年賀状 横書き。 年賀状の住所の横書きは失礼?数字や敬称の正しい書き方は?

年賀状の裏を横書きにする時どっちが上?正しい向きと印刷の向き

年賀状 横書き

年賀状の住所で番地の書き方は? はがきは、住所を書く面が表になります。 年賀状に相手の住所を書く際、横書きで書く人もいるのではないでしょうか。 縦書きよりも横書きに慣れている私たちですが、 はがきの住所に関しては、縦書きで書くのが良いとされているんですよ。 数字で書くの? 漢数字で書くの? どっちが良いのか悩みますよね。 どちらが正しいということはないそうですが、 丁寧に書くなら、丁目や番地などの 数字は、漢数字で書くのが良いそうです。 上司など目上の人への年賀状なら、漢数字で書いた方が良いということですね。 年賀状の住所で10はどう書く? 年賀状の住所の数字は漢数字で書くのが丁寧な書き方だと分かったけど、 十以上の数字はどう書くのが正しいのかな? と更に疑問が膨らみます。 10をどう書くのか? これ、結構多くの人が悩んでいるようなんです。 結論から言うと、10番地の場合、 10は十ではなく、 一〇と書くのが良いとされています。 1と0に分けて漢数字にするということですね。 100も同様) そして、11以上の数字については、 十を使っても一を使ってもどちらも間違いではありません。 ただし、11や12、21などは漢数字で縦書きすると、 11が2に、12が3、21も3に見間違えてしまう可能性が出てきますね。 このような紛らわしい場合は、十を使い「十一」と書くようにするといいそうですよ。 縦書きの住所でハイフン の はどう書く? 次に悩むのは、丁目や番地を表す「-」の部分ですね。 口頭で話すときは、「1の3」と「の」で言う部分、 ハイフンの部分のことです。 パターンとしては、 ・一丁目三番地六 ・一-三-六 ・一の三の六 ・一ノ三ノ六 の4パターンが思いつきますね。 ハイフンは、 丁目や番地を省略化して書いているものとなります。 縦書きした場合、どれも間違いではないのですが、 省略しないで書くのが、最も丁寧な書き方になります。 そのため、目上の人への年賀状では、 省略の意味の「- ハイフン 」は使わず、丁目、番地を書くようにするといいそうですよ。 スポンサーリンク 会社の上司への年賀状で敬称はどう書く? 会社の上司へ送る年賀状で、次に気になるのは 敬称部分ですね。 部長や課長をつけるのは、あくまで会社での呼び方。 年賀状を上司の自宅に送るのであれば、社外でのあいさつ状になるので、 「様」で送る方が正しいということになります。 年賀状のひと言は、新年を向かえての自分の決意や思いを書くことが多いので、 普段呼んでいる呼び方で書いた方が、 上司に気持ちが伝わりやすいと思いますよ。 年賀状で自分の住所は裏に書いてもいい? 年賀状の自分の住所、もらった年賀状を見ると、 表に書いてある人もいるし裏に書いてある人もいると思います。 はたしてこれは、どっちが正しい? 実はこれも、どっちも間違いではないのだそうです。 年賀状の表には、左下部に差出人を書くスペースがありますよね? はがきの表に書くのが本来ではあるようです。 ただ、 ・裏のデザインの一部として ・裏の空白を埋めて、一言を少なくしたいから ・裏にデザインと一緒に印刷しておいた方が楽だから などの理由で、裏面に書く人もかなり多いのが現状です。 また、いちいち表側を見なくても、 裏面だけで誰からの年賀状かが分かるので相手にも親切という考え方もあるそうです。 そのため、差出人の住所や名前を、年賀状の表に書いても裏に書いても、 どちらも失礼にはあたりません。 とはいえ、やはり差出人も表に書いてあった方が、見た目に美しい年賀状に見えませんか? こだわりがないのであれば、 差出人は表に書いて送った方が無難だと思いますよ。 ちなみに、表にも裏にも差出人を書くのはみっともないのでやめた方がいいです。 ですので、少しでも裏側のスペースを埋めるために、差出人を裏側に書くようにしています。 年賀状の番地の書き方まとめ 新年の始まりのあいさつとして送る年賀状。 日本の文化として、とても良い文化だと思います。 丁寧に書いても、年賀状の表側なんて、ちゃんと見ている人は少ないかもしれません。 でも、年賀状を見た人が、新年早々不快な気持ちになるような、 そんな年賀状を送ってしまう人になるのは嫌ですよね。 失礼のないように丁寧な年賀状を送って、気持ちの良い新年を迎えたいですね。

次の

横書きの年賀状は失礼?横書きの年賀状の書き方をご紹介します!|終活ねっと

年賀状 横書き

年賀状の住所の横書きは失礼にあたるの? 年賀状と言えば 縦書きが一般的ですが、最近では干支を用いない海外のポストカードのような年賀状を出す人も増えてきたため、横書きで年賀状を出す人も少なくありません。 しかし、本来日本語は縦書きが正式ですので、 年賀状も縦書きで送るのが正しい書き方となります。 仲の良い友人家族に送るのであれば問題ありませんが、目上の人や取引先に年賀状を出す場合は、 大人のマナーとして縦書きで送るようにしましょう。 横書きは失礼にあたるとは一概に言えないものの、送った相手によっては「礼儀作法がなっていない」「非常識だ」と思われてしまうかもしれません。 また、住所を書く表面を縦書きで作成する場合、 裏面も縦書きにするのが基本です。 表裏で縦書きと横書きがゴッチャにならないよう、注意しながら作成に取り掛かると良いでしょう。 ちなみに、住所の「 」の文字が数字の「1」と郵便局員に勘違いされてしまうことも稀にあるので、そういった場合は ひらがなの「の」と言う文字を使うのも有効です。 パソコンや筆で作成した宛名であればそういった間違いも少ないですが、ボールペンだと判別が付きにくいですので、このような小技も覚えておくといいでしょう。 様 最も一般的な敬称で、誰にでもお使いいただけます。 敬称に迷った場合は「様」を付けておけば間違いありません。 また、連名の場合には、必ず一人一人の名前に「様」を付けましょう。 御中 団体・会社・部署などの組織宛に出す場合に使います。 担当者がハッキリしない場合などに使うと良いでしょう。 御一同様 相手方の家族全員に対して挨拶をするときに使います。 (前川家御一同様など)• 先生 一般的に「先生」と呼ばれる職業の方にお送りする際に使います。 (弁護士・医師・恩師など)• 役職は必ず名前の上に記入しましょう。 また、役職が長い場合の書き方は、3文字までは1行、4文字以降は2行目、5文字以上の長い役職は、名前の上には記入せず、部署名などの下に1文字下げて記入します。 御奥様 ご夫婦宛で、奥様の名前が分からない場合に使います。 ちなみに、会社名を記入する場合には、㈱、㈲、などの略称は使ってはいけません。 年賀はがきのスペースに余裕が無かったとしても、フォントを小さくするなどして、 必ず正式名称で記入しましょう。 (株式会社、有限会社など).

次の

年賀状の書き方と挨拶文・一言添え書き文例集【2020年子年版】

年賀状 横書き

【1】年賀状の横書きは失礼?年賀状の書き方マナー 平安時代に始まったとされる年賀状は、正式には縦書きで書くものとされていました。 しかし現在では横書きで書かれることも多くなりました。 ただし、 目上の人に送る場合は縦書きで書くことがマナーです。 上司や取引先、ビジネス上のお付き合いのある方はもちろん、年配の方などには縦書きで書くようにしましょう。 【2】横書きでの年賀状の書き方〜宛名や住所は?〜 横書きで年賀状を書く人も珍しくなくなりましたが、横書きの際にも当然注意することがあります。 そこで横書きでの年賀状の書き方を紹介します。 まず、裏面本文が横書きの場合は、 表面の宛名や住所も横書きにそろえるようにしましょう。 表裏が統一されていないと、受け取った側はとても気持ち悪い印象を受けてしまいます。 また、横書きでは電話番号や番地などの数字は、算用数字を使うようにしましょう。 連名での横書きの際に注意は必要です。 送る相手が夫婦や家族宛の場合は、相手のご家族の名前が分かるようでしたら連名で宛名に書くようにしましょう。 その際の書き方として、縦書きと同じように名字の後にそろえましょう。 例) 山田家御一同様 と省略した書き方でも問題はありません。 会社関係者宛に年賀状を出す際の連名について紹介します。 まず会社関係で年賀状を出すときは、連名は使いません。 なぜなら年賀状の保管は各個人が保管することになるため、連名で書かれていた場合はどちらが保管すればいいのか混乱させてしまう恐れがあるためです。 なので、取引先に複数名出す場合は、 それぞれの担当者に1枚ずつ送るようにしましょう。 もしくは、会社全体、部署全体の宛名にして出す方法もあります。 【3】横書きの年賀状は上下どっち向きが正解?【レイアウト】 横書きで記載するといっても2つの横書きのパターンがあります。 それは縦書きの葉書をそのままの状態で使うものと、葉書自体を横にして横書きで書くものと2つに分かれます。 縦書きのまま使う場合は特に注意点はありませんが、問題は葉書自体を横書きにして書く場合です。 葉書には「天」と「地」があり、表面の郵便番号がある箇所が「表面の天」になり、下が「表面の地」になります。 そして表面の右に当たる部分が「裏側の地」になり、左側が「裏面の天」になります。

次の