にみあたらないからみごとなものだ。 まえにのべたように、『チェリー』は「ズル」だけだ (じゃあ「チェリー」とはなにか、なんてつっこまないように)。 まちがいない。 スピッツは確信犯として、 外国語をつかわない方針でうたをつくっている。 唯一の外国語である『運命の人』の「アイニージュー」も、 「I Need You」ではなく「アイニージュー」だから、 なにかふかい意味がかくされているのかもしれない。 「アイニージュー」があまりにも人口に膾炙しているため、 スッピツのメンバーは日本語だとかんちがいしていたと 強弁することもできる。 ふるい曲だけではない。 きょうたまたまラジオのリクエストでかかった 『僕はきっと旅に出る』も、じっくりきいていると みごとに日本語だけをえらんだ歌詞だった。 日本語だからきいてわかるかというと、 ところどころ理解できない歌詞があるのはご愛嬌だ。 とにかく、外国語をつかわないというスピッツの方針はすばらしく、 わたしはあつく支持することにした。 わたしは、外国語を勉強するのはすきだけど、 英語が世界共通語みたいにあつかわれたり、 歌詞に英語がバラバラとちりばめられた曲をきくと おだやかでなくなる。 なにがかなしくて、日本語のうたに英語をまぜるのだ。 言語帝国主義に反抗するため、 ローマ字はヘボン式ではなく訓令式をつかうし、 (Yoshida Jun ではなく Yosida Zyun)、 日常会話のなかではできるだけ外来語をつかわない。 スプーンではなくサジで、コーンスープはとうもろこし汁。 ご飯のことをライスなんて絶対にいわない。 歌詞に英語をちりばめる心理が理解できないわたしにとって、 スピッツの曲づくりはとても新鮮だ。 「猫になりたい」と「正夢」と「ルキンフォー」も。 ほんとに偶然なのかな?と思えて、もうドキドキ。。。 「えっ?(私が何きいてるか)吉田さんしってるの?」 と思ったほどです。 わたしも、スピッツだいすきなんです。 英語や外来語をつかわない歌詞は、 昔からの彼らの曲作りのこだわりであり、 あちこちにスピッツ語がちらばっているから そこがまたおもしろい^^ わざとカタカナの曲名になっていても、 詩の内容は、ほとんど全部が日本語ですよね。 ああーうれしいな。 ひそかに「スピッツ研究」している私としては、 そこに注目して共感して、ここに記した吉田さんに脱帽です。 いま「ルキンフォー」をきいています・・・ 18 30 31 30 31 29 31 31 30 31 30 31 31 30 31 30 31 28 31 31 30 31 30 31 31 30 31 30 31 28 31 31 30 31 30 31 31 30 31 30 31 28 31 31 30 31 30 31 31 30 31 30 31 29 31 31 30 31 30 31 31 30 31 30 31 28 31 31 30 31 30 31 31 30 31 30 31 28 31 31 30 31 30 31 31 30 31 30 31 28 31 31 30 31 30 31 31 30 31 30 31 29 31 31 30 31 26.

次の