さん ごく そう けつ で ん。 中山風穴

中山風穴

さん ごく そう けつ で ん

この作品が含まれるシリーズ• 「とざい、とうざい。 」といつもの軽業、綱渡り中に、またもや綱から落ちてしまったそうべえ。 しかし今回は危機一髪、山伏ふっかい、歯ぬき師しかい、医者ちくあんの3人に受け止められます。 命を助けてもらったお礼にと、その夜はそうべえの家で飲めや歌えや大騒ぎ。 穴のなかには数をかぞえるおけら。 数が小さくなるにつれて、そうべえたちも幼い子どもに戻り、落ちたところはみみずの中。 おけらは、みみずたちの結婚式の邪魔をしにくるもぐらのもぐりんをつかまえてほしい、そのために4人に土のなかにきてもらったのだ、というのですが・・・。 個人的なみどころは、そうべえたちが自由自在に土のなかをもぐって遊ぶところ。 「わあーい。 たんこぶでけた」「いもくってへをこいた。 」「わあーい。 べべちゃや、べったこやあー。 」と、楽しそうな子どものそうべえたちは、作者の、いや、私たちの子ども心の分身のようです。 土のなか、素っ裸で気持ちよさそう(笑)。 そうべえの妻のおさきさん、息子そうすけの名前が初登場。 それにしてもこの「そうべえ」シリーズ、型絵染(かたえぞめ)の迫力が素晴らしい。 青(呉須)、緑、土色、墨色といった色や、構図のひとつひとつが、素朴で力強い日本本来の「美しさ」を体現しているように思えてなりません。 (大和田佳世 絵本ナビライター) 「とざい、とうざい」一世一代の綱わたりに、またも綱から落ちてしまったかるわざしのそうべえ。 間一髪、山伏のふっかい、歯ぬき師のしかい、医者のちくあんの三人に命を助けられ、のんで食べての大宴会に。 それをみていたオケラが数をかぞえると、そうべえたちは子どもになって地底の世界へ吸い込まれてしまいます。 そうべえたちは、ミミズの結婚式をじゃまするモグラを捕まえてほしいと頼まれますが…。 地獄、極楽、天の川につづき、今度の舞台は地の底! 奇想天外で豪快なストーリーと、子どもになったそうべえたちのしぐさや会話が楽しい本作。 一方で、そうべえたちとモグラたち地底の生き物たちとの出会いは、わたしたちが「いのちあるものをたべている」ことを教えてくれます。 そうべえの息子、二代目そうべえも最後に立派に登場しますよ! 親子で大好きな「そうべえ」シリーズ。 今回も奇想天外な展開で楽しませてくれました。 そうべえと仲間たちがなんと地下の世界へ。 困っているオケラとミミズを助けることに。 「オケラって何?」と息子は身を乗り出してページをめくっていました。 「そうべえ」シリーズは登場人物のセリフでストーリーが 進んでいくので(しかも関西弁で)、初めて読むときは とても読みにくいかもしれません。 でも何度か読むうちに、慣れてきて、はまってしまうこと受け合いです。 そうべえの息子「そうすけ」も立派になっていて必見です! (ポポロさん 30代・ママ 男の子8歳).

次の

「つながりを生きるチカラに」 西口洋平さんの言葉から:朝日新聞デジタル

さん ごく そう けつ で ん

なぜ阿寒湖行きを両親に告げなかったか? 7月22日、危秋潔さんは富良野にラベンダー を見に行く予定でした。 ゲストハウスがある札幌から富良野への交通 手段 は基本的には快速列車に乗るか、観光バスに 乗るかで、どちらも札幌を拠点に日帰りでき ます。 22日の午後5時半頃、危秋潔さんは父親にウ ェイチャットで「安全的回旅館」 「安全に宿 に戻った」あるいは「安全に宿に戻る」)と伝 えています。 しかし、実際にはこの日の7時半に阿寒湖温 泉の御前水ホテルにチェックインしているこ とから、この時点で阿寒湖に向かっていたと 考えられます。 出発前に旅行中の日程も両親に告げ、こまめ に連絡していた彼女が、予定を変更して阿寒 湖に向かうことを、なぜ父親に告げなかった のか。 阿寒湖に向かうことを言わなかっただけでな く「宿に帰った あるいは帰る 」と告げてい るので、実質的に予定通り札幌のゲストハウ スに戻ると嘘をついていることになります。 阿寒湖へはどういう交通手段で向かったのか? この日、彼女が富良野観光をしたとして、富 良野から阿寒湖へ向かう手段として、一般的 に考えられるのは長距離バスに乗るか、車で 向かうかです。 前者の場合、バスは1時間に1本しかなく、 しかも手で合図して乗車するスタイルなので 現地の情報に詳しくない外国人がこの手段を 取ることは考えにくいです。 もう1つの手段、乗用車で向かうなら1時間 半から2時間ほどで阿寒湖に到着しますが、 タクシーで3万円以上かかりますので、若い 女性が1人で移動にこの額を使うとも考えに くいです。 では、彼女はどうやって阿寒湖まで移動した のでしょう。 スポンサーリンク Sponsored Links なぜ予定にない阿寒湖観光を決めたのか? 危秋潔さんは今回の旅行に先立って6月1日 に北海道で利用する宿をすべて予約していま した。 この際には家族に告げた旅程どおり、阿寒湖 観光はまったく予定していなかったのです。 というのも阿寒湖は外国人旅行者にとって、 1人では回りづらい観光地だからです。 25日の帰国便も取ってあった危秋潔さんが 22日に富良野観光を終えてから阿寒湖に向 かうとは非常に考えにくい。 しかし、中国人の若い女性にとって北海道で ラベンダー畑を見るという最高にイマドキで おしゃれな観光を諦めるとは思えません。 札幌から阿寒湖までは300キロ余り。 直通の列車はないため4時間半かけて釧路に 到着した後、長距離バスに乗り換えてさらに 2時間ほどかかります。 富良野を観光してから阿寒湖に向かうのでは 日帰りは不可能です。 ゲストハウスを出発した時に、すでに阿寒湖 に向かうつもりでいたのなら、ゲストハウス のスタッフにも今日は戻らないという旨を伝 えるでしょうし、1泊するための化粧品など を持って出たはず。 しかし、彼女は財布やパスポートや携帯など のみを持った、ごく身軽なスタイルで出かけ ていますし、ゲストハウスのスタッフの証言 によれば日帰りでの観光に向かう様子だった とのこと。 上記からすると、やはり危秋潔さんは22日 に予定の観光をする中で急遽、阿寒湖行きを 決めた可能性が高いです。 スポンサーリンク Sponsored Links 中国人の乗用車に同乗した可能性? 22日、危秋潔さんが予定どおり富良野観光を していたとすれば、阿寒湖へは誰かの乗用車 に便乗して向かった可能性が出てきます。 しかし女性の1人旅であり、見知らぬ土地、 しかも拠点からは、かなり遠い土地に向かう のですから、運転者にはそれなりの信頼がな いと、気軽にヒッチハイクなどはしないはず。 彼女の旅行スタイルも、野宿やヒッチハイク などして、少しでも旅費を節約して長く旅を するというバッグパッカーではありません。 危秋潔さんは「日本人はとても親切」という 書き込みをSNSに残しているので、日本人 に対する危機感が薄れていたとも考えられま すが、問題なくコミュニケーションができる 同じ国の人間に対する安心感は、海外では特 に強いと思います。 そこで中国人が運転する乗用車に便乗した可 能性が出てきます。 昨今、中国人観光客の北海道旅行人気のため に、正規の営業か白タクかを問わず富良野・ 阿寒湖間を走る中国人運転手はとても多いと のこと。 彼女も富良野観光中に中国人に声を掛けられ て、その気になった可能性はあります。 彼女は日常生活は問題ない程度の日本語が話 せるので、もちろん日本人の車に便乗した可 能性もあります。 ともかく、いくらかお金は払うとしてもタク シーほど高額ではなかった。 あるいは、無料で乗せてやるというような話 になった。 そして、そうした話が成立するには彼女が相 手に対する一定の信頼感を覚えていないと難 しいと思います。 危秋潔さんが父親に予定変更して阿寒湖に行 くことを告げなかったのも、海外で見知らぬ 人間の車に好意で乗せてもらうということが 一般的に危険であると分かっているからこそ 家族に心配をかけないために黙っていたとも 考えれば納得できます。 スポンサーリンク Sponsored Links 遊覧船観光の後、その運転手が彼女を拾った? 危秋潔さんが中国人の車で阿寒湖に移動し、 その後の失踪にも、その人物が関与している 可能性は大いにあります。 しかし、御前水ホテルの監視カメラの映像や スタッフの証言によれば、彼女は1人でホテ ルにチェックインし、出発の際も1人だった ことが確認されています。 また阿寒湖の遊覧船のスタッフは団体旅行が 一般的な中国人旅行者の中で中国人女性の1 人旅は珍しく、印象に残ったと話しています。 運転者は現地在住の人間である可能性が高い ので、住居は確保しているはず。 とすると、危秋潔さんが遊覧船観光をした後 に阿寒湖周辺の観光や富良野、あるいは札幌 まで送り届ける約束で彼女を拾ったのかもし れません。 ウェイチャットの内容から手がかりがつかめるか? もし上記の仮定のように何者かが危秋潔さん をホテルに送り届け、遊覧船観光の後に再び 彼女を拾う約束だったとすると、その間に連 絡を取り合う可能性は高いはず。 もし相手も中国人だとしたら、連絡手段は中 国人の間で普遍的に使われているウェイチャ ットの可能性が高く、彼女のチャット記録を 調べることで何か手がかりがつかめるかもし れないと見られています。 以上、なかなか説得力のある仮定です。 中国で事業用自動車か白タクかを問わずよく あるトラブルは、乗車の際に「どこどこまで いくら」という約束をしたにもかかわらず、 降りる段になって法外な値段をふっかけられ ること。 今回もかなりの長距離なので、そういうトラ ブルから事件になった可能性もありますし、 美しい女性なので、男性のよこしまな思いに 火を付けた可能性もないとは言えません。 実は現地の人と意気投合して、思わず帰国便 を逃してしまっただけだけど、大ごとになっ てしまったので、今さら出て行けないとかい う話だったらいいんですが。 中国では男に拘束されていると預言する占い 師もいるようです。 カテゴリー• 108• 264• 139• 678• 151• 111•

次の

漢字の創造者 蒼頡(そうけつ)の物語

さん ごく そう けつ で ん

分蘗 ぶんけつ , この単語はかつての上司, 倉本 實さんが部下への訓示に使われたとき初めて耳にしました。 一般の人には聞き慣れませんが,これは農家のみなさんにはごく普通に馴染みがあるものだそうです。 稲作では田植えをします。 苗床で育てた稲の苗を, 水をはった田に一定の間隔で植えつけてゆきます。 このくらいはだれでも知っています。 しかし植えるときの苗と苗の間隔の最適値や, 一つの株にどれほどの苗を植えつけるのがよいかというと,これは一般の人にはよく分かりません。 実はプロのお百姓さんの間でも議論があります。 秋になり, 黄金色の稲穂がびっしりと一面に隙間なく実ることが田植えのゴールです。 田植えのとき一カ所に多くの苗を植え付けても, 育つうちに太陽を奪い合い, 負けた苗は枯れてしまいます。 育った茎が塊となって株になりますが,この株と株の間隔が広すぎると, 株の外周にある茎や穂は中心からの圧力に押されて外に倒れてしまいます。 ということで, 稲の背丈や一株の太さ, 株と株の間隔には適正な関係がありそうです。 経験的に, 実りのころに一株の太さは 30〜40本くらいで根がしっかりと張っているのがよいと言われています。 さて, 田植えのとき一株にそんなに植えてはいません。 いったいどれくらい植えられているのでしょう。 ふつう田植えでは一株あたり3から5本が植えられるそうです。 本当は苗は一本でもよく, 育つうちにどんどん株分れをしてゆきます。 そして, 周りの環境を自分で判断し, 適当な太さになったところで止まるのです。 これが分蘗と呼ばれるものです。 このように, わずかな苗でも環境さえしっかり整えれば, 分蘗で立派な株をつくってゆきます。 日本最大の電話会社が,あるとき携帯電話の小さな会社を分社化しました。 当時の加入者はほんの僅かで,だれが見ても事業の先行きは不透明でした。 事情を飲み込めない社員も多かったはずですが,稲になぞらえた倉本さんらしい訓示でした。

次の