眠れ ない 夜 も あっ た だろ。 そこまで絞るには眠れない夜もあっただろ レビュー評価など5件|ボードゲーム情報

そこまで絞るには眠れない夜もあっただろ レビュー評価など5件|ボードゲーム情報

眠れ ない 夜 も あっ た だろ

こんにちは。 27歳、女、既婚、子供あり、OLをしている者です。 深刻な悩みではないのですが、どなたか話を聞いて下さい。 よろしくお願いします。 不眠症というほど重いものではないのですが、ときどき眠れないことがあります。 嫌なことや不安なことがあると、そのことばかり考えてしまい暗い気持ちになり寝付きが悪くなるということは20歳くらいのころからあり、朝まで寝れなかったりお酒をあおって無理やり寝ていました。 精神的に健康ではないとは思いますが、こういう人はある程度の割合でいると思うので理解できるんです。 それにここ数年は不安なこともあまりなくて特に困っていません。 そして今回の悩みというのは、楽しいことがあっても眠りにくくなるということなのです。 友人とごはんを食べに行って、すごく楽しいと夜ベッドに入っても、なかなか眠れないのです。 朝まで眠れないということは少ないのですがベッドに入ってから数時間眠れないことがあります。 気持ちがふわふわするというか 素面でもなるので酔っているわけではありません 、さっきの楽しい非日常の時間から、ベッドの中で眠りにつくという日常へのシフトがうまくいかないというか。 変な説明ですみません。 とくに久しぶりに会う友人や人数が多い時にそのようになるので、おそらく楽しい刺激が強すぎて興奮してしまっているのだと思います。 そんなに社交的でなく、友人も多くないのも原因のひとつだと思います。 こういうことって一般的なのでしょうか?それともなにかしら問題があるのでしょうか? そして眠れないことや気持ちがふわふわすることはあまり気持ちよいことではないので、できればいつものように寝たいのです。 どうすれば眠れるか、気持ちを落ち着かせることが出来るのかのアドバイスもあればお願いします。 ユーザーID: 2869910583 何かしら感情が強く動くと、寝つきが悪くなるんじゃないでしょうか。 私は寝つきがいい方ですが、やはり普段と違うことがあると、寝つきが悪くなります。 腹が立って寝れない!嬉しすぎて寝れない!いろいろあります。 どうやって気持ちを落ち着かせるか? 個人的には、感情を塗り替える作業が有効かな〜と感じてます。 ネットやテレビを見たり、読書やゲームに集中したり、外部に意識を持っていくと (体が疲れていさえすれば)急激に睡魔がきます。 ただ外部からの刺激に弱いタイプの方(明るいと寝れないとか)は使えないですね。 よく「寝る前にネットやスマホはNG」とも言われてますし。 ユーザーID: 6324161374• 大丈夫 子供でも、動物園やテーマパークから帰って、疲れてパタンと寝てしまう事も有りますが。 誕生会とか、義実家で親戚が揃って夕ご飯とかの後は、興奮したのか寝ませんよ。 所謂、交感神経が優位になっている状態なのでしょう。 人は、副交感神経が優位にならないと、寝られないそうなので。 切り替えるには、深呼吸が良いそうですよ。 浅い呼吸ではなく、深〜〜い呼吸が大事です。 眠る2時間前から、TVは観ないようにして、風呂に入り、その後はPCもスマホも見ないで、深呼吸して布団に入る訳です。 これがルーティンになると、また寝やすいようです。 私は、うっかりスマホチェックしちゃうので、台無しなんですよ〜(涙) ユーザーID: 6410802934• たぶん 頭が刺激によって活動マックスになり、その刺激がなくなってからも、しばらくはそのマックスの状態が続いているのではないでしょうか。 そのマックスの状態から通常の状態に戻るのに時間がかかるのだと思います。 私も飲み会の後などになかなか眠れないことがありました。 時間も遅く眠いと感じるのですが、実際には眠れないのです。 私は、そういうときには甘いコーヒーを飲んでいました。 甘いコーヒーでリラックスした気分になり、しばらくしてから寝ていました。 私の場合は、甘いコーヒーでしたが、それは人それぞれだと思います。 本を読んだりといったことでもいいかもしれませんね。 ユーザーID: 3364582354• 深刻に考えすぎ 子供の時に遠足の前はワクワクして眠れないなんて経験は一度もなく 何の話しかさっぱりわからなかった私ですが、単に遠足自体別に楽しみでもなかったせいな気もします。 そんな私は40歳くらいでトピ主さんのような状態になりました。 グループでワイワイ楽しく過ごすのが久しぶりだったせいなのかもしれません。 それまでは賃貸で転々と引越しをしてワイワイ女性同士でおしゃべりをするようなことが数年以上なかったので。 頻度は月に2〜4回くらいですが、人数が集まって賑やかになった時が寝付けない日になりましたね。 でも今はそれも落ち着いてまた普通になりました。 トピ主さんもしばらくするとたまには賑やかになる生活に慣れて落ち着いてくるかもしれません。 無理に何か眠るための努力をしたり、考え込んだりしないほうがいいと思います。 私はあきらめて布団の中でゴロゴロしてました。 ユーザーID: 0134044442.

次の

不眠 ~眠れない~|こんな症状ありませんか?|みんなのメンタルヘルス総合サイト

眠れ ない 夜 も あっ た だろ

眠れない夜 眠れない夜 「うっし、準備完了。 さて、行きますか」 黒いコートに身を包み、窓を開けようとしたフラウ。 コンコン 「ん?」 その手を止めたのは、扉を叩く音。 「誰だ?」 「俺だけど・・・」 声をかけると、聞きなれた声。 キィィィ・・・ 扉が開き、ひょっこりと顔を覗かせたのはテイトだった。 「どうした?」 「あっ、もしかして出掛けるところか?」 テイトが問うと、フラウは頷く。 そっか・・・確か夜の方が忙しいって言ってたよな 「ごめん、ならいい」 扉を閉めようとするテイトを、静止するフラウ。 「待て、何か用があったんだろ?」 尋ねられたテイトは首を左右に振った。 「いい、たいした用事じゃないし・・・」 立ち去ろうとしたテイトを無理やり部屋の中に引っ張り込む。 「うわっ」 倒れかけたテイトを腕の中に閉じ込めた。 「どうした?こんな時間だ。 何もないわけじゃないだろ?」 時間は就寝時間を少し過ぎた頃。 「本当にたいした用事じゃないんだ・・・ただ、眠れなくて」 「眠れない?」 フラウの言葉にテイトが頷く。 「うん、起きてたらハクレンやミカゲに悪いだろ?フラウなら起きてるんじゃないかって思ったから」 少し話しでもしようかと思い、フラウの部屋まで来たテイト。 「でも、出掛けるならいいよ。 ごめん」 フラウの腕の中から抜け出そうとすると、抱きしめる力が強くなり抜け出せない。 「フラウ?」 フラウの顔を見上げると、フラウは時計を見ていた。 「2〜3時間で戻るから、ここで待ってろ」 「えっ?」 キョトンとしているテイトのおでこにキスを一つしたフラウ。 「ちょっと行ってくるわ」 そう言って窓から外に飛び降りた。 嬉しい気持ちと恥ずかしい気持ちを抑え、 ベッドに腰掛け足をプラプラさせた。 「そう言えば、フラウの部屋に来るのは何度目だろ?」 付き合いだして日の浅い二人、フラウの部屋に単独で来たのは指折り出来るくらい。 お初は済ませているが、数は本当に2・3回と言ったところだ。 「本でも持って来ればよかった・・・でも、取りに行ったらハクレンとミカゲ起こしそうだし・・・」 テイトは何か無いかと辺りを見る・・・が 「あるわけないよな・・・あって、エロ本くらいだよな。 興味無いし」 再び足をプラプラさせていたときだ。 コンコン 扉を叩く音にテイトは顔を上げ、扉を見る。 誰か来た!どうしよう?ここフラウの部屋だし・・・ どうしうようかと悩んだときだ。 「テイト君、居るんでしょ?」 扉の外から聞こえて来た声にテイトが反応した。 「ラブラドールさん?」 扉が開き、ラブラドールが中へと入って来る。 「よかった」 満面の笑みでテイトの前へと歩いて来た。 「どうしたんですか?フラウなら・・・」 「うん、知ってるよ」 これまた笑顔で返されテイトは首をかしげた。 「フラウが、テイト君が自分の部屋に居るから暖かい飲み物と、暇をしているだろうから本でも渡してくれって」 自分に伝えたのだと言うラブラドール。 「フラウが?」 自分に気を利かせてくれた事が嬉しかったりするテイト。 顔が綻ぶ。 「だから、はい」 ラブラドールがテイトにコップを手渡す。 「これは?」 「お茶にしようかと思ったけど、眠れなくなったら大変だからね。 蜂蜜ミルクにしたんだよ」 コップからはホコホコの湯気が出ている。 それをふーっと冷ましながら、一口飲むと笑みを見せた。 「美味しい」 「よかった」 テイトの反応にラブラドールは笑顔を見せる。 「隣いいかな?」 「はい」 テイトの隣に腰を下ろし、蜂蜜ミルクを飲むテイトを見るラブラドール。 「?」 そんなラブラドールの視線にテイトが首をかしげた。 「あっ、ごめんね。 美味しそうに飲んでくれるのが嬉しくって」 ニコニコと笑みを絶やすことなく告げる。 それから二人で、しばらく話しをすると部屋の時計が0時を告げる。 「あっ、もうこんな時間なんですね。 すいません、気を遣ってもらって・・・」 ペコッと頭を下げるテイト、その頭をラブラドールは優しい手つきで撫でる。 「気にしないで、こうやって二人でお話出来る機会なんて滅多に無いんだから」 「滅多にですか?」 そうなのか?と考えながら繰り返す。 「そう、番犬が居るからね」 番犬?教会に犬なんて居たかな? 考えるテイトに笑みを零し、ギュッと抱きしめる。 「!!」 「ん〜やっぱりテイト君は可愛いよね」 「何やってんだ、ラブ」 テイトが驚いていると、少し機嫌の悪い声が聞こえて来た。 「フラウ」 「あらら、もう帰ってきちゃった」 コートを脱ぎ椅子に引っ掛けながらフラウが睨む。 「残念」 フラウが帰って来るとわかって、わざと抱きついたのだ。 小さく笑いながらラブラドールはテイトを解放する。 「じゃあ、僕は行くね」 部屋を出て行こうとするラブラドールにフラウが声をかける。 「ありがとな」 「僕も楽しかったから気にしないで。 またお話してね、テイト君」 笑顔を見せ、部屋を出て行く。 テイトはしっかりフラウの腕の中に収まっていた。 「何話てたんだ?」 「えっ?色々だよ・・・」 テイトが素直に答えるが、フラウはまだ機嫌が悪いようだ。 「色々って何だよ」 ブスッとしたフラウの頬にテイトが手を伸ばす。 「フラウの事色々教えてもらったんだよ」 「はあ?」 驚いた顔で自分を見るフラウに、テイトが笑う。 「そう、見習いの頃の話とか色々」 「・・・・・・・・・・」 ラブの奴、何を吹き込んだ・・・・ 「そう言えばさ」 テイトが何かを思い出したように、フラウの服を引っ張る。 「どうした?」 「教会に犬なんて居たっけ?」 「犬?」 問い直すフラウにテイトがコクンと頷く。 「そう、犬」 「いや・・・見た事ないぞ。 どうした?」 「ラブラドールさんが番犬が居るから、俺と話が出来ないって」 「・・・・・・・・・あんにゃろ〜」 ボソリと呟くフラウ。 「フラウ?」 「あ・・・まあ、居ると言えば居るよな」 そう言ってテイトをベッドへ押し倒す。 「なっ!!」 「ここにな」 ニヤリと笑うフラウに危機を感じるテイト。 「ちょ・・・フラウ・・・んっ」 テイトの言葉を遮るようにキスをする。 どうやら、長い夜になりそうだ・・・ まだ付き合って間もない設定です。 この後、テイトは番犬の餌になります。 きっと美味しく食べられますね。 少しでも楽しんで頂ければ幸いです。 2010.

次の

腹筋崩壊させる気か!「マッチョのかけ声」カードゲームの破壊力

眠れ ない 夜 も あっ た だろ

『そこまで絞るには眠れない夜もあっただろ』は、ボディビル大会場で意中のマッチョに掛け声をかけるカードゲームです。 全てのプレイヤーがマッチョを応援したいと思っていることは当然ですが、本ゲームではだれよりも長くマッチョを応援し続けることのできたプレイヤーが勝利します。 入退場を繰り返す4色のマッチョに対し、適切な掛け声カード・特殊カードを切り続けることでゲームが進行します。 マッチョに対し適切なカードを持っておらず、カードを切ることができなくなったプレイヤーは敗北してしまいます。 マッチョは掛け声に満足すると退場してしまうので、勝利のためには数手先の場のマッチョを読むことが必要です。 プレイヤーのカードの使い方次第で、ゲームの終盤につれて使用できないカードが増えていきます。 それらを予測し、不要なカードを相手に押し付ける・早めに使い切るなどの立ち回りが勝利のカギになります。 これからボードゲームを始めたいという人・友人をボドゲ沼に引き込みたいという人に最適のゲームです! 心理戦とカードカウンティング、運要素を基本コンセプトにしています。 しかし我々が最も重視している点は『マッチョを笑顔にすること』です。 掛け声をかけてマッチョを笑顔にし、あなたも笑顔になりませんか。 マイボードゲーム機能約10,000個のボードゲームに対して持ってる・お気に入り・興味ありなどの登録・保存機能をご利用いただけます。 リストは友人・知人にも共有が可能で、人数順・時間順・発売年順などに並び替えることができます。 新しいボードゲームの発見(BETA)自分のマイボードゲームデータを分析し、あなたに似ている会員が他にどのようなボードゲームを「お気に入り」にしているか、簡単に調べることができます。 未経験かつ未所有のおすすめボードゲーム機能です。 コミュニケーション機能ゲーム単位でレビューやインスト情報、参加者と共同で編集するリプレイ日記などに投稿することが出来ます。 盛り上げたい・流行って欲しい・人に勧めたい作品について情報受発信の場としてご活用いただけます。 現在、スタッフブログ・開催イベント・入荷した新しいゲームの通知機能を開発しています。 ボードゲームにまつわる、あらゆるモノ・コトをデータベース化し、便利な機能を開発していきます。

次の