トゥール スレン 博物館。 トゥールスレン虐殺博物館(S21)【カンボジアポルポト政権下の大虐殺の舞台】

トゥール・スレン博物館巡り ~ベトナム・カンボジア旅行記20~

トゥール スレン 博物館

Walk through Tuol Sleng Genocide Museum for a sobering reminder of the horrors that humanity is capable of committing. Although a visit here will leave you decidedly depressed, it is an important monument to the lives lost during the barbaric Khmer Rouge regime. In 1975, the forces of the socialist dictator Pol Pot occupied Tuol Svay Prey High School. They turned it into Security Prison 21, known as S-21, the most fearsome detention center in the country. Between 1975 and 1978, the Khmer Rouge tortured and killed over 17,000 people here. Bodies of these innocent men, women and children lie in the nearby Choeung Ek Genocidal Center Killing Field. Today S-21 is a museum where these horrors are exposed and the lives lost are memorialized. The Khmer Rouge kept meticulous records of their brutality. Most prisoners were photographed, often before and after they were tortured. The museum displays these haunting photos, more horrifying for the knowledge that nearly all of these prisoners were later killed. At the height of its atrocities, Khmer Rouge in S-21 killed about 100 victims per day. When Vietnamese forces liberated Phnom Penh in 1979, only seven S-21 prisoners remained alive. All of them had bartered their lives so the Khmer Rouge could take advantage of their skills, such as painting and photography. Hire a guide to walk you through the exhibits and share the stories of the prisoners photographed. Slide presentations take place several times throughout the week. If possible, catch the morning or afternoon screening of Bophana. This documentary tells the true story of a local woman who falls in love with a local Khmer Rouge leader. The two are forced to pay for their crimes by imprisonment at S-21. This powerful film allows visitors to further understand the horrors that took place at the prison. Tuol Sleng Genocide Museum is open daily. Expect to pay a small admission fee, with a tour guide costing an additional fee.

次の

トゥールスレン虐殺博物館に行く

トゥール スレン 博物館

Walk through Tuol Sleng Genocide Museum for a sobering reminder of the horrors that humanity is capable of committing. Although a visit here will leave you decidedly depressed, it is an important monument to the lives lost during the barbaric Khmer Rouge regime. In 1975, the forces of the socialist dictator Pol Pot occupied Tuol Svay Prey High School. They turned it into Security Prison 21, known as S-21, the most fearsome detention center in the country. Between 1975 and 1978, the Khmer Rouge tortured and killed over 17,000 people here. Bodies of these innocent men, women and children lie in the nearby Choeung Ek Genocidal Center Killing Field. Today S-21 is a museum where these horrors are exposed and the lives lost are memorialized. The Khmer Rouge kept meticulous records of their brutality. Most prisoners were photographed, often before and after they were tortured. The museum displays these haunting photos, more horrifying for the knowledge that nearly all of these prisoners were later killed. At the height of its atrocities, Khmer Rouge in S-21 killed about 100 victims per day. When Vietnamese forces liberated Phnom Penh in 1979, only seven S-21 prisoners remained alive. All of them had bartered their lives so the Khmer Rouge could take advantage of their skills, such as painting and photography. Hire a guide to walk you through the exhibits and share the stories of the prisoners photographed. Slide presentations take place several times throughout the week. If possible, catch the morning or afternoon screening of Bophana. This documentary tells the true story of a local woman who falls in love with a local Khmer Rouge leader. The two are forced to pay for their crimes by imprisonment at S-21. This powerful film allows visitors to further understand the horrors that took place at the prison. Tuol Sleng Genocide Museum is open daily. Expect to pay a small admission fee, with a tour guide costing an additional fee.

次の

S21 (トゥール・スレン)

トゥール スレン 博物館

851,346アクセス• 世界史の中でも最も呪われた歴史のひとつであるカンボジアの血塗られた近世をアップして見ます。 この国は第二次世界大戦直後は世界でもっとも豊かな国の一つでした。 直接の攻撃を受けていないアメリカは別として日本や西欧は戦災で国土が荒廃し、当時の富裕国はブラジル、アルゼンチン、カンボジアなど戦争の被害にあわなかった農業大国が豊かな国でした。 終戦後、食料の極度に不足していた日本にシアヌーク国王は日本は「数百年来の友人だ」と無償で最大の援助国となり沢山の米を送ってくれ、また日本人は長粒米でなく短粒米を好むと聞いてカンボジアの作米の種類を短粒米に変えてまで援助してくれたほどでした。 現在のカンボジア米が短粒米なのはこのためです。 日本が内戦の終結に尽力したのもお世話になった感謝が理由の一つにありました。 そのような歴史があり今でもカンボジア人は日本人贔屓なのです。 ベトナム戦争でベトコンに手を焼く米軍はホーチミン・ルートが通るカンボジア領内の空爆をシアヌーク国王に迫りましたが国王は断固拒否されました。 そのため米国の工作によりロンノル派のクーデターによるシアヌーク国王海外亡命、続く中国、ベトナムの参入などで23年に渡り自国民同士が血で血を洗う内戦の時代に突入します。 最大の悲劇は毛沢東にだまされたポルポト時代の虐殺です。 その写真をアップして見ます。 人口1000万人のうちポルポト支配の2年間で200万から300万人の人が命を落としました。 おそらくは直接の殺害が半分、あとの半分は知識人の農村への強制移住で一日700カロリーしか食事を与えず衰弱死させたのです。 これは毛沢東がカンボジアには知識層を根絶やしにし、教育を禁止することで国家の根幹を破壊し、カンボジアから中国に連れてきた500名の若い女性に中国人の男性の子供を産ませ毛沢東思想に洗脳したあとカンボジア人!のエリート層として国家を乗っ取るという戦略があったそうです。 気が付いた時、ポルポトは毛沢東に騙されたと涙を流して悔しがったそうですがその破壊によりカンボジアはいまだ三流国から抜け出せず観光と国際支援で生きているような状態です。 表紙の写真はトゥール・スレン博物館に展示されていた直径10cmくらいの頭骸骨で作られたカンボジアの地図。 そう虐殺された子供たちの頭蓋骨です。 現在はあまりにも残酷すぎるとして取り外されました。 そして、初めまして。 arfaさんのカンボジア旅行記のキリングフィールドを拝見しています。 実は、私もarfaさんと同じ様な頃、カンボジアを訪れました。 目的はアンコールワットで、アンコールワットの遺跡もとても印象深かったのですが、本当のところ、一番心に残った場所が、ここキリングフィールドでした。 以前の政権による残虐な殺戮のことはニュース等で聞いていましたが、壁一面のしゃれこうべ(されこうべ)を見、当時の写真を見、地面にあいた大きな穴の中にはまだ衣服の切れ端が色鮮やかに残っていて、明らかに人骨と分かる骨が顔を覗かしている。 そんなキリングフィールドを見て、観光気分がぶっ飛びました。 その後、アンコールワットへと行きましたが、地雷により体が不自由な方が物乞いをしていたり、赤いロープが張られた地雷原がそこらじゅうに残っていたりと、カンボジアの旅は、私の人生観を180度変えてしまう経験でした。 アンコールワットの美しい景色を楽しむ私と、それを遠くから冷たく見る私がいる。 遠くの私は、遺跡を愉しんでいる私に「キリングフィールドを見たあなたは、何を想っているの?」と問いかける。 そんな感じの経験でした。 暫く忘れていた記憶でしたが、arfaさんの旅行記を見て、鮮やかによみがえってきました。 キリングフィールド、多くのオトナに見て欲しい場所です。 これだけではもったいないのでメキシコシティOUTでメキシコで他の遺跡へのコースも検討したいので参考にさせていただいています。 >以前の政権による残虐な殺戮のことはニュース等で聞いていましたが、壁一面のしゃれこうべ(されこうべ)を見、当時の写真を見、地面にあいた大きな穴の中にはまだ衣服の切れ端が色鮮やかに残っていて、明らかに人骨と分かる骨が顔を覗かしている。 私も一番印象に残っているのはキリングフィールドです。 特に見られた通りちゃんと埋葬もされずに地面から覗く人骨に何ともいえない感情を覚えたものです。 美しいアンコールワットやバイヨンと対象の悲惨な近世の歴史。 それなりに勉強した内容でいえば豊かで平和なカンボジアはベトナム戦争への協力(国土の爆撃)を故シアヌーク国王が拒んだため、アメリカが仕込んだロン・ノル将軍によるクーデターによりその後の23年に亘る泥沼の内戦に陥り結果、罪のない人々が大量に殺されることになりました。 それでは、また続けてメキシコを拝見させていただきます。 あけましておめでとうございます。 本年も宜しくお願いいたします。 >カンボジア人の中国に対する嫌悪感をひしひしと感じました。 そして、この場所ではカメラを構える気力を無くてしまいました。 arfaさんのように、カメラを構えるべきであったと今反省しています。 正直、気が重かったですよ。 でもカンボジアの歴史をこれから観光に行く人達に少しでも知っておいてほしいと思い撮影しました。 きれいなアンコールワットだけでない暗い過去があることを伝えたかったのです。 余談ですが一昨年、友人達を案内してここを訪れた時は私は入口の休憩所で待っていて入る気はしませんでした。 出てきた友人達もみんな暗い顔になっていました。 あまりに悲惨で二度と見たくないところでもあります。 >今年もarfaさんにとって良い一年であることを祈念いたします。 ありがとうございます。 shanghaiにとっても良いお年となりますように祈念しております。 『氷河の中から日本人らしき老人遺体が発見!』数百年後に・・・本望です、かな?(爆 修行僧の河口恵慧は凄いですね。 とは言え、ラクパ・ラからタン・ラまでは標高5千メートル級の峠越えですから高山病が・・・厳しいそうですね。 歳が歳ですから、天候状況を見計らって決断したいと考えております。 実は今、娘たちが孫を連れて里帰りしております。 arfaさん キリング・フィールドは映画、テレビのドキュメンタリーなどで見ましたが、こんなに残酷な拷問の実態を紹介していることは知りませんでした。 32枚の写真と丁寧な写真が胸を打ちます。 あんなに温和なカンボジアの人達がなぜ罪の無い子供たちまで殺せるのか? >日本人やドイツ人もよく言われますが几帳面な種族は反面、狂気の残酷さを持つそうです。 カンボジアの悲劇も几帳面なカンボジア人だからこその徹底なのでしょうか。 アウシュビッツの狂気も恐ろしいですが、クメールの拷問はその比でない残虐さを感じます。 arfaさんのお言葉、几帳面な国民性は集団心理に陥りやすいのかなあ、と考えてしまいます。 さすらいさん、お久しぶりです。 子供までと言うのは拷問で反動分子の名前を言わなければ殺してもらえず永遠に苦痛を味わうという極限で出た名前なんだと思います。 殺すポルポト派の兵士も分かってるんですが殺さなければ自分が反動分子として殺されるというチクリ合いの恐怖政治時代の産物なんでしょう。 以下は他の人に書いたもののコピーですが失礼ご容赦ください。 長くなりますがアメリカ傀儡のロンノル政権を倒すため、ポルポトが援助を求めたのは中国でした。 ベトナムやタイは国境を接しているため見返りを要求される、また援助を口実に侵略されると考えたようです。 毛沢東に伝授された共産主義の理想は農業生産による自給自足。 盲目的な従順さで従うのは無教育な民と信じ込まされ実行したわけです。 文字が読めるだけで(いらない知識を得ないために)反動主義者とされました。 当時、世界有数の豊かな国カンボジアは日本よりはるかに早く特撮映画を作製し、国内の映画館は大賑わいで豊かさを背景にシアヌーク国王は国の将来は人材と教育を推奨していました。 当時の教師は20万人あまり。 これが2年間のポルポト後にはわずか1万人まで激減。 政治家、官僚、学者、弁護士、教師、僧侶他、国家・人民の基幹となる人物はほぼ抹殺されました。 エリート層の人物を農村に強制疎開させ毛沢東が政治犯(反毛沢東派)を合法的?に殺すため(1日たしか700kcalの食事しか与えない)の方法で衰弱死させたそうです。 これはどんな頑強な人でも2年持たないといわれています。 毛沢東の狙いは「1年に3回も米の収穫できる国」カンボジアの支配でした。 カンボジア人を奴隷と化し国家が成り立たなくなった頃にカンボジアから連れて来た若い女性500名に中国人と結婚させ子供をもうけさせ毛沢東主義を徹底して教育。 カンボジア人と称しカンボジア政府の要職に据え中国の属国化すること。 これが真の狙いだったそうです。 トゥールスレンではまた人口の大幅減を狙い(最低限の奴隷生産力のみ確保)、誰かの名前を言わないと殺してもらえない拷問責めで苦し紛れに名前を出された生後間もない子供まで反動勢力活動家として殺されました。 キリングフィールドの骸骨は性別、年代別にきちんと並べられているのでその狂気には背筋が凍ります。 殺すことを拒否した兵士も反動主義者にされるのですから落ちるところまで転がるしかない訳です。 プノンペン陥落後にポルポトも気が付き「毛沢東にだまされた。 」と悔しがり、自分のしたことを泣いて悔いていたようです。 arfaです。 おっしゃるとおりカンボジア人はとても温厚な人達ですが日頃おとなしい民族は集団心理に陥ったときにその反動か、残虐性が強いといわれます。 日本人、ドイツ人、ロシア人、カンボジア人。 本質的な残虐性は中国人などの方が強いのでしょうが、従順の反面という面では上記の4民族が強いのかなとか思います。 もう亡くなった大叔父が中国戦線に出征していたときの話を聞いた時に気分が悪くなったのを思い出しますが、日頃温厚な人でも特殊な状況ではいくらでも残酷になれるものだと思います。 話は「泣き叫ぶ村の娘を集団レイプし、その後部隊に訴えられては困るので筵で簀巻きにして川に生きたまま放り込んで殺す。 」 「暇つぶしに八路軍がいると決め付け、村を包囲して火を付ける。 火の中から逃げてくる人を捕まえて頭と足を持ちまた火の中に放り込む。 繰り返して皆殺しにしたら遊びが終わり。 」など、普通では考えられない残酷なものでした。 ただし、中国軍に捕まると更にむごい拷問と言うかリンチにかけられたようです。 生きたまま土に首だけ出して日干しの生き埋めとか、高い板の上に首を出して固定し、カラスにつつかせて殺すとか等々聞きました。 人間って本性は最も残酷な動物なんでしょうかね。 見たくないですが。 狂信的な共産主義の果てにクメールルージュを 率いて農村至上主義を打ち出し、知識階級の人々を中心に 云われ無き粛清と云う名の虐殺に走る。 その数は数百万とも云われる。 もう中国の毛さんとこの文化大革命をモデルにしているから、 酷いもんです。 それにしてもあの頃の日本の一部メディア は妙に文化大革命を礼賛していたもんです。 人間っていったい何なんだろうと思ってしまいます 狂信的な指導者がうまれる土壌が在ったといえばそれまでなんだけど。

次の