加藤 浩次 吉本。 加藤浩次は吉本残留でも年収アップ?取り分を他の芸能事務所と比較!

加藤浩次が吉本を辞めたら”それに続く”可能性がある芸人8組!「影響力は大。主流東京勢の多数が退社するだろう」

加藤 浩次 吉本

お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が22日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)で、特殊詐欺グループとの間に闇営業を行った問題で契約解消処分となった雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日に行った謝罪会見について言及。 吉本興業の経営陣刷新を訴えるとともに、新体制づくりに向けて、先輩芸人の「ダウンタウン」松本人志(55)に呼びかける場面があった。 2人の会見内容を受けて、番組中何度も「怒りしかない」と語気を強めた加藤。 終盤にはあらためて「何とか逃げきって、今までと変わらない状態をつくっていくのか。 僕はやっぱり今の経営陣、代表取締役会長、社長、全部刷新するのがいいと思う」と、構造改革を訴えた。 さらに「旧態依然とした人間残っているなら何も変わらない。 新しい形でスタートするなら、僕はいくらでも力を貸します」と、再出発の際には尽力することも約束した。 その上で、必要としたのが先輩である「ダウンタウン」松本の力。 松本は21日の「ワイドナショー」(フジテレビ、日曜前10・00)で大崎会長について「うちの兄貴なんで。 大崎さんがいなくなったら僕は(吉本を)辞めますね」と話していたが、加藤はこの発言に触れ「大崎さんは素晴らしい方だと思うけど、取締役会長というお立場ですから、松本さん、辞めるとか言わないでもらいたい」とし、続けて「そうなって新しい会社を松本さん中心につくっていただきたいと僕は考えています」と新体制へ向けて先頭になってほしいと懇願。 最後は「ここで変わるべきだと思う。 そうでないと亮さんと宮迫さんの勇気、あの会見が浮かばれない」と訴えた。

次の

加藤浩次の年収ヤバイ!事務所・吉本興業での位置はどのあたり!?

加藤 浩次 吉本

吉本興業・闇営業問題 岡本社長が会見(写真:アフロ) 反社会的勢力の会合に出席し金銭を受け取った 宮迫博之(雨上がり決死隊)らが、所属していた 吉本興業の岡本昭彦社長らから圧力を受けたと公表し、吉本芸人が分裂危機に陥っていると報じられている。 会社側と芸人の対立が世間の目に映るかたちで繰り広げられるなか、吉本からの退社を示唆したのが松本人志(ダウンタウン)と加藤浩次(極楽とんぼ)だ。 松本は7月、自身がMCを務めるテレビ番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)内で、「僕はちょっと吉本興業にはいたくないかもって言いました。 考えさせてくださいと。 こんな会社じゃ絶対ダメだと思うから」と発言。 加藤も『スッキリ』(日本テレビ系)内で「この体制、今の社長、会長体制が続くのなら僕は吉本興業を辞める」と断言。 その翌日、吉本の大崎洋会長と約3時間にわたって面会した。 「松本に関しては、大崎会長はデビュー当時から長年ダウンタウンのマネージャーを務めていた恩人ということもあり、大崎体制が続くことに異論はない。 一方、加藤は大崎会長と岡本社長の退任を求めており、両者の間には温度差があります」(週刊誌記者) そんな加藤の覚悟ある発言だが、社内では意外にも賛同する声は少ないようだ。 「加藤さんは絶対に吉本を辞めないし、止められるとわかっているからこそ『辞める』発言ができるんですよ。 レギュラー番組もなく世間に認知されている程度の芸人は、おいそれと『辞める』なんて言えませんよ。 稼ぎも人脈もあるなら今回の騒動で吉本を辞めたらいいのに、なんて思いますけど。 マネージャーの吉本社員は語る。 「辞める気なんてさらさらないのに『辞める』って言うのが芸人ですし、ボケとしかとらえてないです。 吉本のマネージャーはひとりで何組もの芸人を抱えて激務なことで有名ですが、通常業務に加えて騒動の対応もしなければならず、ただただ迷惑。 加藤も松本も含めて、辞めたい芸人はさっさと辞めればいい。 加藤なんてあれだけ威勢のいいことを言って、結局辞めてない。

次の

【加藤浩次】“加藤の乱”完全鎮圧で…吉本興業に吹き荒れる大粛清の嵐|日刊ゲンダイDIGITAL

加藤 浩次 吉本

加藤さんは、先輩である松本さんが21日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)で「(吉本興業代表取締役会長の)大崎さんが辞めるんだったら僕も辞める」とことに触れた。 「大先輩に対して意見を言うのはおこがましい」と断った上で、 「(大崎洋会長は)松本さんとずっとやってきて同志だと思う。 その気持ちはすごくわかる。 でも松本さん... 後輩ながら言わせて頂きますけど、会社のトップなんです。 皆辛い思いをしていて、トップが責任取れない会社って機能してるのかな?」と自身の見解を述べた。 続けて加藤さんは、代表取締役社長の岡本昭彦氏について、 「(岡本社長は)松本さんのマネジャーではなく、(今は)会社のトップ。 社員の家族もいる、そしてそこには、芸人、若手芸人の家族、そして(その)生活があるんですよ。 今、(吉本の)経営側が絶対変わらないとダメ。 僕はこの状況が変わらないなら、僕は退社します。 昨日ずっと考えていて... そう思いました。 意見するような形になって申し訳ないんですけど、そういうつもりでいます」と、語気を強めながら訴えた。 さらに加藤さんが考えを述べた後、ともに出演していたお笑いコンビ『ハリセンボン』の近藤春菜さんもコメント。 「こんな究極な話をメディアでさせているということを、会社(吉本興業)の方は感じてください。 こんなことを下の者(所属芸人)は聞きたくないし、(その事実を)心に留めて、今後どうするのか考えてください。 そして、視聴者の皆さんには、このことでお時間を頂いてすみません」と涙を流しながら、と話していた。 吉本闇営業、ジャニーズ圧力疑惑... 最近の同番組での加藤さんは、今回発覚した闇営業問題だけではなく、ジャニーズ事務所が、独立した元SMAPのメンバー3人を出演させないように民放テレビ局に圧力をかけていた疑いがあったとして、公正取引委員会が事務所を注意していた問題にも。 その部分というのは、これテレビ局もそうですし、事務所関係、この業界全体がこれから新しく変わっていく、次に向かっていくんだという、何かきっかけになればいいなと僕は思ってますけどね」と語っていた。 芸能界の業界全体に対する危機感についての独自の考えに基づく連日のコメントは、視聴者の共感を呼んでいる。 【岡本社長の記者会見を受けて、加藤浩次の翌日の発言はこちら】.

次の