河井案里 顔相。 清野菜名(25)名器度「4」寄りの「3」締まりは普通だが膣内は狭い │ 2chまとめサイト 2

山梨のキャンプ場の行方不明の事件で、犯人は誰になりますか

河井案里 顔相

河井案里議員(46)と河井克行前法務大臣(57)が6月18日、買収の疑いで逮捕された。 昨年10月、案里容疑者陣営の公職選挙法違反が報じられてから約8ヵ月。 2人の逮捕が大きな波紋を呼んでいる。 毎日新聞によると2人は共謀して案里容疑者を当選させる目的で、19年に案里容疑者への投票や票のとりまとめなどの選挙運動を5人に依頼。 その報酬として計170万円を供与したとされている。 さらに克行容疑者は同年、91人に報酬として計約2,400万円を供与したという。 「2人は昨年10月、いわゆるウグイス嬢に法定上限を超える報酬を支払ったという疑いが一部週刊誌で報じられました。 克行容疑者は法務大臣を辞任する際に『説明責任を果たしていきたい』といったものの、その直後から2人は雲隠れ状態に。 国会を1ヵ月以上も欠席したにも関わらず克行容疑者は323万円、案里容疑者は194万円ものボーナスを満額でもらっていたため非難の声が相次いでいました」(全国紙記者) 各メディアによると、議員辞職をする意向ではないという2人。 ネットでは《国民への説明はいっさいなかった》《お金返して欲しい》と厳しい声が再燃。 また、その火の粉は自民党にも及んでいる。 「2人に選挙資金として1億5,000万円にも及ぶ大金が自民党から振り込まれていたと発覚しています。 そこには案里容疑者の対立候補であり、安倍晋三首相(65)に批判的な立場だった溝手顕正元議員(77)を落選させる意図があったのではないかとの指摘も。 また、克行容疑者はもともと法務大臣。 法務省の長であったにも関わらず、逮捕されるというのは憲政史上初のことです。 そのため安倍内閣、ひいては自民党に厳しい視線が注がれています」(前出・全国紙記者) そんななか、各メディアによると18日に安倍首相はこうコメントしたという。 「我が党所属であった現職国会議員が逮捕されたことについては大変遺憾であります。 かつて法務大臣に任命した者として、その責任を痛感しております」 「自民党総裁としてより一層襟を正し、国民に対する説明責任を果たしていかなければならないと考えています」 毎度のように「遺憾であります」「責任を痛感しています」と述べた安倍首相。 ネットでは呆れたようにこんな声が上がっている。 《遺憾だとか責任は私にあるだとか、口先だけの会見はもう十分です。 本当に悪いと思っていて、責任を痛感しているというのであれば、まずは具体的な説明責任を果たすべきでしょう。 口だけで何もしないその姿勢には、もううんざりです》 《ただの不祥事と、違う。 同時に2名が逮捕され、そのうち1名は自身が任命した法務大臣。 「遺憾」や「襟を正す」では、済まない》 《「我が党所属であった現職国会議員が逮捕された」? 昨日まで自民党 だったじゃねえか》 更新日:2020年6月19日 提供元:.

次の

スポ根ドラマ『ダイブ!!』の遣都・池松・溝端の初々しさがすごい

河井案里 顔相

河井案里氏の顔相で最も特徴的な部位は眼である。 河井氏の黒目は目頭よりに寄ったいわゆる斜視であり、三白眼(下三白眼)でもある。 2014年当時の眼と現在2020年の眼の黒目の位置を見比べてほしい。 2014年当時より現在の方がはるかに寄り目になり、 黒目も上に向いていて三白眼の度合いが強くなっている。 寄り目の人は、性格に裏表があり、表面は柔順温和そうに見えても、内心は悪いから、油断が出来ない。 不正なことも平気でやる性格である。 また、下三白眼の人は、気位が高く、人を見下げる、我が強い、お山の大将になって威張りくさるなど、 悪い性格が高じて人に敬遠され、嫌われる傾向が強い。 寄り目も三白眼も顔相学的には凶相である。 はつらつとした笑顔が印象的な河井氏だったが、2020年「公職選挙法違反」という大きなスキャンダルを 抱え、肉体的にも精神的にも疲れ切って表情はやつれている。 そのせいか、頬はコケ、法令線も深く刻まれ、口元はだらしなく締まりのない覆舟口になっている。 顔相上で頬と呼ぶ範囲であるが、簡単にいうと、口に息を含むと、プットと膨れるところが頬である。 頬は顔相の望診法では、「胃穴」といわれるところだ。 胃の容量、即ち胃の消化能力が大きいかどうかに関係があり、 結局、腹が大きいかどうかということをみるところである。 つまり、栄養のタンクである。 誰でも病気をすると、第一に頬の肉がげっそりと落ちるもので、つまりそれは栄養の補給が欠乏して、 タンクが空になっているのを表している。 成人の頬は肉しまりがあって、豊かであることが吉相の条件である。 頬は生理的には腹と対応しているが、これはまた、精神状態とも関係が深いのである。 頬が豊かな人は、腹が太い、つまり太っ腹な人である。 反対に頬の痩せこけた人は、コセコセとした包容力のない人である。 また、腹が減ると、腹立ちやすくなる。 これから考えても、頬の落ちた人、つまり腹の小さい人は、 常に空腹なのと同じようなものであるから、気が小さくて、怒りっぽい人であるといえる。 また、頬の肉がない人は、目下の人がなつかないのである。 気が小さく、細かいことにこだわり、寛大さがないので目下が嫌う。 部下の中には、有能な者とそうでない者がいるが、この人はできる者には目を掛けるが、 できない者には冷遇するから、目下からのウケが悪い。 それから、覆舟口は悪人の口であり、凶相である。 不平不満を抱いたり、嫉妬したり、反抗したり、泣いたり、悲観したり、 または悪いことを考えたりするときに、人の口は覆舟型の口になる。 顔の中で鼻や目や耳などは、その形が悪いからといっても、変えることはできにくいが、 口の表情は後天的に変えることができる。 口を仰月口に固定するよう意識することだ。 また、唇の薄い人は、元々は多弁である。 河井氏も一日も早く、話すべきことは話し、間違いは間違いとして、襟を正すことで、 凶相を吉相に変えることができるのである。 そうすれば、運命も変えることができるのである。 今日、この原稿を書いている時、 ニュース速報で河井氏が多量に薬を服用し救急搬送されたことが報道された。 公職選挙法違反事件の捜査対象者。 元々は多弁な相をした彼女が口を閉ざし飲酒し薬に手をのばし病院に担ぎ込まれたという事態から 真実の解明がますます遠いものになりはしないかと心配だ。 河井氏の自然な笑顔と今の顔を比較して見ればいかに経年の脳相が顔相として表に映し出されるかという ことをご理解いただけただろう。 河井氏の健康の回復を心から願っている。 特定のサービスや当該人物の誹謗中傷、人格否定を目的とするものではありません。 2020.

次の

河井前法相夫妻を逮捕、検察当局 昨夏参院選で買収容疑

河井案里 顔相

安倍首相が7日、行った内閣改造の記者会見。 新内閣で何を目指すのか、何を語るのかが注目されたのは当然として、もうひとつ、大きな関心事だったのが安倍首相の「顔色」と「むくみ」だ。 改造前にまたぞろ、健康不安説が飛び交っていたからである。 2枚の写真。 右側は先月の総裁選再選後の記者会見。 左側は2012年12月の第2次内閣発足直前の安倍首相。 つまり、首相に返り咲く少し前のものだ。 2枚を見比べるとハッキリわかるのが目の下のくまや頬のたるみ。 顔全体に広がるシワの多さ。 アゴのたるみ、ほうれい線の深さである。 一見して、疲れ切っているように見える。 顔全体がむくんでいるのもわかる。 驚くのは、こんな情報もあることだ。 「首相はテレビ出演のときはドーランを塗る。 見た目が良くなるので、会見のときもそうしているともっぱらです。 化粧して、この顔色やむくみだとすれば、生の顔は相当、深刻かもしれない」(官邸事情通).

次の