クレジットカード現金化 使い方。 クレジットカード現金化比較ランキング

クレジットカード現金化の利用方法・使い方・申し込み方法を解説

クレジットカード現金化 使い方

なぜ、クレジットカード現金化はNGだと言われているの? はじめまして。 元現金化業者の神崎智也 と申します。 わたしがクレジットカード現金化業界で働いていたころ、一番聞かれた質問が「クレジットカード現金化は危険と言われていますが利用しても大丈夫なんですか?」という質問です。 今も昔もお金が借りられなくて困っているという人は多く、そういった人がクレジットカード現金化を利用しようと考えているのでしょう。 しかし、世間一般的には『クレジットカード現金化はNG』だと言われていて、正直利用するのが不安だという方もいるのではないでしょうか? 今回は世間で クレジットカード現金化がNGだと言われている理由についてお話します。 初心者の方でもわかるように超簡単にお話しますので、ぜひ読んで行ってくださいね。 この記事のもくじ CLOSE• クレジットカード現金化とは? まずは、クレジットカード現金化とは何なのかということからお話していきましょう。 クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金に換金するサービスのことです。 とはいえ、そのままではショッピング枠を現金にすることはできませんので、• クレジットカードで商品を買う。 買った商品を売る。 売却分のお金が手に入る。 という手順をおこなうことになります。 つまりは、クレジットカードで買った商品を転売するってことですね。 このクレジットカード現金化には、2つのサービス体系がありますので、そちらもあわせて確認してみましょう。 冷蔵庫や電子レンジなど、高価で売ることができる商品を利用者が購入し、それを業者に買い取ってもらって現金を得ます。 原則として購入する商品は何でも良いのですが、需要によって売却したときにもらえる値段がかわりますので、基本的には高く売れる商品を購入することになります。 例にしてお話しすると、あなたが20万円の冷蔵庫をクレジットカードで買って、それを現金化業者が18万円で買い取ったとします。 そうすると、 あなたはショッピング枠20万円の代わりに18万円の現金が手に入りましたね。 減った2万円は現金化業者への手数料として取られることになります。 どちらの方法を選んでも、すぐに現金を入金してもらえますのでお金がほしいときに便利なサービスですよね。 ですが、インターネット上では頑なに『クレジットカード現金化はNG』だと言われています。 それは一体なぜでしょうか? 次は、 クレジットカード現金化がNG扱いされる2つの理由をお話します。 現金化は年利換算すると違法な高額金利!? クレジットカード現金化を利用すると多少のお金を取られてしまいます。 クレジットカードが利用停止になる可能性がある 現金化は、カード会社には認められていない行為であり、利用規約で禁止されています。 そのため、現金化を利用したことがカード会社に発覚するとクレジットカードが利用停止にされてしまうのです。 また、悪質だと判断された場合にはクレジットカード会員資格の剥奪。 さらにクレジットカードの利用代金の一括請求を迫られる場合もあります。 現金化を利用したことがバレなければ問題ありませんが、発覚してしまうと痛い目を見るということもNGと言われる理由となっています。 以上の2つの理由からカード現金化はNGだと言われています。 こうしてみると、クレジットカード現金化って闇金より酷いサービスに見えますよね。 しかし、こんなサービスなのにも関わらず、現金化には多くの利用者がいます。 なぜ、損をする現金化サービスを利用する人が多く存在しているのでしょうか? なんでクレジットカード現金化は無くならないの? クレジットカード現金化がなくならない理由。 それは、 現金化が資金調達方法としてとても優秀だからです。 カード現金化は商品を売却することで現金を手に入れる方法なので、借入ではありません。 そのため、金融機関には絶対にある審査が存在しないのです。 つまり、誰でも借りることができるということですね。 さらに、審査がありませんので来店する必要もありません。 利用に時間もかかりませんので、最短5分での即日現金化も可能です。 こういった理由から、カード現金化は無くならずに多くの人が活用するサービスとなっているのです。 また、 現金化の利用停止のリスクはやり方次第では無くすこともできます。 詳しくはこちらでお話していますのでこちらをご覧くださいね。 それは、 どんなサービスも使い方次第ということです。 たしかに、現金化は利用すれば、利用者は必ず損をするサービスです。 しかし、それはどこの金融機関を使ったとしても同じことですよね。 また、高額な現金化をするのではなく、自分が本当に必要な金額だけを利用するようにすれば現金化業者に支払う金額はそこまで多いものではありません。 このように、ちゃんと必要な金額だけを現金化するようにすれば借金を抱えてしまうなんてこともありません。 毎日数十万円の現金化をするような無茶な使い方をすれば話は別ですが、 カード現金化は計画的に使えば役立つサービスだということを覚えておいてください。 また、当サイトではクレジットカード現金化に関する多くの知識を公開しています。 現金化に興味のある方は、ぜひこちらのトップページから現金化について調べてみてくださいね。

次の

クレジットカード現金化比較ランキング

クレジットカード現金化 使い方

クレジットカード現金化の流れと利用手順を完全攻略! はじめまして。 元現金化業者の神崎智也 です。 ちょっと前の話ですが、メルカリを使った現金化が社会問題になりましたね。 国会でも話されたとかでまさに大問題と言ってもいいほどでしょう。 さて、そんなこんなでクレジットカード現金化という言葉は多くの人に知れ渡ることになりましたが、その流れや手順まで詳しく知っているという方は多くはないでしょう。 「なんとなくは知っているけど・・・」という方がほとんどなのではないでしょうか? そんな方のために、今回は クレジットカード現金化の流れ・手順についてお話します。 クレジットカード現金化について詳しく知りたい方はぜひ見ていってくださいね。 「まずは現金化の仕組みが知りたい!」という方はこちらからご覧ください。 クレジットカード現金化の流れを知る前に クレジットカード現金化の流れを知る前に確認しておかなければならないことがあります。 それは クレジットカードのショッピング枠の残高です。 クレジットカード現金化はショッピング枠を換金するサービスなので、利用限度額以上のお金を入手することはできません。 ようやくお金が手に入ると思ったら残高不足だったらイヤですよね。 トラブルにもなりますので回避するためにもショッピング枠の残高を確認しておきましょう。 ショッピング枠の残高は契約しているカード会社のホームページやカード裏面に書かれている電話番号からも聞くことができますので、確認できましたら次の手順に進んでくださいね。 クレジットカード現金化の流れ・手順のまとめ クレジットカード現金化はこの流れ・手順でおこないます。 難しく思えるかもしれませんが、実際には現金化業者から説明がありますのでパソコンの操作が苦手という方でも問題なく取引をすることができます。 わからないことがあれば質問すれば丁寧に教えてくれますので、ドンドン質問をしましょう。 また、そのときに利用する現金化業者は 無料相談を受け付けている業者がオススメです。 無料相談を受け付けていればトラブルになることもありませんので、より簡単に取引ができるでしょう。 高換金率で無料相談を受け付けている優良店はこちらでランキング形式でご紹介しています。 実際に現金化をするときにはこの記事を読み返しながらこちらの業者を利用してくださいね。

次の

クレジットカードの現金化は違法?考えられるリスクについて

クレジットカード現金化 使い方

クレジットカード現金化の業者の選び方について クレジットカード現金化を初めて利用される方のために、クレジットカード現金化の業者の選び方を詳しく解説します。 クレジットカード現金化の方法は主に、2通りの方法があります。 買取型とキャッシュバック型の2つの方法です。 買取型は、クレジットカードのショッピング枠で実際に、商品や金券類を購入し、購入した商品や金券類を業者に買い取ってもらい、換金してクレジットカードを現金化する方法です。 キャッシュバック型は、クレジットカード決済で商品を購入し、購入した商品のキャッシュバックという名目で、現金を振り込みしてもらい、クレジットカードを現金化する方法です。 近年は買取型とキャッシュバック型のどちらの業者も、ネットで申し込みから振込みまで出来るネット対応している業者が大多数です。 日本全国どこからでも、クレジットカード現金化がネットのみで、申し込みして振込みまで出来ますので、クレジットカード現金化の業者の無い地域にお住まいの方も現金化が可能です。 また、ネットのみでクレジットカード現金化を利用するのは不安な方には、実際に、店舗に来店してクレジットカードを現金化する店舗方式の業者もありますので、店舗方式の業者を選ぶという選択肢もあります。 店舗方式を選択する場合は買取型の業者のみが対応可能となりますので、必然的に買取型のクレジットカード現金化業者を選択することになります。 キャッシュバック型の業者の場合は、クレジットカード決済した後、後日、商品が郵送で送られてくるため、ネットのみの対応となり、店舗方式の業者は存在しないことになります。 買取型とキャッシュバック型のいずれの業者も対応しているネットで申し込みから振込みまでの方法と流れについて詳しく解説します。 クレジットカード現金化の申し込み方法・使い方について解説します クレジットカード現金化を申し込む前に、確認しておいた方が良いのは、クレジットカード現金化に利用するクレジットカードのショッピング枠の利用可能額の金額です。 クレジットカードのショッピング枠を全て現金化したい場合は特に、利用可能額の金額を知る必要があります。 クレジットカードのショッピング枠の利用可能額の金額が1円でも足りないと決済出来ませんので、要注意です。 クレジットカード現金化するのに出来るだけ高い換金率の業者を探します。 相場以上に高い換金率の場合は別途手数料を要求される場合や、実際に利用すると、サイトに表示している換金率より低い換金率しか振り込まない悪質な業者も存在しますので、ご注意ください。 振り込みまでの時間も重要です。 振り込みまでの時間も初回利用の場合は概ね30~60分が一般的な相場です。 リピーターの場合はもう少し早くなります。 振り込みまでの時間も異常に早い5分などの記載の場合は誇張しているケースがほとんどで、実際は30~60分が一般的だと思われた方が確実です。 換金率、振り込みまでの時間で業者を選んだら、申し込みます。 申し込み方法は、利用する現金化業者のサイトにアクセスし、申込フォームを開いて必要事項を入力します。 必要なものは身分証明書の写真を添付することと、銀行振り込みに必要な口座番号を記入すればokです。 クレジットカードの写真やクレジットカード番号は申し込みの際には必要ありません。 実際に、クレジットカードで決済する時にはクレジットカード番号は必要になりますが、現金化業者にクレジットカードの写真やクレジットカード番号を教える必要はありません。 もし、申し込みの際に、現金化業者にクレジットカードの写真やクレジットカード番号が必要と言われたら、怪しい現金化業者ですので、申し込みを止めた方が安全です。 申し込みだけならキャンセルも出来ますので、少しでも不安を感じたら申し込みをキャンセルした方が安全です。 次項で、クレジットカード現金化の申し込み後はどうなるのか?【 利用方法・利用の流れについて解説します】 クレジットカード現金化の利用方法・利用の流れについて解説します 申込フォームを送信すると、折り返し現金化業者から、メールや電話で連絡がきます。 その際に、現金化業者が指定する商品が記載されていますので、現金化業者が指定する商品をクレジットカードで購入します。 買取型の現金化業者の場合は、amazonギフト券が一般的で、購入サイトはamazonのサイトで購入します。 クレジットカード決済も、amazonのサイトで決済しますので、クレジットカード情報も安心・安全です。 キャッシュバック型の現金化業者の場合は、キャッシュバック型の業者が指定するサイトで、指定する商品をクレジットカードで購入します。 クレジットカード決済も、キャッシュバック型の業者が指定するサイトで決済しますので、クレジットカード情報が安全かどうかは、キャッシュバック型の現金化業者によります。 キャッシュバック型の現金化業者が悪質業者だった場合は、クレジットカード情報が漏えいしたり、悪用されるケースもありますので、注意が必要です。 クレジットカード現金化の業者に申し込みをして、現金化業者が指定する商品をクレジットカードで購入します。 ここまでが、クレジットカード現金化の利用者であるお客様が自分でやることで、商品購入後は現金化の業者が振込みするのを待つだけになります。 クレジットカード現金化の業者に申し込みした時点で記載されていた換金率、記載されていない手数料を請求しない、振り込みまでの時間も記載通りの時間で振り込まれていれば、リピートして利用してもいい優良な現金化業者であるということになります。 以上が、クレジットカード現金化の利用方法・使い方・申し込み方法を解説でした。 即日振込みで、クレジットカードを現金化したい方は、下記の店舗も参考にして下さい。

次の