ニコン d780。 「D780」と「D850」の違い

Nikon D780! D850ユーザーからの感想など。│YOKI

ニコン d780

【この記事の目次】• 画像処理エンジンは、ミラーレスカメラの、、と同じEXPEED 6を搭載していて、AFシステムが強化されているため、ファインダー撮影も、ライブビュー撮影も快適な機種に仕上がっています。 今回は、ポートレート撮影で本機の性能をレビューします。 4G」をすべてのシーンで使用しています。 偶然ではありますが、絞りはすべて開放の作例となります。 屋外、室内共に照明やストロボは使用せず、自然光とレフ板のみで光を回して撮影しました。 D780がポートレート撮影で見せる本気をご覧ください。 強い逆光の状態で露出を上げることによって、背景はかすかに見える程度だけ残して白とびさせて、モデルが光に包まれているようなイメージに仕上げます。 4G」は、白とびギリギリのグラデーションが絶妙に美しく、絞り開放で使用することによって、浅い被写界深度がふんわり感を増長させてくれることから、ぜひD780との相性を見たいと思い、このレンズ一本での撮影としました。 結果、これからもポートレート撮影ならこのセットで勝負できると自信が持てるほど、繊細で美しい画を描き出してくれました。 モデルの顔の輪郭を優しく、でも滲みなくなめらかに描写し、光の当たっている鎖骨のハイライト部の、ギリギリのグラデーションを表現しているのには感動しました。 見やすい、綺麗というのは、常々覗くファインダーの性能としては絶対条件です。 そこを軽々クリアーしてもらえるのは、カメラを所持する側として、とても有難いことだと言えます。 ミラーレス機での撮影に慣れると、ファインダーは使わずに、ライブビュー撮影がメインになるんじゃないのかと聞かれることもあるのですが、太陽が背面液晶にあたって反射で液晶が見えにくいときや、撮影に集中したいときなどは、ミラーレス機、一眼レフ機ともにファインダー撮影も行っています。 今回も、撮影の半分はファインダー撮影で、AFモードはシングルAFサーボで、AFエリアモードはシングルポイントAFモードで瞳に合わせています。 ライブビューの静止画撮影時にAFエリアモードをオートエリア設定にすると、Zシリーズと同じように顔認識、瞳AFが働いてくれるので、もちろん使用してみましたが、Zシリーズを常用している筆者としては、いつもと同じような撮影シーンで使用することで、その性能の確かさはすぐに確認できました。 ファインダー撮影、ライブビュー撮影、どちらの撮影方法がいいかというよりも、好みで使い分けられるのがいいですね。 まだカメラを始める前のモデル時代から、撮影される方のカメラの、カシャっという音がかっこいいなと思うカメラは、いつもニコンだったことを覚えています。 本機のシャッター音も軽快で、空気を切り裂くような凛とした音色でした。 ポートレートにおけるシャッター音は、モデルとダンスを踊る音楽のようなもので、筆者はステップを踏みやすいようにリズミカルさを大切にしています。 「カシャ…カシャ…カシャ…」と等間隔だと、モデルもポーズ替えのタイミングを計りやすいのですが、「カシャカシャ………カシャカシャカシャカシャ…カシャ……」のように、いつシャッターを押されるかわかりにくいリズムだと、ポーズ替えがなめらかに行えず、お互いのリズムが崩れることでいい表情に出会えるチャンスが減るのとともに、目つぶりショットが増えることもあります。 撮っている実感が感じられるしっかりとしたシャッター音なので、今までリズムを気にしていなかった方は、本機のオーナーになりましたら、ぜひリズミカルにシャッター音を響かせてください。 このメニューに何の項目を当てはめるかは、自分でカスタマイズすることができます。 筆者は、右手でグリップを持っている都合上 i メニューの左側を多用するので、一番変更頻度の高い「ピクチャーコントロール」を左上に、その下に「ホワイトバランス」を当てはめています。 ポートレート撮影では、ピクチャーコントロールのポートレートモードを多用します。 その名の通り、人物の肌色を明るく活き活きと描き出してくれる、スタンダードよりも少し柔らかな描写のモードです。 これにプラスして、モデルの肌色と服の色によって、ホワイトバランスをケルビン数で設定することが多いです。 この作例では、はっきりした紺色のドレスの色味を出したいのと、白い肌の透明感をさらに上げるために、ホワイトバランスを4300Kに設定しています。 D780は、ホワイトバランス設定をこの i メニューからでも、カメラ上部のISOボタンからも変更できるので、ファインダー撮影時は上部の物理ISOボタンから、ライブビュー撮影時はZシリーズと同じように i メニューからと、撮影状況に合わせて使用できたのがとても便利でした。 モデルが座っている高さまでカメラを低くすると、ほぼ床に付くくらいになります。 さっとその姿勢をとれるのは、握りやすい形状のグリップのお陰でもあります。 スナップだけじゃなく、ポートレートも一瞬が命です。 シャッターチャンスを逃さないために、ローアングルも、ハイアングルも、素早くカメラを落としそうにならずに構えられることは、地味だけどとても大切です。 また、この撮影時はかなり暗い室内で、さらに逆光の状態で撮影しているので、この写真で見るよりも肉眼で見る方が暗い状況でした。 D780は、ライブビュー撮影時にローライトAFのお陰で-7EVの暗さまでAF検出ができます。 つまり、被写体が暗くても瞳AFが効きやすいということ。 作例のように、しっとりとしたムードにしたいときは、全体のトーンを落としながら、でも背景や体の一部にハイライトを作って撮影したりします。 そんな薄暗いなかでも瞳を認識してもらえるので、構図や光の状況に気持ちを配って撮影できるのが、瞳AFの恩恵でもありますね。 筆者もD850を所持しているので、D780のオーナーになった場合、いざというときの予備電池がすでにあるという、心強い状況になります。 とはいってもこのバッテリー、低消費電力設計で、1回の充電で静止画は最大約2,260コマ、動画は約95分の撮影が可能なので、ハードな連写や、ライブビュー撮影を多用しなければ、それほど電池の減りにどきどきしなくても大丈夫でしょう。 ニコンにはアクティブD-ライティングという、白とび、黒つぶれを抑えてくれる機能が搭載されているのですが、ポートレート撮影のときはこれを強めにかけると、特に暗い部分が明るく持ち上がって、コントラストが高くならないようにしてくれるのでお勧めです。 これは静止画でも動画でも使用でき、色味や鮮やかさ、コントラストやムードをワンタッチでがらりと変えることができます。 効果の度合いも、0から100まで10ステップ刻みで適用させられるので、見たままから感じたままへ、自分の思い描いたムードをそのまま写真にすることのできる、素敵なシステムです。 今回使用した「サイレンス」は、全体の彩度を押さえたモノトーンに近い色合いになりながら、赤やピンク色などの鮮やかな色はほんの少し色味が残るので、モデルの唇を強調した、シックなムードにしたくて使用しました。 また、普通のモノトーンよりも全体が優しい輪郭の軟調になるので、女性ポートレートに向いているクリエイティブピクチャーコントロールです。 ここで使用したクリエイティブピクチャーコントロールは「ドリーム」です。 このクリエイティブピクチャーコントロールも「サイレンス」と同様、全体の輪郭を優しく弱めて軟調なイメージにしてくれるので、女性らしさを強調したポートレートにぴったりです。 さらに、ミドルレンジシャープを-1. 5に、明瞭度を-1. 5にして、全体をさらにふんわりと描く設定にしたので、その名の通り、夢の中のようなイメージになりました。 この日はほぼ一日、D780を使って撮影していましたが、グリップの握りやすさのお陰か、右手の疲労感はほとんどありませんでした。 グリップが握りにくいと、変な所に力が入って、手の筋が痛くなることもあるのですが、本機ではそれは感じませんでした。 シャッターを押すたびに響く凛としたシャッター音、見やすいファインダー、ライブビュー撮影での瞳AFの確実性、使いやすいメニュー画面と、見惚れる描写性能!ニコンの本気を見させていただきました。 この記事に使用した機材.

次の

ニコン「D780」発売決定!プロ写真家が「D750」との違いをピックアップして比較。│NAOVIC Magazine

ニコン d780

一眼レフカメラの特徴を整理 一眼レフ、つまり光学ファインダーを持つカメラの特徴として挙げられるのは、リアルタイムに被写体を確認でき動体撮影時の被写体をファインダーに捉え続けることが容易である、ということ。 また、光学ファインダーを用いた撮影時はライブビュー(LV)の表示という処理の大きな仕事を映像エンジンがしないのでバッテリー消費が少ない。 一眼レフカメラではカタログ上の撮影可能枚数(CIPA基準)が1,000ショットを楽に超えるカメラも多い。 本機もCIPA基準で2,000コマを超えるスペックを持っている。 CIPA基準では内蔵ストロボを持つカメラと内蔵ストロボを持たないカメラで評価方法が若干異なり、内蔵ストロボを持たないD780では内蔵ストロボを発光させないで良い分成績が伸びている、という裏話はあるけれど、それでも並のミラーレス機の倍以上のバッテリーライフがあるのは魅力のひとつだろう。 一眼レフカメラの特徴でもうひとつ忘れてはならないのが、起動時間やスリープからの復帰時間の短さ。 電源ONやスリープ復帰から1秒以内に撮影可能となるミラーレス機はまだ存在せず、「一眼レフカメラはシャッターチャンスに強い」などと言われる所以となっている。 [ポイント1]AFについて D780の位相差AF性能は、フラッグシップモデルD5のアルゴリズムをD780に最適化して搭載されたことがアナウンスされている。 D780のAFシステムについて話を聞いてみたところ、AFモジュールそのものはD750から引き継ぎでAF専用エンジンは装備されていない。 1月9日追記:記事初出時に「D780の位相差AF性能はD5と同等レベル」と記載していましたが、正しくは「D5のアルゴリズムを(51点AFであるD780に)最適化して搭載し、オートエリアAFの被写体検出性能を高めた」ものだったため、上記部分を修正しました。 LV中のAF性能はZ 6と同等。 もちろんミラーレス専用設計のZレンズが持つAF性能と比べるとレンズそのものが持つAF性能で差があるので、レンズシステムを含めた総合力では専用システムのZシリーズにアドバンテージがあると想像されるが、基本的には同じものが動作しているので、画面の縦横それぞれが約90%を誇る像面位相差AFのエリアカバレッジや瞳AFの快適性を一眼レフカメラでも楽しめるのは嬉しいところ。 前後ダイヤルはD850と同様にラバーが巻かれ、手の状態(手袋や乾燥肌など)に依らず操作感はとても良い。 やはりこうでなくては。 レリーズ感はD850よりも低音成分が強く、実務的な音質で少しだけ手に衝撃が伝わる印象。 比較対象として非常に上質で触感の良いD850を持ち出したことが不適当であることについては自覚している。 LV中の撮影感はほぼほぼミラーレス機の快適性が実現されている。 AFは高速かつスムースで、レリーズから露光までのラグも非常に小さい。 試みにZ 6とのレリーズ感を比べてみたら非常に僅かな差だけどD780にワンテンポのラグがあった。 まとめ 実写前に簡単に動作チェックしてみただけでも軽快感やハンドリングの良さを感じられた。 それはサイズや重量など物理的な事実だけではなく握り心地の良さやレスポンスなど肌に触れることで実感できる部分。 LV性能の快適性はミラーレス機同等で、OVF撮影時は一眼レフのレスポンスがあることは痛快で気持ちが良く、撮影スタイルに依らず反応が良く快適。 人間、「快適さ」にはあっという間に慣れてしまうが「不快さ」に対してはナカナカ慣れないものなので、「様子見がてら、軽く触れてみよう」などという中途半端な気持ちでD780に触れてしまうのはいささか危険である。 ということで、従来からの一眼レフカメラユーザーの人たちにも、ミラーレス機で写真を始めて一眼レフカメラが気になっている人たちにも訴求力のあるカメラという感触を得た。 それは、これまでニコンの一眼レフカメラが苦手としていたLV中のAF性能が快適と感じるレベルにまで一足飛びの進歩を果たしたことの影響が大きく、さらに一眼レフカメラの撮影感とレスポンスを両立出来ているからだ。 咄嗟のシーンやバッテリーライフという実務的な側面から一眼レフカメラが望ましいけれど、ミラーレスの利便性も捨てがたいと感じている人には理想的な解となるカメラなのかも知れない。 次回は実写編として、気になる画質面についてお伝えしたい。

次の

Nikon D780が凄い!Z6・D750より良い点・悪い点 PCまなぶ

ニコン d780

【この記事の目次】• 一眼レフとミラーレスのハイブリッド は開封編として、前モデルの一眼レフカメラと比較しながら外観をチェックしました。 D750は当時のFXフォーマット一眼レフカメラとして、初の試みとなる機能を搭載した機種ですが、D780ではより扱いやすく進化したことがお分かり頂ければ嬉しいです。 もちろんD780は外観だけでなく性能も大きく進化しました。 一眼レフカメラならではの、ファインダーを使用した撮影はもちろん、ミラーレスカメラのようにライブビューを使用した撮影も得意なハイブリッドカメラになりました。 今回もD750と比較しながら、変わった部分や性能をご紹介したいと思います。 センサーはローパスフィルター搭載の有効約2450万画素のもので、D750 有効約2450万画素 と比較すると画素数が僅かに向上しています。 ダイナミックレンジも広いためシャドー部からハイライトの部分まで高く描写してくれるのは、さすがFXフォーマットというところでしょうか。 裏面照射型CMOSセンサーを搭載したことで、常用ISO感度はISO100-51200となり、D750の拡張最高ISO感度を常用感度として使えるほど、高感度耐性の高いカメラに進化しました。 作例では暗いカフェの店内を撮影したものですが、AFもスムーズにピントが合いました。 ノイズも少ないクリアな仕上がりになっていると感じます。 -7EVと言えばもはや暗闇といっても過言ではないほどの暗さですが、それも対応できるとなると星や夜に撮影する場合でもより撮影がしやすくなることでしょう。 シングルAFサーボ(AF-S)絞りF1. 4設定時 ライブビューの進化で、もっと撮りやすく。 3 ISO 100(100mmで撮影) 前モデルのD750はFXフォーマット一眼レフカメラで初となる、チルトモニターを採用したことはでもご紹介しました。 チルトモニターを採用したことで、ローアングルやハイアングルの撮影でも楽な姿勢で撮影することができるようになったことで、いつもと違った表現をより簡単に撮影できるようになりました。 DXフォーマットではバリアングルモニターを搭載したカメラもあるため、FXフォーマットにもチルトかバリアングルモニターを搭載してほしいと思っていただけに、発売当時凄いと感じた記憶があります。 しかし、D780ではタッチパネルを搭載したことで、AFポイントを直感的に選択することができるようになりました。 また、位相差AFを使用したことで、ピントが合う速さも非常に速くなりました。 作例は、ゆっくりと歩きながら浅草寺の仲見世を通った時に、ハイアングルで撮影したものです。 多くの人が通る場所で、撮影する時に立ち止まれずに周りに注意しながら撮影しました。 モニターを見ることができる時間も限られているため、ライブビュー撮影は非常に便利で、位相差AFのおかげも相まって歩きながらでも撮影することが出来ました。 像面位相差AFを搭載したことで、ライブビュー撮影時でも状況に応じて高速な位相差AFとコントラストAFを使用することができ、AFエリアもZ 6と同様の273点と広い範囲でピントを合わせることができます。 と同じAFエリアであることはもちろん凄いのですが、それ以上に私が凄いと思ったのは、ライブビュー撮影時の瞳AFが使用できることで、ポートレートをよく撮る方は嬉しいのではないでしょうか。 MFレンズの使用時はもちろんですが、花の撮影などAFではなかなかピントが合わせにくいこともある被写体を撮影する際に、ピント位置を色付きで教えてくれるので非常に便利な機能です。 ピーキング機能は最近のミラーレスカメラには搭載されていることが多く、でも良さについてご紹介しました。 一眼レフカメラでは、光学ファインダーを使用する構造上、撮影者の目とフォーカスエイド機能を頼りに撮影していましたが、どうしてもピントを外してしまうこともありました。 もちろん、ピントを合わせることの楽しさもあるのですが、どうしても外したくないときや暗い場所ではより正確なピント調整が必要な場合もありますよね。 光学ファインダーでピントを合わせる楽しさを味わうのも良し。 ピントを外したくないときはライブビューでピーキング機能を使用する。 6 ISO 2000(120mmをDXクロップに設定して撮影) 一番と言っても良いくらい嬉しかったのは、シャッタースピードの設定できる幅が広がったことです。 マニュアルモードの設定時に900秒まで撮影できれば、滝や渓谷、星の撮影などの長時間開けて撮影する場合に、ロック機構付きのリモートコードを忘れてしまった場合でも安心して撮影に臨めそうです。 特にポートレート撮影では、単焦点レンズの開放F値付近で撮影する方も多いと思いますが、晴天時の屋外で絞り開放付近で撮影すると白トビしてしまうこともあります。 NDフィルターを使用するのも良いですが、シャッタースピードで調整できれば、より楽に撮影ができるので嬉しいポイントだと思いました。 連続撮影性能 D780は、ファインダー撮影かライブビュー撮影によって最高連写枚数が変わります。 ファインダー撮影では最高約7コマ/秒で、D750(6. 5コマ/秒)と比較すると僅かな進化に感じます。 しかしライブビューを使用した撮影では、AF/AE追従でありながらも約12コマ/秒のサイレント連写ができます。 被写体によってはローリングシャッターによる歪みが発生する可能性もありますが、速く動く被写体でも撮影できる可能性も上がることでしょう。 キタムラ公式チャンネルもチェック! キタムラYouTubeチャンネルでは、ローリングシャッターについて取り上げた動画を公開しています。 概要欄にはローリングシャッターについての説明もありますので、ぜひご覧ください。 AFポイントは51点とD750と変わらないものの、ニコンフラッグシップ一眼レフカメラD 5相当となるAFアルゴリズムを採用したことで、被写体検出の精度が向上しました。 オートエリアAF、3Dトラッキング時には、人物の顔と瞳を検知することで、ポートレートの撮影でもより精密なピント合わせがしやすくなります。 より見やすくなったクロップ撮影 クロップ撮影はFXフォーマットのセンサーから一部分を切り出すことができるもので、D750にも搭載されている機能です。 メリットとしてはFXフォーマットの焦点距離が300mmのレンズであれば、焦点距離をAPS-Cセンサーと同じく450mm相当として使用できるため、少ない機材で運用できます。 実は先ほどお出しした新幹線を撮影した写真もクロップを使用しました。 6 ISO 2000(120mmをDXクロップに設定して撮影) クロップ撮影自体はD750もできるのですが、ファインダーの内側で枠が太くなるだけでした。 注意すれば失敗することはないのですが、切れていても見えてしまっているだけにシャッターを押してしまい、写っていなかったなんてことも起こる可能性がありました。 D780ではマスク表示ができるようになり、クロップ撮影時に写らない部分にグレーがかかり写る範囲がより分かりやすくなりました。 細かい部分ですが、クロップ撮影を多く使用しているだけにとても見やすくなったと感じました。 よりイメージ通りの写真へ。 これまでのピクチャーコントロールは自然な色味でありながらも、それぞれのピクチャーコントロールが持つ特徴に寄っている印象ですが、クリエイティブピクチャーコントロールでは、よりイメージ通りの写真を作りやすくすることはもちろんですが、雰囲気をがらりと変えることも可能です。 作例はホワイトバランスと同じシーンで撮影した写真で、クリエイティブピクチャーコントロールのレッドを使用して撮影しました。 ホワイトバランスの作例と同じシーンで撮影したものですが、簡単ながらもかなり表現が変わりました。 通常のピクチャーコントロールではなかなか出せない表現が簡単にできるので、ピクチャーコントロールではできないけど、RAW現像は面倒だと感じる方にぜひ使っていただきたい機能です。 ネガフィルムデジタイズ搭載 D780では、35mm判のネガフィルムをJPEGにデータ化するネガフィルムデジタイズ機能が搭載されました。 ネガフィルムデジタイズ機能はD850のみ搭載されており、斎藤勝則さんによるもございますので、こちらもぜひご覧ください。 もちろんD750も非常に良い機種なのですが、ファインダー使用時、ライブビュー撮影時にたまに感じる「もっとこうだったらな」もありました。 しかし、D780ではファインダー使用時、ライブビュー撮影時ともに、感じていた「もっとこうだったらな」がなくなっており、より撮影がしやすくなったと思います。 感覚になってしまい申し訳ありませんが、ファインダーの時はD850を使用して、ライブビュー撮影時はZ 6を使っている感じでした。

次の