産屋敷 死亡。 【鬼滅の刃】お館様の正体!妻あまねや子供など産屋敷一族考察

【鬼滅の刃】鬼殺隊のお館様こと産屋敷耀哉を考察!

産屋敷 死亡

隊士からは 「お館様」と呼ばれている。 見た目は顔の額から目の下までが 火傷のようにただれています。 失明しているようで、原作の表現では目に黒色がない。 いつも童子に手を引かれながら登場している。 産屋敷の声は聴いた人を安らげることができるとのこと。 相手を心地よくさせると共に不思議な 高揚感も与えている。 鬼殺隊の柱達は、それぞれが人の言うことを聞かない我の強い者ばかり。 ですが、産屋敷の言うことは受け入れている。 産屋敷の前では柱の全員が膝をついて頭を下げており、皆が 産屋敷に心酔していますね。 産屋敷は鬼殺隊の当主ですが、剣士ではない。 何か特殊な能力があるわけでもないので、 強さもありません。 それでも鬼殺隊をまとめ、柱達から慕われているのは凄いカリスマ性だと感じますね。 妻の名前は 「あまね」と言い、美人な女性。 原作で炭治郎が初めて見た時は、あまりの美しさに 「白樺の木の精」と思うほど。 ただ、いつも無表情なのだもったいない! 耀哉の側で最後の時まで支え続けた。 鬼殺隊の当主の耀哉が病状が悪化している時には 代理を務めている。 半年に一度行われる柱合会議は、いつも耀哉を中心とした話し合い。 病状の悪化のため不在となった時、柱達は誰もこれに対して反論はしていません。 むしろ体の事を心配していることから、慕われているのがわかりますね。 子供の5人は、見た目が母親のあまねによく似ています。 4人が女の子で 唯一1人だけ男の子がいる。 この男の子が産屋敷の 跡継ぎとなるようですね。 男ですが女児用の着物を着ており、耀哉と同じく病弱とのこと。 ホント凄い人だから — 三天の大破壊神 GinBashira 上記でも紹介していますが、産屋敷は病を患っています。 産屋敷の一族は代々短命とのこと。 これらの原因は ある呪いの影響によるものです。 【鬼滅の刃】産屋敷耀哉の呪いには鬼舞辻無惨が関係 [鬼滅の刃 137話 週刊ジャンプ ] 『鬼滅の刃』は名作。 今週は特に傑作で震えがくる。 鬼殺隊本部へと乗り込んできた鬼舞辻と対峙する産屋敷。 鬼無辻の主観を中心に物語が進む。 淡々とした会話。 読者は自然と敵である鬼無辻に感情移入して共に産屋敷に圧倒されるという変則的な演出。 産屋敷が無残の事を 「我が一族唯一の汚点」と言っています。 また、無残を倒すこと対して強い執念を持っており 「私達の代で必ず倒す」と発言している。 この言葉から察するに、無残は元々産屋敷の一族の者だったように感じます。 産屋敷と無残の両方がお互いの命を狙っています。 無残からすれば、鬼殺隊の当主ということでずっと産屋敷を探している。 上弦の鬼達の目的は、産屋敷の壊滅とのこと。 調べてみると、 呪いが始まったのは鬼舞辻無惨が鬼になった時からのようですね。 産屋敷の血筋を受け継ぐ人間には無残の呪いを受ける。 これが代々短命と言われている理由でしょう。 呪いにより長く見ても 30年は生きられたい病弱な体で生まれるとのこと。 年を重ねる毎に病状が悪化して衰弱していく。 【鬼滅の刃】産屋敷耀哉は上弦の鬼を倒した報告に興奮 鬼滅の刃、鬼殺隊もいいけど十二鬼月もコスしたさがある。 妓夫太郎と堕姫のこのコマとか本当にかっこいいから再現してみたいけど、こんなバルバトスみたいなウェストしてないからなぁ・・・🤔 — こたつ kotatuDX 上弦の鬼とは、無残の十二鬼月の中でも強い6人のこと。 この6人は100年以上の間、顔ぶれが変わっていない。 それほど実力が強い鬼ということですね。 この上弦の陸と呼ばれる妓夫太郎(ぎゅうたろう)を音柱の宇随天元と炭治郎らが倒したと報告があった。 いつも冷静な産屋敷は、この報告を聞いた時には珍しく 興奮していた。 病のせいで 興奮しながら吐血していて苦しそうにしていますね。 100年以上も倒せなかった上弦の鬼の一人を倒したことは大きな成果でしょう。 産屋敷は、この出来事を 「兆し」と言い、今後 運命が大きく変わりだすと言っている。 【鬼滅の刃】産屋敷耀哉は妻と子供を巻き添えに死亡 鬼滅の刃138話。 まさか家族ごと自爆するとは思わなかった😱先週から妻子を逃がさないと無惨様に殺されるんじゃないかとはらはらしていたが、その心配は無用だったね💦産屋敷一族の覚悟が決まり過ぎている — urahiro urahiro10 産屋敷が原作でどうなっているか調べてみると、 死亡していることがわかりました。 死亡した理由は、家族である 妻と子供2人を巻き込んでの自爆! ネット上では、産屋敷の自爆に関して色々と意見があるようですね。 なぜ産屋敷は家族もろとも自爆をしたのか? その理由は、鬼舞辻無惨に屋敷を突き止められてしまったから。 自爆は無残を倒すためではなく、鬼殺隊の柱達を集めるための時間稼ぎ。 産屋敷は無残が屋敷に来ることを数日前から察知していました。 先見の明があったので、無残に対抗するために準備していたようです。 自分を囮にして、柱達に無残を倒ししてもらうという作戦を立てていた。 この作戦は、 悲鳴嶼行冥にだけ伝えられており、その他の柱には教えていない。 教えてしまうと、慕っている柱達が反対するとわかっているから。 産屋敷が言ったとおり、無残が屋敷に現れます。 この時、無残が屋敷に着いた時点で屋敷にいる人間は4人。 産屋敷と妻、子供2人がいることに気づいていました。 ここには 跡継ぎである男の子は屋敷に居ません。 なぜ家族を巻き添えにする必要があったのか気になりますよね? 普通に考えれば、無残が狙っているのは産屋敷耀哉の命でしょう。 なので、産屋敷が一人で屋敷に残って無残が来た所で自爆すれば良かったのではと思いました。 私の考察では、 無残の警戒心を無くさせる為だったのだろう感じる。 屋敷に来た時に、産屋敷一人だった場合は不自然な印象を与えてしまう。 無残が来ることを分かっていて、何かしらの準備をしていると感づかれると考えたのでしょう。 そのため妻や子供がいて、なおかつ護衛が一人もいないという状況を作り、 無残を油断させたかった。 自分を囮に家族を巻き添えにしてまで無残を倒そうとする産屋敷の執念には感服してしまいますね。 産屋敷は 享年23歳という若さでした。 鬼殺隊の当主であり、隊士達からは心酔されています。 カリスマ性と 特殊な声音により鬼殺隊をまとめ上げていました! 顔の上部は火傷のように皮膚がただれており、病に侵されている。 代々、産屋敷の血筋には 鬼舞辻無惨の影響により 呪いを受けていました。 そのため、年を重ねる毎に病状が悪化しています。 鬼舞辻無惨は元々産屋敷の一族の者のようですね。 最後には鬼舞辻無惨を倒すために、 自分を囮にして自爆! 妻と子供2人と共に、 23歳という若さで 死亡していますね。 無残を倒すためとはいえ、とても大胆というか凄い作戦を実行しました。 実際に私がそのような体験をしていないので、 狂気の沙汰のように感じてしまう。 それだけ無残を含め、 鬼を殲滅したいという気持ちが強かったのでしょう。 産屋敷は死亡していますが、今後の物語がどうなって行くのか楽しみですね!.

次の

【鬼滅の刃】産屋敷耀哉の病は呪いの影響?妻と子供を巻き添えに死亡した?

産屋敷 死亡

産屋敷家の妻は無表情だが超美人! 産屋敷家は呪いから延命のために代々結婚する相手が決まっており、産屋敷には「あまね」という名前の妻がいました。 この妻が超が付く程の美人!炭治郎にいたってはあまりの美しさに妖精か何かと思ってしまったようです。 ただし表情は硬く全くの無表情。 それでも日々弱っていく産屋敷をそばで最後まで支えました。 産屋敷が身動き出来なくなった時には代理を務める事も 鬼殺隊では半年に1度の頻度で柱合会議というものが開かれ、産屋敷を中心にして意見の交換が行われていました。 しかし産屋敷の病状が悪化し身動きが出来なくなってしまうとその代理としてあまねが務める事になります。 その際も柱たちは何も反論せずお館様である産屋敷の身体を気遣っていました。 炭治郎の威勢に良さには産屋敷もにっこり 笑 「無惨を倒す!」その大きな目標を持っている炭治郎ですが、色々と難易度の高い目標を語る炭治郎に対し産屋敷は目を細めて笑顔で優しく今の炭治郎には出来ないと言いました。 この時の子供の表情はまさに目を丸くした顔 笑 その場にいた甘露寺も笑いをこらえる事に必死でした。 笑顔の産屋敷は珍しくありませんが、ここまで笑う姿はとてもレアです。 産屋敷の子供は5人!跡取りの男の子も。 産屋敷には合計で5人の子供がいました。 その子供たちはみんな同じような顔をしており着物も髪飾りも似たものを身につけています。 その中で1人、髪の黒い子供がおり他の子と同じく着物を着て髪形や髪飾りも似たものを付けているのですが、その子だけは男の子であり産屋敷家の跡取りという事になります。 念願だった上弦を倒した事により興奮する産屋敷 天元と炭治郎たちが上弦の陸である妓夫太郎を倒した報告を受けた産屋敷は吐血して苦しそうになりながらも珍しくかなり興奮した様子を見せます。 それもそのはず、鬼殺隊は上弦の鬼を100年以上も倒す事が出来ずにいたのです。 祈願でもある無惨の討伐、それに大きく一歩近づいたと感じたからこそ産屋敷はこれほど興奮したのでしょう。 無惨を倒す為に起きた産屋敷の壮絶な最後…… 無惨が産屋敷の屋敷を突き止め産屋敷の元へやってきた日。 産屋敷には先見の明がありその事を一足先に察知していました。 そして動かぬ身体で無惨に対抗する為にとった策が自分たち家族もろともの自爆。 自分だけでなく妻と娘2人を巻き込み産屋敷は自爆して柱たちが集まるまでの時間を稼ぐのでした。 家族を巻き込んでの自爆は最初から織り込み済み 無惨が屋敷に到着した時点でこの屋敷には産屋敷と妻・子供2人だけしかいない事に気づいています。 これがもし産屋敷1人だけならば無惨はもっと警戒したでしょう。 しかし傍には妻・庭では無邪気に遊ぶ子供たち。 無惨も何か居心地の良さを感じてしまう程でした。 しかしその場に跡取りとなる息子はおらず、産屋敷は最初から跡取りを残して自爆するつもりだったのかもしれません。 岩柱である悲鳴嶼行冥にだけ最後の作戦を伝えていた産屋敷 産屋敷自身を囮にして無惨を倒す作戦。 本来なら柱合会議で話し合って決めなければならない様な重大な作戦なのですが、産屋敷はこの事を悲鳴嶼行冥にしか伝えていませんでした。 理由は自分を慕う柱たちが絶対に反対するから。 (柱の中には護衛を付けるべきという話もあった)この作戦を悲鳴嶼にだけ伝えたという事はそれだけ彼を信頼しての事だったのでしょう。 産屋敷自爆の瞬間の柱たちは…… 事前に囮作戦を知らされていなかった柱たちは無惨の襲撃を知らされ慌てて屋敷へ駆けつけようとします。 しかし目前で産屋敷は自爆。 燃え上がる炎を前に呆然とする者や唖然とする者がなすすべなく固まってしまいました。 産屋敷耀哉、享年23歳 産屋敷家の人間は同じ血筋である無惨が鬼になった事で呪いを受け30歳までも生きてはいけない様な病弱な身体でした。 耀哉も例外なく今回の自爆が無くとも30歳までは生きられなかったでしょう。 それでも最後に23歳と知った時にはそんな年齢であれだけの決断をしてきたことに驚きました。 短命の党首、産屋敷耀哉まとめ。 生まれながらにして無惨の影響で呪いを受け長くは生きられない運命だった産屋敷。 それでも最後まで無惨に抗い戦い続けた姿はさすがと言えるでしょう。 産屋敷は死んでしまいましたが次は彼を慕っていた柱たちの反撃がどうなっていくのか今後の展開に目が離せません。

次の

産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)の全プロフィールと考察【年齢・子供】

産屋敷 死亡

隊士からは 「お館様」と呼ばれている。 見た目は顔の額から目の下までが 火傷のようにただれています。 失明しているようで、原作の表現では目に黒色がない。 いつも童子に手を引かれながら登場している。 産屋敷の声は聴いた人を安らげることができるとのこと。 相手を心地よくさせると共に不思議な 高揚感も与えている。 鬼殺隊の柱達は、それぞれが人の言うことを聞かない我の強い者ばかり。 ですが、産屋敷の言うことは受け入れている。 産屋敷の前では柱の全員が膝をついて頭を下げており、皆が 産屋敷に心酔していますね。 産屋敷は鬼殺隊の当主ですが、剣士ではない。 何か特殊な能力があるわけでもないので、 強さもありません。 それでも鬼殺隊をまとめ、柱達から慕われているのは凄いカリスマ性だと感じますね。 妻の名前は 「あまね」と言い、美人な女性。 原作で炭治郎が初めて見た時は、あまりの美しさに 「白樺の木の精」と思うほど。 ただ、いつも無表情なのだもったいない! 耀哉の側で最後の時まで支え続けた。 鬼殺隊の当主の耀哉が病状が悪化している時には 代理を務めている。 半年に一度行われる柱合会議は、いつも耀哉を中心とした話し合い。 病状の悪化のため不在となった時、柱達は誰もこれに対して反論はしていません。 むしろ体の事を心配していることから、慕われているのがわかりますね。 子供の5人は、見た目が母親のあまねによく似ています。 4人が女の子で 唯一1人だけ男の子がいる。 この男の子が産屋敷の 跡継ぎとなるようですね。 男ですが女児用の着物を着ており、耀哉と同じく病弱とのこと。 ホント凄い人だから — 三天の大破壊神 GinBashira 上記でも紹介していますが、産屋敷は病を患っています。 産屋敷の一族は代々短命とのこと。 これらの原因は ある呪いの影響によるものです。 【鬼滅の刃】産屋敷耀哉の呪いには鬼舞辻無惨が関係 [鬼滅の刃 137話 週刊ジャンプ ] 『鬼滅の刃』は名作。 今週は特に傑作で震えがくる。 鬼殺隊本部へと乗り込んできた鬼舞辻と対峙する産屋敷。 鬼無辻の主観を中心に物語が進む。 淡々とした会話。 読者は自然と敵である鬼無辻に感情移入して共に産屋敷に圧倒されるという変則的な演出。 産屋敷が無残の事を 「我が一族唯一の汚点」と言っています。 また、無残を倒すこと対して強い執念を持っており 「私達の代で必ず倒す」と発言している。 この言葉から察するに、無残は元々産屋敷の一族の者だったように感じます。 産屋敷と無残の両方がお互いの命を狙っています。 無残からすれば、鬼殺隊の当主ということでずっと産屋敷を探している。 上弦の鬼達の目的は、産屋敷の壊滅とのこと。 調べてみると、 呪いが始まったのは鬼舞辻無惨が鬼になった時からのようですね。 産屋敷の血筋を受け継ぐ人間には無残の呪いを受ける。 これが代々短命と言われている理由でしょう。 呪いにより長く見ても 30年は生きられたい病弱な体で生まれるとのこと。 年を重ねる毎に病状が悪化して衰弱していく。 【鬼滅の刃】産屋敷耀哉は上弦の鬼を倒した報告に興奮 鬼滅の刃、鬼殺隊もいいけど十二鬼月もコスしたさがある。 妓夫太郎と堕姫のこのコマとか本当にかっこいいから再現してみたいけど、こんなバルバトスみたいなウェストしてないからなぁ・・・🤔 — こたつ kotatuDX 上弦の鬼とは、無残の十二鬼月の中でも強い6人のこと。 この6人は100年以上の間、顔ぶれが変わっていない。 それほど実力が強い鬼ということですね。 この上弦の陸と呼ばれる妓夫太郎(ぎゅうたろう)を音柱の宇随天元と炭治郎らが倒したと報告があった。 いつも冷静な産屋敷は、この報告を聞いた時には珍しく 興奮していた。 病のせいで 興奮しながら吐血していて苦しそうにしていますね。 100年以上も倒せなかった上弦の鬼の一人を倒したことは大きな成果でしょう。 産屋敷は、この出来事を 「兆し」と言い、今後 運命が大きく変わりだすと言っている。 【鬼滅の刃】産屋敷耀哉は妻と子供を巻き添えに死亡 鬼滅の刃138話。 まさか家族ごと自爆するとは思わなかった😱先週から妻子を逃がさないと無惨様に殺されるんじゃないかとはらはらしていたが、その心配は無用だったね💦産屋敷一族の覚悟が決まり過ぎている — urahiro urahiro10 産屋敷が原作でどうなっているか調べてみると、 死亡していることがわかりました。 死亡した理由は、家族である 妻と子供2人を巻き込んでの自爆! ネット上では、産屋敷の自爆に関して色々と意見があるようですね。 なぜ産屋敷は家族もろとも自爆をしたのか? その理由は、鬼舞辻無惨に屋敷を突き止められてしまったから。 自爆は無残を倒すためではなく、鬼殺隊の柱達を集めるための時間稼ぎ。 産屋敷は無残が屋敷に来ることを数日前から察知していました。 先見の明があったので、無残に対抗するために準備していたようです。 自分を囮にして、柱達に無残を倒ししてもらうという作戦を立てていた。 この作戦は、 悲鳴嶼行冥にだけ伝えられており、その他の柱には教えていない。 教えてしまうと、慕っている柱達が反対するとわかっているから。 産屋敷が言ったとおり、無残が屋敷に現れます。 この時、無残が屋敷に着いた時点で屋敷にいる人間は4人。 産屋敷と妻、子供2人がいることに気づいていました。 ここには 跡継ぎである男の子は屋敷に居ません。 なぜ家族を巻き添えにする必要があったのか気になりますよね? 普通に考えれば、無残が狙っているのは産屋敷耀哉の命でしょう。 なので、産屋敷が一人で屋敷に残って無残が来た所で自爆すれば良かったのではと思いました。 私の考察では、 無残の警戒心を無くさせる為だったのだろう感じる。 屋敷に来た時に、産屋敷一人だった場合は不自然な印象を与えてしまう。 無残が来ることを分かっていて、何かしらの準備をしていると感づかれると考えたのでしょう。 そのため妻や子供がいて、なおかつ護衛が一人もいないという状況を作り、 無残を油断させたかった。 自分を囮に家族を巻き添えにしてまで無残を倒そうとする産屋敷の執念には感服してしまいますね。 産屋敷は 享年23歳という若さでした。 鬼殺隊の当主であり、隊士達からは心酔されています。 カリスマ性と 特殊な声音により鬼殺隊をまとめ上げていました! 顔の上部は火傷のように皮膚がただれており、病に侵されている。 代々、産屋敷の血筋には 鬼舞辻無惨の影響により 呪いを受けていました。 そのため、年を重ねる毎に病状が悪化しています。 鬼舞辻無惨は元々産屋敷の一族の者のようですね。 最後には鬼舞辻無惨を倒すために、 自分を囮にして自爆! 妻と子供2人と共に、 23歳という若さで 死亡していますね。 無残を倒すためとはいえ、とても大胆というか凄い作戦を実行しました。 実際に私がそのような体験をしていないので、 狂気の沙汰のように感じてしまう。 それだけ無残を含め、 鬼を殲滅したいという気持ちが強かったのでしょう。 産屋敷は死亡していますが、今後の物語がどうなって行くのか楽しみですね!.

次の