ポケモンgo バトルリーグ 天候ブースト。 【ポケモンGO】発生中の不具合と修正状況、対処方法まとめ【7/19時点】

【ポケモンGO】雨ブーストで出現しやすいポケモン一覧|ゲームエイト

ポケモンgo バトルリーグ 天候ブースト

・タイプ:ノーマル ・天候ブースト:時々曇り ・おすすめ技:「したでなめる」&「のしかかり」 ・弱点:かくとう フィールドリサーチの技2が「のしかかり」カビゴン限定です。 スーパーリーグもやっぱりカビゴン。 HPが高く攻撃力も高いので安定感がハンパないです。 弱点がかくとうオンリー。 しかもスーパーリーグだとカイリキーが来る確率がマスターより断然下がります。 レイド捕れたてでも1500超えるので。 出してこられると面倒くさいことこの上ないです。 対抗策としてはカイリキー以外だとキノガッサくらい。 「カウンター」&「ばくれつパンチ」のキノガッサで対抗してみましたが、カイリキーに比べると鈍いです。 つーかカビゴンが耐えます。 なんだコイツ。 弱点も「みず」と「こおり」はラプラスやらシャワーズやら来る可能性が高いので不利なんですよね。 じめんタイプ入ってるくせにじめん技が1. 6倍で刺さるのも痛い。 せめて技2に2ゲージ技があればなあ・・・。 スポンサーリンク スーパーリーグで勝つためのコツ4つ レベルが高い人ほど手薄になるスーパーリーグ。 ポケモンの選び方次第では、レベルに関係なく勝利できる可能性が十分あります。 押さえておきたいポイントは4つ。 1体目の読み合いを制す。 技2は2ゲージか3ゲージ技にする。 シールドを相手より先に使わない。 天候ブーストを意識する。 順番に見ていきましょう。 スポンサーリンク 1体目の読み合いを制す 勝負は 1体目の読み合いです。 ほぼ1体目で決まると言っていいでしょう。 HPが低い分、マスターよりさらに1体目に何を出すかが重要になります。 ここで読み間違うと、なし崩し的にやられてしまいます。 1体目を見て、ポケモンを入れ替えさせられたり、先にシールドを使わされるとほぼ負けます。 相手の弱点を突けるポケモンを持っている場合は、入れ替えても挽回できる可能性ありです。 スポンサーリンク 技2は2ゲージか3ゲージ技にする 伝説レイドだと1ゲージ技の方がいいですが、 対戦ではスピード勝負になるので、 技2は2ゲージもしくは3ゲージ技にしましょう。 特にスーパーリーグで 技2が1ゲージ技は論外です。 いくら威力が強くても、たまりが遅すぎて、1発も放てずに死ぬこと請け合いです。 技のたまりが遅いと1ゲージ技だと相手も予想が付きますし、すると当然シールドを使われます。 「ソーラービーム」なんか通る訳がない。 技1もできるだけ出が速い方がいいです。 スポンサーリンク シールドを相手よりも先に使わない シールドを相手より先に使ってしまうと、ここぞという時に技の貫通を許してしまうので負ける場合が多いです。 なので、まずは我慢。 必殺技を食らっても耐えられるポケモンを1体目に出すのも大事になります。 ちなみに同じポケモン同士で戦った場合どうなるかというと、 これは いかに速く技2を発動させられるかが勝負です。 例えばカビゴンVSカビゴンで、 技2のゲージのたまる速さは、特に個体値など関係なく、単純にタイミングでした。 で、シールドを使うと、次の技2は撃ち負けます。 シールドを使うとゲージのたまりが遅れるんですよね。 なので、先にためることができた場合は、シールドを使わず、そのまま押し切る戦略が有効です。 逆に、タッチの差で競り負けた場合は、シールドを使ってしのぐ方がいいでしょう。 スポンサーリンク 天候ブーストを意識する 対戦では、 天候ブーストがかなり影響してきます。 技の上昇補正がかかると、弱点のタイプでもやられてしまうことがあるからです。 これホント、カメックスがエンテイにやられたのショックで、原因考えたら天候ブーストだと。 晴れの日のエンテイはヤバいです。 いくら天候ブーストを受けているからといって、 くさ・ほのおタイプだけで構成する、なんてわけにもいかないのですが、 1体入れておくと結構いい感じに作用するよということです。 ただ、離れた地域にいるフレンドの地域の天候まではわからないですからね~~。 とりあえず自分のパーティ編成で意識していきましょう。 あんまり考えすぎても頭爆発します(苦笑).

次の

【ポケモンGO】雨ブーストで出現しやすいポケモン一覧|ゲームエイト

ポケモンgo バトルリーグ 天候ブースト

8% 3 1045 15 15 14 97. 8% 4 1043 15 13 15 95. 6% 4 1043 15 14 14 95. 6% 6 1042 14 15 15 97. 8% 6 1042 15 15 13 95. 6% 8 1041 15 12 15 93. 3% 9 1040 15 14 13 93. 3% 9 1040 15 13 14 93. 3% 11 1039 15 15 12 93. 3% 11 1039 14 15 14 95. 6% 11 1039 14 14 15 95. 6% 14 1038 15 12 14 91. 1% 14 1038 15 11 15 91. 1% 16 1037 14 13 15 93. 3% 16 1037 15 13 13 91. 1% 16 1037 15 14 12 91. 1% 19 1036 15 15 11 91. 1% 19 1036 14 15 13 93. 8% 2 1307 15 14 15 97. 8% 4 1304 15 14 14 95. 6% 4 1304 15 13 15 95. 6% 6 1303 15 15 13 95. 6% 6 1303 14 15 15 97. 8% 8 1301 15 12 15 93. 3% 9 1300 15 14 13 93. 3% 9 1300 15 13 14 93. 3% 11 1299 15 15 12 93. 3% 11 1299 14 15 14 95. 6% 11 1299 14 14 15 95. 6% 14 1298 15 11 15 91. 1% 15 1297 15 13 13 91. 1% 15 1297 15 12 14 91. 1% 17 1296 15 14 12 91. 1% 17 1296 14 13 15 93. 3% 19 1295 15 15 11 91. 1% 19 1295 14 15 13 93. 71% 3 0 15 13 1499 99. 71% 4 2 15 14 1500 99. 5% 5 0 13 15 1500 99. 5% 5 0 13 14 1496 99. 5% 7 0 13 12 1499 99. 49% 8 1 13 15 1499 99. 4% 9 0 8 14 1500 99. 3% 10 0 11 14 1500 99. 28% 11 0 14 15 1492 99. 21% 12 0 14 13 1495 99. 21% 13 0 14 11 1498 99. 2% 14 1 11 14 1499 99. 18% 15 0 14 9 1500 99. 17% 16 1 14 14 1498 99. 12% 17 0 9 15 1497 99. 04% 18 0 9 13 1500 99. 03% 19 2 14 14 1496 99. 01% 20 2 14 12 1499 99. 01% 21 0 12 15 1496 99% 21 0 12 14 1492 99% 23 0 12 12 1495 98. 99% 23 0 12 13 1499 98. 99% 25 0 12 10 1497 98. 97% 26 0 12 8 1500 98. 94% 27 0 15 14 1491 98. 92% 28 0 15 12 1494 98. 92% 29 1 12 15 1495 98. 9% 30 1 12 13 1498 98. 9% ガラガラ アローラのすがた 関連情報.

次の

【ポケモンGO】伝説レイドバトルにゼクロムが登場!

ポケモンgo バトルリーグ 天候ブースト

・タイプ:ノーマル ・天候ブースト:時々曇り ・おすすめ技:「したでなめる」&「のしかかり」 ・弱点:かくとう フィールドリサーチの技2が「のしかかり」カビゴン限定です。 スーパーリーグもやっぱりカビゴン。 HPが高く攻撃力も高いので安定感がハンパないです。 弱点がかくとうオンリー。 しかもスーパーリーグだとカイリキーが来る確率がマスターより断然下がります。 レイド捕れたてでも1500超えるので。 出してこられると面倒くさいことこの上ないです。 対抗策としてはカイリキー以外だとキノガッサくらい。 「カウンター」&「ばくれつパンチ」のキノガッサで対抗してみましたが、カイリキーに比べると鈍いです。 つーかカビゴンが耐えます。 なんだコイツ。 弱点も「みず」と「こおり」はラプラスやらシャワーズやら来る可能性が高いので不利なんですよね。 じめんタイプ入ってるくせにじめん技が1. 6倍で刺さるのも痛い。 せめて技2に2ゲージ技があればなあ・・・。 スポンサーリンク スーパーリーグで勝つためのコツ4つ レベルが高い人ほど手薄になるスーパーリーグ。 ポケモンの選び方次第では、レベルに関係なく勝利できる可能性が十分あります。 押さえておきたいポイントは4つ。 1体目の読み合いを制す。 技2は2ゲージか3ゲージ技にする。 シールドを相手より先に使わない。 天候ブーストを意識する。 順番に見ていきましょう。 スポンサーリンク 1体目の読み合いを制す 勝負は 1体目の読み合いです。 ほぼ1体目で決まると言っていいでしょう。 HPが低い分、マスターよりさらに1体目に何を出すかが重要になります。 ここで読み間違うと、なし崩し的にやられてしまいます。 1体目を見て、ポケモンを入れ替えさせられたり、先にシールドを使わされるとほぼ負けます。 相手の弱点を突けるポケモンを持っている場合は、入れ替えても挽回できる可能性ありです。 スポンサーリンク 技2は2ゲージか3ゲージ技にする 伝説レイドだと1ゲージ技の方がいいですが、 対戦ではスピード勝負になるので、 技2は2ゲージもしくは3ゲージ技にしましょう。 特にスーパーリーグで 技2が1ゲージ技は論外です。 いくら威力が強くても、たまりが遅すぎて、1発も放てずに死ぬこと請け合いです。 技のたまりが遅いと1ゲージ技だと相手も予想が付きますし、すると当然シールドを使われます。 「ソーラービーム」なんか通る訳がない。 技1もできるだけ出が速い方がいいです。 スポンサーリンク シールドを相手よりも先に使わない シールドを相手より先に使ってしまうと、ここぞという時に技の貫通を許してしまうので負ける場合が多いです。 なので、まずは我慢。 必殺技を食らっても耐えられるポケモンを1体目に出すのも大事になります。 ちなみに同じポケモン同士で戦った場合どうなるかというと、 これは いかに速く技2を発動させられるかが勝負です。 例えばカビゴンVSカビゴンで、 技2のゲージのたまる速さは、特に個体値など関係なく、単純にタイミングでした。 で、シールドを使うと、次の技2は撃ち負けます。 シールドを使うとゲージのたまりが遅れるんですよね。 なので、先にためることができた場合は、シールドを使わず、そのまま押し切る戦略が有効です。 逆に、タッチの差で競り負けた場合は、シールドを使ってしのぐ方がいいでしょう。 スポンサーリンク 天候ブーストを意識する 対戦では、 天候ブーストがかなり影響してきます。 技の上昇補正がかかると、弱点のタイプでもやられてしまうことがあるからです。 これホント、カメックスがエンテイにやられたのショックで、原因考えたら天候ブーストだと。 晴れの日のエンテイはヤバいです。 いくら天候ブーストを受けているからといって、 くさ・ほのおタイプだけで構成する、なんてわけにもいかないのですが、 1体入れておくと結構いい感じに作用するよということです。 ただ、離れた地域にいるフレンドの地域の天候まではわからないですからね~~。 とりあえず自分のパーティ編成で意識していきましょう。 あんまり考えすぎても頭爆発します(苦笑).

次の