フェレット マート。 フェレットマート閉店のお知らせ: フェレットマートのブログ

どこがオススメなの?フェレットのペットショップ事情

フェレット マート

もくじ• ペットショップ まずはペットショップにいくことになるでしょう。 では、どんな店舗があるのでしょうか。 フェレット専門店 初心者には絶対オススメ!! こちらは、フェレットに特化したお店ですね。 初心者の方は絶対こちらで購入されることをオススメします! フェレットが大好きで、毎日フェレットだけをお世話しているスタッフだけで構成されているお店なので、 あなたが気になるフェレットがどんな性格なのか・どうお世話をしたらよいのか、など、 事細かに丁寧に教えてくださいます。 爪切り・耳かきの実践なども見せて教えてくれます。 フェレット日和のモデル【ぷーすけ・しゃんぴー】も、都内にある「ferret-world フェレットワールド 」という専門店さんからお迎えしました。 フェレット保険や、フェレットのお風呂・ホテルも承ってくれるところも多く、 フェレットオーナーとして末永くお付き合いできますね。 その分、料金形態はしっかりしています。 小動物専門店 おもしろい仔がいるかも!? フェレットだけじゃなく、モルモット・うさぎ・ハムスターなどの小動物なども専門として扱っています。 フェレットの種類はだいたい半分以下になり、 マーシャルフェレットなど高価な種類が多いです。 生体価格は6万以上はかかるでしょう。 そのかわり珍しいペットを扱っている数も多いため、 フェレットも変わった仔たちが多いです。 毛の長いアンゴラフェレットや、 珍しいファームの仔たちに出会えるかもしれません。 フェレットの飼育経験のある方なら、 おもしろいかもしれませんね。 総合ペットショップ とにかく安い!! 犬・猫を筆頭にいろいろなポピュラーなペットを全般で置いているお店です。 なんと・・・! この都内にある「ペットのコジマ」さん。 パスバレーフェレットが15800円で売っています・・・。 とにかく、安い! ですが、フェレットの環境としては、トイレでもエサ入れでも寝ているし、 下にある排泄物をごまかすようにティッシュのちぎったものが一面敷いてあります。 非常に不衛生です。 総合ペットショップでは、フェレットの知識をスタッフに求められる環境でもありません。 購入する際の手続きに飼い方の説明などは期待しないほうがよいですね。 選び方 では、あなたはどこでフェレットを購入しますか? 金銭的に問題がある場合は、フェレットを飼うこと自体オススメできません。 「初めてフェレットを購入する」という方は、必ず、 フェレット専門店より購入を検討しましょう。 「フェレットの飼育を経験している」という方は、 小動物専門店・総合ペットショップなどを覗いてみるのもいいでしょう。 探し方 では、どうやって探しましょうか。 家の近くで探す 家の近くにあるペットショップにとりあえずいってみるのもいいでしょう。 フェレットを実際観てみましょう。 ネットで探す やっぱり安定はネットでしょう。 家からいける距離のペットショップを探しましょう。 口コミをみてお店の評判を知ることも大切ですし、生体も見たり予約もできます。 何度もいいますが、フェレットにはお金がかかります。 「安いから」 という理由での購入はやめましょうね。 まとめ あなたの10年間にかかわるパートナーです。 しっかり調べて、しっかり準備して、 あなただけのパートナーを探しましょうね。

次の

フェレットの水や良質なフード(ご飯)の選び方・エサの与え方

フェレット マート

フェレットフード(ご飯) フェレットはイタチ科で肉食動物です。 フェレットが摂取するといい栄養素は動物性のたんぱく質と、動物性脂肪です。 ドッグフードやキャットフードにはフェレットには、必要ない成分も含まれていることもありますので、フェレット専用のフードを選ぶといいでしょう。 また最近ではフェレット専用フードもたくさんの種類があります。 栄養的に高品質のフードを選びましょう。 値段が高いからといって良質とは限りません。 大切なことは成分をみることです。 肉食であるフェレットの必要な栄養素は動物性タンパク質です。 原材料を見て、一番最初に記載されているものが「チキン」の物を選ぶといいでしょう。 原材料の一番最初に記載されているものが「小麦」とかかれているものはフェレットのフードとしてふさわしくありません。 微量だとしても、毎日摂取し、これが何年も摂取することはできる限り避けたいです。 フードによっては体質に合わず食べなかったり、下痢をすることもあります。 フードを新しく変える場合にはフェレットの体の調子には気を付けましょう。 空気もれがないかどうか、製造年月日や消費期限を必ず確認しましょう。 輸入によっては消費期限切れのものが送られてくることもありますので注意しましょう。 また消費期限内であっても、高品質のフードには身体に害のある保存料が含まれていないため開封後は急速に劣化します。 開封後は1か月以内を目安に使い切れば問題ないでしょう。 開封前、開封後にかかわらず冷暗所または冷蔵庫で保存し、使用するときは容器を開けたまま長時間放置しないようにしましょう。 【ドライフードかウェットフード】 赤ちゃんフェレットは消化器官がまだ不十分なためベビーフードまたはドライフードをふやかしたものをあげましょう。 生・半生タイプのウェットフードは歯に食べかすが残ってしまい虫歯の原因になってしまいます。 ドライフードは歯石が付きにくく歯周病予防にも役立ちます。 【高齢期のフード】 腎臓が悪いと老廃物や毒素が体から上手く出ていきません。 この腎臓を守るためにはタンパク質を減らすことが大切です。 タンパク質や脂肪の高いフードを与えている場合はタンパク質の低いフードを選んであげるといいでしょう。 【いつ与えるのか】 フェレットは1日に7~10回にわけて食事をとるため、いつでも食べられるようにフードを置いておくのがいいでしょう。 この場合1日に1回すべてのフードを取り換えます。 梅雨時期や室温が暑くなる夏場のフードは傷みやすいので注意しなければいけません。 ただし、ふやかしたフードは傷みやすいためこまめに交換します。 【餌入れ】 餌入れはひっくり返すのを防止するために、陶器製のものがおすすめです。 ただし、ヒビがはいったり、かけてしまったものはフェレットが毛がする恐れがありますので新しいものにとりかえましょう。 ステンレス製のものもおすすめです。 【水】 水はいつでも飲めるように用意しておくことが大切です。 給水ボトルを使えばひっくり返しを防止することができます。 給水ボトルは最低でも1日1回は新鮮な水に入れ替えましょう。 フェレットにはミネラルウォーターを与えてはいけません。 ミネラルが過剰に含まれているため結石の原因になります。 【おやつ・栄養補助剤】 健康や虫歯のことを考えるとおやつ類は必要ありません。 しかししつけの際や飼い主とのコミュニケーションとして適量を与えてもいいでしょう。 たくさん与えすぎると餌を食べなくなったり、虫歯の原因にもなりますので木を付けましょう。 【あげてはいけないもの】 ネギ類やチョコレート人間用に味付けされた食べ物などフェレットに与えると危険な食べ物があります。 これらは絶対に与えてはいけません。 フェレットが健康で長生きしてくれるようにできるだけ高品質のフードを選んであげたいですね。 体質や病気の有無でもフェレットにあうフードがかわってきます。 動物病院にもフードが売られているところも多いので相談してみるのもいいでしょう。

次の

フェレットマートのブログ

フェレット マート

フェレットフード(ご飯) フェレットはイタチ科で肉食動物です。 フェレットが摂取するといい栄養素は動物性のたんぱく質と、動物性脂肪です。 ドッグフードやキャットフードにはフェレットには、必要ない成分も含まれていることもありますので、フェレット専用のフードを選ぶといいでしょう。 また最近ではフェレット専用フードもたくさんの種類があります。 栄養的に高品質のフードを選びましょう。 値段が高いからといって良質とは限りません。 大切なことは成分をみることです。 肉食であるフェレットの必要な栄養素は動物性タンパク質です。 原材料を見て、一番最初に記載されているものが「チキン」の物を選ぶといいでしょう。 原材料の一番最初に記載されているものが「小麦」とかかれているものはフェレットのフードとしてふさわしくありません。 微量だとしても、毎日摂取し、これが何年も摂取することはできる限り避けたいです。 フードによっては体質に合わず食べなかったり、下痢をすることもあります。 フードを新しく変える場合にはフェレットの体の調子には気を付けましょう。 空気もれがないかどうか、製造年月日や消費期限を必ず確認しましょう。 輸入によっては消費期限切れのものが送られてくることもありますので注意しましょう。 また消費期限内であっても、高品質のフードには身体に害のある保存料が含まれていないため開封後は急速に劣化します。 開封後は1か月以内を目安に使い切れば問題ないでしょう。 開封前、開封後にかかわらず冷暗所または冷蔵庫で保存し、使用するときは容器を開けたまま長時間放置しないようにしましょう。 【ドライフードかウェットフード】 赤ちゃんフェレットは消化器官がまだ不十分なためベビーフードまたはドライフードをふやかしたものをあげましょう。 生・半生タイプのウェットフードは歯に食べかすが残ってしまい虫歯の原因になってしまいます。 ドライフードは歯石が付きにくく歯周病予防にも役立ちます。 【高齢期のフード】 腎臓が悪いと老廃物や毒素が体から上手く出ていきません。 この腎臓を守るためにはタンパク質を減らすことが大切です。 タンパク質や脂肪の高いフードを与えている場合はタンパク質の低いフードを選んであげるといいでしょう。 【いつ与えるのか】 フェレットは1日に7~10回にわけて食事をとるため、いつでも食べられるようにフードを置いておくのがいいでしょう。 この場合1日に1回すべてのフードを取り換えます。 梅雨時期や室温が暑くなる夏場のフードは傷みやすいので注意しなければいけません。 ただし、ふやかしたフードは傷みやすいためこまめに交換します。 【餌入れ】 餌入れはひっくり返すのを防止するために、陶器製のものがおすすめです。 ただし、ヒビがはいったり、かけてしまったものはフェレットが毛がする恐れがありますので新しいものにとりかえましょう。 ステンレス製のものもおすすめです。 【水】 水はいつでも飲めるように用意しておくことが大切です。 給水ボトルを使えばひっくり返しを防止することができます。 給水ボトルは最低でも1日1回は新鮮な水に入れ替えましょう。 フェレットにはミネラルウォーターを与えてはいけません。 ミネラルが過剰に含まれているため結石の原因になります。 【おやつ・栄養補助剤】 健康や虫歯のことを考えるとおやつ類は必要ありません。 しかししつけの際や飼い主とのコミュニケーションとして適量を与えてもいいでしょう。 たくさん与えすぎると餌を食べなくなったり、虫歯の原因にもなりますので木を付けましょう。 【あげてはいけないもの】 ネギ類やチョコレート人間用に味付けされた食べ物などフェレットに与えると危険な食べ物があります。 これらは絶対に与えてはいけません。 フェレットが健康で長生きしてくれるようにできるだけ高品質のフードを選んであげたいですね。 体質や病気の有無でもフェレットにあうフードがかわってきます。 動物病院にもフードが売られているところも多いので相談してみるのもいいでしょう。

次の