サイバー ダーク ネオス。 サイバーダークデッキ(裏サイバー流)回し方・大会優勝ガチデッキレシピ構築論【遊戯王OCG】

【遊戯王デュエルリンクス】「サイバーダーク」デッキの評価

サイバー ダーク ネオス

『 遊戯王 デュエルリンクス 』に新ストラクチャーデッキEX「ガンズ・オブ・デスペラード」が登場しました。 なので、さっそくこちらを組んでみました。 闇属性・機械族といえば、サイバーダーク! と思い、混ぜてみました。 しかしあえて、「デスペラード・リボルバー・ドラゴン」で攻めるための構築をしてみました。 「A・ジェネクス・クラッシャー」を削り、「ツインバレル・ドラゴン」を増やすのもありかもですが……。 ともかく、見ていきます。 このカードを手札から特殊召喚する。 コイントスを3回行う。 表が出た数までフィールドの表側表示モンスターを選んで破壊する。 3回とも表だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローする。 この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。 コイントスを行う効果を持つレベル7以下のモンスター1体をデッキから手札に加える。 大きなポイントは2つ。 自分の機械族・闇属性モンスターが戦闘・効果で破壊された時、手札から特殊召喚できる点。 これがデッキに機械族・闇属性モンスターを多数採用したい点。 ただし、戦闘・効果以外の方法で墓地に送られたときは、特殊召喚できません。 もう1つのポイントは、コイントスを3回行い、表が出た回数分フィールドの表側表示モンスターを選んで破壊できる点。 ここで注意したいのは ・3回表が出ても、破壊するのは1体でもOK ・自分のモンスターを破壊したいときにも使える ・「選ぶ」ので、「対象」をとるわけではない (対象を取れないモンスターも破壊できる) ・相手ターンでもこの効果を発動できる ・表側表示モンスターしか破壊できない という点。 ここをきちんと理解しておくことが、「デスペラード・リボルバー・ドラゴン」を使いこなすポイントですね。 そのカードを破壊する。 その破壊され墓地へ送られたモンスター1体の元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える。 「デスペラード・リボルバー・ドラゴン」の破壊はコイントスという運要素なので、少しでも時間を稼げるように「ホーリーライフ・バリアー」も採用しました。 また、「サイバー・ダーク・カノン」は手札から捨てることで、「サイバー・ダーク・エッジ」をデッキからサーチすることができます。 デッキの圧縮を行い、少しでも早く「デスペラード・リボルバー・ドラゴン」をドローするという狙いもあるデッキです。 ただまあ、「サイバー・ダーク・エッジ」だけが手札にそろっちゃうという事故も多々あります。 20枚中3枚なのに、なぜ「サイバー・ダーク・カノン」より先に「サイバー・ダーク・エッジ」が3枚も来るのだ!! 事故率を下げれば、それなりに強いデッキになりそうです。 やっぱり、ネオス出張セットなんですかねぇ。 ネオスフュージョンでデッキからカードを捨てられるので、「サーバー・ダーク・エッジ」の効果を使いやすくなります。 なるほど、これならネオスを2~3枚にしてもよさそうです。

次の

【遊戯王デュエルリンクス】「サイバーダーク」デッキの評価

サイバー ダーク ネオス

そのためにデッキを回していくわけですが、手札に欲しいカードとしては 「サイバー・ダーク・エッジ」と「ネオス・フュージョン」が挙げられます。 「サイバー・ダーク・エッジ」は 「サイバー・ダーク・カノン」でサーチ出来ます。 手札または墓地に送っておいた 「妖醒龍ラルバウール」を使うことで 「サイバー・ダーク・カノン」をサーチ出来ますので、疑似的に 「サイバー・ダーク・エッジ」のサーチに繋げることも可能です。 「ネオス・フュージョン」は魔法カードであるためサーチ方法がやや限られます。 そこで 「ネオス・フュージョン」を素引きできなかった場合は今回取り入れた 「捕食植物」ギミックで 「ネオス・フュージョン」のサーチを行います。 ギミックの方に召喚権を割いてしまいますが、並べた 「捕食植物」 2体で 「アンダークロックテイカー」をリンク召喚してそのリンク先に 「 E・ HERO ブレイブ・ネオス」を出すことで大きなダメージを狙いつつ 「 E・ HERO ブレイブ・ネオス」の効果で 2枚目の 「ネオス・フュージョン」をサーチできます。 今回は採用を見送りましたが、 「ネオス・フュージョン」をサーチする手段としては 「竜魔導の守護者」も相性が良いです。 相手フィールドのモンスターが 1体のみの場合、 「 E・ HERO ブレイブ・ネオス」でそのモンスターを戦闘破壊し 「比翼レンリン」を装備した 「サイバー・ダーク・エッジ」で 2回直接攻撃出来れば 5000のダメージが狙えます。 相手モンスターが他に沢山いても 「サイバー・ダーク・エッジ」はダメージ半減の代わりに直接攻撃できる効果を持っているため 2500のダメージでフィニッシャーとして期待できます。 ここに 「リミッター解除」があれば 10000ダメージでワンキルやフィニッシャーとしてはかなり高い 5000のダメージを狙えます。 具体的な戦術例ですが、デュエルリンクスで行われているものとほぼ変わりません。 手札に 「サイバー・ダーク・エッジ」+「ネオス・フュージョン」があるときに出来るコンボです。 この状況から攻撃していくだけで 2500以上のダメージを期待できます。 キーパーツとなる最初の手札 2枚ですが、 素引きできなかった場合でも前述したようなサーチカードを使って引き込んでいきます。 「リミッター解除」があればダメージ期待値の倍増が出来ますし、 「比翼レンリン」ではなく 「サイバー・ダーク・カノン」を装備して直接攻撃をすればダメージは下がるもののデッキから 「超電磁タートル」等を墓地に送って次のターンに備えることも出来ます。 基本的には以上のようなコンボをしていくのが目的のデッキになっていますので、相手ターン中の制圧盤面構築の妨害&自分のターン中に相手からの妨害への対策ができるように 「灰流うらら」や 「墓穴の指名者」等を使っていきます。 まとめ! デュエルリンクスでの 「サイバーダークネオス」デッキを OCGのカードでも使えるようにデッキレシピを考案させていただきました。 当然と言えば当然ですが、デッキの枚数が 20枚と 40枚では都合がかなり違うのでこのカードよりも このカードを採用したほうが強くなる、事故率が減るというパターンは他にもあると思います。 ルールの違いや実装する順番が OCGと違うこともあり、 OCGでは考案されなかったデッキもデュエルリンクスにはあるので使用コンボ等を参考にしてみるのも良いかと思います。 登録していただけると最新情報がいち早く手に入ったり、LINEでしか聞けない情報が手にはいつかも!! そしてLINEアット登録者様限定で「こんな記事があったら嬉しい」という声や「こんな記事を書いてくれ!」と言う声を送って頂ければ、内容次第では記事になるかも知れません!! 例「現在の「シーラカンス」を使ったデッキを紹介して!」 「昔のカードの考察をして欲しい!」 「遊戯王のこのネタについて記事にして!」 と言う声を気軽に送ってください!! こちらの企画はLINEアット登録者様限定で行なっていくつもりなので、その様な要望がある方は是非是非登録よろしくお願いします! 最近の投稿• 今週の人気記事一覧!!•

次の

【犯罪ムーブ】サイバーダークとネオスフュージョンがマジでエグい【遊戯王デュエルリンクス 実況No.618】【Yu

サイバー ダーク ネオス

採用カード理由 カード名 理由 サイバーダーク下級モンスター。 直接攻撃が可能だが与えるダメージは半分になってしまうので注意しよう。 サイバーダーク下級モンスター。 モンスターの 戦闘破壊に成功すると300ダメージを与えることができる。 サイバーダーク下級モンスター。 守備表示モンスターを攻撃した場合貫通ダメージを与えることができる。 デッキから好きな サイバーダークモンスターをサーチすることができる。 このカードを装備したモンスターが戦闘を行うときにデッキからモンスターを墓地に送ることができる。 デッキから好きな サイバーダーク魔法・罠をサーチすることができる。 このカードを装備したモンスターが戦闘を行うときにEXデッキからモンスターを墓地に送ることができる。 レベル3以下のドラゴン族モンスターでありながらユニオンモンスターなのでサイバーモンスターとの相性が良い。 を指定することで全てのサイバーダークモンスターを墓地に送ることができる。 サイバーダークインパクトとの相性抜群。 このデッキの切り札的カード。 を特殊召喚しよう。 攻めにも守りにも使える万能カードなので採用。 下級モンスターの攻撃力が2400と火力不足であり、流行中のブルーアイズに負けてしまうので3枚採用している。 の効果で墓地へ送りの効果で装備すると攻撃力が6000以上になる。 から特殊召喚を狙おう。 1枚から特殊召喚しよう。

次の