結膜炎 治療。 アレルギー性結膜炎・ウィルス性結膜炎・クラミジア結膜炎の治療なら福岡のオガタ眼科クリニック

コザクラインコのかかる結膜炎とは?症状 や治療について

結膜炎 治療

巨大乳頭結膜炎とは。 原因は? 巨大乳頭結膜炎はアレルギー性結膜炎の一種です。 上まぶたの裏側に白いぶつぶつ 1mm程の乳頭と呼ばれる ができて、炎症が起こる病気を巨大乳頭結膜炎と言います。 コンタクトレンズ使用者に多く見られる病気で、コンタクトレンズの洗浄不足や取扱い不良が主な原因です。 コンタクトレンズにタンパク質や脂質などの汚れが溜まることで、汚れに対してアレルギー反応を起こし、結膜(白目)が炎症を引き起こす事が原因です。 コンタクトレンズの洗浄が必要な2週間使い捨てコンタクトレンズや1カ月使い捨てコンタクトレンズを使用している方で、レンズの洗浄をきちんとやっていない方が多く発症します。 こすり洗いやつけ置き洗いをやらないと、汚れが溜まってしまうのです。 特に使い捨てコンタクトレンズは材質が柔らかく、汚れが付着しやすいと言う特徴があります。 また、コンタクトレンズの汚れ以外にも過度な洗浄がレンズを傷付け、傷付いたレンズを装着する事が症状を引き起こす原因となることもあります。 巨大乳頭結膜炎の症状 感染初期は自覚症状がない場合が多く、見逃しやすいですが、次第に目のかゆみや白目の充血、ゴロゴロとした異物感や瞼の腫れ、目ヤニが沢山出るなどの症状が出ます。 コンタクトレンズを使用している場合は、レンズの曇りやズレが多くでるようになります。 1番分かりやすい症状は、上まぶたの裏側に白いぶつぶつが出来ることです。 コンタクトレンズがズレるのは、上まぶた裏側に出来たぶつぶつにひっかかり、レンズが上まぶたに引き上げられる事により起こっているのです。 巨大乳頭結膜炎の検査方法 一般的な目の病気と同じく眼科での検査となります。 上まぶた裏側にある白いぶつぶつが特徴的な事から医師の診察だけで直ぐに巨大乳頭結膜炎と診断がつきます。 あとは目に光を当てて、顕微鏡で拡大して目の状態を調べる細隙顕微鏡検査(さいげきとうけんびきょう)をすればはっきりします。 他にも屈折検査や眼圧検査、視力検査などの検査を行い、他に目の悪い部分がないか調べることもあります。 巨大乳頭結膜炎の治療方法 人口涙液や抗アレルギー点眼薬など点眼薬による治療を行います。 巨大乳頭結膜炎はアレルギーの一種なので抗アレルギー点眼薬が有効なのです。 また、病状によっては抗アレルギー薬の内服を行う場合もあります。 コンタクトレンズは使用を中止し、完治するまでは眼鏡で対処します。 どうしてもコンタクトの使用中止が出来ない場合は必ず医師の指示に従い使用する様にして下さい。 治療に要する期間は? 早期に発見できた場合には1ヶ月程度で、通常だと3~4カ月程度はかかります。 治療期間中はコンタクトレンズを装用することが出来ないので、注意が必要です。 巨大乳頭結膜炎の予防方法 2週間タイプや1ヶ月タイプのコンタクトレンズはレンズの手入れが大変重要となります。 タンパク除去入りの洗浄液の使用も効果的ですが、コンタクトレンズの汚れを完全に落とすのは難しいので、汚れが落ちない時は新しいレンズに変えるのがベストです。 1日使い捨てタイプのレンズへの変更も予防策になります。 2週間タイプや1ヶ月タイプに比べ、コンタクトレンズの手入れの負担が減ります。 必要な時だけコンタクトを使用し、日常生活では眼鏡を使用すると言うのも予防策の1つです。 巨大乳頭結膜炎をよく再発する方は、予防点眼として抗アレルギー点眼を使用する場合もあります。 体験談 巨大乳頭結膜炎の体験談は下記の記事を参照して下さい。

次の

結膜炎が完治するまでの期間と対処法5選

結膜炎 治療

結膜炎の種類を判断する 結膜炎の原因にはウイルス、細菌、アレルギーがあります。 どのタイプの結膜炎も目が赤くなる、涙目になる、痒みがあるなどの症状を伴いますが、それ以外の症状は結膜炎の種類によって異なります。 X 出典文献• ウイルス性の結膜炎は片目だけ、あるいは両目に感染します。 このタイプの結膜炎の特徴は光に敏感になることです。 ウイルス性結膜炎は感染しやすく、治療も難しくなります。 通常は自然に治るのを待ち、完治までに1~3週間ほどかかります。 ウイルス性結膜炎は合併症を抑えることが主な治療です。 細菌性結膜炎にかかると、ネバネバした黄色や緑色の膿が目の角に出ます。 重度になると、膿で瞼が閉じたまま目を開けられなくなることもあります。 細菌性結膜炎は片目だけ、あるいは両目に感染し、医師による治療を必要とします。 自然治癒も可能な場合がありますが、抗生物質による治療で完治までの時間がはるかに短縮します。 アレルギー性結膜炎には通常、鼻水、鼻詰まりなどのアレルギー症状が伴い、両目に影響が現れます。 この結膜炎は感染しません。 アレルギー性結膜炎は自宅での治療が可能ですが、重度のアレルギーを持つ人は、症状を早く抑えるために、医師の診断を受ける必要があるかもしれません。 医師の診察を受けるタイミングを知る 結膜炎にかかったら、正しい対処法を教わるためにも、医師の診断を受けることが望ましいでしょう。 結膜炎に他の心配な症状が伴う場合は特に医師の診断を受けるべきです。 X Centers for Disease Control and Prevention• 中程度から重度な目の痛みを伴う場合や、膿をふき取っても目がよく見えない時などは医師の診察を受けましょう。 目が真っ赤に充血している場合はできるだけ早い段階での治療が必要です。 ウイルス性結膜炎に感染した原因が単純ヘルペスウイルス、HIV感染、がん治療などによる免疫力低下である場合は、すぐに医師の診察を受けましょう。 細菌性結膜炎が抗生物質を服用しても24時間以内に改善しない場合は医師に連絡しましょう。 アレルギー治療薬を服用する アレルギー性結膜炎は市販のアレルギー薬で十分に対応が可能です。 薬の服用後、数時間から数日で症状が緩和されます。 症状がすぐに改善しない場合は細菌性かウイルス性の結膜炎である可能性があります。 抗ヒスタミン剤を服用してみましょう。 アレルギー物質に反応すると体はヒスタミンという化学物質を分泌します。 この化学物質が結膜炎とアレルギーの諸症状に悪影響を及ぼします。 抗ヒスタミン剤はヒスタミンの分泌を抑制、あるいは完全に阻害し、結膜炎の症状を緩和します。 X 出典文献• 充血除去剤を使用しましょう。 充血除去剤を使うことでアレルギーの症状を防ぐことはできませんが、この薬には炎症を抑える作用があります。 そのため、目の組織内に起きる炎症を防ぐことができます。 結膜炎の感染拡大を防ぐ ウイルス性と細菌性の結膜炎はどちらも感染します。 他の家族に感染すると、感染源であるあなたが完治した後でも、また結膜炎に感染する可能性があります。 手で目を触らないようにしましょう。 手で目や顔を触ってしまったら、すぐにしっかりと手を洗いましょう。 目薬をさした後も、必ず手を洗いましょう。 毎日清潔なハンドタオルやタオルを使うことを心がけましょう。 症状がある間は枕も毎日取り替えます。 目と接触するものは、他人との共用を避けましょう。 例えば、目薬、タオル、シーツ、アイメーク用の化粧品、コンタクトレンズ、コンタクトレンズの洗浄液や容器、ハンカチなどがその例です。 結膜炎が完治するまではアイメイクはしないようにしましょう。 結膜炎にかかっている間に使用したアイメイク用の化粧品は処分しましょう。 学校や仕事は数日間休みましょう。 ウイルス性結膜炎の場合、患者の多くは症状に改善が見られたら3~5日で学業や仕事に復帰できます。 細菌性の結膜炎の場合は、症状が改善したら、あるいは抗生物質投与の24時間後から復帰が可能です。 処方目薬を使う 市販の目薬も結膜炎の治療には有効ですが、医師が出す処方目薬はさらに強力で、症状の回復が早まることがあります。 細菌性結膜炎は抗生物質を含んだ目薬で治療します。 X 出典文献 抗生物質点眼薬は細菌と直接闘う外用薬です。 この薬を使用すると結膜炎は数日で完治しますが、使用後24時間以内に効果を実感することができます。 使用方法は医師の指示に従いましょう。 アレルギー性結膜炎は抗ヒスタミン剤、またはステロイド目薬で治療します。 抗ヒスタミン点眼薬には市販のものもありますが、効果の高い薬は処方薬でしか手に入りません。 重度のアレルギーがある場合はステロイドを含んだ点眼薬を用いることもあります。

次の

結膜炎の原因・治療・予防法と正しい点眼薬(目薬)の使い方

結膜炎 治療

結膜炎とは 結膜とは、目の角膜以外の眼球表面(白目と呼ばれる部分)と、まぶたの裏面を覆う粘膜組織です。 アレルギー、細菌・ウィルス感染、摩擦や日光などの物理的刺激が原因となり結膜に炎症が生じる病気です。 結膜炎の原因 結膜炎の原因は、アレルギー性、感染性(細菌・ウィルス・クラミジアなど)、異物や日光などの物理的刺激によるものがあります。 ・アレルギー性結膜炎の原因 アレルギー反応を引き起こす原因として多いのは花粉やハウスダスト、ガソリンなどから出る大気汚染物質などがあります。 何に対してアレルギー反応を起こしているかによって、毎年一時期だけ症状がある場合もあれば一年を通して症状に悩まされる場合もあり、長期的な管理が必要となります。 また、アトピー性皮膚炎を患っている人には結膜炎症状が出やすく、春季カタル、アトピー性角結膜炎、巨大乳頭性結膜炎といった疾患を合併することが多くなると言われています。 ・細菌性結膜炎の原因 黄色ブドウ球菌や肺炎球菌などがあります。 黄色ブドウ球菌は私たちが持つ常在菌の一つで、普段は健康に全く影響を及ぼしませんが、目の怪我や病気にかかるなどして体力・抵抗力が落ちている場合は好ましくない症状を引き起こすことがあります。 ・ウィルス性結膜炎の原因 アデノウィルス、エンテロウィルス、コクサッキーウィルス、ヘルペスウィルスなどがあります。 特にアデノウィルスによるはやり目(流行性角結膜炎)やプール熱は子供を中心に大人の間でも流行します。 急性出血性結膜炎はコクッサキーウィルスやエンテロウィルスが原因になります。 結膜炎の症状 〇細菌性結膜炎(症状は軽いことが多い) ・目やに ・充血 ・痒み 〇ウィルス性結膜炎(症状は細菌性に比べて重いことが多いが、痒みは少ない。 ) ・目の痛み(何かが目に入っているような異物感がある) ・充血 ・まぶたの腫れ ・目やに ・涙 ・目が見えにくい(眩しいなど) ・白目の部分に出血が見られる(急性出血性結膜炎) 〇アレルギー性結膜炎 ・目の痒み(まぶたなど目全体の痒みが強いことが多い) ・充血 ・目やに ・異物感 ・目の痛み ・目の混濁(視力低下) 結膜炎はうつる? 細菌やウィルスが原因であった場合は感染することがあります。 ウィルスが原因である場合は感染力が強く、タオル、プール、手を介して感染するため家庭、学校、施設などで感染が広がることも多くあります。 特に乳幼児や高齢者は抵抗力が弱くうつりやすい傾向があるためうつさない、うつらない注意が必要です。 目やになどの症状が出ている時は、手洗いをこまめにする、ハンカチではなくティッシュを使用する、タオルの共有をしない、お風呂は最後に入るなどに気をつけておくようにしましょう。 結膜炎は自然治癒する? 自然治癒しますが、軽く考えすぎないことが大切です。 結膜炎を起こしている原因を除去することができた場合や、細菌性やウィルス性であった場合でも日数とともに症状は軽快し、自然と治っていきます。 しかし、症状からだけでは原因がわからないことも多いため、自己判断で放置していると症状の悪化を招くだけでなく周囲の人へ感染が広がる危険があります。 また、アレルギー性の場合は原因を完全に取り除くことや、体質を改善するためには長期間かかることも多いため症状が長引くことも多々あります。 自然治癒するだろうと放置しておくと、時に視力低下や最悪の場合失明などが起こることもあるため、結膜炎の原因を知り原因に対して正しい対処を行うことが大切です。 結膜炎の治療方法 ・細菌性やウィルス性結膜炎には、抗菌薬や抗炎症作用のある点眼薬を点眼します。 ・ヘルペスウィルスが原因である場合などは軟膏を目に塗る、抗ウィルス薬を内服する場合もあります。 ・クラミジアに感染していることがわかれば、妊婦の場合も抗生剤を内服して治療を行います。 ・アレルギー性の物は、アレルギー物質の特定検査、アレルギー薬の内服/点眼などを行います。 ・免疫力の回復を速めることが大切です。 (睡眠、食事、休養を普段より意識してとる。 ) ・プール熱やはやり目といった、アデノウィルス、エンテロウィルス、コクッサッキーウィルスなどが原因となる場合は結膜炎に加えて発熱や喉の炎症など全身症状が出ている場合、それらの症状に対しても同時に治療が行われます。 結膜炎の治療は、症状の緩和・悪化予防が基本です。 アレルギーが原因である場合は季節性であれば症状が出る前に薬の内服などをすると症状が軽減されます。 コンタクトなどの間違った使用などが原因の場合は、普段の手洗いやコンタクトの着用方法を見直しましょう。 目は常に外界と繋がっていて様々なものにさらされるため、刺激を受けやすく、症状が出やすい部位です。 視力障害など重い障害を防ぐためにも、原因を知り、症状が改善しない場合や悪化するなどの場合はすぐに受診をしましょう。 カテゴリー•

次の