ポルトガル 語 こんにちは。 ポルトガル語(ブラジルポルトガル語)の基本挨拶16選

ポルトガル語で「こんにちは」:ブラジル・ポルトガル語会話講座

ポルトガル 語 こんにちは

中核マレー・ポリネシア語群• 中東部マレー・ポリネシア語群• Timor-Babar• Nuclear Timor? East Timor? Tetumic• テトゥン語 公的地位 公用語 統制機関 National Institute of Linguistics 言語コード なし tet テトゥン語(テトゥンご、Tetum, Tetun とも)は系()の。 のの1つである。 ・・からの借用語を多く持つ。 16世紀に、によるの植民地化ののちとして広まった。 主要方言は首都の方言で、テトゥン=プラサ(Tetun-Prasa)と呼ばれる。 より伝統的な形は地方で話されるテトゥン=テリク (Tetun-Terik)に残る。 方言 [ ] テトゥン語にはインドネシア・東ティモールに渡って以下の方言がある。 ディリ方言 Tetun-Dili [ ] 東ティモールの首都・で使用されている方言で、都市方言 Prasa-Tetum ともいわれている。 では、この方言をとして扱っている。 テリク方言 Tetun-Terik [ ] 南部および西南部沿岸で使用されている方言。 ベル方言 Tetun-Belu [ ] からにかけての中部の方言で、東ティモールと西ティモールの境界付近で使用されている。 インドネシアのアタンブア教区の典礼言語となっているにもかかわらず、インドネシアにおいて地位の無い地域言語 bahasa daerah となっている。 ナナエク方言 [ ] とマナトゥト Manatuto を結ぶ海岸道路沿いのメティナロ Metinaro で使用されている方言。 ベル方言とテリク方言はそれぞれの地域外では話されず、理解されない。 また、これら東ティモールで使用されている方言の総称をテトゥン・プラサ Tetun-Prasa という。 ポルトガル語はポルトガル領ティモール時代 -1975 現在の東ティモールの公用語だったが、テトゥン・プラサは優勢なであった。 歴史 [ ] ポルトガルによる植民地化が始まる前の15世紀、テトゥン語はティモール島中・東部におけるとして広まっており、当時ベル方言を使用していたウェハリ王国 Kingdom of Wehali の保護下にあり、この王国がティモール島で最大の権威だった。 1556年よりポルトガルがと使用している西ティモールに入植を始めると、1769年に現・東ティモールの飛び地にあるから現在の首都に首都を移し、植民地内の共通言語をテトゥン語にした。 また、これは地域言語がリングワ・フランカになっている数少ないポルトガル植民地でもあった。 これはポルトガルの植民地統治が直接的というよりかは間接的であったことが原因であり、ポルトガルはカトリック思想から土着の王を通じて統治を行い、の属国としたことによるものである。 インドネシア領東ティモールになった1975年から1999年までは、政府が「27番目の地方」を布告し、ポルトガル語の使用が禁止され、が唯一の公用語とされた。 しかしローマはテトゥン語を典礼言語として採用し、これが東ティモールの国家としてのアイデンティティを培った。 2002年の独立後は、テトゥン語とポルトガル語を公用語にする政令が発布された。 語彙 [ ] 元来ティモール島に存在した固有語彙、との交流によって流入した語彙、ポルトガルの植民地化によって流入した語彙がある。 また、「言葉」のテトゥン語はliafuanだが、これもlia(声)・fuan(果実 という固有語である。 このように、固有語は基本的な語彙に存在する。 マレー語 [ ] 東ティモールはマレー世界に属し、マレー地域の共通語としてマレー語を使用していた。 そのため、マレー語由来の語彙が存在している。 インドネシアの統治の影響で、インドネシアから入ったマレー語も多く存在する。 数 [ ]• ida 1• rua 2• tolu 3• haat 4• lima 5• neen 6• hitu 7• ualu 8• sia 9• sanulu 10• ruanulu 20 これらの数詞は固有語だがualuはのwoluが由来である。 また、数が1000を超える場合は、やを使う。 Bondia — 「おはよう」 ポルトガル語の Bom diaより• Di'ak ka lae? — 「お元気ですか?」• Ha'u di'ak — 「元気です」• Ita bele ko'alia Tetun? — 「テトゥン語を話せますか? Loos — 「はい」• Lae — 「いいえ」• Ha'u' [ la] komprende — 「分かります[ません]」 ポルトガル語の compreenderより. 関連項目 [ ]• より).

次の

ポルトガル語で「こんにちは」:ブラジル・ポルトガル語会話講座

ポルトガル 語 こんにちは

こんにちは、やんびーです。 今回はポルトガル語で表現してみようシリーズ第二弾ということで、 『 挨拶』の表現を紹介していきます。 自分から挨拶する時 1. Bom dia, Boa tarde, Boa noite ・Bom dia=おはよう、Boa tarde=こんにちは、Boa noite=こんばんは ・挨拶の基本中の基本表現です。 会話の最後でも上記表現を使うことが可能です(Bom diaなら『良い1日を』、Boa tardeなら『良い午後を』と言うニュアンス)。 ・Oiは『おい』と読みます。 日本語の『おい』よりは失礼な表現じゃないので、安心して友人などへ使ってください。 元気ですか?という意味です。 と繋げれば挨拶はバッチリです。 Tudo bem? ・『トゥドゥ・ベン?』と読みます。 ・相手に言われたら、同じくTudo bem(元気です)と答えればOK。 質問する時は語尾のイントネーションを上げ、返答する時は語尾を下げて答えます。 ・『久しぶり!』と表現したい時に使います。 『ア・クアント・テンポ!』と読みます。 ・5年ぶりに会った友人に対する第一声が『Bom dia(おはよう)』だったら感動の再会も台無しです。 と言ってハグするのが正解です。 英語のexcuse meと意味は近く、知らない人に道を尋ねたり、誰かのおウチにお邪魔する時に使いましょう。 Muito prazer ・初めて会った相手に対して『 お会いできて嬉しいです』と伝えたい時はこの表現が使えます。 ・変化型として『 Muito prazer em conchecer(お近づきになれて嬉しいです)』とより丁寧に表現することもできます。 挨拶を返す時の表現 2. Bom dia, Boa tarde, Boa noiteと言われたら ・おはよう、こんにちは、こんばんは。 相手がこれらを使って挨拶してきた時は、同じ挨拶を返しましょう。 やTudo bem? などと相手の調子を聞けるとなお良いです。 (元気?)と相手に聞かれた時は、『元気です』の意味の Estou bemを使います。 超頻出表現です。 (あなたは?)か e tu? (君は?)』と聞き返すと相手も答えてくれます。 Estou bem e tu? といった具合に。 や Exatamente! を使いましょう。 ・遠距離恋愛で半年ぶりの再会をした際は『Finalmente.... (ようやく・・・)』と感極まった顔で言うと感動の再会を演出できます。 Muito prazerと言われたら ・『お会いできて光栄です』と言われたら、同じくMuito prazerと返答します。 別れの表現 3. 『では、また〜』と伝えたい時に使います。 これは『 決して二度と』の意味で、浮気をされ別れを告げる時に使えます。 Tchau. ・『チャウ』と読みます。 日本語だと「え?チャウって・・・違うって意味?」と勘違いしそうですが、Tchauは『 バイバイ』の意味です。 Bom fim de semana! ・週末になったらこの言葉。 『良い週末を!』の意味です。 ・先に相手に言われたら、こちらは『Obrigado, igualmente(ありがとう!あなたもね!)』とスマートに返しましょう。

次の

ブラジルに行ったらすぐに使えるポルトガル語の挨拶

ポルトガル 語 こんにちは

こんにちは!ポルトガルのポルトガル語学習中ののぶよです。 ポルトガル語の学習を始めようとする人が最初に直面する問題に 「 どこのポルトガル語を学習するか」というものがあります。 ポルトガル語は世界中で2億5000万人の話者数を誇る、世界で7番目に話者数の多い言語。 その人口の80%にあたる2億人はブラジル人。 ポルトガル人の人口は、4%にあたる1000万人ほどしかありません。 つまり、話者数で考えると、ポルトガル本国のポルトガル語よりブラジルのポルトガル語の方がかなりメジャーなわけです。 ここで一つ疑問が生まれます。 「ポルトガル語のポルトガル語とブラジルのポルトガル語はそんなに違うの?」 結論から言います。 かなり異なります。 ポルトガル語を知らない人が聞くと、もはや別の言語のように聞こえることでしょう。 今回の記事では、そんな ポルトガルとブラジルのポルトガル語の大きな違いを、発音・文法・語彙の三つの面から紹介していきます。 ポルトガルとブラジルのポルトガル語の違い1:発音編 まず大きく異なるのは 発音です。 ブラジルのポルトガル語が口を大きく開けて話されるのに対して、 ポルトガルのポルトガル語は口をあまり開けずに話されます。 ポルトガルのポルトガル語を初めて聞く人は、「なんだかボソボソ話してる」とか「ロシア語に似ている」という感想を持つそう。 ポルトガルでの母音はこの基本母音に加えて、 狭母音や 曖昧母音といった口をあまり開けずに発音される母音があり、それらは基本母音と明確に区別されます。 ポルトガルのポルトガル語でややこしいのが、 単語の中の母音の位置によって母音の発音が変わるという点でしょう。 難しく聞こえるかもしれませんが、実際に耳が慣れてくると、少し会話しただけでポルトガル人かブラジル人かわかるようになりますよ。 ポルトガルでは、 語末のsは基本的に「シュ」の発音になり、他の場所に置かれたsは「ス」「ズ」の発音になります。 これがポルトガルのポルトガル語がロシア語のように聞こえる理由なのではないかとのぶよは思います。 ロシア語もこの「シュ」の音がよく聞こえますから。 ポルトガルとブラジルのポルトガル語の違い2:文法編 ポルトガルのポルトガル語とブラジルのポルトガル語では、 文法が多少異なります。 どちらの文法に則って話してもお互いに通じ合えますが、少し知っておくとおもしろいですよ。 tuの活用 ラテン語由来のポルトガル語では、フランス語やスペイン語と同様に、 主語人称代名詞によって動詞を活用させます。 もちろん主語によって動詞の活用も変わってくるので、ポルトガルのポルトガル語を学習するなら活用形を一つ多く覚えなければなりません。 例 「どこへ行っていましたか。 もともとは「人々」を表すこの単語が転じて、「私と一緒にいる人々の総称」を指すようになりました。 動詞の活用も異なるため、ブラジルのポルトガル語もう一つ多くの活用形を覚える必要があります。 例 「あなたは私に本を買ってくれた」 Tu compraste -me um livro. 一方の ブラジルのポルトガル語ではこの縮約形はほとんど使われません。 ポルトガルではこれらの代名詞はいちいち形が変わるのでかなり複雑。 下の表を見てください。 このすでに複雑なルールの上に、代名詞の縮合形まで組み合わせるんだから、ポルトガル人は只者ではありません。 ポルトガルとブラジルのポルトガル語の違い3:語彙編 ここまで発音面、文法面におけるポルトガルとブラジルのポルトガル語の違いを見てきました。 ここからは、例を挙げればきりがない 単語や表現など語彙面での違いを見ていきましょう。 語彙面ではポルトガルとブラジルの間でかなり開きがあり、ポルトガル学習者にとっては悩みの種になります。 ポルトガル人とブラジル人、お互いに通じ合える? ここまで発音・文法・語彙に開きがあると、「ポルトガル人とブラジル人のポルトガル語での会話は成り立つのか」という疑問を持ちます。 どんなに違いが大きいとしても、そこは一応同じ言語。 もちろん通じ合えます。 何より、 ブラジルのポルトガル語はポルトガルのポルトガル語をシンプルにしたバージョン。 より複雑なルールや発音を持つポルトガル人にとっては朝飯前といったところです。 反対に、ブラジルでは、ポルトガルのテレビ番組を見ている人はまずいません。 発音・文法などにおいてポルトガルのポルトガル語はブラジルのものよりもかなり複雑なので、耳が慣れていないと同じ言語でもなかなか理解に苦しむそうです。 のぶよのブラジル人の友人は「 時々街の人が何を言ってるのかわからない時がある」と言っていました。 結局ポルトガルとブラジル、どちらのポルトガル語を学ぶべき? さて、ポルトガルのポルトガル語とブラジルのポルトガル語、どちらを学ぶべきかという疑問に関して。 好みでいいんじゃないでしょうか 笑 実用的かつメジャーなのは圧倒的にブラジルのポルトガル語です。 文法も簡単ですし、2憶人の話者数がいることは大きな利点。 また、ブラジルのポルトガル語は日本語で書かれた参考書やリスニング教材も豊富で、学習を始めやすいです。 ポルトガルのポルトガル語は、実用面においてはブラジルに敵いません。 日本語で書かれた教材は限られており、文法もやや難しいので、ゼロから始めるのは少しハードルが高いと言えます。 しかし、ポルトガルのポルトガル語の美しく柔らかい響きは、ブラジルポルトガル語の開放的で情熱的なアクセントとは別の魅力があるのも事実。 のぶよ個人的には、 ポルトガルのポルトガル語から入った方が、ブラジルのポルトガル語も自然と聞き取れるようになるのでおすすめです。 ブラジルのポルトガル語から学び始めても、ポルトガルのポルトガル語は自然に理解できるようにならないと思います。 それだけ発音が異なって複雑だということです。

次の