暴力はいいぞ。 熱心ないい監督さんだから仕方ない? 野球界から「暴力指導」がなくならない理由

家族の性暴力を拒めなかった私 悪くないと気づけた日:朝日新聞デジタル

暴力はいいぞ

警察や軍関係の内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た警官の日常や刑事の捜査活動などにおける驚くべき真実を明かすシリーズ。 今回は、の元組長が繁華街でのバングラデシュ人キャッチについて警鐘を鳴らす。 * * * 「一言で言えば、バングラのやつらはいい加減だ。 腐りきってるね。 先日、暴力団組織の元組長と一緒に、都内某所の繁華街の裏通りを歩いていた時のことだ。 暗がりの中から浅黒い肌に天然パーマ、目鼻立ちが整いすらりとした細身の男がスーッと出てきて、前を歩く会社員らしき男性3人に声をかけた。 「お兄さん、ご飯は食べた?」 声をかけられ会男性たちが立ち止まる。 途端に、通りのあちこちから男たちがワラワラと寄ってきた。 キャッチ(客引き)をしていたバングラデシュ人たちだ。 今では客引きも風営法(風俗営業法)や迷惑防止条例により違法とされているはずだが、次から次へと集まってくる。 会社員男性の1人がキャッチに聞いた。 「どっかいいとこある?」 それを見ていた元組長が苦笑いをした。 「あいつら、もう逃げられないぜ。 ああいうのは無視するのに限る」 バングラデシュ人たちが、サラリーマンたちに向かって一斉に何かをしゃべり始めた。 狭い通りでは、中国人、フィリピン人、アフリカ出身のキャッチたちが、遠巻きにその様子をうかがっている。 「キャッチ禁止なんて条例、やつらには通用しないのさ。 ヤバくなれば、店の場所を聞かれたから教えてただけだと言い張る。 晴れていれば客通りもあるが、寒い日や雨の日には1人に10人近くが群がって客の取り合いになることもある」 なのに誰1人、元組長には声をかけてはこない。 一定の距離を保ったまま、通り過ぎて行くのを怪訝そうに眺めているだけだ。 「バングラのやつらは、声をかけていい相手と悪い相手を見分ける嗅覚がすごいんだ」 元組長が右へ左へ視線を走らせると、男たちは目が合わないように視線をスッとはずしていく。 「やつらはごちゃごちゃしたネオン街に多くいる。 特に上野や錦糸町では、地元のヤクザよりやつらの方が多いぐらいだ。 中国マフィアや韓国のなんとか団みたいに集団で手荒いことはしないし、ヤクザのシマを奪おうなんてしないがね。 気付いた時には排除できないぐらい大量繁殖しているのさ」 元組長の話では、バングラデシュ人が来日し始めた頃、彼らが儲けていたのは、正規のテレホンカードを10分の1の値段で買い、それを日本に出稼ぎに来ていたフィリピン人女性に売るという商売だ。 当時、フィリピンは国際電話の通話料が高い上に、国に子供を置いて出稼ぎに来ている女性が多かったのだ。 「やつら、その儲けを元に店を始めた。 店をやる時、やつらは自分の国の人間を使う。 バングラから家族や親せき、友人を呼ぶんだ。 呼ばれたやつらがある程度儲けると、また店を出し次のやつらを呼ぶ。 そんな具合にやつらはどんどん増えていく」 中には大手通信会社が熾烈な売上競争に勝つために、年に数回、大量に安価で卸していたテレホンカードを億単位で仕入れ、それを売って大儲けしたバングラデシュ人経営者もいた。 この時、主に仕入れていたのはバングラデシュ人が経営する会社だけでなく、中国人が経営する会社もあった。 そのうちの1つは、今誰もが知っている家電量販店へと成長し、日本企業を買収するまでになっている。 これだけならバングラデシュ人は案外、まともな商売をしてきたと思えるところだが…。 「あいつらも騙してなんぼの世界なんでね。 嘘ばっかりさ。 品物を注文するから、仕入れてやっても金を払わない。 依頼してきた仕事を終えて請求書を出しても代金を払わない。 そんな話を何度聞いたことか。 俺もバングラで土地を買ったら、すぐに上がると言われたがダメだった。 ガセさ。 仕事で付き合うなら、あいつらは要注意だ」 顔見知りなのか、キャバクラの前に立っていたバングラデシュ人の男がペコッと頭を下げた。 カジュアルな格好にビーチサンダルをつっかけている。 「よう元気? 儲かってるかい? 悪いことしてない? 今日はクスリ、持ってるか?」 「持っていないよ、当たり前でしょ!」 男が慌てて首を横に振った。 「儲からないよ、ボチボチね。 悪いことしてるの、私たちじゃない。 あなたたちにやられてるよ」 顔中いっぱいに作り笑いを広げ、コソコソと立ち去っていく。 実際、バングラデシュ人経営の店は増えているという。 「やつら脱税し放題でね。 3年で1億の所得を隠したやつもいたよ。 もっとも捕まったけどね。 それだけ儲けてるってことさ。 フィリピンパブにロシアパブ、日本人のキャバクラ…と下町のネオン街では、バングラがやってる所が多いんだよ。 バングラが社長だと誰も信用しないが、そういう店ほど女の子への給料は日払いだ」 刑事課の刑事に、バングラデシュ人について尋ねた時は苦い顔をされた。 「やつら、いい加減だよ。 店をやっていても営業時間すら守らない。 ハナから風営法なんて考えちゃいない。 女の子も日払いだからすぐにいなくなる。 在留しているバングラ人は配偶者が日本人の場合が多く、それが偽装なのかどうか見抜くのに時間がかかって困る」 元組長は、サラリーマン3人に群がるバングラデシュ人らを冷ややかに見ながら言った。 「いい加減の極め付きは、やつらのイスラム教に対する態度さ。 『アニキ、豚の生姜焼き、あれほど美味い物はないね』って、ビールを飲みながら言うんだぜ」 イスラム教は戒律で豚を食べることを禁じている。 アルコールも禁止だ。 「みんな、ランチに豚の生姜焼きを食ってるよ。 もっとも、こっちから食わないかと誘うと建前として食べないがね。 ビールなんて平気さ。 自分たちの宗教に対してそうなんだから全体的にいい加減。 何かあれば集まってくるが、バングラ同士の結束は固くない」 「やつらは日本人に対して独特の距離感を持っている。 仲良くなりすぎないのさ。 まるで知らなければと何もできないが、中途半端に知り合うとズルイことができる」 サラリーマンの男性たちがバングラデシュ人のキャッチと一緒に歩き始めると、元組長が情けなさそうに言った。 「カモられるぜ、あいつら。 ここで一番弱いのは日本人、一番金を持っていないのも日本人なのにな」 外部サイト.

次の

暴力団をこの世から消すことができない理由を教えてください。 …

暴力はいいぞ

本記事は連載の第1回です 高橋エリさん(仮名・40代)。 フラワーデザインに関する資格を持ち、長年、国内外で花に関する仕事に携わってきた。 彼女は10代半ばで、監禁と集団強姦の被害に遭っている。 高校生のときに遭った拉致監禁 人生で何度か、忘れられない瞬間があるとエリさんは言う。 1つ目は、高校生のとき。 春休みが明けて登校し、仲の良い友人たちと、いつもと同じように雑談をしていた。 あの先輩がかっこいいという、たわいもない会話。 その瞬間、自分だけがエレベーターでストンと落ちていくような強烈な感覚を覚えた。 「私はもう、みんなとは違う。 私はもう、この場所にいられない」 幼い頃に父が亡くなり、母は働きながらエリさんや姉妹を育てた。 「手に職を」と、子どもたちを大学や専門学校に通わせてくれた一方で、エリさんが10代になると、恋人のできた母は家にあまり帰らなくなった。 姉妹の一人は荒れて引きこもり、食器を投げる。 家具や壁をボロボロにする。 帰宅してから、ぐちゃぐちゃになった室内を片付けるのがエリさんの日常だった。 居場所がない。 そう感じて、春休みにほかの街に住む先輩を頼って家出をした。 駅で先輩を待っていたそのとき、若い男の集団に拉致された。 車内でシンナーを吸わされ、その後の記憶は朦朧としている。 男たちはエリさんが駅で缶のココアを飲んでいたのを見て、シンナーを吸っていたと勘違いしたらしい。 「なんだシンナーじゃなかったのかよ、じゃあ吸えよ」、そんな会話だけ覚えている。

次の

中学1年生女子です。兄から暴力を受けます。

暴力はいいぞ

「嫌と言っていい」と、早く知っていたら 「こういう教育が、幼いころの自分にほしかった」 北海道に住む女性(43)は、10年ほど前、子ども向けの性教育の催しに小学生の娘と参加した。 講師が、水着で隠れる部分をプライベートパーツと呼び、その部分は人に見せたり、触らせたりしてはいけないこと、人のを見たり、触ったりしてもいけないことを教えていた。 「触られそうになったら嫌と言っていい。 もし触られたら近くの大人に話すんだよ」。 講師はそう子どもたちに言った後、親に向かっても語りかけた。 「子どもが告白してきたら、まずは『つらかったね』と受け止めてあげてください」 女性は小学生のころから、ふろに勝手に入ってくる父に胸や性器をさわられた。 嫌だった。 でも、どこかでうれしい気持ちもあった。 それは、このときだけは父が優しかったからだ。 2歳のとき、母が死亡。 一家は父の実家で暮らした。 祖父は殴ったり、けったりする暴力的な人だった。 父は手はあげないが、物を投げたり、大声で怒鳴ったりした。 「お前なんてどうせ何やってもダメだ」が女性への口癖だった。 数年して、父がしていることは「おかしいのかも」と思い始めた。 胸を触られたときに泣きながら抵抗したら、父は手を止めた。 「なんだよ、いつもは喜ぶのに……」と言いながら。

次の