佐川急便 メール便 日数。 クロネコメール便(クロネコDM便)・ゆうメール便・佐川飛脚メール便の違い|比較jp

【佐川急便】お届けまでの日数|荷物・宅配便の配達にかかる日数を調べる

佐川急便 メール便 日数

Contents• 佐川急便の荷物はいつ届くのが一般的? 佐川急便を利用して荷物を送る場合、1日~2日ほどかかるのが一般的です。 近場のケースでは、1日ほどで届けることができ、遠方でも2日ほどで届けることができます。 ただし、届け先が離島などの場合には、さらに1日~2日ほどかかることもあるので注意してください。 また、佐川急便の飛脚宅配便を利用した場合、いつ届くのかは検索をすることができ、佐川急便の公式サイトの「」から検索可能です。 「どこから」「どこまで」を選択し、「調べる」をクリックすることで、いつ届くのかを確認することができます。 佐川急便で時間指定なしだといつ(何時ごろ)届く? 佐川急便の宅急便を利用した場合、何日ほどで届くのかは分かったと思います。 その次に気になるのが、時間的にいつごろ届くのかではないでしょうか? もちろん、時間指定をしてある荷物の場合、基本的に時間指定した時間に届きます。 しかし、時間指定なしの場合は、いつごろ届くのかはわかりません。 ただし、基本的に17時までに届くのが一般的です。 なかでも、12時~16時ごろに届くケースが多いです。 いつ届くのか不安な場合には、時間指定で送ってもらうのがおすすめとなっています。 スポンサーリンク 佐川急便の配達状況は確認できる! 佐川急便で送った荷物や送ってもらった荷物は、配達状況を確認することができます。 佐川急便の「お問い合わせサービス」を利用することにより、配達状況を確認することができるのです。 配達状況を確認すれば、いつ届くのかがだいたいわかります。 基本的に、配達中のステータスになれば、その日に配達されます。 ちなみに、お問い合わせサービスは、佐川急便の公式サイトから利用が可能で、お問い合わせNoを入力し、「お問い合わせ開始」をクリックすれば、対象の荷物の配達状況を確認することができます。 いつ届くのか心配な場合には、お問い合わせサービスで荷物の配達状況を確認してみましょう。 佐川急便でも飛脚メール便と飛脚ゆうメール便は届く日数が違う 佐川急便の荷物は、基本的に1日~2日で届きます。 しかし、佐川急便のサービスでも、飛脚メール便と飛脚ゆうメール便は、もう少し時間がかかるので注意してください。 飛脚メール便については、一部地域を除き、3日~4日で届くのが一般的です。 また、飛脚ゆうメール便は、郵便局へ差し出してから、5日程度でポストインによって届けられます。 そのため、飛脚宅配便などに比べ、飛脚メール便と飛脚ゆうメール便は日にちがかかるようになっているのです。 ちなみに、飛脚メール便と飛脚ゆうメール便は、お問い合わせサービスを利用することができません。 ですから、配達状況を確認することはできないので注意してください。

次の

佐川急便の荷物はいつ届く?時間指定なしだといつ・何時ごろ?

佐川急便 メール便 日数

ヤマト運輸のクロネコメール便は、A4サイズの冊子やパンフレットなどを全国に低料金で送ることができるサービスです。 ヤマトの営業所やセブンイレブン、ファミリーマートなどのコンビニエンスストアなどで24時間365日差し出すことができます。 コンビニエンスストアで出すことができるのは、とても便利なので個人の顧客にも人気があります。 また荷物には、追跡番号がついていてWeb上で配達状況を確認することができます。 荷物に送り先の住所、氏名を郵便局の普通郵便と同じ要領で記載すればよく受領印なしで宛先の荷物受けや郵便受けに配達されます。 お届けまでの日数は、400km圏内は翌々日、それ以上は4日目というのが一応の目安になります。 また、料金は全国一律で1cmまでは82円、2cmまでは164円ですが、それに100円プラスすることで速達扱いになります。 ただ、信書や補償が必要なものは預かることはできませんが荷物の紛失や破損があった場合は、運賃の返金か代替品を無料で配送することができます。 なお、クロネコメール便で信書などを配達依頼してしまうと依頼した側も法的に処罰を受ける可能性があるためクロネコヤマトではそのようなトラブルを未然に防ぐという理由でヤマト運輸のクロネコメール便は3月31日をもって終了となりました。 4月1日からは、クロネコDM便というサービスに生まれ変わります。 DM便は、従来のメール便とほとんど変わりがありませんが、メール便が法人だけでなく個人も利用できたのに対しDM便は法人のみが対象となります。 それを受けて今までのようにコンビニエンスストアでは差し出すことができなくなり直接営業所に持ち込むか、ドライバーに集荷を依頼するかになります。 ゆうメール便 郵便局のゆうメール便は、3辺が1. 7m以内、重量3キロまでの冊子印刷物やCD・DVDといった電磁的記録媒体を基本運賃で送ることができるサービスです。 普通郵便より低料金なため利用者も多いのですが、送れるものが決まっているので注意が必要です。 書籍や雑誌などだけでなく金物のリングがついたカレンダーなども送ることが可能ですが、信書や手書きの手紙は同梱することができません。 料金は全国均一で荷物の重さによって異なってきます。 150gまでが180円、250gまでが215円という風に値段が上限610円まで上がっていきます。 ポスト、郵便局窓口のどちらからでも差し出すことができますが、封筒の一部を開いたり透明のセロファンなどで窓を設けて内容物が見えるようにするなどの工夫が必要です。 それをしない場合は、封する前に内容物を郵便局員に提示して確認してもらう必要があります。 ゆうメールは、追跡番号がつかないので荷物の行方を途中検索したりまた、受領印を必要としないため配達が完了したかを調べることができません。 損害賠償制度が適用されないため、荷物の紛失や破損の際は補償されませんから補償が必要な場合は避けた方がよいでしょう。 大量のゆうメールを送りたい場合の業者向けの特別運賃もあります。 佐川飛脚メール便 佐川急便には、飛脚メール便というサービスがあります。 3辺の合計が70cm以内で重量は1kgまでのカタログや雑誌が送れます。 さらに、受領印なしのポストイン配達なためポストに入る形状であることが条件になっています。 バーコードがつくので荷物の追跡が可能なのですがネットでは検索できず営業所に確認する必要があります。 配達日数はおおよそ3日から4日。 運賃は全国一律料金になっており165円から319円で重量によって異なります。 現金での支払いはなく元払い売掛のみと取り扱いになっているのが特徴です。 サービスの開始には初期登録が必要なので、営業所かドライバーに直接問い合わせをして元払い引受票や飛脚メール便ラベルを受け取ます。 もちろん、今まで使用していた自社のラベルをそのまま使用することは可能です。 また、配達だけでなくカタログの製作や加工サービスも設けてあり非常に便利なサービスです。 なお、飛脚メール便は法人のためのサービスなので個人は利用できません。 まとめ この3つのサービスは似通っていますがその違いを以下のようにまとめてみました。 1、クロネコメール便とゆうメール便は法人だけでなく、個人も利用することができる。 2、クロネコメール便とゆうメールは現金による支払いができますが飛脚メール便は元払い売掛のみ。 3、発送可能な荷物のサイズや重量が各社異なる。 4、メール便とゆうメールは、事前の登録が必要なく突然の持ち込みが可能ですが飛脚メール便は初期登録が必要になりサービス開始まで1週間ほどかかる。 5、ゆうメールは内容物の確認が必要。

次の

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ...│お知らせ│佐川急便株式会社<SGホールディングスグループ>

佐川急便 メール便 日数

1日(翌日)• 2日(翌々日)• 3日以上 東京からの配達所要日数 北海道エリア• 北海道 東北エリア• 青森県• 秋田県• 岩手県• 宮城県• 福島県• 山形県 北陸エリア• 新潟県• 長野県• 富山県• 福井県• 石川県 関東エリア• 栃木県• 茨城県• 群馬県• 埼玉県• 千葉県• 神奈川県• 東京都• 山梨県 東海エリア• 愛知県• 静岡県• 三重県• 岐阜県 関西エリア• 滋賀県• 京都府• 奈良県• 大阪府• 兵庫県• 和歌山県 四国エリア• 徳島県• 愛媛県• 香川県• 高知県 中国エリア• 鳥取県• 広島県• 島根県• 山口県• 岡山県 九州・沖縄エリア• 福岡県• 大分県• 佐賀県• 鹿児島県• 長崎県• 宮崎県• 熊本県• 沖縄県.

次の