デトロイト 空港 衝突 事故。 【最新話】「メーデー!」シーズン18は2020年2月23日から放送開始!

デトロイト空港衝突事故

デトロイト 空港 衝突 事故

衝突により炎上した1482便 事故の概要 日付 () 概要 視界不良時の地上衝突 現場 : 負傷者総数 (死者除く) 10 死者総数 8 生存者総数 190 第1機体 事故機と同型のノースウエスト航空のマクドネル・ダグラス DC-9-14 機種 運用者 N3313L 出発地 目的地 乗客数 40 乗員数 4 負傷者数 (死者除く) 10 死者数 8 生存者数 36 第2機体 事故後修理され復帰した事故機、1993年12月4日ににて 機種 運用者 N278US 出発地 目的地 乗客数 146 乗員数 8 負傷者数 (死者除く) 0 死者数 0 生存者数 154 全員 デトロイト空港衝突事故(デトロイトくうこうしょうとつじこ)とは、(現地時間、)にのの上で発生したである。 ノースウエスト航空1482便(機材:)が使用中の滑走路に誤って進入し離陸滑走中の299便(機材:)と衝突した。 概要 [ ] 事故が発生した1990年12月3日13時45分頃には、空港にはが発生していた。 ノースウエスト航空1482便(、行き)は、C-18ゲートを出発し、オスカー 6、フォックストロット、エックスレイの各を経由して滑走路03C へ向かうルートをから指示された(最短経路となる)。 しかし、1482便は途中で現在地を見失ったまま走行し、オスカー 6から離れてアウター誘導路に進入した。 そのため、地上管制はその先にあるオスカー 4誘導路を右折してエックスレイ誘導路に戻るように指示したものの、オスカー 4は当時右側2方向に曲がることができたため、1482便は本来右後方向に進むべきところを地上管制に確認を取ることなく右前方向に進み、そのまま滑走路03Cの中央部に進入してしまった。 1482便の機長は滑走路03Cが既に使用されているかもしれないと不審を抱き、滑走路脇に機体を停止させて地上管制に報告したが、このとき既にノースウエスト航空299便(、行き)は滑走路03Cからの離陸承認を得て滑走を開始しようとしていた。 衝突した299便 1482便が地上管制から直ちに滑走路から出るように指示された約5秒後、1482便と299便は、相対する形で機体右側の翼をそれぞれ重ね合せるようにして衝突した。 299便は、右翼端等に損傷を受けたものの火災等は発生せず、乗員・乗客ともに死傷者はいなかった。 しかし1482便は、299便の翼が胴体右側を切り裂くように通過し、またエンジンの損傷により燃料が漏れ火災が発生したため、乗員1名と乗客7名、計8名の死者と、10名の重傷者を出した。 事故原因 [ ] アメリカの事故調査により、事故原因として次の点が報告された。 操縦士の問題:不確実な経路に進入した際に停止して地上管制に報告しなかったことと、操縦士間の役割の仮想的逆転(機長が副操縦士に心理的に従属する状態になっていた)による適切な協調の欠如• 空港の問題:指示と異なる経路に進入した際の地上管制と飛行場管制との連絡手段の欠如(1482便から滑走路03Cにいるという連絡を受けた際、迅速に飛行場管制に連絡を取り、飛行場管制から299便の離陸を中止させていれば、衝突を回避できる可能性があった)、視認性の低い状態での指示経験の欠如による不適切な指示とそのバックアップ体制の不備、路面上のマーキングや看板の表記の不備• 機体の問題:後部テールコーン解放機構の動作不良(これにより、1482便の機体後部で2名が窒息死している) 映像化 [ ]• 第18シーズン第4話「Taxiway Turmoil」 類似事故 [ ]• - のの滑走路上でボーイング727とDC-9が衝突した航空事故。 - のの滑走路上で航空機同士が衝突した航空事故。 両機に生存者は無く、また、地上でも8人が巻き込まれて死傷した。 - 、スペインのの滑走路上でとがそれぞれ所有していた同士が濃霧の中で激突。 世界最悪の死者を出した。 - 、に着陸しようとしたのが、地上待機中だったの ()と衝突し、スカイウェスト航空機に乗っていた12人全員と、USエアー機の22人が死亡した。 原因は管制官のミスが主だったが、その他複数の要因が絡んだ。 参考文献 [ ].

次の

デトロイト空港衝突事故 / updates.team.odesk.com

デトロイト 空港 衝突 事故

メーデー!:航空機事故の真実と真相とは 「メーデー!:航空機事故の真実と真相」はナショナルジオグラフィックチャンネルにて放送されており、過去に実際に起きた航空機事故の検証を行うドキュメンタリー番組です。 事故関係者の証言やインタビュー、再現VTRなどを通して航空機事故の真実・真相に迫る構成となっている人気番組です。 これまでに日本ではシーズン17まで放送されており、2020年2月からシーズン18の放送が始まります。 メーデー! シーズン18 放送内容 エピソード1 パキスタン国際航空268便航空 放送日:2月23日 23:00〜、2月25日 01:00〜、2月25日 08:00〜、2月27日 00:00〜、 1992年9月28日。 ネパールのカトマンズに着陸のため降下を続けていたパキスタン航空の旅客機が消息を絶つ。 数時間後、空からの捜索でヒマラヤ山脈の山腹に激突した残骸が見つかる。 軍の支援のもと調査官たちは高く険しい山岳地帯の現場調査に挑み、ブラックボックスの回収に成功する。 そして音声データが回復されたコックピット・ボイスレコーダーに原因発見の望みを託すが、そこにクルーたちの会話は残っていなかった。 エピソード2 ウエスト・エア・スウェーデン294便 放送日:3月1日 23:00〜、3月2日 25:00〜、3月3日 8:00〜、3月4日 24:00〜、 2016年1月8日。 ノルウェーのオスロから北極圏のトロムソに向かっていた貨物機がメーデーを発し、制御を乱してスウェーデン国境を越えた地点に墜落。 翌日、墜落現場から壊れたブラックボックスが発見され、乗員の遺体とともに回収される。 懸命なデータ回復の取り組みに成功したボイスレコーダーから聞こえてきた音声は、混沌と混乱に満ちた恐ろしい状況だった。 順調に飛行を続けていた機内で、何が唐突に起こったのだろうか。 エピソード3 ユニー航空873便 放送日: エピソード4 放送日: エピソード5 放送日:3月22日 23:00~ エピソード6 放送日:3月29日 23:00~ エピソード8 SOL ソル 航空5428便 放送日:4月2日 00:00~ エピソード9 クーガー・ヘリコプター91便 放送日:4月5日 23:00~ エピソード10 トリガナ航空267便 放送日:4月12日 23:00~ 放送予定はこちらよりご確認ください シーズン18で扱われるであろう事故 によるとシーズン18 海外ではシーズン20 で扱われる事故は以下の通りです。 ・ユニー航空873便火災事故 ・デトロイト空港衝突事故 ・SOL航空5428便墜落事故 ・トリガナ航空267便 ・ケニア航空507便墜落事故 ・LAMモザンビーク航空470便墜落事故 ・ケニア航空507便墜落事故 ・クーガー・ヘリコプター91便.

次の

デトロイト空港衝突事故 / updates.team.odesk.com

デトロイト 空港 衝突 事故

このシリーズはいいですね。 1エピソード45分ありますが、次々に見てしまうほど 興味深いものです。 事故なのですべて悲劇なのですが、全員無事でほっとするものと 最悪の結果となるもの様々です。 原因が最初からはっきりしているものもありますが、 多くは真相究明のため、詳しい調査と、仮説の検証・裏付けの繰り返しで真実に迫ります。 知的興奮を感じるところです。 シーズン9「第13話:スカンジナビア航空686便」では、イタリア・ミラノのリナーテ空港が 数々の問題を意図的に、またずさんに放置して、事故手前のヒヤリ・はっと事例が積み重ねられた挙句の 大惨事を起こしており、こんなことが許されていたことに身震いしました。 事故予防の観点からは 大変わかりやすい他山の石でもあります。 CSの「ナショジオ」でよく見てます。 シリーズを通して感じられるのが人為的ミスの恐ろしさです。 特にパイロットのミスには唖然とします。 思い込み、勘違い、過信などで十分修復可能だった飛行機が墜落しているのです。 例えば、操縦桿から手を離せばコンピューターが自動で姿勢修正してくれたのに、しがみついていたために墜落。 2基のエンジンの片方が故障したけど1基だけでも操縦可能だったのに、勘違いで正常なエンジンを止めてしまい滑走路手前で墜落。 離陸の際にフラップを出さねばならないのに、出発を急いでいたので出し忘れて墜落。 離陸だからブレーキなど掛けてはならないのに、パイロットが神経障害で無意識にブレーキを掛けてしまい墜落。 失速警報が出たけど、機首を下げて加速させれば修復出来たのに、過労で混乱して機首を上げ続けて失速して墜落などなど。 滅多に起きる事ではないと判っているが、これらで数十から数百の命が失われているけど自分が遺族だったらやりきれないだろうね。 作品としては感情的にならず事実を多く並べる姿勢が良いですね。 些細ですけど気になるのが番組最後に流れるスタッフなどのエンディングロールが余りにも高速で内容が分かりません。 知りたければ静止画にしてコマ送りで見ればということでしょうかね。

次の