特急ソニック 予約。 JR特急ソニックについて

えきねっと(JR東日本)|新幹線・JR特急列車のきっぷ予約

特急ソニック 予約

Contents• 特急ソニックのおすすめ座席はどこ? 博多~大分を結ぶ特急ソニックですが、運行区間は、博多~大分、博多~大分~佐伯、博多~柳ヶ浦となっています。 どの座席がおすすめなのかとなると、どこの区間まで利用するかによります。 例えば、博多~小倉間で利用する場合、左側なら若戸大橋や八幡製鉄所があるくらいかなぁ。 (以前は右側にスペースワールドがありましたけど) 正直、左右でそんなに大差ないような感じはします。 でも、博多~大分まで利用する場合は、やっぱり海側がおすすめ。 (~柳ヶ浦は別として) ここで注意したいのが、特急ソニックは、小倉駅で進行方向が逆になる、ということ。 博多から進行方向の左側に座っていると、小倉以降は右側になっちゃうんです。 なので、博多から大分まで利用し、別府湾の景色を楽しみたいなら、小倉までは右側で我慢して、 小倉駅以降で左側になるように座るのがおすすめ。 座席のABCDでいえば、 ABが海側(窓側はA席)となります。 どちらも制御振り子式車両。 (曲がるときにかかる遠心力を軽減し、スピードと乗り心地を両立させている、らしい) じゃあ、乗り心地は一緒?ってならないのが、内装やシートの違い。 青いソニックは普通の布地の座席ですが、白いソニックは革製の布地が使われていてちょっと高級感があります。 でもこれも、革の匂いが苦手、とか滑る、といった好き嫌いもあると思うので一概にどっちがおすすめとは言えないかも。 私的には内装は白いソニックが好きだけど、やっぱりソニックっていったらブルーでしょ!とも思っちゃう。 (白がくるとそれはそれで、おお、白か~!ともなるんですけど) ちなみに、青いソニック(883系)は7両編成なのに対して、白いソニック(885系)は6両編成です。 他には、青いソニックの1号車半分はグリーン車指定席になっていますが、 全面展望が楽しめるパノラマキャビン(運転台の後ろにあるフリースペース)が設置されていて、お子様連れや電車好きな人にはたまらないかも。 今回の最後は883系ソニック パノラマキャビンは長居には向かないけど凝ってて良い 中津から博多まで — 雄太郎 jrf787 もちろんグリーン席を購入する必要があります。 (お子様が落ち着いて席に座っていられるかどうか、も大事かな) 白いソニックでも、座席によっては運転席をガラス越しにみることができるんですが、通路側の座席から見るため、そわそわしてる感じになっちゃいそう…。 特急ソニックは予約なし、自由席でも大丈夫? 普段使ってない路線だと、自由席の乗車率とか感覚がわからないですよね。 なので、指定席を購入してくてもいいのかどうかって迷うこと多いと思います。 結論から言ってしまうと、特急ソニックが自由席でも座れるかどうかは、乗る駅と曜日などに左右されます。 当たり前のこと言ってごめんなさい。 でも途中の中津駅とかで乗車するなら、自由席なら座れないということはあります。 平日の昼間はガラガラ、ってこともあるはあるんですけどね…。 (でもイベントとかで混むこともあるから、絶対とも言えないし…) 特に通勤・通学時間や祝日・週末は気をつけたいところです。 荷物を抱えたまま、立ちっぱなしはキツイですよ…(中津ー博多間で経験済) 小倉駅では降りる人も多いので、座れる可能性があるかな。

次の

【福岡(博多)~延岡 4445円~】格安で移動する方法は?特急ソニック+にちりん・高速バスをそれぞれ比較!

特急ソニック 予約

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• ホテル・ブランド• 人気の設備・サービス• 人気の周辺施設• 福岡市の人気カテゴリ• 観光スポット周辺• 空港周辺• 特急ソニック周辺の観光スポット• 福岡市の人気カテゴリ• 福岡市で検索数の多いキーワード• 【福岡の歴史を辿る自転車の旅】日本最古の港であり、中世には商港として栄え、遣隋使や遣唐使の経由地でもあった『博多』と、黒田長政が父如水とともに博多の町の那珂川対岸に築城した福岡城とその城下町である『福岡』。 博多と福岡、商人町と城下町という二極都市を、ガイドと一緒に、自転車でしか感じる事の出来ない町の広がり方や歴史の移り変わりを体感する旅です。

次の

特急ソニックの座席、料金、車内設備などについて解説。博多〜大分間をすばやく結ぶソニックはネット予約でお得【乗車記】|のぞみは西へ、みずほは九州へ

特急ソニック 予約

8月8日以降利用分の発売を再開しております。 ただし、コンビニエンスストア・銀行ATM、駅でお支払いを選択した場合は、ご利用日の2日前の22時30分まで発売します。 駅の窓口等では発売いたしません。 ご希望の列車に空席がある場合でも、お求めいただけないことがあります。 このため、満席などの理由でお席をお取りできない場合がございます。 〇特に認めた場合を除き、他の乗車券や特急券等と組み合わせて使用することはできません。 変更の取扱い 【受取前】 (クレジットカード決済の場合) 受取前は時刻表に記載された指定列車出発時刻前であれば、 携帯電話やパソコンから何度でも変更が出来ます。 ただし、全行程が自由席の場合は、ご乗車日当日中であれば変更ができます。 画面で金額を確認のうえ、ご予約の変更をお申込みください。 また、 ご予約いただける列車は、変更の操作日から1箇月先までの列車となります。 例 1月1日に1月15日の列車を予約した場合、 3月31日発の列車までは何度でも変更可能です。 ただし、 1月15日に予約する場合に予約できるのは、1箇月先の2月15日発の列車までとなります。 変更先列車が「九州ネット早特3」の発売条件を満たす場合は、「九州ネット早特3」等への変更も可能です。 ただし、「九州ネットきっぷ」「九州ネット早特3」以外のきっぷ 「eきっぷ」など には変更できません。 一度払いもどし(要手数料)をした上で、新規に予約をしていただくこととなります。 (コンビニエンスストア・銀行ATM、駅でのお支払いの場合) 〇携帯電話・パソコン等インターネット上での変更はできません。 〇お支払い前の変更は一度予約を取消し(未決済のため無手数料)の上、再度希望の日時でご予約ください。 お支払い後はきっぷをお受取後、窓口での変更の取扱いをします。 または、再度お客さまご自身で予約を取り直していただき、 受取後のきっぷは払いもどしをお受けください ただし、 この場合は手数料がかかります。 別途乗車として取り扱います。 いったん払いもどしのうえ、あらためて購入可能なきっぷをお求め下さい。 きっぷの受取後の払いもどしは、JR九州の主な駅でお取り扱いいたします。 【受取前】(お支払い済みの場合) 携帯電話やパソコンにより払いもどし操作を行います。 指定列車の出発時刻前までに限り、発売額から次に定める手数料のうち該当するものの合計額を差し引いた額を払いもどします。 ただし、使用開始前であっても予約列車出発後は払いもどしがない場合があります。 発売額から次に定める手数料のうち該当するものの合計額を差し引いた額を払いもどします。

次の