真夜中 の 御徒 町。 芥川龍之介 黒衣聖母

郷ひろみ お嫁サンバ 歌詞

真夜中 の 御徒 町

历史 [ ]• 1925年(14年)11月1日:()车站开业。 1949年(24年)6月1日:成立。 1987年(昭和62年)4月1日:,成为(JR东日本)车站。 1988年(昭和63年)3月13日:京滨东北线开始运行快速班次,午间时段不停靠本站。 1990年(2年)1月22日:车站北侧高架下的春日通发生塌陷事故,造成17人受伤。 2015年(平成27年)3月14日:改点。 周六假日的京滨东北线快速班次停靠本站。 站名由来 [ ] 取自开业当时的町名(御徒町、仲御徒町)。 御徒町的由来请参照。 车站构造 [ ] 2面4线的。 出口有北口与南口两处。 1号线东侧有三条与回送列车使用的线路,由于设有转辙器 ,上野东京线须减速通过本站。 月台配置 [ ] 3、4号月台(2019年3月) 使用情况 [ ] 2017年(平成28年)度1日平均 上车人次为' 68,750人。 JR东日本管内车站第67位。 1993年度达到顶峰后逐渐减少。 近年推移如下表。 各年度1日平均上车人次 年度 1日平均 上车人次 来源 1989年(平成元年) 88,547 1990年(平成 02年) 91,104 1991年(平成 03年) 93,424 1992年(平成 04年) 93,995 1993年(平成 05年) 94,271 1994年(平成 06年) 90,375 1995年(平成 07年) 88,634 1996年(平成 08年) 87,553 1997年(平成 09年) 83,792 1998年(平成10年) 81,616 1999年(平成11年) 80,752 2000年(平成12年) 79,539 2001年(平成13年) 80,822 2002年(平成14年) 80,253 2003年(平成15年) 79,824 2004年(平成16年) 78,208 2005年(平成17年) 77,011 2006年(平成18年) 76,294 2007年(平成19年) 75,733 2008年(平成20年) 74,094 2009年(平成21年) 71,934 2010年(平成22年) 69,565 2011年(平成23年) 68,402 2012年(平成24年) 67,737 2013年(平成25年) 67,593 2014年(平成26年) 67,502 2015年(平成27年) 66,804 2016年(平成28年) 66,975 2017年(平成29年) 68,750 车站周边 [ ] 春日通(望向御徒町站西侧)(2016年2月20日) 车站北侧有。 北口 - ( 日语 : )、、台东区役所上野地区中心、、、 ( 日语 : )、、 ( 日语 : )、上野店、 ( 日语 : )、 ( 日语 : )、、 ( 日语 : )上野御徒町店• 南口 - 松坂屋上野店、上野三、仲御徒町邮便局、上野黑门邮便局• 东侧是、街。 步行至(东京地下铁银座线)约10分钟。 从本站步行至A6、A7出入口可转乘以下路线。 但是车内广播仅提都营大江户线(因为银座线、日比谷线在上野站转乘较近)。 - (昭和通地下)• - (台东四丁目交差点)• 其地下有自行车停车场。 御徒町站前• 学01:往(昭和通上) 上野广小路(上野御徒町站前)• 学01:往上野站• 都02:往大冢站(经春日站、茗荷谷站)/锦糸町站前• 上26:往(经、)• 上60:往大冢站(经春日站、白山二丁目)、东口(平日仅早晨傍晚)• 上69:往小泷桥车库(经春日站、早稻田、) 上69系统在中央通上,其他系统在春日通上。 上野松坂屋前(上野御徒町站前)• 学01:往 ( 日语 : )• 上23:往(经、)• 草39:往(经广小路、 ( 日语 : ),仅平日午间)• 上46:往东口/南千住车库前(经浅草寿町)• 上58:往早稻田(经动坂下、千石一丁目)• Sky Hop Bus:往浅草、东京晴空塔( ( 日语 : ))• S-1(観光路线バス):往(周六日)/锦糸町站(经浅草雷门) 学01系统在春日通上,其他系统在中央通上。

次の

【公式】アパホテル〈御徒町駅北〉S(アパ直なら最安値)宿泊予約 ビジネスホテル

真夜中 の 御徒 町

」 田代 ( たしろ )君はこう云いながら、一体の 麻利耶観音 ( マリヤかんのん )を 卓子 ( テーブル )の上へ載せて見せた。 麻利耶観音と称するのは、 切支丹宗門 ( きりしたんしゅうもん )禁制時代の 天主教徒 ( てんしゅきょうと )が、 屡 ( しばしば ) 聖母 ( せいぼ )麻利耶の代りに 礼拝 ( らいはい )した、多くは 白磁 ( はくじ )の観音像である。 が、今田代君が見せてくれたのは、その麻利耶観音の中でも、博物館の陳列室や世間普通の 蒐収家 ( しゅうしゅうか )のキャビネットにあるようなものではない。 第一これは顔を除いて、他はことごとく 黒檀 ( こくたん )を刻んだ、一尺ばかりの立像である。 のみならず 頸 ( くび )のまわりへ懸けた 十字架形 ( じゅうじかがた )の 瓔珞 ( ようらく )も、金と青貝とを 象嵌 ( ぞうがん )した、極めて精巧な 細工 ( さいく )らしい。 その上顔は美しい 牙彫 ( げぼり )で、しかも唇には 珊瑚 ( さんご )のような一点の朱まで加えてある。 …… 私は黙って腕を組んだまま、しばらくはこの 黒衣聖母 ( こくいせいぼ )の美しい顔を眺めていた。 が、眺めている内に、何か怪しい表情が、 象牙 ( ぞうげ )の顔のどこだかに、 漂 ( ただよ )っているような心もちがした。 いや、怪しいと云ったのでは物足りない。 私にはその顔全体が、ある悪意を帯びた嘲笑を 漲 ( みなぎ )らしているような気さえしたのである。 「どうです、これは。 」 田代君はあらゆる蒐集家に共通な 矜誇 ( ほこり )の微笑を浮べながら、 卓子 ( テーブル )の上の麻利耶観音と私の顔とを見比べて、もう一度こう繰返した。 「これは珍品ですね。 が、何だかこの顔は、 無気味 ( ぶきみ )な所があるようじゃありませんか。 」 「 円満具足 ( えんまんぐそく )の 相好 ( そうごう )とは行きませんかな。 そう云えばこの麻利耶観音には、妙な伝説が附随しているのです。 」 「妙な伝説?」 私は眼を麻利耶観音から、思わず田代君の顔に移した。 田代君は存外 真面目 ( まじめ )な表情を浮べながら、ちょいとその麻利耶観音を 卓子 ( テーブル )の上から取り上げたが、すぐにまた元の位置に戻して、 「ええ、これは 禍 ( わざわい )を転じて 福 ( さいわい )とする代りに、福を転じて禍とする、 縁起 ( えんぎ )の悪い聖母だと云う事ですよ。 」 「まさか。 」 「ところが実際そう云う事実が、持ち主にあったと云うのです。 」 田代君は 椅子 ( いす )に腰を下すと、ほとんど物思わしげなとも形容すべき、陰鬱な眼つきになりながら、私にも 卓子 ( テーブル )の向うの椅子へかけろと云う手真似をして見せた。 「ほんとうですか。 」 私は椅子へかけると同時に、我知らず怪しい声を出した。 田代君は私より一二年 前 ( ぜん )に大学を卒業した、秀才の聞えの高い法学士である。 且 ( かつ )また私の知っている限り、 所謂 ( いわゆる )超自然的現象には 寸毫 ( すんごう )の信用も置いていない、教養に富んだ新思想家である、その田代君がこんな事を云い出す以上、まさかその妙な伝説と云うのも、 荒唐無稽 ( こうとうむけい )な怪談ではあるまい。 」 私が 再 ( ふたたび )こう念を押すと、田代君は 燐寸 ( マッチ )の火をおもむろにパイプへ移しながら、 「さあ、それはあなた自身の御判断に任せるよりほかはありますまい。 が、ともかくもこの 麻利耶 ( マリヤ )観音には、気味の悪い 因縁 ( いんねん )があるのだそうです。 御退屈でなければ、御話しますが。 勿論 骨董 ( こっとう )としてあったのではなく、一家の繁栄を祈るべき 宗門神 ( しゅうもんじん )としてあったのですが。 その稲見の当主と云うのは、ちょうど私と同期の法学士で、これが会社にも関係すれば、銀行にも手を出していると云う、まあ仲々の事業家なのです。 そんな関係上、私も一二度稲見のために、ある便宜を計ってやった事がありました。 その 礼心 ( れいごころ )だったのでしょう。 稲見はある年上京した 序 ( ついで )に、この 家 ( いえ ) 重代 ( えじゅうだい )の麻利耶観音を私にくれて行ったのです。 私の所謂妙な伝説と云うのも、その時稲見の口から聞いたのですが、彼自身は勿論そう云う不思議を信じている訳でも何でもありません。 ただ、母親から聞かされた通り、この聖母の 謂 ( い )われ因縁をざっと説明しただけだったのです。 何でも稲見の母親が 十 ( とお )か十一の秋だったそうです。 稲見の母親はお 栄 ( えい )と云って、二三年 前 ( ぜん )の疫病に父母共世を去って以来、この茂作と姉弟二人、もう七十を越した祖母の手に育てられて来たのだそうです。 ですから茂作が重病になると、稲見には 曽祖母 ( そうそぼ )に当る、その 切髪 ( きりがみ )の隠居の心配と云うものは、 一通 ( ひととお )りや 二通 ( ふたとお )りではありません。 が、いくら医者が手を尽しても、茂作の病気は重くなるばかりで、ほとんど一週間と経たない内に、もう 今日 ( きょう )か 明日 ( あす )かと云う 容体 ( ようだい )になってしまいました。 するとある夜の事、お栄のよく寝入っている部屋へ、突然祖母がはいって来て、眠むがるのを無理に 抱 ( だ )き起してから、人手も借りず甲斐甲斐しく、ちゃんと着物を着換えさせたそうです。 お栄はまだ夢でも見ているような、ぼんやりした心もちでいましたが、祖母はすぐにその手を引いて、うす暗い 雪洞 ( ぼんぼり )に 人気 ( ひとけ )のない 廊下 ( ろうか )を照らしながら、昼でも滅多にはいった事のない 土蔵 ( どぞう )へお栄をつれて行きました。 土蔵の奥には昔から、 火伏 ( ひぶ )せの 稲荷 ( いなり )が 祀 ( まつ )ってあると云う、 白木 ( しらき )の御宮がありました。 祖母は帯の間から 鍵 ( かぎ )を出して、その御宮の扉を開けましたが、今 雪洞 ( ぼんぼり )の光に 透 ( す )かして見ると、古びた錦の 御戸帳 ( みとちょう )の後に、端然と立っている御神体は、ほかでもない、この麻利耶観音なのです。 お栄はそれを見ると同時に、急に ( こおろぎ )の鳴く声さえしない真夜中の土蔵が怖くなって、思わず祖母の膝へ 縋 ( すが )りついたまま、しくしく泣き出してしまいました。 が、祖母はいつもと違って、お栄の泣くのにも頓着せず、その麻利耶観音の御宮の前に坐りながら、 恭 ( うやうや )しく額に十字を切って、何かお栄にわからない 御祈祷 ( ごきとう )をあげ始めたそうです。 それがおよそ十分あまりも続いてから、祖母は静に孫娘を抱き起すと、怖がるのを 頻 ( しき )りになだめなだめ、自分の隣に坐らせました。 そうして今度はお栄にもわかるように、この 黒檀 ( こくたん )の麻利耶観音へ、こんな 願 ( がん )をかけ始めました。 「 童貞聖麻利耶様 ( ビルゼンサンタマリヤさま )、私が天にも地にも、 杖柱 ( つえはしら )と頼んで居りますのは、当年八歳の孫の茂作と、ここにつれて参りました姉のお栄ばかりでございます。 お栄もまだ御覧の通り、 婿 ( むこ )をとるほどの年でもございません。 もし唯今茂作の身に万一の事でもございましたら、稲見の家は 明日 ( あす )が日にも 世嗣 ( よつ )ぎが絶えてしまうのでございます。 そのような不祥がございませんように、どうか茂作の一命を御守りなすって下さいまし。 それも 私風情 ( わたしふぜい )の信心には及ばない事でございましたら、せめては私の息のございます限り、茂作の命を御助け下さいまし。 私もとる年でございますし、 霊魂 ( アニマ )を 天主 ( デウス )に御捧げ申すのも、長い事ではございますまい。 しかし、それまでには孫のお栄も、不慮の災難でもございませなんだら、 大方 ( おおかた )年頃になるでございましょう。 何卒 ( なにとぞ )私が目をつぶりますまででよろしゅうございますから、死の 天使 ( アンジョ )の 御剣 ( おんつるぎ )が茂作の体に触れませんよう、御慈悲を御垂れ下さいまし。 」 祖母は 切髪 ( きりがみ )の 頭 ( かしら )を下げて、熱心にこう祈りました。 するとその言葉が終った時、恐る恐る顔を 擡 ( もた )げたお栄の眼には、気のせいか麻利耶観音が微笑したように見えたと云うのです。 お栄は勿論小さな声をあげて、また祖母の膝に縋りつきました。 が、祖母は 反 ( かえ )って満足そうに、孫娘の背をさすりながら、 「さあ、もうあちらへ行きましょう。 麻利耶様は 難有 ( ありがた )い事に、この御婆さんのお祈りを御聞き入れになって下すったからね。 」 と、何度も繰り返して云ったそうです。 さて明くる日になって見ると、 成程 ( なるほど )祖母の願がかなったか、茂作は 昨日 ( きのう )よりも熱が下って、今まではまるで夢中だったのが、次第に 正気 ( しょうき )さえついて来ました。 この 容子 ( ようす )を見た祖母の喜びは、仲々口には尽せません。 何でも稲見の母親は、その時祖母が笑いながら、涙をこぼしていた顔が、 未 ( いまだ )に忘れられないとか云っているそうです。 その内に祖母は病気の孫がすやすや眠り出したのを見て、自分も連夜の看病疲れをしばらく休める 心算 ( つもり )だったのでしょう。 病間 ( びょうま )の隣へ 床 ( とこ )をとらせて、珍らしくそこへ横になりました。 その時お栄は 御弾 ( おはじ )きをしながら、祖母の枕もとに坐っていましたが、隠居は 精根 ( せいこん )も尽きるほど、疲れ果てていたと見えて、まるで死んだ人のように、すぐに寝入ってしまったとか云う事です。 ところがかれこれ一時間ばかりすると、茂作の介抱をしていた年輩の女中が、そっと次の間の 襖 ( ふすま )を開けて、「御嬢様ちょいと御隠居様を御起し下さいまし。 」と、 慌 ( あわ )てたような声で云いました。 そこでお栄は子供の事ですから、早速祖母の側へ行って、「御婆さん、御婆さん。 」と二三度 掻巻 ( かいま )きの袖を引いたそうです。 が、どうしたのかふだんは 眼慧 ( めざと )い祖母が、今日に限っていくら呼んでも返事をする 気色 ( けしき )さえ見えません。 その内に女中が 不審 ( ふしん )そうに、病間からこちらへはいって来ましたが、これは祖母の顔を見ると、気でも違ったかと思うほど、いきなり隠居の掻巻きに 縋 ( すが )りついて、「御隠居様、御隠居様。 」と、必死の涙声を挙げ始めました。 けれども祖母は眼のまわりにかすかな紫の色を 止 ( とど )めたまま、やはり身動きもせずに眠っています。 」と、 震 ( ふる )え声で呼び立てました。 が、祖母は依然として、今は枕もとに泣き伏した女中の声も聞えないように、じっと眼をつぶっているのでした。 …… 茂作もそれから十分ばかりの内に、とうとう息を引き取りました。 麻利耶 ( マリヤ )観音は約束通り、祖母の命のある間は、茂作を殺さずに置いたのです。 田代君はこう話し終ると、また陰鬱な眼を挙げて、じっと私の顔を眺めた。 「どうです。 あなたにはこの伝説が、ほんとうにあったとは思われませんか。 」 私はためらった。 」 田代君はしばらく黙っていた。 が、やがて煙の消えたパイプへもう一度火を移すと、 「私はほんとうにあったかとも思うのです。 御覧なさい。 此処に刻んである横文字を。 聖母は 黒檀 ( こくたん )の衣を 纏 ( まと )ったまま、やはりその美しい 象牙 ( ぞうげ )の顔に、ある悪意を帯びた嘲笑を、永久に冷然と 湛 ( たた )えている。

次の

徒(ず)とは

真夜中 の 御徒 町

アパ直(アパホテル公式サイト・アパアプリ)では 2020年 7月 21日(火)~ 8月 10日(月)返金不可プランを販売させて頂いておりました。 当該プランをご予約頂いており、宿泊キャンセルをご希望の場合、期間内にお申し出を頂いたお客様にはキャンセル料を無料にて対応させて頂きます。 宿泊キャンセルをご希望のお客様はお電話にて、ご予約いただいたホテルまでご連絡下さい。 なお、通常プランをご予約いただいているお客様のキャンセルポリシーに変更はございません。 詳しくは、ご予約いただいたホテルまでお電話にてお問い合わせをお願いいたします。 アパホテル「S」シリーズ登場!JR山手線御徒町駅・各路線上野駅徒歩3分の好立地!! 「S」 エス とは、シンプルな新都市型ホテルを意味するNewカテゴリー ・ゆったり広々したシャワーブースを採用、バスタブ設置がございません。 ・朝食会場、大浴場を設けておりません。 ・ご滞在のお客様にコインランドリーをご用意しております。 【ホテルへのアクセス】 JR山手線「御徒町駅」 北口 徒歩3分 JR山手線「上野駅」 広小路口 徒歩3分 東京メトロ日比谷線・銀座線「上野駅」 4番出口 徒歩3分 都営地下鉄大江戸線「上野御徒町駅」 A8出口 徒歩3分 アパホテル共通サービス• エクスプレスチェックアウト• 添い寝無料• 連泊エコ清掃• AED• 車椅子貸出• ズボンプレッサー貸出• 毛布貸出• 羽毛枕貸出• 煙ふせぐ~ん(Smoke Guard)• 液晶テレビ(大型)• 国際ニュースチャンネル(BBC)• Wi-Fi• 有線LAN• 禁煙フロア設置• 除菌・消臭スプレー• 空の冷蔵庫• 高級羽毛布団(デュベ)• お茶セット(電気ケトル・マグカップ)• 使い捨てスリッパ• 折り鶴• 月刊誌アップルタウン• ハミガキセット• カミソリ(レザー)• ヘアブラシ• ヘアゴム• ボディスポンジ• シャワーキャップ• シャンプー・コンディショナー ボディソープ• ラグジュアリータオル• 色違いタオル(2名以上の客室)• ドライヤー• バゲージラックまたはベッド下収納• 温水洗浄便座• 分別ゴミ箱• ハンガー(ジャケットピンチ付).

次の