ラグビー 福岡堅樹 父。 逆転トライ、父は泣いた 福岡堅樹の地元福岡も歓呼

ラグビー福岡堅樹、引退も延長?「最高の準備を続けよう!」|【西日本スポーツ】

ラグビー 福岡堅樹 父

19年ラグビーワールドカップ(W杯)で日本代表の8強入りに貢献したWTB福岡堅樹(27=パナソニック)が、7人制代表での東京オリンピック(五輪)出場を断念した。 日本ラグビー協会が13日、7人制代表候補の練習生からの離脱を発表。 新型コロナウイルスの影響で五輪が来夏に延期になったことを受け、夢である医師への道を優先することを決断した。 14日にオンラインで記者会見を行う。 福岡は7人制での東京五輪出場を目指したが、五輪延期に伴い、かねて公言していた医学部への進学を目指すことを決断した。 史上初の8強進出した19年W杯後、7人制にシフト。 今年2月下旬より代表候補合宿に練習生として参加し、「(今夏の)東京五輪に照準を合わせて少しずつ上げていきたい。 やるからにはメダル」と強い決意を示していた。 五輪を競技人生の「1つの区切り」と決め、新たな気持ちで臨んでいた。 W杯、20年東京五輪を経て医師の道へ-。 そんな人生設計を立てていたが、3月下旬に新型コロナウイルス感染拡大により東京五輪の延期が決まった。 自身の人生を熟考し、五輪を諦めて医学部受験に挑戦することを決意した。 5歳から始めたラグビーと並行して勉学にも励み、成績は常にトップクラス。 進学校の福岡高時代に膝の前十字靱帯(じんたい)の手術を受け、アスリート目線を生かした医師への憧れが強くなり、筑波大の医学専門学群を目指した。 1年間の浪人生活を経た2度目の挑戦では、2次試験で不合格。 後期試験で同大情報学群に進学した。 大学入学後は文武両道を貫いた。 15人制では13年4月に代表初キャップを獲得すると15年W杯代表にも選出。 昨秋のW杯日本大会では、50メートル5秒8の快足を武器に、強豪アイルランド戦(静岡・エコパ)で逆転トライを含む4トライを挙げた。 7人制でも切り札として期待は大きかったが、父で歯科医の綱二朗さんから言われてきた「一番後悔しない道を選べ」との言葉を守り、己の道を歩むことになった。 日本協会はこの日、福岡を含む代表候補5人の離脱を発表した。 他競技を含めても、五輪1年延期による「離脱者」は珍しい。 15人制から7人制の移行も難しく、肉体改造を図る必要もある。 別の夢や年齢、モチベーションなどさまざまな要因があるが、7人制ラグビーにとって、五輪延期の及ぼす影響は他競技よりも大きかった。 5歳でラグビーを始める。 福岡高3年時に全国高校大会(花園)に出場。 医者志望で複数の大学からの誘いを断り、1浪後に筑波大(情報学群)に進学。 大学では2度の大学選手権準優勝に貢献。 15、19年W杯日本代表。 15人制代表キャップは38、7人制同キャップは4。 祖父は内科医、父は歯科医。 176センチ、85キロ。 FW3人、BK4人で構成し、スクラムは3人同士で組む。 トライ後は、バウンドさせて蹴るドロップキックでゴールを狙う。 リオ五輪から採用され、東京五輪は男女とも12チームが出場。 4チームずつ3組に分かれて1次リーグを行い、各組上位2チームと各組3位の勝ち点上位2チームが、8チームによる決勝トーナメントに進出。 順位決定戦も行われる。 その後、英国に敗れたがケニアに圧勝し、同組2位で準々決勝進出。 B組2位のフランスにも勝利して、15人制も含めた主要国際大会初の4強入りを決めた。 準決勝では金メダルのフィジー、3位決定戦では南アフリカに敗れたが存在感を示した。 photo• 東京五輪2020 1年後仕切り直し 五輪聖火ランナーの熱い思い []• 東京オリンピック2020 [7月15日 19:00]• 東京オリンピック2020 [7月15日 18:32]• 柔道 [7月15日 17:20]• 東京オリンピック2020 [7月15日 14:02]• 東京オリンピック2020 [7月15日 13:45]• 東京オリンピック2020 [7月15日 12:32]• スポーツ [7月15日 11:42]• パラリンピック 東京パラリンピックの柔道は予選期間1年延長 []• パラスポーツ [7月14日 10:56]• パラスポーツ [7月11日 12:49]• パラスポーツ [7月10日 14:26]• パラスポーツ [7月7日 13:56]• パラスポーツ [7月6日 13:23]• パラスポーツ [7月6日 12:40]• パラスポーツ [7月3日 0:35]• パラスポーツ [7月2日 11:00]• パラスポーツ [6月30日 16:15]• パラスポーツ [6月28日 20:11]• リオ五輪•

次の

福岡堅樹、父は歯科医 東京五輪後は医師目指す/ラグビーW杯

ラグビー 福岡堅樹 父

ラグビー日本代表WTB福岡堅樹(27=パナソニック)は、15人制最後のW杯を戦っている。 開幕直前に右ふくらはぎを肉離れ。 影響が懸念されたが、W杯2戦目のアイルランド戦から途中出場で2戦連続トライを記録した。 初の8強が懸かる運命のスコットランド戦(13日、横浜・日産スタジアム)を前に、福岡・古賀市で福岡歯科医院を開く父綱二郎さん(61)が快足エースの素顔を明かした。 20年東京オリンピック(五輪)の7人制を最後に、医学の道へ転身。 15人制の集大成となるのが今大会だ。 歴史的勝利を挙げたアイルランド戦は後半9分、前戦サモア戦は同16分からの出場でトライ。 短い時間での決定的な仕事が光る息子を、故郷福岡では父綱二郎さんが「少しでもチームに貢献し、満足できる結果でやりきってほしい」と見守っている。 「堅樹」の名は仏典にある「好堅樹・高堅樹」が由来だった。 「何百年も地中で成長して、いったん地上に出ると、1日に何百メートルも伸びる樹木があるというところからいただきました」。 息子の座右の銘はアップル創業者、故スティーブ・ジョブズ氏の名言「貪欲であれ、愚か者であれ」。 常に向上心を持ち、チャレンジャー精神を忘れない。 父は「小さい頃からじっとしていることが嫌いで、好奇心旺盛でした」と思い返した。 進学校の大阪・天王寺高でWTBとしてプレーした綱二郎さんの影響で、福岡も5歳でラグビーを始めた。 ピアノ、習字、スイミングも習っていたが、小5で学習塾に通い始めたため、小学校高学年からはピアノとラグビーに絞った。 綱二郎さん 勉強は学校で済ませていたようです。 家でしているのを、あまり見たことがなかった。 ただ、ひとつの才能というか、何かをやるときはものすごく集中していた。 中学時代の学年成績は常に3番以内。 通っていた塾の講師から、毎年東大に多数の合格者を出す福岡県屈指の進学校、久留米大付高受験を勧められたほどだった。 だが、ラグビー部がなく、地元の進学校である福岡高に進んだ。 大阪大歯学部卒の綱二郎さんの兄は内科医、母のぶさん(55)の父も内科医。 父母方共に医者が多い家系で、とにかく頭が良かった。 ピアノは小4の時、九州・山口のコンクールで最優秀賞に輝いた経験を持つ。 今でも福岡は自宅に戻ると、電子ピアノを弾いてリフレッシュする。 父は「指を開いてピアノを弾くことで、ラグビーのハンドリングや、パスの正確性、リズミカルなステップにつながっているみたい」と笑った。 姉唯子さん(31)が元劇団四季団員で、福岡も「レ・ミゼラブル」など大のミュージカル好きだ。 高校時代は5人組バンドでドラムとキーボードピアノを担当。 【菊川光一】• photo• スポーツ 南アフリカV貢献マピンピ、NTTドコモ加入の訳 []• ラグビー [7月16日 8:08]• コラム [7月16日 8:00]• ラグビー [7月16日 7:44]• 陸上 [7月15日 20:43]• 陸上 [7月15日 20:38]• バレーボール [7月15日 20:37]• 陸上 [7月15日 20:03]• スポーツ [7月15日 19:07]• 東京オリンピック2020 [7月15日 19:00]• 陸上 [7月15日 18:38]• テニス ハレプ、8・3開幕の女子テニス再開初戦出場へ意欲 []• テニス [7月14日 8:44]• テニス [7月10日 10:46]• テニス [7月6日 9:21]• テニス [7月5日 10:12]• テニス [7月4日 11:05]• テニス [7月3日 0:18]• テニス [7月2日 9:35]• テニス [7月2日 9:35]• テニス [6月28日 20:03]• テニス [6月28日 9:58]• 陸上 服部勇馬1万m自己ベスト更新「五輪に向け頑張る」 []• 陸上 [7月15日 20:43]• 陸上 [7月15日 20:38]• 陸上 [7月15日 20:03]• 東京オリンピック2020 [7月15日 19:00]• 陸上 [7月15日 18:38]• 東京オリンピック2020 [7月15日 18:32]• 陸上 [7月15日 10:37]• 陸上 [7月14日 8:31]• 陸上 [7月14日 7:07]• 陸上 [7月13日 14:59]• フィギュア コストルナヤ今季4回転サルコー挑戦「学びたい」 []• フィギュア [7月15日 16:35]• フィギュア [7月15日 16:06]• コラム [7月15日 11:00]• コラム [7月14日 14:14]• フィギュア [7月14日 11:00]• フィギュア [7月14日 8:14]• フィギュア [7月13日 17:17]• フィギュア [7月13日 8:02]• フィギュア [7月13日 8:01]• フィギュア [7月13日 8:00]• バレー バレー代表小野寺太志「自分と違う」若手台頭に刺激 []• バレーボール [7月15日 20:37]• 東京オリンピック2020 [7月15日 7:12]• 東京オリンピック2020 [7月14日 20:42]• バレーボール [7月13日 19:40]• バレーボール [7月10日 23:18]• バスケットボール [7月8日 8:00]• バレーボール [7月7日 18:56]• バレーボール [7月6日 21:42]• バレーボール [7月4日 11:05]• バレーボール [7月4日 11:05]• バスケ Bリーグが選手、審判員ら880人にPCR検査実施 []• バスケットボール [7月15日 8:55]• バスケットボール [7月14日 19:39]• バスケットボール [7月14日 12:15]• バスケットボール [7月14日 8:13]• バスケットボール [7月13日 23:25]• バスケットボール [7月13日 19:04]• バスケットボール [7月13日 17:47]• バスケットボール [7月13日 17:40]• バスケットボール [7月13日 13:46]• バスケットボール [7月12日 22:01]•

次の

福岡堅樹[ラグビー日本代表]

ラグビー 福岡堅樹 父

名 前 福岡 堅樹(ふくおか けんき) 出身地 福岡県古賀市 生年月日 1992年9月7日 年 齢 26歳(2019年7月27日 現在) 身 長 175cm 体 重 83kg 高 校 福岡県立福岡高校 大 学 筑波大学(情報学群) 所属チーム パナソニックワイルドナイツ(2016年~) 5歳の時、玄海ジュニアラグビークラブに入り、ラグビーを始めました。 高校時代2010年に全国高等学校ラグビーフットボール大会に出場。 その後、2012年筑波大学入学、ラグビー部に入部。 大学では、関東大学ラグビー対抗戦で初優勝、続く全国大学選手権でも準優勝という華々しい功績に貢献しています。 2013年に日本代表に選ばれ、同年行われたウェールズ代表選に出場、初勝利にも貢献。 2015年のワールドカップでもスピードスターとして試合を大いに盛り上げました。 現在は、パナソニックワイルドナイツに所属しながら、スーパーラグビーのサンウルブズでも活躍しMVPにも輝いています。 福岡堅樹の夢は医者? 福岡堅樹選手は、開業医の祖父の影響で、幼いころから医師になりたいと考えていたそうです。 ちなみに、福岡選手の父親は歯科医で、福岡選手のマウスピースは、父親が作っています。 高校卒業後、医学部進学を目指し、一浪しながら勉学に励みましたが失敗。 医学部と同時に受験した筑波大学に合格しました。 彼は、インタビューで次のようにコメントしています。 僕は、筑波大学の情報学群に入学し、ラグビー部で活躍する道を選びました。 しかし、『医師になる夢』をあきらめたわけではありません。 まだ先のことになりますが、ラグビーの選手として世界の舞台で活躍した後、もう一度医学部へ入学し直して医学の道を目指したいと考えています。 2019年ワールドカップ、2020年東京オリンピック後は、再び大学に進学して医学の道を志すことを決めているそうです。

次の