殺さ ない 彼 と 死な ない 彼女 ツイッター。 『殺さない彼と死なない彼女』結末までの見所をネタバレ紹介!2019映画化

『殺さない彼と死なない彼女』感想(ネタバレ)…映画が映す今の若者の交流のカタチ : シネマンドレイク:映画感想&レビュー

殺さ ない 彼 と 死な ない 彼女 ツイッター

2019年11月の公開以降、SNSを中心に絶賛の声が広がり、約4か月に及ぶ異例のロングランヒットを記録した『殺カレ死カノ』。 各配信サイトにて、デジタル配信が開始する。 間宮祥太朗と桜井日奈子がW主演を務めた本作はBlu-ray&DVDが5月8日に発売。 Blu-ray本編DISCの特典として収録されるオーディオコメンタリー収録で間宮、桜井、小林啓一監督が臨み、撮影秘話をたっぷりと明かした。 本作は、SNS漫画家・世紀末の人気四コマ漫画『殺さない彼と死なない彼女』を実写化した感動の青春ラブストーリー。 何にも興味が持てずに退屈な学生生活を送っていた高校3年の小坂れい(間宮)は、ある日、ハチの死骸を埋葬するクラスメイト・鹿野なな(桜井)に出会う。 いつしか2人は、一緒にいることがあたりまえになっていく。 さらに、恒松祐里、堀田真由、ゆうたろう、箭内夢菜、金子大地、中尾暢樹ら、注目の若手俳優たちの競演も見どころとなっている。 録音ブースに入るやいなや、「これって、どのくらい使われるんですか?」と楽しそうな桜井。 「全部使われるよ」と答える間宮に、桜井が「おもしろい試みですね」と返すと、「いやいや、別に斬新な試みじゃない(笑)」(間宮)、「毎回すごいよね、天然ぶりが(笑)」(小林)と早くもツッコミが飛び交うなど、和やかにコメンタリー収録はスタートした。 物語序盤、クラスメイトの女子が小坂にLINEのIDを聞くシーンが流れると、「今、人に連絡先を聞きやすくなりすぎじゃないですか?『で、で、電話番号……』みたいなのがなくなりましたよね」と間宮。 すると桜井は、「人に連絡先を聞く時は、写真を一緒に撮って、『写真を送りたいから連絡先を教えて』と言えばいいんだよって教えてもらいました」とまさかのエピソードを披露。 すぐさま間宮は「誰だよ、それ教えたの。 出てこいよ!(笑)」と、冗談交じりに声を荒げていた。 一方、片思いの八千代(ゆうたろう)に「好き」と伝え続ける撫子(箭内)が登場すると、桜井が「(こんなに『好き』と言われ続けたら)やっぱり好きになりますよね?」と、男性陣を直撃。 さらにトークは、学生時代のデートエピソードにも発展。 小林は「ちょっと大人の映画を観に行ったら、その結論が納得いかなくて、ケンカになったことがある」と苦い思い出を告白。 間宮は「映画以外、学生時代に何したらいいかわかんなかった」と映画デートを懐かしみ、「公開中のラインナップで、観たいものを観るスタンス。 これを観たら良い雰囲気になれるかなっていうのは特になかった(笑)」と振り返った。 映画の終盤には、自身が出演している作品を友人と観ている際、絶対に陥りたくないシチュエーションについて明かすなど、貴重なトークを繰り広げた。 他にも、図書室で撫子が読んでいる本に隠された意味や、金子大地演じたイケメンくんの裏設定についての言及、さらには原作者の世紀末、主題歌担当の奥華子のカメオ出演シーンが明かされるなど、もりだくさんの内容が詰め込まれたオーディオコメンタリー。 号泣必至の本編とともに、じっくりと堪能してほしい。 やっぱりカメラがあると、自然に作っちゃうところがあるので(笑)。 小林監督:今までにない話がたくさんできたよね。 2人のプライベートを知ることができたのは楽しかったです。 間宮くんが、学生時代に映画デートをしていた話とか。 間宮:俺も、監督が映画を観て彼女とケンカしたっていうのは初めて聞きました(笑)。 広い映画館では拾い切れなかったところも、近くの画面で観ると「あぁ、そうだったんだ」と気づけたりもして。 より面白みが増す感じがしましたね。 監督:お芝居の小さな仕草も、はっきり見えますよね。 気になるところがあれば、意識して何回も観られますし。 間宮:実際、友達からも評判がよくて。 自分より年上の男性だったり、幅広い人たちが観てくれているのが、すごく嬉しいです。 桜井:私は今まで演じてきた役とテイストが違うので、「すごく驚いた」「鹿野役がすごくハマってたね」という声をたくさんいただきました。 映画自体を「よかった」と言ってくれる友達もいて、嬉しいという言葉に尽きますね。 間宮:何かひとつを挙げるのは、難しいですよね。 いろんな要素が重ならないと、反響を得ることはできないんじゃないかと思っていて。 でも、人との関係が希薄になってきている今、この作品が刺さっているとしたら、「やっぱり、みんな求めてるんじゃん!」と思います。 桜井:本当にそうですね。 あとは一連で撮っているシーンが多いので、光の加減とか、みなさんが日常で見ているような景色と重なる部分があったのかなと。 間宮:監督は、必ず長回しするって決めているんですか? 監督:そんなことはないけど、今回は狙いがあって。 漫画原作なので、日常的には喋らないセリフを話すんですよ。 でも、実写映画にはある程度リアリティがないとダメだと思っているので、セリフ以外のところでリアリティを出さなくてはいけない。 ワンカットで撮影すると、間合いや呼吸がリアルになって、言葉が立体的になるんです。 ただ、賭けでもあるんですよね。 おふたりは本当に自分の言葉としてセリフが出てくるので、違和感がなかったんだと思います。 間宮:なるほど。 撮影の時に、テンポを気にしなくて良いのは大きかったです。 このセリフだけを撮るということではなくて、一連の会話の流れで撮る。 しかも、監督は「本当にこれを言いたい気持ちになるまで、待ってもらっていいです」って。 無理してセリフを言うというストレスがなかったので、ありがたかったですね。 桜井:私もありがたかったです。 カット割りが多くて、「今から顔に寄る」っていうのがわかったりすると、変に気合いが入っちゃうというか(笑)。 一連で撮っていると、カメラの存在を忘れるんですよ。 2人だけの空間としてお芝居できるので、すごくやりやすかったです。 間宮:とにかく、贅沢でしたよね。 すべてをひっくるめて、すごく贅沢な作品になったと思っています。 作品の魅力を間宮、桜井、監督と共に楽しめるオーディオコメンタリーはBlu-ray本編DISCの特典として収録されるので是非チェックしていただきたい。 それまで周囲から孤立していた二人は、<ハチの埋葬>をきっかけに同じ時間をともに過ごすようになる。 不器用で純粋な若者たちを巡る三つの物語は、やがて一つの思いがけない結末へーー。

次の

映画「殺さない彼と死なない彼女」ネタバレとあらすじ、結末と感想(最新情報!)

殺さ ない 彼 と 死な ない 彼女 ツイッター

映画「殺さない彼と死なない彼女」予告動画 映画「殺さない彼と死なない彼女」の試写を見てきました。 予想を裏切られた 予告も見ずに、ポスターのイメージだけで試写に行ったので、結末に驚きました。 主人公二人の王道恋愛ものかと思っていたら、「殺すぞ」と言う男の子と「死んでやる」と言う女の子のなんとも不思議な関係にぐいぐい引き込まれていく。 情緒不安定でリスカしてしまう鹿野(桜井日奈子)を、不器用ながらもそばにいてくれる小坂(間宮祥太朗)の距離感と空気にキュンキュンします。 すごくめんどくさい性格の二人なのに、なんて愛おしいんだ。 絶対に友達になりたくない二人だけど、絶対に好きになる。 そんな二人をキュンキュンしながら見ていて、そのままいい感じで終わるのかなと思いきや…。 三組の物語 主人公の二人だけでなく、地味子(恒松祐里)ときゃぴ子(堀田真由)、撫子(箭内夢菜)と八千代(ゆうたろう)の二組の話が、オムニバス映画のように交差してくのも面白かったです。 鹿野や小坂とは対照的に、好きな気持ちを一途に伝え続ける撫子が愛おしく思えるし、その気持ちを八千代(ゆうたろう)がどう受けて止めているかも、キュンポイント。 恋愛だけでなく、地味子(恒松祐里)ときゃぴ子(堀田真由)の恋にも似たような友情にもキュンとします。 三組のタイプが違っていて、そこで見えてくる対比もアクセントになっていたような気がします。 交わることはほとんどないけれど同じ時間軸で流れていく感じはとてもよかった。 泣きますよ 最後はちょっと衝撃的、まさかあんな結末が待っているとは。 そして泣きます。 ハンカチいります。 鹿野(桜井日奈子)の妄想か、そうじゃないのか。 夢オチのようなダサい感じで終わるのか…、と少し落胆したあとすぐに涙を誘われていたので、ずるいストーリーですよ。 本心をあまり表に出さない鹿野(桜井日奈子)が、ベットの上で顔を手で覆い泣きじゃくる場面で、僕も鼻水たらしてました。 ずるいな。 映画を見て よかったです。 三組の物語を通して誰かと一緒にいることの愛おしさと大切さが、自分の心にじんわり入ってくる。 思春期独特の感じと、不器用で甘酸っぱい恋愛と、いつもそばにいてくれる愛おしい友情と、切なさと涙。 見終わったあとには好きな人のこととか、親友のこととか、誰かのことをすごく想ってします。 あと、チョコかバニラか、アイスを食べたくなるかも。 そしてアイスを食べながら未来の話をするかも。 面白かったです。

次の

映画『殺さない彼と死なない彼女』初日舞台挨拶(109シネマズグランベリーパーク) 間宮祥太朗 Eventernote イベンターノート

殺さ ない 彼 と 死な ない 彼女 ツイッター

きゃぴ子• 君が代ちゃん• 殺さない彼と死なない彼女 大まかな内容は、小坂れいというS系の男子が、自殺衝動のある鹿野ななというM系女子と絶妙な絡みを見せていくというギャグ漫画でした。 自殺をネタにしているということで、若干、きわどさもあるものの、ゆるいイラストで中和されているのが印象的。 小坂れい、鹿野なな以外にも、地味子、きゃぴ子、君が代ちゃん、八千代など、個性的なキャラクターが登場します。 ただし、原作コミックの登場人物のうち、君が代ちゃんは、映画では撫子という名前に変わっています。 映画「殺さない彼と死なない彼女」のあらすじネタバレ 映画『殺さない彼と死なない彼女』のあらすじを見ていきましょう。 小坂れいは毎日が退屈な男子高校生。 そんななか、殺されたハチを埋葬していた鹿野ななという女子高校生を見て、彼は彼女に関心を抱くことに。 実は、鹿野ななは自殺したがりで、しょっちゅう、自身の手首を切っていたのです。 小坂れいは、そんな鹿野ななに気軽に「死ね」などといいつつ、2人はいつのまにか、すっかり仲よくなっていくのでした。 冷たいのか温かいのか分からない、とてもシュールな内容のようですね。 ネタバレは、記事執筆の2019年11月中旬時点では未公開で不明ですので、次で原作コミックのネタバレの方をご紹介します。 実写版の「殺さない彼と死なない彼女」ストーリーのラスト・結末は? 映画『殺さない彼と死なない彼女』の原作コミックのラストは、想像を絶する衝撃的なものでした。 鹿野ななは結局、自殺してしまうからでしょうか? いいえ、そうではありません。 結論からいいますと、死んでしまうのは、鹿野ななではなく、小坂れいの方だったのです。 ずいぶんサプライズですし、絶句させられますよね? 小坂れいの死因は、もちろん自殺ではありませんが、急病や事故などでもありませんでした。 小坂れいは、いきなり出会った男に質問攻めにされた挙句、カッとなって「殺されたいのか」と食って掛かったところ、男は「殺すのは僕だよ」と言いながら彼を刺殺したのです。 まさか、こんな結末になろうとは、いったい、誰が予想できたことでしょう…! 映画「殺さない彼と死なない彼女」の予告動画 映画といえば予告動画でしょうが、『殺さない彼と死なない彼女』の予告動画も、他作品に負けず劣らず、とても見どころあるものになっていました。 間宮祥太朗さんが桜井日奈子さんに向かって、ずいぶんと過激なセリフを浴びせていくのが驚愕ですね。 もっとも、間宮祥太朗さんが演じるのは本当は優しい男の役なので、単なる口癖に過ぎないのですが、それでも刺激的です。 一方の桜井日奈子さんも、『ういらぶ』のように、ダメな女子役ということが伝わってくる感じなので、今後、彼女の女優像にも大きく影響していくことでしょう。 そんな予告動画でなんといっても息をのまされたのは、衝撃的なラストを予感させるところにほかなりません。 やはり、原作コミックと同じか、それに近いようなオチになってしまうのでしょうか? その通りだったら悲しすぎますし、そうでなかったら原作コミックのファンから改悪だと叩かれるでしょうし、どっちに転んだとしても、観客の賛否は分かれることでしょうね。 いったいどんなふうな展開に持っていくのでしょうか…!? メチャクチャ楽しみですよね! まとめ 映画『殺さない彼と死なない彼女』は、鮮烈なタイトルとは裏腹に、とても不思議な内容だったのですね。 原作コミックどおりにいけば、映画版はショッキングなラストになりますが、はたしてどうなるのか、見逃せません。 間宮祥太朗さんや桜井日奈子さんの演技も必見ですので、2019年11月15日は絶対に鑑賞しに行きたいものですね。

次の