良性 発作 性 頭 位 めまい 症 治療。 良性発作性頭位めまい症

良性発作性頭位めまい症

良性 発作 性 頭 位 めまい 症 治療

良性発作性頭位めまい症はこんな病気 良性発作性頭位めまい症とは、頭を動かしたときや一定の頭位をとったときに、視界が回る、もしくは揺れるといった強いめまいが生じ、それに伴う吐き気・嘔吐が特徴の耳の病気です。 耳の構造と三半規管のしくみ 耳の構造は、耳介 じかい から鼓膜までの外耳、鼓膜の奥の空洞の中耳、さらにその奥の内耳 頭蓋骨内 に分けられます。 内耳は、バランスのセンサーである前庭・三半規管と、聞こえのセンサーである蝸牛 かぎゅう で構成されています。 三半規管は「外側半規管」「前半規管」「後半規管」の3つの半規管の総称であり、内部はリンパ液で満たされています。 頭部の回転運動により半規管内のリンパ液に流れが生じますが、その流れが半規管の膨れている部分 膨大部 にあるクプラと呼ばれる神経を刺激し、脳に情報が送られることで頭部がどのように動いたかを感知しています。 クプラの位置 良性発作性頭位めまい症の原因 三半規管とつながっている前庭には、炭酸カルシウムからなる結晶状の耳石 じせき が付着していますが、これが脱落し半規管内へ迷入することで良性発作性頭位めまい症が起こると考えられています。 大きく分けて2種類の良性発作性頭位めまい症があり、耳石が管内で移動する半規管結石型と耳石がクプラに付着するクプラ結石型です。 半規管結石型良性発作性頭位めまい症 半規管内に迷入した耳石が、頭位変換 頭の向きを変える 後に重力により管内を移動することで異常なリンパ液の流れが生じてしまい、めまい症状が出現します。 耳石の動きが止まったらリンパの流れも止まりますので、頭位変換後、数十秒くらいでめまいが治まります。 クプラ結石型良性発作性頭位めまい症 クプラ リンパ液の流れを感知する神経 に耳石が付着することが原因のめまい症です。 耳石が付着したクプラが横向きになるような頭位をとると、重力によりクプラが刺激され回転するようなめまいが発症します。 持続時間は2分以上と長いですが、耳石が付着したクプラが縦向きとなるような頭位 仰向けの状態で少し症状のない側を向く にすると、めまいは治まります。 半規管結石型とクプラ結石型の膨大部内の様子 早期発見のポイント 良性発作性頭位めまい症は、頭を動かしたときや一定の頭位をとると視界が回る、もしくは揺れるといった強いめまいが生じ、それに伴う吐き気・嘔吐が特徴です。 三半規管と接する蝸牛 かぎゅう という聞こえのセンサーがありますが、良性発作性頭位めまい症では蝸牛に障害が出ないため、難聴や耳鳴りなどの症状はありません。 また、他の脳神経や脳にも障害が出ないので、頭痛や構音障害 しゃべりにくさ 、声枯れ、顔面や四肢の感覚異常などの症状はありません。 良性発作性頭位めまい症の治療法 自然によくなっていくことがほとんどですが、耳石 じせき が管内で移動する半規管結石型であれば、体操により半規管から結石を排出させることで早く治すことができます。 耳鼻咽喉科では、眼振検査 眼球の動きを調べる検査 を行い、半規管結石型か耳石がクプラに付着するクプラ結石型かを判断し、それに合った体操を指導することができます 耳石が迷入している管によって体操が異なります。

次の

良性発作性頭位めまい症(BPPV)の治療:エプリー法と薬

良性 発作 性 頭 位 めまい 症 治療

めまいで困って来院される患者さんの2人に1人は、この「良性発作性頭位 めまい症」であります。 したがって、耳が原因で起こる めまいのなかで一番多い病気です。 たとえば、床屋でシャンプーのために仰向きになったとき、歯科で治療のため仰向きになったときや靴ひもを結ぶために下を向いたときに、短時間の めまいが起こることがあります。 難聴、耳鳴り、耳閉塞感というような症状は伴いません。 その短い めまいが、頭位を変えることで何回も起こります。 何回もわざと頭位を変化させて めまいを起こしていくと、だんだん めまいが軽くなり減衰していくのが特徴です。 朝起きたときがひどく、夕方には、だいぶ軽くなります。 一日でいえば、朝悪く夕方は調子が良いようです。 その袋のなかに 耳石器 じせきき がありますが、重力や直線運動のセンサーです。 耳石器のなかの神経細胞の上に極小な、炭酸カルシウムで出来ている「耳石」が多数あります。 この「耳石」が何かの調子ではがれて、三半規管の中に入り込み、頭を動かすことで、「耳石」がコロコロと動き回り、リンパの流れが起き 感覚毛 かんかくもう を刺激して、短時間のグルグル めまいが起こる病気です。 図3の説明 前・後・外側の三半規管と卵形嚢の位置関係を示します。 卵 形嚢に存在している耳石は通常、他の場所に移動しないので すが、何らかの原因で耳石がはがれると、後屈姿勢のときに 総脚まわりで後半規管膨大部へ、臥位寝返り姿勢で外側半規 管膨大部へ迷入することがあります。 耳石が半規管内をうろ うろするのが半規管結石で、半規管膨大部のクプラに付着す るのがクプラ結石です。 これが確認されなければ、後で説明いたします「 耳石置換療法 じせきちかんりょうほう 」という治療ができません。 もちろん、他の病気からくる めまいがないかも、同時に眼振で調べていきます。 本図では1)と2) の頭位変化の実際を示している。 日常、頭の運動の少ない人、たとえば、寝たきりの人や長期入院の人、 腎臓透析 じんぞうとうせき を長い間うけている人に、起こることが多いようです。 また閉経による女性ホルモン分泌が少なくなり、カルシウムが低下しておこる、骨粗鬆症の人にも多いようです。 運動不足で頭を動かさずにいると、はがれた「耳石」が、卵形嚢の底に沈んでたまりやすくなります。 卵形嚢の底には掃除細胞がありませんので、「耳石」やその残骸を取り除けなくなり、そのまま底に沈殿することになります。 たまった「耳石」が三半規管の中に入りやすくなり、「耳石」が三半規管のなかで浮遊して、頭を動かすと「耳石」が動き、三半規管の中のリンパの流れが生じます。 このリンパの流れが膨大部にあるクプラを曲げ、有毛細胞を刺激して、 めまいが生じることになります。 男性より女性の方が3倍位多いのは、女性の方が運動不足のせいでしょう。 若年者より高齢者に多く起こるのも、高齢者の方は運動が、少ないためでしょうか。 医師が眼振を観察しながら、手で頭を動かして、はずれた「耳石」を、元に戻す理学的治療です。 5分間位、椅子の上やベッド上で、頭を決められた位置や方向に動かして行います。 図5 の説明 エプレイ法の頭部の動きと、これによる後半規管内の耳石の動きを示 した。 一連の運動により管内の浮遊耳石が卵形嚢内に移動する推定図である。 (参考文献14 より引用) 「耳石」が、後半規管に入り込んでいる場合は、アメリカのEpleyが1992年に、考案したエプレイ法を実施します。 「耳石」が、外側半規管に入り込んでいる場合は、ドイツのLem pertが1994年に、開発したレンパート法を行います。 エプレイ法は、エプレイ法とかエプリー法とか呼ばれていますが、Epley医師の周辺では、エプリーと発音されているそうです。 「耳石」が半規管に入り、リンパ液の中を浮遊する「半規管結石症」の場合は、「耳石」が自然に元の場所に戻ることで、また、「耳石」が非常に柔い場合には、溶けて小さくなり、悪影響を起こさなくなるのであろうと考えられています。 自然治癒しなくても、良性で比較的治りやすく、1回の「耳石置換療法」で治る幸運な人も多くいます。 大部分の人が、数回の「耳石置換療法」で治ります。 人によっては、治るまで時間がかかる場合があります。 これは「耳石」が膨大部稜のクプラの粘着な所に付着して、はずれるまで時間がかかるからであります。 これを「クプラ結石症」といいます。 前半規管は、起きた状態でも寝た状態でも、上の方に位置しますので、耳石が前半規管に入り込むことは少ないといわれています。 「良性発作性頭位 めまい症」は、再発は少ないものですが、20人に1人位は、また起こることがあります。 再発しても、また「耳石置換療法」により治りやすいようです。 平成29年度1年間に、私のクリニックの めまい外来を受診された、 めまい患者さん437名の中で「良性発作性頭位 めまい症」と診断された方は、212名(約49%)でしたが、この212名の中の46名(約22%)は,メニエール病と合併しておりました。 (表1)このようなメニエール病と合併している患者さんによく尋ねますと、「以前から何回も繰り返し起こっていた めまいは、頭の位置を変換して起こるのではなく、 めまいの持続時間も長時間のものでありましたが、最近の めまいは、頭の位置の変化で起こり、持続時間は数秒から数10秒と短時間であり、以前からの めまいと違う」といわれます。 これは、メニエール病の長い経過中に、「良性発作性頭位 めまい症」がメニエール病に合併して、最近起きたものと思われます。 ある学者は「メニエール病の約5%に良性発作性頭位 めまい症を伴う」と報告しています。 このような場合は、まず「良性発作性頭位 めまい症」を「耳石置換療法」で治療させる一方で、メニエール病の治療にもとりかかります。 寝具は、自由に寝返りができるものを選びます。 あまり柔らかいものではなく、適度な硬さのものが、体を自由に動かせて寝返りができて良いようです。 それから最近にかけて広がってきたわけです。 ですから、 めまい診療を専門にしている医師だけしか、この病気を診断し、この治療を実施していないのではないかと推測されます。 しかも、この「良性発作性頭位 めまい症」が、 めまい患者のなかで、一番多く約50〜60%を占めます。 そして、治りやすい病気です。 この点を強調して「 めまいは原因が分かれば治ります」と申し上げている訳です。 めまいのなかには、脳の病気によるものではなく、内耳の異常によるものがあることを発見しました。 これから「メニエール病」という病名が起こりました。 めまいを起こす病気の20%位です(表1)。 内耳全体のリンパ液が、何らかの原因で過剰にできてパンパンにふくらみます。 このむくみがひどくなると、そのむくみの圧迫で、内耳に障害が起こり。 めまい、難聴、耳鳴り、耳閉塞感が起きてまいります。 内リンパ液が、過剰に作られるのは、 ストレスが原因であろうといわれています。 ストレスによって、ホルモンを分泌するシステムに変調が起こり、抗利尿ホルモンに影響を与えて、水分をため込むのではないかと考えられています。 良かったり、悪かったりいます。 1回の めまい発作は、数10分から半日ほど続きます。 「良性発作性頭位 めまい症」より、 めまい発作時間が長いです。 このような めまい発作が、月に数回、年に数回繰り返します。 年齢別で見ますと、30〜50歳の年齢層でかかることが多く、仕事が多く、多忙な青壮年期に多いようです。 吐き気 はきけ (むかむかして吐きたくなる気分) 嘔吐 おうと (食べ物を吐くこと)、頭痛、肩こり、不眠などです。 問診で時間をかけて、患者さんの家庭環境や仕事環境を詳しくお尋ねいたします。 家族の内容、病気、育児、子どもの教育、親の介護、家庭や親族の不和、隣人関係、子どもの不登校、成績不振、いじめ、離婚、別居、同居人、さまざまな団体の世話ごと、職場での仕事の内容、仕事量、転勤、仕事の失敗、対人関係の悩み、帰宅時間、睡眠時間、その他ストレスになること、心配なことなどの誘因になることを、詳しく尋ねることから始めます。 このような誘因を見つけて、それらに対処することが大事です。 仕事などでストレスをためやすい人、神経質な人、まじめで几帳面な人、責任感が強く完璧主義の人などに多く見られます。 生活面で、ストレス、過労、睡眠不足などを軽減するように気をつけることが、一番大事です、すなわち「生活改善」が必要です。 めまいのお薬では、なかなか効果はありません。 めまいの原因を根本的に治してくれないからです。 私は、お薬は普通処方いたしません。 治療で大切なのは、この「くたびれ」を解消することが一番です。 ストレス、過労、睡眠不足からくる精神的「くたびれ」と肉体的「くたびれ」を解消するためには、次の三つが大切です。 「気晴らし」・・・趣味、楽しみを探す、歌を歌う、 カラオケ、コーラス、おしゃべり、詩吟、散歩、釣り、旅行、温泉、ドライブ、ウインドウショッピング、寄席で笑うなど。 「仕事量を減らす」・・・仕事量を減らし、残業を減らして帰宅する。 何事もあまり、我慢をしない。 「睡眠を改善する」・・・遅い夕食を減らす、 日中に適度な運動して疲労する。 改善されなければ入眠剤の使用も考えます。 以上の「生活改善」が、まず大事です。 次に、「 有酸素運動 ゆうさんそうんどう 」が良い効果があるといわれていますので、ぜひ実践して下さい。 体操、ウォーキング、ランニング、サイクリング、水泳、水中歩行、卓球、エアロビクスダンス、ストレッチなどです。 1回1時間位、週3回、1分間の心拍数100〜120位の「有酸素運動」がよいといわれています。 このような「有酸素運動」を行うことで、全身の血液循環が 良くなり、内耳に血流が増加し代謝が活発になり、内リンパ水腫(内耳のむくみ)が軽くなってきます。 根気よくこれらの「生活改善」や「有酸素運動」を、続けて治療しなければなりません。 根気よく治療をしているうちに、3ヶ月に1回起きていた めまい発作も、年に1回、2年に1回と回数が減っていきます。 3. 慢性中耳炎由来 まんせいちゅうじえんゆらい の 内耳障害 ないじしょうがい 慢性中耳炎、とくに真珠腫性中耳炎に多いです。 中耳炎の炎症が内耳に波及し、また中耳にできた真珠腫が、内耳を圧して めまいを起こします。 4. 前庭神経炎 ぜんていしんけいえん 感冒などによるウイルス感染で、前庭神経が炎症を起こし、強いぐるぐる めまいが断続的に数日間起こります。 しかし難聴や耳鳴りはありません。 大きな めまいの後数ヶ月は、最初のような激しい めまいはなく、体動時あるいは歩行時にふらつき感がありません。 5. めまいを伴う 突発性難聴 とっぱつせいなんちょう 感冒などによる内耳のウイルス感染や血管循環不全が原因で、聴神経に障害が起こると、急に難聴がきます。 この時に聴神経のとなりにある前庭神経の障害も起こり、 めまいを伴う場合があります。 突発性難聴の約40%に、 めまいを伴うといわれています。 メニエール病と異なるのは、 めまいは最初の1回だけ起こり、これを繰り返すことはありません。 難聴や耳鳴りは、 めまい感が消失しても持続します。 6.外リンパ 瘻 ろう 鼻のかみすぎやダイビング、飛行機への搭乗などで、中耳圧の高まりで内耳窓が破れて起ります。 水の流れる音がすることがあります。 瘻孔は、通常自然に閉鎖することが多いので、保存的治療が勧められています。 7. 遅発性内 ちはつせいない リンパ 水腫 すいしゅ 長く続く高度な一側の内耳性難聴に続発して、進行性の内リンパ水腫が生じ、その結果メニエール病様の前庭症状、すなわち めまいが起こる病気です。 8. 聴神経腫瘍 ちょうしんけいしゅよう 内耳道に腫瘍ができ、長期間の経過で増悪する難聴があり、約20%の症例で、 めまいを起こしてくることがあります。 両側性難聴、両耳鳴があります。 血清梅毒反応が陽性に出ます。 | Copyright c 2000 tomitajibiinkouka.

次の

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<良性発作性頭位めまい症>「低い枕で横になり寝返りが少ないと…」

良性 発作 性 頭 位 めまい 症 治療

良性発作性頭位めまい症の症状 良性発作性頭位めまい症では難聴や耳鳴りを伴わず、頭を動かした時に回転性めまいの症状が出ます。 急に頭を動かさない限り回転性めまいの症状は起きません。 また、めまい発作を起こした時の持続時間は短く、数秒から長くとも60秒以内に収まります。 頭を動かした時の方向に限らず全てが回転性めまいなので、人によってはめまいが原因で気分が悪くなったり吐き気を感じることもあります。 めまいが収まった後に静止状態を保っていればめまいは起きませんが、逆方向に頭を動かすと再びめまいが起こります。 したがって、安静にして眠っている時にめまい発作は起きず、寝起きに頭部を動かすと回転性めまいを感じることがあります。 良性発作性頭位めまい症は眼振(眼球が左右または上下に動く現象)が少なく、めまいの症状が比較的軽い事が特徴です。 頭を動かした時に限って軽いめまいが起こるため脳の病気を疑う人もいますが、聴覚の異常(蝸牛症状)を伴わない限り、脳の異常が原因とはほとんど考えられない耳の病気です。 良性発作性頭位めまい症を頻発しやすい年齢として、女性ホルモンの減少に伴う更年期(およそ45才以上)に軽いめまいの症状が増えることがあります。 これはエストロゲンの減少に伴い、骨密度の低下が原因となり良性発作性頭位めまい症を起こしやすくなります。 骨粗鬆症も同様に骨密度の低下により骨が脆くなると耳の骨の一部が欠けやすく、良性発作性頭位めまい症を起こしやすくなります。 この場合、根本的な治療法を取らない限り、めまいが治癒しても再発の危険があります。 良性発作性頭位めまい症の原因 内耳には平衡感覚を司る三半規管があり、左右、前後、上下方向の頭の回転を検知する三つの半規管(後半規管、外側半規管、前半規管)があり、それぞれの半規管の中はリンパ液で満たされています。 良性発作性頭位めまい症は、いずれかの半規管に耳石が入り込むことで、特定の方向に頭を動かした時に耳石が移動するようになります。 その際に耳石の刺激が原因となり、回転性めまいに伴って眼振という眼球運動が起こります。 良性発作性頭位めまい症の検査と治療法 良性発作性頭位めまい発作の場合、自然に消失することがありますが、いずれ再発する危険性もあります。 症状が軽い場合でも、他の疾患の可能性が否定されたわけでもなく、耳鼻科を受診しないというのはあまりお勧めできません。 ある一定の方向に頭を動かした時だけめまいが起きるというのは自覚していると思いますが、耳鼻科のめまい外来などを受診すると全方向でめまいの検査を行った上、いくつかの治療法を試します。 めまいを起こさせて眼振を観察するという検査後に、良性発作性頭位めまい症と診断された場合、他に原因がないことが判るので一安心です。 具体的な検査としては、頭を固定して眼だけ動かす「注視眼振検査」、頭部を傾けて眼振を観察する「頭位眼振検査」、急激に頭を動かして眼振を記録する「頭位変換眼振検査」などのいずれか、または全ての検査により、眼振を観察することで耳石の位置を確認できます。 最も一般的に行われている治療法では、理学療法士による頭位変換療法(エプリー法)というもので、後半規管に限り、頭の向きを変えるだけで耳石を取り除くことができます。 一度でめまいが治らない場合は再度行います。 エプリー法による治療法が無効の場合でも、薬でめまいなどの症状を抑えながら長くとも一ヶ月程度の間に治癒が期待できます。 良性発作性頭位めまい症の再発 治癒の後は再発防止のために積極的に頭を動かす必要があります。 この疾患は後遺症も残らず予後は良好なのですが、再発の不安を抱えるような患者に対して、軽い精神安定剤を処方します。 再発時のめまいや吐き気に対する薬を処方しておけば再発に対する予期不安が減るため、ストレスを減らして再発を予防するためにも効果的です。 まとめ 今回は、良性発作性等位めまい症の症状と原因についてご紹介しました。 多くの場合、良性発作性等位めまい症は短期で解消される比較的軽度の症状といえます。 ただし、他の疾患が原因でめまいが発生していることも考えられますので、めまいが気になる場合には自己判断せず医師に相談することをおすすめします。

次の