天地雷鳴士 宝珠。 Ver5.2後の天地雷鳴士にセットしたい宝珠について【ドラクエ10】

ドラクエ10 天地雷鳴士の宝珠について

天地雷鳴士 宝珠

今回は、天地雷鳴士と遊び人! みなさんこんにちはなのでー! ようやく今回でひと区切り、 光の宝珠のつづきです。 天地雷鳴士と 遊び人についてみていきましょうー! 天地雷鳴士の宝珠 めいどうふうまの極意 めいどうふうまは、 指定した相手とその周囲に土属性のダメージを与える特技です。 天地雷鳴士の特技の中では比較的扱いやすく、 メインとなる攻撃手段。 火力を出せるような武器が装備できないので、 この特技を使って攻撃していきましょう。 「めいどうふうまの極意」は その威力を3~15%アップさせることができます。 天地雷鳴士をやるときは、 必ずつけておきたい宝珠です。 天地鳴動の印の閃き 天地鳴動の印は、 自分と 呼び出した 幻魔に、 すばやさ2段階アップ、 会心・呪文暴走率上昇、 与えるダメージアップ の効果をつける 必殺技です。 一度にいろいろな強化がされる とても頼りになる技で、 とくに バルバルーさんや ドメディさんを召喚しているときに 大きな効果があります。 ダメージアップ系の強化が中心のため、 一番召喚する機会の多い カカロンちゃんに対する 恩恵が少ないのは残念なところ。 それでも、 自分の火力が上がるのはうれしいことなので、 「天地鳴動の印の閃きの宝珠」で チャージ率を上げておきましょう。 そのほかの宝珠 めいどうふうま以外にも、様々な攻撃特技を覚える 天地雷鳴士。 それぞれの技に 「極意」の宝珠が存在します。 「マグマ」 「水神のたつまき」 「れんごく火炎」の3つは、 「極意」の宝珠による 上がり幅が1~5%と控えめなのでご注意ください。 CT技のため連発できないという制限もあり、 めいどうふうまよりは優先度が下がりますが、 もともと強力な技であるため、 できれば 「極意」の宝珠をつけておきたいです。 「ひばしら」 「じわれ」 「いなずま」の 「 極意」は、 めいどうふうまと同じく 5~15%アップします。 しかし、 このなかでも使うとしたら単体攻撃の 「ひばしら」くらい。 範囲攻撃をしてはいけない敵と戦う場合には 「ひばしらの極意」をつけておくといいかもしれません。 遊び人の宝珠 果てなきほんきであそぶ 「ほんきであそぶ」は 45秒間「あそぶ」の特技で発生する効果を強化する技です。 通常、 いい効果が表れることもあれば 悪い効果のときもある 「あそぶ」。 「ほんきであそぶ」状態のときは、 悪い効果になることがなくなり、 いい効果も通常より強力になっています。 運要素がかなり大きく、 くせの強い特技が多い 遊び人ですが、 この特技は比較的使いやすいものになっているので、 「果てなきほんきのであそぶ」の宝珠をつけて、 効果時間を伸ばしておきましょう。 パルプンテの閃き 遊び人の必殺技、 パルプンテは 複数の効果からランダムに1つ発生する、 何が起こるかわからない技です。 何も起こらない 「はずれ」の効果 はありますが、 悪い効果というものはなく、 「あたり」を引けば 敵に大ダメージや、 味方を大幅回復など、 割と頼りになります。 運要素の強い技のため、 適当に使えばいいものではありませんが、 閃きの宝珠で チャージ率をあげ、 ここぞというときに使ってみてもいいでしょう。 そのほかの宝珠 使いどころの難しい特技が多い 遊び人。 この職業で何をするのかによっても、 選ぶ宝珠は変わってきますが、 基本的には、 多彩な状態異常攻撃を駆使する方向になるでしょう。 「なめまわし」 「ぱふぱふ」 「ひゃくれつなめ」は いずれも 休み状態にする技ですが、 「ひゃくれつなめ」は 敵の強化効果を解除したり、 守備力を0にする追加効果もあります。 また 「なめまわし」 「ひゃくれつなめ」は 耐性を持つ敵がおおい 「おびえ」であるのに対し、 「ぱふぱふ」は 耐性を持つ敵が少ない 「スタン」であるという違いもあります。 「技巧」の宝珠で 「なめまわし」と 「ぱふぱふ」は 5~25%、 「ひゃくれつなめ」は 1~5%、その 成功率を高められます。 「なめまわし」に関しては、上位技の 「ひゃくれつなめ」や、 全職業で使える 「おたけび」で代用できるので、 使う機会はほとんどないと思います。 このなかでは、 「ぱふぱふの技巧」が使いやすそうでしょうか。 遊び人は、 180スキルや 短剣スキルで 「状態異常成功率アップ」ができたり、 ブーメランの 「デュアルブレイカー」もつかえるため、 これらを併用しながら 状態異常を狙っていきましょう。 「きまぐれ」は、 行動後に一定確率で発生するランダム効果の追加行動。 「きまぐれの技巧」はこの 発生率を1~5%増やすことができます。 よい効果もあれば、悪い効果もあり、 発生すれば有利になるとは限らないのが悩ましいところです。 また、 行動キャンセルができないため、 よい効果であっても 敵の範囲攻撃から逃げ遅れてしまうことも起こりえます。 使いこなせれば手数が増えることになるので、火力アップに活かると思いますが、 慣れないうちは 「きまぐれの技巧」を つかわないほうがよさそうです。 「まねまね」は 45秒間、受けるダメージを25%減らし、 受けたダメージを50%相手に与える特技です。 反射ダメージは、 多くてもせいぜい200~300と あまり頼りにならず、 使うとしたら ダメージカットが目的になります。 そのため 反射ダメージを2~10%上げる 「まねまねの極意」の 優先順位はかなり低くなります。 ポイント振り直しと、宝珠つけかえを活用しよう! 光の宝珠は 数がたくさんありますが、 職業によって使うものが限られています。 まだ いろんな職業のレベルが上がっていない場合や、 普段はこの職業しかしない、と決まっている場合は、 その職業に関係のあるものを 「優先順位の低いもの」も含めて、 とりあえずつけておいていいと思います。 たくさん宝珠をつけても、達人ポイントが足りませんが、 振り直しはいつでもできるので、 いろいろ試してみてください。 そして、ほかの職業のレベルがあがってきて、 別の職にも挑戦してみたくなれば、 そのつど宝珠をセットしていき、 石版の穴が足りなくなれば、 一度はずして、優先順位を考えていきましょう。 達人ポイントの 振り直しは コストなし、 宝珠の取り外しも 3000Gと気軽にできます。 たくさんある光の宝珠、実際使いながら自分に合ったものを選んでみてください!.

次の

天地雷鳴士の宝珠をドロップするモンスターのまとめと天地鳴動の印の閃きの紹介です

天地雷鳴士 宝珠

特技のダメージ量 ひばしら 1055ダメージ 敵単体に炎属性の攻撃特技 単発でこの威力なので、 通常のメラゾーマより強い。 じわれ 764ダメージ 自身から直線に土属性の範囲攻撃を放つ特技 ほぼ使わない特技。 威力も微妙なのだが印はかっこいい。 いなずま 716ダメージ 自身の周りに雷属性の範囲攻撃を放つ特技 敵に囲まれた時や雷属性低下時に使用する。 マヒ効果もたまに発生する。 めいどうふうま 1007ダメージ 敵を中心に土属性の範囲攻撃を放つ特技。 きようさが高いほど風属性ダウンを付与。 範囲攻撃はめいどうふうまを放つのが基本。 この威力を 戦闘開始時から出せるのは強い。 マグマ 1176ダメージ 敵を中心に炎属性の範囲攻撃を放つ特技。 きようさが高いほど土属性ダウンを付与。 チャージタイム45秒なので溜まったら即時に打つ。 めいどうふうまより少し強い。 水神のたつまき 1110ダメージ 敵を中心に風属性の範囲攻撃を放つ特技。 チャージタイム60秒。 使えるようになったら即時に打つ。 れんごく火炎 1622ダメージ 敵を中心に炎属性の範囲攻撃を放つ特技。 チャージタイム60秒。 現時点で天地雷鳴士の最大火力を出せる一番大事な特技。 幻魔と合わせることによって、常に1500ダメージ以上を出していくことができる。 また、幻魔バルバルーの覚醒技だと1600ダメージ以上出せるので、さらなるダメージも期待できる。 幻魔ドメディのメラゾーマ 幻魔ドメディは単体攻撃だとバルバルーに劣るが、バギクロスや覚醒技が範囲攻撃なので、範囲攻撃したい場合はドメディを召喚する。 幻魔組んで戦うことで強さが発揮する 天地雷鳴士は状況によって、火力・回復・補助を幻魔に任せることが出来る職業。 自身でもある程度補助が出来るが、幻魔に任せた方が強い効果を付与出来るので、基本的には攻撃魔力を高めて、攻撃に参加する方が良い。 天地雷鳴士でも防衛軍や同盟バトルでは9999ダメージを出せて、幻魔の攻撃を合わせれば1万以上のダメージとなる。 扇を装備してチビチビ攻撃をするよりかは、両手杖を持ってガンガン攻撃してみて欲しい。 高威力のダメージを出すことにより天地雷鳴士が好きになるだろう。 以上、天地雷鳴士が本職の筆者のお話でした〜。

次の

ドラクエ10 天地雷鳴士の宝珠について

天地雷鳴士 宝珠

特技のダメージ量 ひばしら 1055ダメージ 敵単体に炎属性の攻撃特技 単発でこの威力なので、 通常のメラゾーマより強い。 じわれ 764ダメージ 自身から直線に土属性の範囲攻撃を放つ特技 ほぼ使わない特技。 威力も微妙なのだが印はかっこいい。 いなずま 716ダメージ 自身の周りに雷属性の範囲攻撃を放つ特技 敵に囲まれた時や雷属性低下時に使用する。 マヒ効果もたまに発生する。 めいどうふうま 1007ダメージ 敵を中心に土属性の範囲攻撃を放つ特技。 きようさが高いほど風属性ダウンを付与。 範囲攻撃はめいどうふうまを放つのが基本。 この威力を 戦闘開始時から出せるのは強い。 マグマ 1176ダメージ 敵を中心に炎属性の範囲攻撃を放つ特技。 きようさが高いほど土属性ダウンを付与。 チャージタイム45秒なので溜まったら即時に打つ。 めいどうふうまより少し強い。 水神のたつまき 1110ダメージ 敵を中心に風属性の範囲攻撃を放つ特技。 チャージタイム60秒。 使えるようになったら即時に打つ。 れんごく火炎 1622ダメージ 敵を中心に炎属性の範囲攻撃を放つ特技。 チャージタイム60秒。 現時点で天地雷鳴士の最大火力を出せる一番大事な特技。 幻魔と合わせることによって、常に1500ダメージ以上を出していくことができる。 また、幻魔バルバルーの覚醒技だと1600ダメージ以上出せるので、さらなるダメージも期待できる。 幻魔ドメディのメラゾーマ 幻魔ドメディは単体攻撃だとバルバルーに劣るが、バギクロスや覚醒技が範囲攻撃なので、範囲攻撃したい場合はドメディを召喚する。 幻魔組んで戦うことで強さが発揮する 天地雷鳴士は状況によって、火力・回復・補助を幻魔に任せることが出来る職業。 自身でもある程度補助が出来るが、幻魔に任せた方が強い効果を付与出来るので、基本的には攻撃魔力を高めて、攻撃に参加する方が良い。 天地雷鳴士でも防衛軍や同盟バトルでは9999ダメージを出せて、幻魔の攻撃を合わせれば1万以上のダメージとなる。 扇を装備してチビチビ攻撃をするよりかは、両手杖を持ってガンガン攻撃してみて欲しい。 高威力のダメージを出すことにより天地雷鳴士が好きになるだろう。 以上、天地雷鳴士が本職の筆者のお話でした〜。

次の