混合育児 2時間。 新生児~2ヵ月のミルクの間隔/回数/標準量と飲ませ方

混合育児!ミルクメインのらくらく授乳,その方法とメリットデメリット!

混合育児 2時間

【新生児のミルク】0ヵ月・1ヵ月・2ヵ月の間隔や回数、目安量 赤ちゃんを出産後、産院で助産師さんに、赤ちゃんのお世話の仕方、母乳やミルクの飲ませ方などを教えてもらいます。 出産後約1週間経って退院する頃になると、オムツ替えやミルクの飲ませ方など、少しずつ慣れてくると思います。 ところが、自宅に帰って赤ちゃんと2人になると、赤ちゃんが泣いている理由がわからず「ミルクの量足りていないのかな?」などと、不安になってしまうものですよね。 初めての育児は、本当に不安だらけ。 「ミルクの量や間隔は、これでいいのか心配」という方も多いと思います。 ここでは、 新生児のミルクの目安量と間隔、困ったと時の対処法についてご紹介します。 ミルク育児の一般的な量と間隔 赤ちゃんを全量母乳で育てる事を「母乳育児」、ミルクだけで育てる事を「ミルク育児」、母乳とミルクの混合で育てる事を「混合育児」と言います。 ミルクの量や間隔は、ミルク育児と混合育児では、違ってきます。 産まれたばかりの新生児は、哺乳瓶を近づけると反射的にミルクを飲みます。 生後1ヶ月頃からは、吸引力も強くなり、飲むスピードも早くなります。 生後2ヶ月頃からは、自立哺乳するようになり、ミルクを飲みながらキョロキョロするなど、遊び飲みが始まるのもこの頃です。 0ヶ月~2ヶ月までのミルクの標準量と間隔 量や回数は、あくまでも目安で、赤ちゃんによって飲む量に個人差があって当然ですし、体重によっても違いが出てくるものです。 あまり、標準値にこだわりすぎず、赤ちゃんの機嫌をみてお腹が空いているようなら2時間おきにしてみたり、量を増やしたりと個人差に合わせて調節しましょう。 新生児~2週間 80mlを3時間おきに7回• 2週間~1ヶ月 80ml~120mlを3時間おきに7回• 1ヶ月~2ヶ月 120ml~160mlを3時間おきに6回 混合育児でのミルクの飲ませ方 混合育児の場合は、 ミルクと母乳どちらをメインに与えるかによって、ミルクの量が変わってきます。 母乳が出にくくて、ママの意思に反して混合育児にするケースもあるかと思います。 「絶対、完全母乳!」などと、とらわれることなく、赤ちゃんの栄養面を一番に考えて柔軟に対応してあげましょう。 母乳中心でミルクを足すケース 母乳を先にあげて、足りないようならミルクを20mlずつ足してあげます。 赤ちゃんが、沢山吸ってくれることにより母乳は、出やすくなります。 ミルクを飲んだ後に、赤ちゃんが ミルクを吐く場合は、母乳で十分足りている可能性が高いので、徐々にミルクの量を減らしていきましょう。 ミルクを上げてから母乳をあげる順番にした場合、赤ちゃんは乳頭混乱となり、母乳を飲まなくなってしまう場合があるので、注意が必要です。 ミルク中心で母乳を足すケース まずはミルクを、標準量を目安に飲ませます。 その後、母乳を飲ませます。 こちらの、ケースでは、お腹はいっぱいだけど、スキンシップをとりたくておっぱいを吸っている場合もあるでしょう。 母乳から全量ミルクに切り替えたい時は、ミルクを飲ませる時も、おっぱいを飲ませている時のように抱っこして飲ませてあげると、赤ちゃんも安心します。 正しいミルクの作り方 次に、ミルクの正しい作り方をご紹介します。 ご自身の作り方と比較してみてください。 ミルクは、雑菌が繁殖しやすいため、 作り置きや、飲みの残しを保存して次回に飲ませることはやめましょう。 正しいミルクの作り方• 作る前には必ず手を洗い清潔にします。 溶けたら規定量まで煮沸して冷ましたお湯か、煮沸して冷ました湯冷ましを足し、乳首を付けて蓋をし、もう1度溶かします。 ミルクを吐いてしまう原因と対処 赤ちゃんが、ミルクを吐いてしまった時や、飲んでくれない時、ママは、不安になりますよね。 ちょっとした工夫で改善されることも多いですが、中には早急な受診が必要なケースもありますので、赤ちゃんの様子をよく観察してあげましょう。 新生児の頃は 上手くミルクを飲むことができず、胃の形状も口の閉まっていないとっくりのような形のため、 口の端から溢れて垂れてしまうことがよくあります。 月齢があがるにつれて上手に飲めるようになりますし、胃の入り口の筋肉も発達して閉まってきますので、このような場合は、 あまり心配いりません。 ミルクを飲まない原因と対処 赤ちゃんは、ミルクを飲まない理由を教えてくれないので、ママは困りますよね。 ミルクを飲まない理由は色々と考えられます。 赤ちゃんの様子を見ながら色々と工夫してみましょう。 よくあるミルクを飲まない理由 新生児は飲んで・寝て・泣いて・排泄して…と反応がシンプルで、感情もあまりハッキリしていないように思うかもしれませんが、それぞれに個性や好き嫌いもあります。 そのため育児書やネットの情報通りにミルクを飲まないと、ママは心配になってしまうでしょうが、 単に自分の好みと合わないことや、飲むのが得意か苦手かなどの理由で飲まなくなってしまうことがあります。 よくある理由と対処法を把握しておきましょう。 よくあるミルクを飲まない理由と対処法• 哺乳瓶や乳首が嫌い 哺乳瓶や乳首の形を変える• ミルクの味が苦手 ミルクメーカーや水を変える• お腹がいっぱいで飲めない また、ただ単にお腹がいっぱいということも考えられます。 ミルク育児の場合は、 1回のミルクの量を減らしてみましょう。 ミルクの量が標準より少なくても、赤ちゃんがご機嫌で体重が順調に増えているようであれば問題ありません。 混合育児の場合は、 母乳だけで足りている可能性がありますので、数日同じような状況が続くようなら完全母乳育児に切り替えてみましょう。 最近では、ショッピングモールの授乳室に、ベビースケールを置いている所もありますので、 定期的に体重を測定して母子手帳に記入しておくと役に立ちます。 ミルクが足りているかどうかの判断材料• 赤ちゃんの機嫌 機嫌が良いのならミルクは足りている• ウンチの回数 ウンチの回数が減っているなら、ミルクが足りてない可能性あり• 体重 体重が順調に増加してれば、ミルクの量が標準量より少なくても心配ない 便秘で苦しくてミルクを飲めない 赤ちゃんのうんちは健康のバロメーターでもあります。 新生児の赤ちゃんがミルクを飲まない時に確認したいのが、便秘の有無! 機嫌が悪くお腹が張っている場合は、便秘が原因でミルクが飲めないのかもしれません。 母乳育児でも便秘にはなりますが、特にミルク育児や混合育児の場合は母乳育児よりも便秘になりやすく、消化に時間もかかります。 便秘で苦しそうな場合には無理にミルクを飲ませず 、ミルクの間隔を少し開けたり、医療機関を受診したりするなどの対応をしてあげましょう。

次の

【混合育児体験談】生後2ヶ月の生活スケジュールと授乳量・睡眠時間・体重増加の記録 | 混合育児どっとこむ

混合育児 2時間

離乳食が始まるまでの赤ちゃんの食事は母乳やミルクですよね。 食事にも種類があり、母乳のみの「完全母乳育児」、ミルクのみの「完全ミルク育児」、そしてこれらを掛け合わせたものが「混合育児」です。 ママが完全母乳育児を希望していても、母乳が思うように出なかったり、赤ちゃんがおっぱいを上手に吸えなかったりと、なかなか難しいものですよね。 それでも体重が順調に増えていれば心配はいりませんが、思うように増えない場合は病院からも「混合育児」を指導されることがあります。 また、各家庭のライフスタイルや環境によって、「母乳メイン」にするか、「ミルクメイン」にするかの判断する必要があります。 途中で切り替えても大丈夫なので、ストレスのない方法を選びましょう。 母乳は、ママの食べた物のほとんどが赤ちゃんの栄養になるので、食べ物に気をつわなくてはいけません。 混合育児は母乳にミルクを足すので、母乳育児よりも栄養の心配をしなくて済みます。 また、哺乳瓶であげるのでどれくらいの量を飲めたのかが分かりやすいので安心です。 またミルクは腹持ちがよいので、寝る前の授乳でミルクを多めにすると、赤ちゃんもぐっすり寝てくれるときもあり、ママも身体を休めることができますよ。 そして最大のメリットは、赤ちゃんをほかの人に預けやすいということです。 ママが体調を崩してしまったときなど、母乳育児だと預けることが難しいですが、ミルクを飲むことができれば、少しの時間でも預けることができます。 赤ちゃんは泣くことでしか表現ができないので、新米ママにとっては母乳が足りているのか、いないのか、どうして泣いているのかの見極めも難しいものですよね。 まず、母乳を赤ちゃんが欲しがるだけあげます。 おっぱいをたくさん吸わせた後、赤ちゃんの様子を見て、30分もしないうちに泣いてしまったり、口を開けて飲みたそうにしていたり、おっぱいを探している場合は、母乳が足りていないサインです。 「母乳が足りないのかな?」と思ったら、もう一度おっぱいをあげてみてください。 赤ちゃんのお腹が空いていれば、一生懸命におっぱいを吸います。 母乳は赤ちゃんがおっぱいを吸うことで、刺激され分泌されるので、母乳を出すにはたくさん吸ってもらうことが大切です。 母乳育児場合、母乳は消化が早いため、授乳間隔は1時間半~2時間、ミルク育児の場合、ミルクは消化に時間がかかるので、授乳間隔は3時間は空けるようにと言われています。 混合育児の場合は、授乳間隔が2~3時間くらい空くのが理想です。 母乳メインの混合育児でも、ミルクをあげるのは3時間空いてからの方がよいとされています。 逆に、授乳間隔が3時間以上空いてしまう場合は、ミルクを飲みすぎている可能性があります。 そして授乳間隔が空けば空くほど、母乳は分泌しにくくなったり、おっぱいが張って乳腺炎になってしまう可能性もあります。 母乳分泌が足りないなどで、一時的に混合育児にし、最終的には完全母乳育児にしたいと考えているママは、ミルクの量に気を付けましょう。

次の

【混合育児の具体的なやり方】効率良く母乳とミルクをあげる方法|すくハピらいふ

混合育児 2時間

完全母乳育児で子供を預けることは出来る? 完全母乳育児だと、子供を預けにくいなぁとお悩みのママは多くいます。 ですが、 完全母乳育児であっても、子供を預けることは出来ます。 一人でずっと赤ちゃんと向き合っているのは大変なので、「預けにくい・預けられない」と考えるのではなく、「預けるためにはどうしたらいいのか?」について目を向けて見てくださいね。 母乳だけで育てたいというお母さんであれば、 母乳を冷蔵や冷凍ができるので、長時間でも預けることは可能ですよ。 ですが、哺乳瓶の乳首が苦手で哺乳瓶で飲めない赤ちゃんの場合は、授乳のタイミングを考えると 2,3時間が限度となります。 5,6ヶ月になると離乳食が始まり、母乳を欲しがる頻度が下がるので、もう少し長い時間預けることも出来るようになってきます。 さらに、ストローやコップで飲むことができるようになると哺乳瓶が苦手な赤ちゃんでも、問題なく預けることが出来ますね。 では、実際にお出かけで子供を預ける際には、どのようにしたらいいのでしょうか? スポンサーリンク 完全母乳育児で預ける時の対策 完全母乳育児を行っていて、赤ちゃんを預ける場合の対策を短時間のお出かけ・長時間のお出かけについてそれぞれ紹介していきます。 美容院など短時間の場合 「美容院に行きたい」など短時間のお出かけの場合の対策です。 哺乳瓶が大丈夫な場合 出掛けるギリギリに授乳をして家を出るようにしましょう。 哺乳瓶が大丈夫な赤ちゃんであれば、 母乳を搾乳しておくと安心です。 冷蔵だと24時間以内に飲み切れば安心だと言われています。 家で旦那さんや親にみてもらう場合は、あげ方の説明もしておきましょう。 託児などで預かってもらう場合は、搾乳した乳を保冷バックに入れて持っていくといいですね。 搾乳をして行かないと、赤ちゃんがお腹が減った時に泣き止まないという事態を招いてしまい、預けた相手を困らせるなど、次回から預けにくくなってしまうので、念のために出来ることはして行きましょう。 哺乳瓶がダメな場合 哺乳瓶を受け付けない赤ちゃんであれば、離乳食が始まるまでは 託児所のある美容室をお勧めします。 カラーや縮毛矯正など3時間ぐらいかかってしまうと、授乳間隔を考えると預けるのは少し厳しいです。 託児ルームがあるとこだと美容師さんも気にしながら施術していただけるのでお母さんも安心していただけます。 また場所によれば授乳室も完備されていますよ。 託児ルームがあれば、の赤ちゃんを見てくれている方がいるので、お母さんも一人の空間でリフレッシュできます。 スポンサーリンク 結婚式参列や保育園など長時間の場合 では、長時間ママが出掛ける場合にはどうしたらいいのでしょうか? 哺乳瓶が大丈夫な場合 哺乳瓶が大丈夫な場合であれば、長時間のお出かけの場合も短時間のお出かけと同じように搾乳をして出かければ安心です。 哺乳瓶がダメな場合 結婚式などで出かける場合は、その時間だけでなく行き帰りの時間も考えなければなりません。 長時間、哺乳瓶がダメな赤ちゃんと離れるのは難しいですよね。 1番良い方法は、 赤ちゃんも結婚式場まで行き、旦那さんや家族にその近くを散歩したり遊んでおいてもらうという方法です。 授乳が必要な時に赤ちゃんを連れてきてもらい、控え室などを借りれば授乳をすることが出来ます。 長時間だとおっぱいも張って乳腺炎になってしまうのでこの策はお勧めです。 実際にその方法で赤ちゃんに母乳をあげているママがたくさんいますので安心して下さいね 保育園はミルクでないとダメなところも多いですが、完全母乳がいい場合は、搾乳して持っていける保育園に預けましょう。 ですがどうしても、授乳だと腹持ちもあまり良くないので毎回搾乳したものを持っていくのも大変です。 なので、完全母乳の場合であれば、保育園は6ヶ月頃から始めるのをお勧めします。 スポンサーリンク 預ける時のことも考えて混合育児も視野に入れるといい 完全母乳育児で、ママがお出かけをする時の対策を紹介してきましたが、正直とっても大変ですよね。 預ける時のことを考えると混合育児も視野に入れても良いと言えます。 または、預ける時だけはミルクで対応など融通をきかせると自身も気が楽になりますよ。 最後に、完全母乳育児にこだわらなくても良い理由や哺乳瓶嫌いの子が哺乳瓶を加えるようになった工夫について紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。 完全母乳育児にこだわらなくてもいい理由 完全母乳育児にこだわらなくてもいい1番の理由として、 お母さんが一人で悩みやすくなり鬱やストレスになりやすいということが挙げられます。 ミルクだと誰でもあげることができますが、母乳だとお母さんだけしか母乳をあげることができません。 ですので、例えば『体調が悪く薬を飲みたいけど授乳中なので飲めない』『日によって子供があまり吸ってくれない』『お母さんは食べる物に気を付けないといけない』など考えすぎて体も心もしんどくなってしまうお母さんがとても多いです。 育児は一人でするには大変なので家族がみんなで協力できる混合育児もオススメです。 哺乳瓶を嫌がる子には母乳実感がオススメ 最近は完全母乳育児にこだわらない人は、産婦人科でも哺乳瓶で飲めるように練習させてくれるところが多くあります。 またそこでオススメされているのは 母乳実感と呼ばれるピジョンの哺乳瓶の口先です。

次の