シャドバ ローテーション tier1。 【シャドバ攻略】ローテーション最強Tier1デッキランキング(1/30更新)【シャドウバース】 [ファミ通App]

【シャドバ】アンリミテッド最強デッキランキング【シャドウバース】

シャドバ ローテーション tier1

「シャドバ最強デッキローテーションランキング」第1位:リノセウスエルフ リノセウスエルフとは、 「豪風のリノセウス」の召喚を繰り返し、 一気にリーサルまでもっていくOTKプランデッキです。 エルフカードの特性である、 自分のカードを手札に戻す効果を利用し、急速に召喚を繰り返すことができるのです。 詳しくは 立ち回り解説をご覧ください! 「シャドバ最強デッキローテーション」デッキリスト (カード名) (枚数) 豪風のリノセウス 3 自然の導き 3 対立射撃 3 ソードエンジェル・エフェメラ 3 雷鳴の軍神・フニカル 2 一角獣の巫女・ユニコ 3 機械樹の番人 3 森荒らしへの報い 3 強者の威風 3 アリアの旋風 2 ざわめく森 3 覇食帝の調理 3 森の女王・リザ 3 愛の奇跡 3 はこちらからどうぞ! 「シャドバ最強デッキローテーション」マリガン解説 先攻の場合 先攻の場合に第1優先で確保したいカードは 「森の女王・リザ」です。 リザはファンファーレおよびラストワード効果で、 「豪風のリノセウス」を高確率でサーチできます。 合わせて、リノセウスについても積極的にキープを狙いましょう。 先攻の場合は、もしリノセウスが交換前にみえているのであれば、 「機械樹の番人」も狙ってもいいかもしれません。 後攻の場合 後攻の場合でも第1優先で 「森の女王・リザ」を確保しにいきましょう。 「豪風のリノセウス」についても、同様に積極的にキープしにいきます。 そして、後攻の場合は、 「一角獣の巫女・ユニコ」を2ターン目に召喚したいところです。 ユニコは2コスト2-2の標準スタッツを誇りながら、 攻撃時の回復効果によって実質守護の役割まで果たしてくれます。 このユニコはニュートラルクラスのカードであるため、 リザのサーチ対象にひっかからないのがポイントです。 想像以上に役立ってくれるので、ぜひ採用してみてください。 「シャドバ最強デッキローテーション」の立ち回り解説 序盤 マリガン解説で述べたように、リノセウスの召喚回数を稼ぎながら、3ターン目にリザを召喚しましょう。 手札に リノセウスと バウンスカードを多めに集めるとこちらのペースにできます! 「愛の奇跡」はカードを2枚以上使用してから、アクセラレートでうちたいため 我慢です。 「自然の導き」などで、ドローを進めることを序盤にしておくと中盤~終盤が楽になります。 中盤 進化権は必ずリノセウスに使用するようにしましょう。 進化時効果で、 リノセウスはターン終了時に手札に戻ってくる効果が付与されます。 ただし、敵の攻撃力が2以下でなければリノセウスが倒されてしまうため、攻撃する相手には注意が必要です。 または、ただ 進化だけして手札に戻すといった戦法も有効な場合があります。 敵に強力な守護がいる場合は 除去札や 突進札で対処しましょう! 終盤 最後はリノセウスを大量展開しましょう!最高の爽快感を味わえます。 敵のターンの時点で、 次の自分ターンにおけるある程度の動きを決めておくと安心です。 「シャドバ最強デッキローテーション」第2位:自然ビショップ 自然ビショップは、 「ナテラの大樹」によって、 「森の参謀・ムニャール」や 「報復の白き刃・アニエス」のカウントダウンやコストを下げ、疾走打点でリーサルを狙うデッキです。 こちらは ナテラの大樹をいかにたくさん回すかが勝利への鍵を握っています。 リノセウスエルフと同様に、1ターンに多くのカードを使用するので、考える時間が足りなくなってしまいがちなので注意が必要です。 相変わらずクルトは入っているので、安心してください!笑 「シャドバ最強デッキローテーション」 第3位:自然エルフ こちらは上記2つのデッキより使いやすいのが素晴らしいところです。 自然ビショップ同様、 ナテラの大樹をいかに回すかが重要となります。 敵を除去しながら盤面を整えていく戦法を得意としている、いわゆるミッドレンジロイヤル型のデッキです。 このローテーション環境における 「エルフ」の最大の強みは、 リノセウスエルフか自然エルフか相手にとってマリガン時点では不明だということです。 以下、本記事のまとめです。 リノセウスエルフ・自然ビショップ・自然エルフはどれも一線級•

次の

シャドウ バース エルフ

シャドバ ローテーション tier1

Tier1:使用数1位(ミッドレンジネクロの1984)のおおよそ半分以上となる使用数1000以上を目安にしています。 同じTier内での使用数が倍以上違うと、ランクマッチでの遭遇率の実感として違和感が生じるので、使用数1000未満のOTKエルフと秘術ウィッチはTier2に下げています。 Tier2:使用数1000未満で500以上(トップのミッドレンジネクロの4分の1以上)のOTKエルフ(使用数781)と秘術ウィッチ(使用数737)はTier2確定です。 エイラビショップ(使用数468)は、Tier2内トップのOTKエルフ(使用数781)の半分は超えていますが、使用数1位のミッドレンジネクロの4分の1未満です。 Tier2かTier3かは微妙なところですが、Tier2確定の秘術ウィッチよりもTier3確定のランプドラゴンの方に使用数が近いので、Tier3にしています。 Tier3:使用数500未満で250以上(トップのミッドレンジネクロの8分の1以上)をTier3にしています。 フェイスドラゴン(使用数251)と天狐ビショップ(使用数230)の使用数は近いのですが、どこかで区切る必要があるので、前者をTier3に後者をTier4にしています。 フェイスロイヤルは、アグロロイヤル(使用数210)とフェイスロイヤル(使用数196)のデータを合算してTier3としています。 Tier4:使用数250未満は確定ですが、どこまでTier4に入れるかは大雑把に決めています。 ミッドレンジヴァンプ(使用数173)、ニュートラルエルフ(使用数168)、ネフティスネクロ(使用数160)、アグロヴァンパイア(使用数152)、リアニメイトネクロ(使用数135)なども、使用数250未満125以上の範囲に入るのでTier4候補です。 しかし、Tier4のデッキタイプを増やしすぎると分かりづらくなるので、操り人形ネメシス(使用数180)までとしています。

次の

【シャドバ】最新最強デッキレシピのまとめ!連勝ランキングや流行度(Tier)でローテーションとアンリミテッド環境の両方のデッキを検索!【シャドウバース】

シャドバ ローテーション tier1

そのほかのおすすめ記事• 初心者向け記事• 環境考察コラム(担当:あぐのむ) どうも横浜F・マリノスキャプテンあぐのむ()です! 先日RAGEが行われたということで、ファイナリストが使用したデッキを解説していきます。 やっぱり強かった式神ウィッチ! 今環境のRAGEでは式神ウィッチがメタゲームの中心であるという認識を多くのプレイヤーが持っていたと思います。 ファイナリストでは8人中6人が式神ウィッチを使用し、その予想は間違っていませんでした。 やはりガン不利対面がない、上振れがあるという点がどんなデッキと対面しても勝つ可能性があり、RAGEではぴったりのデッキだったと思いますね。 自分ももちろん持ち込んだデッキのひとつだったのですが、マリガンの詰めが甘かった、というのが反省すべき点です。 安定性を考えたマリガンで事故を極力減らすようにしたところ、ミラーにパワー負けをしてしまったのでもっとスペルブーストカードを持ってよかったとあとになって思いました。 具体的には、鬼呼びの導師やクラシカルソーサラーは5ターン目の展開にも重要でそのあとにもつながるカードなので単キープしてもよかったと思いました。 どうしてもRAGEなどの大型大会は事故負けだけは避けたいといった思考になりがちですが、今後はそこを改善していきたいと思います! コントロールエルフはリノセウス型に コントロールエルフは自分と同じチームのみずせがツイッターで公開してから一気に広まったデッキです。 もともとチーム内で回していたデッキだったのですが、そのころはプレイが詰められておらずそこまで強くないということでツイートしました。 しかし、話題になってから瞬く間に多くのプレイヤーに使用され、議論と研究が進んでTier1まで上り詰めたデッキです。 そのためRAGEでも使用者が多く、メタ対象にもなっていましたがファイナリストに3人残るほど強力なデッキであったことが証明されました。 構築の変遷としては、始めはゼウスやヴォジャノ沼をフィニッシャーに添えたコントロール型が流行りましたが、対策されるうちにリーサル速度を上げないとメタデッキにはきびしいという問題点から、フィニッシャーをリノセウスにすることでリーサルターンを早くする構築へと変化していきました。 プレーオフ決勝でも早期にリノセウスを完成させて決めきる姿が見られたのでコントロールエルフは当分リノセウスにするのが丸い選択と言えそうです。 安定感の妖怪ネクロ 環境初期に猛威を振るった妖怪ネクロはコントロールエルフに不利となり、式神ウィッチにも有利になるか怪しいラインという理由から減少傾向にありました。 それでも安定感は健在で、豊富なドロソとユニオンバーストが強く、幅広いデッキにも対応が可能で、今回のファイナリスト8名中3名の方が使用していました。 特徴的だったのは全員ヘリオを採用しているということです。 ヘリオはコントロールエルフに対してリノセウスの完成を遅らせるという意味で、盤面が強く押し付けられます。 式神ウィッチに対してもセレスを引けないゲームで酒呑童子からの押しつけで勝つパターンが増えるのが評価できます。 自分もその思考から本番ではヘリオを3枚採用し、このふたつのデッキに戦えるように意識して組みました。 今後妖怪ネクロを使うのであればヘリオを入れることを強くおすすめします! ローテーション最強デッキランキング Tier1 コントロールエルフ 式神ウィッチ 妖怪ネクロ Tier2 アマツエルフ リオードロイヤル 進化ロイヤル 自然ドラゴン Tier3 自然ウィッチ 守護ビショップ コントロールネメシス 最新YouTube動画 そのほかのおすすめ記事• 初心者向け記事•

次の